お金借りるマップ

お金を借りるための方法を条件別にわかりやすくまとめたサイトです。

もしも急にお金が必要になったら?!

安全なお金の借り方簡単に教えます!

そして短期間なら今すぐ無利息で借りられます!!

  • 1位ランキング

    アイフル

    アイフル

    実質年利 4.5%~18.0%
    最高融資限度額500万円まで

    初めて借りる方には最大30日間利息0円!女性専用商品もあって、女性にも安心。借り替えにも強いアイフルはみんなの味方。

    詳細を見る
  • 2位ランキング

    モビット

    モビット

    実質年利 3.0%~18.0%
    最高融資限度額800万円まで

    「WEB完結申込画面」からの申込で誰にも会わずに申込完了!簡易審査も10秒で!限度額も大きいのでたくさん借りたい人におすすめ

    詳細を見る
  • 3位ランキング

    プロミス

    プロミス

    実質年利 4.5%~17.8%
    最高融資限度額500万円まで

    初めて借りる方は契約から最大30日間無利息!返済シミュレーションで事前に無理のない返済計画も立てられるので便利!

    詳細を見る
  • 4位ランキング

    アコム

    アコム

    アコム

    実質年利 3.0%~18.0%
    最高融資限度額800万円まで

    はじめのアコムなら契約から30日間は金利0円!マスターカードがライセンスを与えている日本国内唯一の消費者金融事業者なので安心!

    詳細を見る
  • 5位ランキング

    レイク

    レイク

    レイク

    実質年利 4.5%~18.0%
    最高融資限度額500万円まで

    銀行系カードローンのレイクなら専業主婦でも大丈夫!初めての申し込みなら30日間無利息または5万円まで180日間無利息

    詳細を見る

自分に合うお金の借り方を見つけよう!

自分に合うお金の借り方を見つけよう!

あなたは今までお金を借りたことがありますか?

ここでは初めて借りる人も、今までに借りたことがある人も、自分に本当に適したお金を借りる方法はどれなのか、わかりやすく説明していきます。

借りる時の金利が少し違うだけでも、返済しなくてはいけない金額はかなり違ってきますので、どの方法でお金を借りるのかを慎重に選ぶ必要があります。

金利以外にも見逃せない条件がいくつかありますので、読み進めながら自分に本当に適したお金を借りる方法を見つけてくださいね。

あなたは未成年や学生ですか?

あなたは未成年や学生ですか?

まずは第一条件として、今のあなたの年齢、学生かどうかによって変わるお金を借りる方法をご紹介します。

現在未成年の方

一般的に法律上、未成年は一人でローン契約を結んで即日お金を借りることはできません。たとえローン契約を結べたとしても、 民法第5条で、「未成年者が親権者や後見人の同意を得ずに結んだ契約は取り消すことが可能」と定められています。

しかし、一つだけ借りる方法があります。

それは、「キャッシング枠」がついているクレジットカードでキャッシングする方法です。

最近では未成年でも親の同意があれば比較的簡単にクレジットカードが作りやすくなっていますので、少額のお金をちょくちょくキャッシングしたい人にはおすすめです。

未成年がお金を借りる方法 詳細はコチラ

現在学生の方(未成年も含む)

18歳以上で「大学生」もしくは「短大生」「専門学校生」の場合は、学生ローンという方法でお金を借りることができます。18歳以上であれば、未成年でも同様です。

学生ローンでお金を借りるには、アルバイトなどでもよいので収入があることが条件になることが多く、借りられる限度額は多くても50万円くらいになることが多いです。

他にも条件が合えば、日本学生支援機構などから奨学金を借りることもできるので、詳細を知りたい方は詳細ページへお進みください。

学生がお金を借りる方法 詳細はコチラ

あなたは専業主婦ですか?収入がある主婦ですか?

あなたは専業主婦ですか?収入がある主婦ですか?

主婦といっても、働いていない専業主婦と、パートなどでも働いていて収入がある主婦の2パターンありますよね。

実はそれぞれに適したお金を借りる方法があります。

ここではあなたが主婦である場合に、収入があるかどうかによって変わるお金を借りる方法をご紹介します。

専業主婦の方

まず、収入のない主婦が即日お金を借りるには、ただ一つだけ方法があります。それは、銀行カードローンでお金を借りることです。

銀行カードローンでお金を借りるためには一つだけ条件があり、「配偶者に安定した収入があること」です。

通常では、消費者金融やクレジットカード会社と契約して即日お金を借りるためには、本人の安定した収入が必要となります。

しかし、銀行カードローンは貸金業法ではなく、銀行法に基づいて貸し付けを行っているので、収入のない主婦でも利用できるようになっているため、配偶者に安定した収入があれば、審査が通ります。

収入がある主婦の方

専業主婦の方でも借りることができる銀行カードローンの他にも、アコムやプロミスなどの消費者金融系のカードローンも審査が通る可能性があります。

主婦がお金を借りるための条件やポイントなど、詳細を知りたい方は詳細ページへお進みください。

主婦がお金を借りる方法 詳細はコチラ

あなたは無職ですか?

あなたは無職ですか?

もしあなたが無職でお金に困っている場合、市役所で無職でも受けられる「生活福祉資金貸付制度」というものはご存知ですか?

この制度は、「低所得者や高齢者、障害者の生活を経済的に支えるとともに、その在宅福祉及び社会参加の促進を図ることを目的とした貸付制度」となっています。

何らかの理由で無職のため金融機関ではどうしてもお金を借りることができず困ってしまったら、無利子で借りられるものもあるので、ぜひ市役所に行って相談してみてください。

無職でもお金を借りるための条件やポイントなど、詳細を知りたい方は詳細ページへお進みください。

無職でもお金を借りる方法 詳細はコチラ

即日お金を借りるにはどれがおすすめ?

