カードローン・キャッシングに関する総合情報サイト

Menu Trigger お急ぎの方 ランキング
短期間なら今すぐ無利息で借りられます!!
最短1時間融資
土日でも借入可能なカードローンは?

最終更新日2019.10.22

お金借りるマップは、お金を借りることに関する総合情報サイトです。
気軽にお金を借りられるカードローン、キャッシングの情報を多く提供しています。
その他にも、公的機関や生命保険を利用してお金を借りる方法など、今知りたい情報を分かりやすくお伝えしていきます。

即日、安心して、お得にお金を借りるランキング

あなたにピッタリの記事はこちら!
最初に戻る

とにかく急いでいて、「即日お金を借りたい」「できるだけ低金利で借りやすいところがいい」という方のために、「即日」「無利息」でお金を借りることができる、おすすめするカードローンをご紹介します。

おススメするカードローンTOP3(2019年10月最新版)

様々なカードローンを見ている運営スタッフが、融資までのスピード、利息、会社としての信用など、総合的に判断をした、オススメのカードローンをお知らせします。毎月更新します!

1プロミス

プロミス

借入完了まで 最短1時間
来店有無 不要
利用最低額 500万円(限度額)
実質年率 4.5%~17.8%
  • 特定口座不要
  • 即日融資
  • 無利息あり
  • 来店不要
  • ATM利用可
  • 低金利
  • 土日祝OK
  • 振込融資
  • 当サイト一押し!Web契約で最短1時間融資
  • 郵送物・カードなし!すべてWeb完結!
  • プロミスと三井住友銀行のATMなら手数料0円
初回利用特典
プロミスで本日中に借入する場合

2アイフル

アイフル

借入完了まで 最短1時間
来店有無 不要
利用最低額 1万円~800万円
実質年率 3.0%~18.0%
  • 特定口座不要
  • 即日融資
  • 無利息あり
  • 来店不要
  • ATM利用可
  • 低金利
  • 土日祝OK
  • 振込融資
  • 本人限定配送でカードを受け取り可能
  • 「カードレス」「口座振替(自動引落)」を選択で郵送物・カードなし!
  • 契約完了後カード到着前でも、口座へ振込サービスあり
初回利用特典
アイフルで本日中に借入する場合

3SMBCモビット

SMBCモビット

借入完了まで 最短1時間
来店有無 不要
利用最低額 1万円~800万円
実質年率 3.0%~18.0%
  • 特定口座不要
  • 即日融資
  • 無利息あり
  • 来店不要
  • ATM利用可
  • 低金利
  • 土日祝OK
  • 振込融資
  • 2018年オリコン顧客満足度ランキング「ノンバンクカードローン」第1位!
  • 契約完了後、最短3分で出金可能
  • Tポイントが貯まるTカードプラスが使える
SMBCモビットで本日中に借入する場合

新着記事

あなたに合った記事探しはコチラから

自分に合うお金の借り方を見つけよう!

自分に合うお金の借り方を見つけよう!

あなたは今までお金を借りたことがありますか?

ここでは初めて借りる人も、今までに借りたことがある人も、自分に本当に適したお金を借りる方法はどれなのか、わかりやすく説明していきます。

借りる時の金利が少し違うだけでも、返済しなくてはいけない金額はかなり違ってきますので、どの方法でお金を借りるのかを慎重に選ぶ必要があります。

金利以外にも見逃せない条件がいくつかありますので、読み進めながら自分に本当に適したお金を借りる方法を見つけてくださいね。

最短・即日お金を借りる方法

最短・即日お金を借りる方法

お金を「最短・即日」借りたい時、初めての場合はどのカードローンで借りるかで迷ってしまう人もいるでしょう。

お金を借りる時にポイントになるのは金利です。お金を借りるには必ず利息を払わなければなりません。その利息が安いのは銀行です。

ただし、利息が安くお金を借りることができるということは=審査が厳しいということにもなります。

また、最近は銀行では即日融資が難しくなりました。なぜかというと、スピード審査による審査漏れや多額の借入による貸し倒れが多くなってきたためです。

よって、他の銀行からも借りていたり、滞納期間があったりして審査が通りにくい人、緊急で本当に「今すぐ借りたい」という場合には、消費者金融系のカードローンで借りるしかありません。

