SMBCモビットの契約や返済方法などの詳細情報

SMBCモビットの契約や返済方法などの詳細情報

親族以外からお金を借りる時に思い浮かべるのは、銀行や、CMなどでよく見かける消費者金融のカードローン会社ではないでしょうか。
そのうちの一つであるSMBCモビットも、竹中直人さんと夏菜さん出演のCMと言われたら思いあたる人も多いでしょう。

ここでは、SMBCモビットの特徴をメリット、デメリット含めてご紹介していきます。
「SMBCモビットはどんな会社なのか」、「SMBCモビットはどんな人が借りるのに向いているのか」など知っているようで知らない情報もあります。

SMBCモビットの金利や申込方法、返済方法などが自分の希望の借り方にマッチするかどうか、じっくり考えてみてくださいね。
【SMBCモビット公式ページ】
SMBCモビットに申し込みたい方はこちら

どんな人がSMBCモビットの審査に通るの?

お金を借りる必要が出てきたとき、SMBCモビットは、満20歳以上69歳以下で安定収入のある方であれば、パート・アルバイト、派遣社員、自営業でも申し込むことができます。

ただし、ここで一つ気をつけたいのが、SMBCモビットは消費者金融であるということ。SMBCモビットは、SMBCグループの会社でありながら、銀行が運営しているわけではないので総量規制の対象になります。

総量規制とは、個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。これは貸金業法という法律で決まっていることなので、年収が0の人はお金を借りることができない仕組みになっています。

つまり、無職だったり、専業主婦で自分には収入がない人はSMBCモビットでは審査が通りません。そのような方には総量規制の対象外である銀行カードローンがおすすめです。

また、SMBCモビットで審査が通る人の特徴としては、使う用途が明確で安定した収入がある人や、借入金額が少額で返す見通しが明るい方が多いようです。また、そのような人は借り入れ後、増額の審査が通る確率も高いです。

色々なところから借りていて返す見通しも立たないけれどとりあえず借入したいという人や、在籍確認がなかなか取れなかったり、パートなどで収入が不安定なのに高額を借りたい人には当然ながら審査が厳しいようです。

メリットは 「電話、書類の郵送なし!」 「審査スピードが速い!」

SMBCモビットの特徴を知る上で、メリット・デメリットは重要なこと。
ここでは、SMBCモビットの主なメリットをご紹介します。

SMBCモビットのメリット

とっても急ぎでも大丈夫!来店不要で審査が通れば即日融資も可能!

SMBCモビットホームページの「WEB完結申込画面」で必要事項を入力して、専用サイトかアプリから必要書類を送信した後、審査結果の連絡がメールで届きます。
審査が通ればそのままネット上で契約手続きができるので、 この方法なら店舗に来店する必要もなく、誰にも会わずに融資が受けられるので便利ですね。

ただしこちらの方法は、審査の際に必要書類として保険証を求められることと、モビットカードが発行されないため振込先の三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行のいづれかにあらかじめ口座をお持ちの方が対象となります。その他には、他の申込方法でも求められる本人確認書類と現在の収入を証明できる書類の提出を求められます。

契約が済んだらお持ちの口座にお金が振込されるので、電話や郵送でのやりとりもなく、自分の銀行カードを使ってATMでキャッシングすることが可能になります。

振込口座の三井住友銀行か三菱UFJ銀行に口座がなくても即日借りれます!

上記銀行口座がない方でも、パスポートや免許証など本人確認書類源泉徴収票や給与明細書などの収入証明書類があれば、店舗に出向くことなく、ネットでSMBCモビットに融資の申し込みをすることができます。

審査が通れば、お金を借りるためのモビットカードはお住いの場所の近くのローン申込機での受け取りも可能なので、申し込みと必要書類のやり取りをネットで済ませれば、即日お金をキャッシングすることも可能です。

審査スピードが速い!

いくらネットから申し込みができても、審査が遅くては即日お金を借りることはできないですよね。 でも、SMBCモビットは審査の速さにも定評があります。

SMBCモビットホームページやローン申込機から申し込むと、氏名、生年月日、自宅・勤務先情報、希望額などを入力するだけで、融資の可否と利用限度額がわかります。

こちらは仮審査で、本審査の結果とは必ずしも一致しませんが、大体の目安にはなります。こちらをもとに申し込みをすると、本審査は最短で30分で結果が出ます。(※)
あくまでも最短で30分ですので、お急ぎの場合は午前中に申し込むのがベターです。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

デメリットは 「金利の高さ?」 「提携ATMの利用手数料?」

次は、SMBCモビットのデメリットもご紹介します。

SMBCモビットのデメリット

金利が高く感じられる

SMBCモビットの実質年率は3.0~18.0%ですが、初めての借り入れの場合にはたいてい上限の金利18.0%近くが適用されることが多いので、銀行カードローンなどから低い金利でお金を借りることができる人であれば、金利は高く感じられるでしょう。

他社金利比較

金利 延滞利率
銀行系カードローン
みずほ銀行カードローン 3.5~14.0% 19.9%
三菱UFJ銀行カードローン 1.8~14.6% 14.6%
消費者金融系カードローン
プロミス 4.5~17.8% 20.0%
アコム 3.0~18.0% 20.0%

ただし、消費者金融の中ではSMBCモビットは平均的な金利ですので、銀行カードローンが利用できない人や、とにかく早く借り入れしたい人には向いていると言えます。

無利息サービスがない

最近の消費者金融では、「初回30日間無利息」のようなサービスを行っているところが多いですが、SMBCモビットには残念ながらそのようなサービスはありません。

返済するときに手数料がかかってしまう

SMBCモビットの返済方法には、提携ATM、銀行振込、口座引落がありますが、提携ATMか銀行振り込みで返済すると返済する時に手数料がかかってしまいます。

例えば提携ATMで返済する場合は、返済額1万円以下なら108円1万円超なら216円の利用手数料がかかります。銀行振込の場合は各金融機関によって生じる振込手数料がかかります。

返済にあたっては、金利以外にかかるお金もできるだけ少なくしたいので、手数料にもご注意ください。

SMBCモビットの具体的な借入申し込みの流れは?

