お金を借りるなら消費者金融?銀行系カードローン?

お金を借りる為にカードローンを申し込もうとする時、消費者金融のカードローンか銀行系カードローンかの、どちらかで申し込みをすることになります。
もしあなたがどちらかを選ぶなら、消費者金融で借りるよりも、イメージや評判の良い銀行のカードローンを選びたい!と考えませんか?しかし、銀行は審査に通りにくいなどの噂から、銀行よりも消費者金融を選ぶ人が実際は圧倒的に多いです。そう考えるとどっちのが借りやすいのか、違いはあるのかなど迷うところです。

今回は、銀行と、消費者金融のカードローンの違いについて解説します。初めてお金を借りようとしている方はぜひ参考にしてみてください。

銀行系カードローンと消費者金融の違いとは?

一番大きな違いは総量規制!

キャッシングする際、銀行系カードローンと消費者金融のカードローンの比較で1番に挙がるのは、総量規制の有無です。

総量規制とは、キャッシングする借り手の保護を目的とし導入された法律で、中でも重要な2つの点があります。1つ目は、借入額の合計が年収の合計の3分の1を超えないように規制する貸金業法で定められたものになります。2つ目は、1社の借入が50万円を超えるか、2社以上の借入合計額が100万円を超える場合、収入証明書の提出が必要となる点です。

この規制により、多額の借り入れが難しくなったのですが、この総量規制は銀行系カードローンは対象外となっており、消費者金融のみがキャッシングの対象となっています。
つまり2つを比較した結果、銀行系カードローンにはありませんが、消費者金融には借り入れ制限や収入証明書の提出義務があります。こういった違いがあります。

金利が低いのはどっち?

消費者金融のカードローンと比較して、銀行系カードローンによる借り入れは、金利が低めに設定されていることが多いです。上限金利を比較してみますと、消費者金融は大体18.0%程ですが、銀行系カードローンの場合、14.5%程でキャッシングできるケースが多くあります。
低金利で利息を少なくしたいなら消費者金融よりも、銀行系カードローンを利用してキャッシングする方が良いでしょう。

即日融資したい場合はどっち?

すぐに現金を用意したい、すぐにお金を借り入れたい!という場合、銀行系カードローンと消費者金融で比較すると、どちらが早くキャッシングできるのか?
即日キャッシングをウリとしている銀行系カードローンや消費者金融は、いくつか存在します。消費者金融の場合、審査は自社で取り行っているため、審査内容に問題が無ければ即日融資が可能となります。
一方で、銀行系カードローンの場合、メインの審査は保証会社が行っている為、消費者金融と比較してみると、審査結果が分かるまで多少時間が掛かってしまう、という違いがあります。しかし、近年銀行系カードローンの審査スピードが格段にアップしたことから、以前ほど大きな差は無くなってきています。
しかし意外とそういった即日キャッシングよりも、どこに申込んだのか、審査を受ける時の個人情報の状態などで違いが出やすいといえそうです。ちなみに、審査結果が出るのが早い融資サービスは、比較するとそれだけ金利を高めに設定しています。どうしてもすぐにキャッシングしなければいけない!という方には、消費者金融がおすすめできますが、長い目でみると銀行系カードローンの方が総合的に見て支払う総返済額が少なく済みます。これらの違いを知ったうえで、即日融資のサービスを利用した方がいいでしょう。

どちらの審査が甘い?

これからキャッシングしようとしている方が気になる項目の1つが、「審査の甘さ」ではないでしょうか。
噂では、消費者金融の審査は甘いと囁かれる事があります。
銀行系カードローンと消費者金融、比較してみると一体どちらがキャッシングしやすいのでしょうか?
先に結論をいいますと、銀行系カードローンと比較し、消費者金融の方が確かに審査の甘いメリットがあることは否定できません。
銀行系カードローンと違い、消費者金融の審査は、信用情報機関に登録されている情報を参考にする他、収入が安定している場合は審査に通過するケースが多いからです。
また、キャッシングできる上限金額は、500万円から800万円程度と高額ではありますが、初回は10万円から30万円程となっています。
その為、初めて申込みをする場合、少ない額のキャッシングを希望する分には、銀行系カードローンよりも審査に通過しやすいということになります。
貸金業法が改定されたことで、グレーゾーン金利が廃止となり、経営が傾きかけた消費者金融会社が増加しました。その結果、法定金利を遵守しつつも、可能な限り金利を上げることで、その分審査を甘くし、キャッシングしやすくするケースが増えたのです。
このような背景がある為、銀行系カードローンと比較して、消費者金融は審査に通りやすいといわれるようになりました。そういう意味では、銀行系カードローンの方が審査に通過しづらいといえますが、先程も触れたとおり、メインの審査は消費者金融会社が行っている為、信用情報機関や収入に問題が無ければ審査に落ちることはまずありません。
しかしこれらも個人差で違いがありますので利用する前にしっかりと確認しましょう。

まとめ

今回は、銀行系カードローンと消費者金融の違いについてご説明しました。
上記でそれそれ挙げたとおり、銀行系カードローンにも消費者金融にも一長一短のメリットデメリットがあります。
それぞれの特徴やサービスを踏まえた上で、適切な信用できるサービスを利用しキャッシングするようにしましょう。
また、自らの懐具合を確認しつつ、利用目的や要望に合わせて賢く計画的に活用することをおすすめします。