他にも「即日」お金を借りるための条件やポイントなどがありますので、詳細を知りたい方は詳細ページへお進みください。

最短・即日でお金を借りる方法はこちら

消費者金融・銀行を徹底比較

消費者金融・銀行を徹底比較

お金を借りるのに、消費者金融と銀行とでそれぞれ利息でどのくらいかかるのか不安に思いますよね。返済期間が長くなれば長くなるほど利息の総額は増えていくので、月々返済するお金も重要になってきます。

「消費者金融と銀行、どっちで借りるのがいいの?」「利息や返済するお金を比較で見たい!」などの疑問にお答えし、お金を借りる場合の金融会社の比較、返済するお金の負担が少ない方法をご紹介していきます。

30万円借りる場合の消費者金融と銀行の比較はこちら

審査に落ちる原因・通るコツ

審査に落ちる原因・通るコツ

簡単に消費者金融でお金を借りられるの?

消費者金融の審査は厳しいだろうから、私には無理かも?

一度お金を借りると、その後のローンやクレジットカードの申し込みで落ちるのでは?

お金を借りる前には色々な不安もつきまとうことでしょう。

借り入れにおける「審査」とは、具体的に何を見られるのでしょうか。また、通過するのに何かポイントはあるのでしょうか。

ここでは、お金を借りるうえでまずは知っておきたい、消費者金融での借り入れ(カードローン・キャッシング)における「審査」についてお伝えしていきます。

審査に通るコツはこちら

金利の計算シミュレーション

金利の計算シミュレーション

消費者金融でキャッシングを検討する時に気になるのは、やはり「金利」ではないでしょうか。

法改正などにより、昔と比べ法外な金利ではないにしても、まだまだ金利は高いイメージがありますね。

ここではまず金利について解説し、その仕組みなどを説明しています。

金利は消費者金融・銀行によっても違いますので、消費者金融・銀行での比較もしています。

実際に利息計算のシミュレーションもしていますので、キャッシングの際の参考にしてみてください。

金利の計算シミュレーションはこちら

学生でお金を借りる場合

学生でお金を借りる場合

18歳以上で「大学生」もしくは「短大生」「専門学校生」の場合は、学生ローンという方法でお金を借りることができます。18歳以上であれば、未成年でも同様です。

学生ローンでお金を借りるには、アルバイトなどでもよいので収入があることが条件になることが多く、借りられる限度額は多くても50万円くらいになることが多いです。

他にも条件が合えば、日本学生支援機構などから奨学金を借りることもできるので、詳細を知りたい方は詳細ページへお進みください。

学生でお金を借りる方法はこちら

バイトでお金を借りる場合

バイトでお金を借りる場合

今バイトで生計を立てている場合でも、お金を借りることはできるのか?正社員と違って審査に通らないのでは…と不安に思う方も多いですよね。

でも大丈夫!バイトでも毎月収入があれば審査には通りますし、お金を借りることはできます。

ここではバイトで生計を立てている方が、金融機関でお金を借りる時に気になるポイントを詳しく説明していきます。

バイトでお金を借りる方法はこちら

主婦でお金を借りる場合

主婦でお金を借りる場合

「主婦」といっても、「働いていない専業主婦」と、パートなどでも働いていて「収入がある主婦」の2パターンありますよね。

実はそれぞれに適したお金を借りる方法があります。

ここではあなたが主婦である場合に、収入があるかどうかによって変わるお金を借りる方法を丁寧にご紹介します。

専業主婦の方

まず、収入のない主婦が即日お金を借りるには、ただ一つだけ方法があります。それは、銀行系カードローンでお金を借りる方法です。

銀行系カードローンでお金を借りるためには条件が一つだけあり、「配偶者に安定した収入があること」です。

通常では、消費者金融やクレジットカード会社と契約して即日お金を借りるためには、「本人の安定した収入」が必要となります。

しかし、銀行系カードローンは貸金業法ではなく、銀行法に基づいて貸し付けを行っているので、収入のない主婦でも利用できるようになっているため、配偶者に安定した収入があれば、審査が通ります。