即日お金を借りるにはどれがおすすめ?

お金を即日借りたい時、初めての場合はどのカードローンで借りるかで迷ってしまう人もいるでしょう。

ここでポイントになるのはお金を借りる時の金利です。
お金を借りるには必ず利息を払わなければなりません
その利息が安いのは銀行です。

ただし、利息が安くお金を借りることができるということは=審査が厳しいということにもなります。

よって、他の銀行からも借りていたり、滞納期間があったりして審査が通りにくい人にとっては、消費者金融系のカードローンを選ぶ方が、即日お金を借りることができる可能性が高いです。

また、即日融資に対応しているカードローンも消費者金融系の方が多いのが事実です。

他にも即日お金を借りるための条件やポイントなど、詳細を知りたい方は詳細ページへお進みください。

即日お金を借りる方法 詳細はコチラ

金利について知ってる?

金利について知ってる?

銀行などでお金を借りる際、キャッシングやカードローンの情報の中には必ず「金利」という文字が書かれています。

なんとなくわかっているようで詳しい計算方法まではわからない。そもそもお金の計算はちょっと苦手という人もいるかもしれません。

でも、結局返さなくてはいけないお金だから、金利は安い方がいいに決まっていますよね。
借りてからではなく、借りる前にきちんと金利の仕組みを理解することがより有利な条件でお金を借りる近道です。

金利の意味や計算方法など、詳細を知りたい方は詳細ページへお進みください。

金利の意味や計算方法 詳細はコチラ

審査なしで即日お金を借りられるの?

審査なしで即日お金を借りられるの?

何らかの事情があって即日お金を借りたいと思っている人は、「とにかく即日借りることができるのはどこか」、「できるだけ審査なしで借りることができるのはどこか」など、 自分がお金を借りられるところを急いで探している人が多いと思います。

ただし、いくら即日お金が必要と言っても、全くの審査なしのヤミ金などで借りるのは危険です。
「即日審査なし!」という謳い文句で広告が出ていたりするのは、ヤミ金であることも多いので十分注意が必要です。

ここでは、急いでお金が必要な人のためになるべく「即日」、「審査なし」でかつ安全に借りることができるところに照準を絞っていきます。

審査なしで即日お金を借りる方法  詳細はコチラ

ゆうちょ銀行でお金を借りることができるの?

ゆうちょ銀行でお金を借りることができるの?

お金を借りる時、銀行系や消費者金融系のカードローンで借りるのが最もポピュラーですが、慣れないところからお金を借りるのは「ちょっとハードルが高いな」という人にオススメの一つとして、
ゆうちょ銀行についてご紹介します。

特に地方では、一番身近な金融機関として挙げられる「ゆうちょ銀行」。

都心では様々なローンで気軽にお金を借りることができても、いきなり知らないところでお金を借りるのに抵抗があったり、身近にそのような業者がない場合、
いつも利用している金融機関であるゆうちょ銀行からお金を借りる方が安心だなと考える人も多いでしょう。
ここでは、そんな人におすすめのゆうちょ銀行でお金を借りる方法をお伝えします。

ゆうちょ銀行でお金を借りる方法 詳細はコチラ

(ギモン)お金を借りる理由で信用されるのは?

(ギモン)お金を借りる理由で信用されるのは?

同じお金を借りるのでも、もっともな理由とどうでもいいような理由とでは、貸す方の心情が大きく異なるため、お金を借りる理由によっては借りることができる場合とできない場合があるでしょう。

お金を借りる側の本当の理由としては、人によって様々で、たくさんの種類の理由があることでしょう。
しかし、実はお金を貸す側にとってはそれは大した理由にはならないことが多いのです。

なのでここではお金を借りる本当の理由はともかく、誰にどう言えば信頼してお金を貸してくれるかにスポットを当てたいと思います。

お金を借りる時に信用される理由 詳細はコチラ

(ギモン)お金を借りる方法にはどんなものがあるの?

(ギモン)お金を借りる方法にはどんなものがあるの?

お金を借りる方法としてまず思いつくのは、銀行や消費者金融などの金融業者からお金を借りる方法ではないでしょうか。

ただ、ひとくちにお金を借りる方法と言っても、借りたい側の状況によって借りる方法はかなり変わってきます。

借りる側には、安定した多くの年収がある人、アルバイトをしている学生、無職の主婦、年金生活をしている人など様々な人がいるでしょう。

また、「時と場合によって」借りる相手は、 親や親戚、銀行や消費者金融などの業者、市役所や国など様々です。

それぞれの状況に合ったお金の借り方がありますので、自分の状況に合わせてお金を借りる相手と方法を選びましょう。

自分の状況に合わせたお金を借りる方法 詳細はコチラ

(必見!)銀行で契約する時に知っておきたいこと

(必見!)銀行で契約する時に知っておきたいこと

銀行には「どんな種類のローンがあるか」、「どういう条件でお金を借りることができるのか」、「いくらくらいなら借り入れ可能か」まで詳しくご存知の方は少ないと思います。

銀行からお金を借りる時には、目的別に住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなどいくつかの種類に分かれたローンがあります。

また、銀行からお金を借りる時には、必要書類を揃えて審査を通る必要があります。

お金を借りるための一般的な審査基準や、審査の際に必要な書類など、銀行でスムーズに融資の契約をするためにはこちらをご一読ください。

銀行で契約するときに知っておきたいこと 詳細はコチラ
pageTop