クレジットカードでお金を借りる!カードローンとの違いとは?

クレジットカードでお金を借りる!カードローンとの違いとは?

人から借りたり、カードローンを利用したり、お金を借りる方法はいくつかありますが、手持ちのクレジットカードを利用できればとても便利ですよね。
審査基準や手数料など、クレジットカードにも色々な違いがあります。その違いを紹介するので、急にお金を借りる必要がある時、現金がほしい時に役立ててください。

クレジットカードでお金を借りることができる!

街の買い物やネット通販、外で食事をする時など、財布から現金を出すことなくクレジットカード1枚で支払えることができれば、ポイントも付くしスマートですよね。
しかし、日本は海外ほどまだ支払いが電子化されていないので、現金が必要になる場面も多いです。旅行や賃貸物件の契約金、結婚の祝い金など、現金が必要になりますね。財布に現金がない!ATMに行ったら残高がない!どこで借りるかなぁ…。そんな時、手持ちのクレジットカードでお金を借りることができるんです。

クレジットカードにはお金が必要な時に、自由にお金を借りることができるキャッシング機能がついています。
ただし、クレジットカードのキャッシング枠は付帯サービスになるので、お金を借りる目的としては、あまり内容が充実しておらず使い勝手が悪いものとなっています。
ですので、お金を借りる方法としてそれが最適とは言えないかもしれません。

しかし海外旅行では、クレジットカードでお金を借りる方がお得になることがあります。
行先によっては、日本で両替するより現地のATMでキャッシングをすると、金額によりますが、得をする可能性が出てきます。海外旅行するならクレジットカードは必ず1枚は持っておきたいものですね。(海外でキャッシングをする場合、VISA、JCB、MasterCardなど国際ブランドによって使えないことがあるので出発前に調べておきましょう。)
そこで、各種クレジットカードの種類や違いについて、また、クレジットカードで現金を手に入れる方法などをお伝えします。

クレジットカードの種類って?

クレジットカードを発行している会社は大きく分けて、下記の5つに分類できます。

  • 三井住友などの銀行が発行する「銀行系」
  • JALやJRが発行する「交通系」
  • セディナやJCB・VISAなどの信販会社が発行する「信販系」
  • イオンやコンビニを経営する会社が発行する「流通系」
  • アコムなどの消費者金融会社が発行する「消費者金融系」

この中でどのクレジットカードが、お金を借りるのに最適なのでしょうか?

審査が早く、短期間でカードをつくることができるのは「消費者金融系」

一般的なクレジットカードは、申し込みからカードが手に入るまで2~4週間程度かかるところ、消費者金融系のクレジットカードは、即日対応可能なところが多いです。
もともとカードローンを主な事業として行っていますので、審査で重視する点が他のカード会社と違っているのが特徴な為、審査が通過しやすくなっています。

消費者金融のカードローンの場合は、プロミス・アイフル・アコムといった大手消費者金融会社が行っている30日間無利息サービスを利用すれば、借入れ額が大きく返済期間が短いほどトータルの利率は低くなります。
審査も銀行系のカードローンと違い、加入しやすいので、お金を借りる目的として利用するのカードとして魅力的だと言えます。

その反対に、クレジットカードは、ショッピングを目的としており、キャッシングできる限度額はショッピングの利用額によって変動し、最大借入額も少なく設定されています。
ショッピング枠が割賦販売法、キャッシング枠が貸金業法と、それぞれの規制を受けることで、クレジットカードによりますが、審査基準が厳しくなり、消費者金融のカードローンに比べて、お金を借りるという目的では、ハードルが高くなります。

ところが、消費者金融が発行しているクレジットカードは、審査基準や借り入れ額・限度額などの面において、クレジットカードとカードローンの良さを両方合わせ持っているものとなっております。
クレジットカードなので、日常の買い物にショッピングの利用もできる更にキャッシングもできる為、クレジットカードを持っていない人は、このカードでクレヒスを積む方法として最適です。消費者金融系のクレジットカードは、一番ではありませんが、お金を借りるのカードとして劣ってはいないと言えるのではないでしょうか。

金利が低いのはどこ?