収入がある主婦の方

専業主婦の方でも借りることができる銀行系カードローンの他にも、アコムやプロミスなどの消費者金融系のカードローンも審査が通る可能性があります。

主婦がお金を借りるための条件やポイントなど、詳細を知りたい方は詳細ページへお進みください。

主婦がお金を借りる方法はこちら

無職でお金を借りる場合

無職でお金を借りる場合

ひとくちに「無職」といっても、色々な「無職」がありますよね。

学生、専業主婦、年金受給者、失業中…

どのような「無職」かによっても、お金を借りる・借りられない、借りる先も違ってきます。

ここではそれぞれの無職の人がお金を借りることができるのか、また無職の人がお金を借りるとしたらどこがおすすめなのかを紹介していきます。

無職がお金を借りる方法はこちら

ハローワークでお金を借りる方法

ハローワークでお金を借りる方法

ハローワークでは、職探しだけでなく、お金を借りる相談ができるということをご存知でしょうか?

ここでは、ハローワークで求職活動をすることにより受け取ることができる給付金と、ハローワークを通して低金利でお金を借りることができる貸付制度について詳しく解説します。

ハローワークでお金を借りる方法はこちら

市役所でお金を借りる方法

市役所でお金を借りる方法

もし無職でお金に困っている場合、市役所で無職でも受けられる「生活福祉資金貸付制度」というものがあります。

この制度は、「低所得者や高齢者、障害者の生活を経済的に支えるとともに、その在宅福祉及び社会参加の促進を図ることを目的とした貸付制度」となっています。

何らかの理由で無職のため金融機関ではどうしてもお金を借りることができず困ってしまったら、無利子で借りられるものもあるので、ぜひ市役所に行って相談してみてください。

無職でもお金を借りるための条件やポイントなど、詳細を知りたい方は詳細ページへお進みください。

市役所でお金を借りる方法はこちら

非営利団体・ろうきんでお金を借りる

非営利団体・ろうきんでお金を借りる

非営利団体・ろうきんと聞いて、お金を借りる先としてピンとこない方も多いでしょう。「ろうきん」とは労働金庫の略称です。

ろうきんはあまり馴染みがないので、自分がお金を借りることができるのか不明な方も多いですよね。ここでは、ろうきんでお金を借りる方法やメリット・デメリットについてお伝えします。

非営利団体・ろうきんでお金を借りる方法はこちら

生命保険でお金を借りる

生命保険でお金を借りる

多くの方は生命保険に加入していますよね。生命保険では、「契約者貸付制度」と言う制度を利用しお金を借りることができます。金融機関などと比べて金利も低く、返済方法も自由なのでメリットも大きいです。

ただ、もちろんデメリットもあります。しかも、生命保険ならなんでもいいわけではなく、借りるための条件もあります。

ここでは、生命保険を使ってお金を借りる「契約者貸付制度」について、詳しくお伝えします。

生命保険でお金を借りる方法はこちら

会社からお金を借りる

会社からお金を借りる

制度が整っている会社であれば、今あなたが勤めている会社からもお金を借りることができる可能性があります。

「社内貸付制度」は会社の制度の1つなので、銀行や消費者金融のように多額のお金を即日借りることができるわけではありませんが、銀行や消費者金融よりも低い金利でお金を借りることができます。

会社でお金を借りるための条件やポイントなど、詳細を知りたい方は詳細ページへお進みください。

会社からお金を借りる方法はこちら

Back to Top