SMBCモビットに申し込む方法は下記の6つの方法があります。

  • パソコン
  • ケータイ
  • スマホ
  • 郵便
  • 電話
  • ローン申込機

誰にも会うことなくSMBCモビットで融資を受けたいならパソコンやケータイ、スマホを使って申し込むのが便利ですし、手順を教えてもらいながら確実に申し込みを完了したいなら電話から申し込むなど、自分の状況に合わせて申し込むのが良いでしょう。

基本的に祝日を除く月から金の19時までに、パソコン、ケータイ、スマホからSMBCモビットに申し込みをすれば、最短だと30分で審査が完了します。(※)
もちろん30分以上かかる場合も多々ありますので、余裕を持って申し込むのがベターです。
審査結果はメールで受け取ることができるので、SMBCモビットで即日融資を受けたい人にはとても便利です。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

ただし、パソコン、ケータイ、スマホ、電話から申し込んで自分の口座にお金を振り込んでもらいたい場合には、銀行の営業時間内にSMBCモビットでの手続きを済ませないと即日融資を受けることができないので注意が必要です。

融資申し込み後のキャッシング方法は?

融資の申し込みが終わり、審査を無事に通過したら実際にお金をキャッシングできるようになります。
SMBCモビットでは2種類の借入方法があります。

振込キャッシングでの借入

SMBCモビットホームページ(パソコン・スマホ・ケータイ)の会員専用サービス「Myモビ」、または電話で、手数料無料でご指定の預金口座への振込依頼ができます(あらかじめ金融機関口座の登録が必要です)。

通常は原則24時間最短3分でお振込可能です。

提携ATMでの借入

モビットカードをお持ちの場合は、全国の銀行やコンビニエンスストアなどの提携ATMにてキャッシングできます。SMBCモビット提携ATMで借入したい人は、申し込む際に「カード申込」の画面から申し込みましょう。

ここで一つ覚えておきたいのは、SMBCモビット提携ATMでのキャッシングはいつでもATMさえあればできるので便利ですが、キャッシングする時には以下の手数料がかかるということです。

ATM利用手数料

キャッシング額1万円以下なら108円
キャッシング額1万円超なら216円

SMBCモビットの提携ATM
  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • コンビニATMのE-net
  • プロミス

などがありますが、SMBCモビットはさすがSMBCグループの会社の消費者金融ということで、三井住友銀行のATMからは無料でキャッシングすることができます

返済するときは口座引落か振込かATMで

お金を借入した後は、当然返済をしなくてはいけませんよね。

SMBCモビットでは、3種類の返済方法があります。

口座引落

三井住友銀行または三菱UFJ銀行に預金口座のある人は、自分の預金口座から自動引き落としで返済することができます。

銀行振込

ご利用の金融機関口座から、SMBCモビット指定の預金口座へ振込することで返済することができます。ただし、銀行によっては振込手数料がかかります。

提携ATM

全国の銀行やコンビニエンスストアなどのSMBCモビット提携ATMにて返済することができます。
SMBCモビット提携ATMはたくさんありますが、返済時には借入時同様、以下の手数料がかかります。

ATM利用手数料

返済額1万円以下なら108円
返済額1万円超なら216円

こちらも借入時同様、三井住友銀行のATMのみ手数料無料で返済することができます。

残高確認などSMBCモビットの会員ができること

SMBCモビットで融資を受けることになると会員専用サービスの「Myモビ」が使えるようになります。
こちらでは何ができるのかというと、

<モバイル・アプリ版>

振込キャッシング

最短3分でSMBCモビットから直接自分の口座にお金を振り込んでもらえます。

利用状況照会

残高、利息、利用可能額などを照会できます。

ID・パスワード変更

各種登録内容を変更できます

など、SMBCモビット会員メニューからサービスが選べます。

パソコン版

モバイル版の機能の他にもできることがたくさん増えます。

返済シミュレーション

計画的に返済するために、残高を繰り上げ返済や一括返済するためのシミュレーションができます。また、借入増額の際の返済パターンなど、無理のない返済方法を検討できます。

取引履歴照会

電子領収書サービスがあるので、郵送や電話などで第三者にSMBCモビットから借り入れしていることがばれることはありません

その他、借入・返済相談や契約内容の紹介などSMBCモビット会員専用の色々な機能があります。

解約するときはどうするの?

解約するときはどうするの?

SMBCモビットの解約方法は電話でできます。

カードローン会社によっては解約方法がわかりづらいところもありますが、SMBCモビットはホームページに掲載されているSMBCモビットコールセンターのフリーダイヤルに電話してオペレータの指示に従って手続きすることで、簡単に解約することができます。

その後もしつこく電話がかかってきたりすることはないので、モビットカードが必要なくなったら、紛失したりしても困るので面倒がらずに電話して解約してください。

【SMBCモビット公式ページ】
SMBCモビットに申し込む