三井住友銀行カードローンの契約や返済方法などの詳細情報

三井住友銀行

お金を借りる時、銀行系のカードローンで借りたいなと思っても種類がたくさんあって迷ってしまいますよね。

ここでは、その中でも三井住友銀行カードローンについて審査や金利について詳しくお伝えするとともに、返済方法やメリットなどについてもご紹介していきます。

三井住友銀行カードローンといっても、三井住友銀行に口座がなくても借り入れができたり、銀行系のカードローンだから審査がおりるまでに時間がかかるのかと思いきやそうでもなかったり・・・
実はメリットが多い三井住友銀行カードローン。

三井住友銀行カードローンでお金を借りる前に、しっかりと情報を集めましょう。

プロミスとも関係あり!?三井住友銀行カードローン

株式会社三井住友銀行(SMBC)は、東京千代田区に本店を置く三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)傘下の連結子会社で、
3大メガバンクの一つを担う都市銀行です。

三井住友銀行カードローンとは、その株式会社三井住友銀行が銀行法のもと融資を行っているカードローンになります。
ちなみに大手消費者金融のプロミスも、正式名称はSMBCコンシューマーファイナンスといって三井住友フィナンシャルグループの一つです。
プロミスは2005年から三井住友銀行カードローンも販売しており、三井住友銀行カードローンも、保証会社をSMBCコンシューマーファイナンスに委託している関係があります。

それゆえ、三井住友銀行カードローンは他の銀行のように保証会社を外部提携しているのに比べて、審査から融資までの時間が消費者金融並みに早いのが特徴です。

また、消費者金融では総量規制により審査が通らない人でも、三井住友銀行カードローンなら銀行系のカードローンということで審査が通る場合もあるので、専業主婦には強い味方になります。

借り入れ条件について

三井住友銀行カードローンの借り入れ条件は以下の通りです。

申し込みできる人

  • 申込時満20歳以上満69歳以下の人
  • 原則安定したご収入のある人
  • 三井住友銀行指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる人

借入金利(年利)

4.0から14.5%

契約極度額

800万円(10万円単位で選択)

遅延損害金

三井住友銀行指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)が保証するので、担保・保証人は不要

申し込み方法は、

インターネット(パソコン・スマートフォン)、携帯電話、ローン契約機、電話、郵送、窓口、インターネットバンキング・モバイルバンキング・テレホンバンキング(SMBCダイレクト)
があります。

土・日曜日でも連絡あり!三井住友銀行カードローンの審査結果

先ほどお伝えした通り、三井住友銀行カードローンは保証会社をSMBCコンシューマーファイナンスに委託しています。

そのため、たいていの銀行系カードローンは、銀行が土日休みのため審査も翌営業日になることが多いですが、三井住友銀行カードローンは基本的には審査完了次第、土曜日でも日曜日でも結果をすぐに連絡してもらえます。

審査結果の連絡は通常9:00~21:00まで
もちろん、申込時間等により連絡が翌日以降になる場合があるので、なるべく早めに申し込みをしましょう。

三井住友銀行カードローンの主な申し込み方法は、
PC・スマートフォン、インターネットバンキング、ローン契約機、電話、窓口などがあります。

銀行窓口、ATM、ローン契約機の営業時間は以下の通り。

■営業時間一覧
サービス 曜日 時間
銀行窓口 平日 9時~15時
ローン契約機 平日・土日祝日 9時~21時
三井住友銀行ATM  平日・土曜日 7時~24時
日曜日 7時~21時

三井住友銀行カードローンの申し込みから契約までをすべて窓口や契約機でおこなう場合、完了するまでに約1時間ほどかかるので、先にインターネットなどから申し込みをした後、ローン契約機でローン専用カードを受け取る方法がより早く借り入れすることができます。

ちなみに、三井住友銀行の口座を持っている場合には、三井住友銀行カードローンの契約が済めばローン専用カードを受け取らなくてもキャッシュカードをそのまま利用できるので、先に銀行口座を作っておくというのも良いかもしれません。

口座がなくても大丈夫!借入方法について

三井住友銀行カードローンの借り入れ方法は、次のようになります。

三井住友銀行の普通口座をお持ちの場合

三井住友銀行ATM・提携ATM

三井住友銀行カードローンならローン専用カードを作らなくても、ご自分のキャッシュカードを使って、三井住友銀行ATMやコンビニATMでお金を借り入れることができます。

SMBCダイレクト(インターネット・モバイル・電話)

SMBCダイレクトという三井住友銀行のインターネットバンキングを通じてお金を借り入れることができます。

また、三井住友銀行カードローン専用口座をSMBCダイレクトのサービス利用口座に登録すると以下のことができるようになるため、大変便利です。

  • 契約内容の確認(残高・利息額など)
  • 借入・返済
  • 前月からの取引内容の確認
  • お届け内容の変更
  • ATM利用限度額設定

ATMや窓口に行って借り入れや返済する手間が省けるので、普通口座をお持ちの場合にはSMBCダイレクトを申し込むと良いでしょう。

三井住友銀行に口座をお持ちでない場合

三井住友銀行ATM・提携ATM・ゆうちょ銀行ATM

三井住友銀行カードローンなら、三井住友銀行に銀行口座がなくても大丈夫!
申込時にローン契約機などで作成したローン専用カードで三井住友銀行ATMやコンビニATM、ゆうちょ銀行ATMなどでお金を借り入れることができます。
三井住友銀行に口座はないが借り入れをしたい人や、ゆうちょ銀行を頻繁に使っている人などにはこちらの借入方法がおすすめです。

ただし、申し込みの際にローン専用カードを作るのを忘れないようにしてくださいね!

ATM利用手数料が無料!返済方法について

ATM利用手数料が無料!返済方法について

三井住友銀行カードローンの返済方法は、次のようになります。

三井住友銀行ATM・提携ATM

三井住友銀行カードローンの大きな特徴として、借入や返済時のATM利用手数料がかからないことがあげられます。
通常、提携ATMを利用する場合にはATM利用手数料がかかることが多いので、返済が長期間にわたる場合にはかなりのメリットと言えるでしょう。

SMBCダイレクト(インターネット・モバイル・電話)

三井住友銀行に普通口座をお持ちの方は、SMBCダイレクトという三井住友銀行のインターネットバンキングを通じてお金を振り込み、返済することができます。
ただし、振込手数料がかかってくるので忙しい時には便利かもしれませんが、回数が多い場合には注意が必要です。

口座振替(自動引き落とし)

三井住友銀行に普通口座をお持ちの方は、口座振替による返済ができます。
返済期日までにローン口座に入金がなかった場合、ご自分の普通口座から返済額が自動的に引き落しされます。
こちらは手数料もかからず、返済を忘れる心配もないので一番安心と言えるでしょう。

金利を確認して比較してみよう!

金利を確認して比較してみよう!

最後に、三井住友銀行カードローンが他の銀行系カードローンに比べて金利はどうなのか比較したいと思います。
主な銀行系カードローンの金利は以下のようになっています。

■カードローン金利比較一覧

金利 限度額
三井住友銀行カードローン 4.0~14.5% 10~800万円
三菱UFJ銀行カードローン 1.8~14.6% 10~500万円
みずほ銀行カードローン 2.0~14.0% 10~800万円
りそな銀行カードローン 3.5~12.475% 10~800万円