アコムの契約や返済方法などの詳細情報

アコムの契約や返済方法などの詳細情報

親族以外からお金を借りる時に思い浮かべるのは、銀行や、CMなどでよく見かける消費者金融のカードローン会社ではないでしょうか。
そのうちの一つであるアコムも、永作博美さん出演の「は・じ・めてのアコム」でおなじみのCM、もしくは昔は「むじんくん」のCMと言われたらピンと来る人も多いでしょう。

ここでは、アコムの特徴をメリット、デメリット含めてご紹介していきます。
「アコムはどんな会社なのか」、「アコムはどんな人が借りるのに向いているのか」など知っているようで知らない情報もあります。

アコムの金利や申込方法、返済方法などが自分の希望の借り方にマッチするかどうか、じっくり考えてみてくださいね。

【アコム公式ページ】
アコムに申し込みたい方はこちら

どんな人ならアコムの審査に通るの?

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループに属する消費者金融会社です。

MasterCardのプリンシパルメンバーでもあり、マスターカードがライセンスを与えている日本国内唯一の消費者金融事業者で、「アコムマスターカード」を発行しています。

「三菱UFJ」と聞くと、銀行系かと思ってしまいがちですが、アコムは消費者金融系カードローンになるので、プロミス同様総量規制の対象になります。

総量規制とは、個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。これは貸金業法という法律で決まっていることなので、年収が0の人はお金を借りることができない仕組みになっています。

つまり、無職だったり、専業主婦で自分には収入がない人はアコムでは審査が通りません。そのような方には総量規制の対象外である銀行カードローンがおすすめです。

無職でなく、「20歳以上で安定した収入があること」の条件を満たしていて、総量規制で制限される金額まで借り入れをしていなければ、アコムのカードローンの審査に通ることが多いです。

はじめてのアコム借り入れなら契約日から最大30日間金利0円!

アコムには初めて借りる人のみですが、契約から30日間は金利0円で借り入れできるサービスがあります。
このサービスは、「ご契約日の翌日」から30日間が金利0円適用期間となりますが、一つ注意をしなくてなならないのが「ご契約日の翌日」と「借り入れ日の翌日」とは異なること。

アコムと契約をしてすぐに借り入れをしない場合は、この金利0円の期間が減っていきます。
なので、このサービスを活用しようと思っている人は、借り入れしたいタイミングでアコムと契約をするようにしましょう。
このサービスを受ける条件として、返済期日を「35日ごと」で契約をすることも忘れないようにしてください。

このサービスは、短期間だけお金を借りたい人にはとても便利なサービスですよね。
もし30日以内にお金を返せる予定がある人は、利息0円で借りることができますし、それ以上の期間お金を借りる場合でも、アコムでは30日分は利息がかからなくて済みます。

デメリットは高い金利

プロミスなどと同様、アコムも消費者金融系のカードローンになるため、銀行系カードローンよりも金利が高く感じる人も多いでしょう。

アコムの金利は年率3.0~18.0%。
初めての借り入れの場合にはたいてい上限の金利18.0%近くが適用されることが多いので、時間に余裕があって銀行系のカードローンを借りることができる人には、アコムよりそちらが向いているかもしれません。

ただし、急いでいる方や、人に会わずにWeb上で手続きを完了させたい人にはアコムのような消費者金融系のカードローンがおすすめです。

申し込みはどの方法でするのがいいの?

アコムで融資を申し込む場合には、下記の6つの方法があります。

アコムホームページから

  • パソコン
  • ケータイ
  • スマホ
  • 電話
  • 郵送
  • 店頭窓口かむじんくん(自動契約機)

誰にも会うことなくアコムで融資を受けたいならパソコンやケータイ・スマホを使ってアコムホームページから申し込むのが便利です。必要書類をアコムのアプリから送信するかパソコンからアップロードして送れば良いので、来店して人に会うことなく融資が受けられます。

スマホ・ケータイ(インターネット)から申し込んで、契約手続きは店頭窓口かむじんくん(自動契約機)ということもOK。自分ににあった申し込み方法を選択できます。

アコムホームページから申し込んで契約手続きまで無事に終われば、指定の口座に振込みで融資してもらえますが、急ぎでアコムカードが欲しい場合には、インターネットで申し込んでから店頭もしくはむじんくん(自動契約機)で契約するのが一番早い方法です。

アコムカードがあれば、アコムのATMや提携金融機関のATMですぐにお金を借りたり返済することができるので、いざという時に便利です。提携金融機関のATMを利用する際は108~216円の手数料がかかるので注意が必要ですが、アコムのATMなら手数料無料で利用できます。

逆に融資までが一番遅い方法は、郵送での申し込みです、郵送で申し込むと融資までに数日を要することになります。

会員サービスにログインしてでできることは?

会員サービスにログインしてでできることは?

アコムの会員サービスには、返済期日や返済日などにメールが届くeメールサービスやカードご利用明細書などを確認できる明細書受取サービスなどがあります。アコムの会員ならいつでも、どこでもネットで借入から返済までをしっかりサポートしてくれるので安心です。

急にお金が必要になったときにも、インターネットや電話で申し込んで最短1分で指定の金融機関に振込みしてもらえるので、一度会員になっておけばいざという時に使えます。

インターネットが苦手な方はプッシュホンサービス24というものがあり、インターネットの会員メニューと同様の手続きができます。

【アコム公式ページ】
アコムに申し込む