お金を借りる前に気になるのが金利ですが、銀行系のカードローンと消費者金融のカードローン、そしてクレジットカードのキャッシングではどれくらい違うのでしょうか?

銀行系カードローン 1.8%~14%
消費者金融系カードローン 3.0%~18.0%
クレジットカードのキャッシング 14.4%~18.0%

表を見ると銀行系カードローンは、1.8%~14%という利率でかなりの低金利だとわかります。
しかし、銀行系カードローンの審査は近年特に厳しくなっています。申し込みには、信用情報機関を通した信販会社や消費者金融会社の保証が必要ですし、銀行でも全銀協の審査を通し、その後警察庁の反社データベースに照会をします。
一方、消費者金融のカードローンとクレジットカードのキャッシングでは、上限金利はあまり変わらないということがわかります。

キャッシング枠の金額は?いくらまでお金を借りることが出来る?

クレジットカードのキャッシング限度額は、かなりばらつきがありますが、一般的に50万円から100万円位までとかなり少ない設定になっている上に、ショッピング枠の利用限度額によってキャッシング枠が設定されているので、更に少なくなります。

例えば、ショッピング枠が80万円に設定された場合、総枠も80万円になります。
この場合、ショッピング払いで50万円利用している時には、キャッシング枠は30万円までしか使えず、限度額の50万円は借りることができないのです。

しかし、消費者金融系のクレジットカードは最大300~800万円程となっており、限度額が高いのが特徴です。
もちろん、クレジットカードなのでショッピング枠があり、その利用額を差し引いた金額になりますが、それでもクレジットカードの中でも、最大に近い借入れ限度額になります。

借入れ方法と返済方法 提携銀行ATMやコンビニATMで手間なく可能!

ところで、クレジットカードからお金を借りる方法ですが、どのクレジットカード会社も、提携銀行ATMやコンビニATMを使った借り方が一般的です。

手数料と借入可能時間について

原則、都市銀行や地方銀行、そしてどこのコンビニであっても、借入れも返済も可能になりますが、自社以外のATMの場合は、10,000円以下で100円+税、10,001円以上で200円+税の手数料がかかります。
アコムマスターカードはアコムATMなら無料、イオンカードセレクトは、イオン銀行とミニストップATMなら無料など、自社や提携しているところを把握しておきましょう。
提携銀行ではない場合、18:00時以降になると借り入れができない可能性もあるので、ATMの借入れ時間も確認しておいた方がいいでしょう。

ATMでお金を借りる手順

クレジットカードをATMに挿入すると、機会によって操作が多少異なりますが、最初の画面に「ご出金」「ご入金」が表示されます。借入れなら「ご出金」をタッチし、カードの暗証番号を入力して、希望の借入額を選びます。
その次に、「キャッシュサービス」「ローンサービス」が表示されますが、キャッシュサービスはキャッシング一括払い(1回払い)で、ローンサービスはキャッシングリボ払いになります。
きちんと明細も出てくるしまるで自分の銀行口座からお金を引出すように借入れることができます。

また、インターネットでもお金を借りることができます。
JCBでは、平日9:00~14:30までにインターネット(MyJCB)か電話で申し込むと、最短数十秒で口座に振込をしてくれるそうです。ただ、申し込みをして、更にATMから引き出す手間はありますね。※詳しくはJCBのホームページでご確認ください。

手間がいらない口座引き落とし返済

口座引き落としは一番手間がかからない返済方法ですが、引き落とし日までに口座残高が足りなかった場合は振込による返済になります。
借入れと同じように、どの提携銀行ATMやコンビニATMでも返済ができますが、なるべく口座引き落とし期日に間に合うようにしておきましょう。

また、繰り上げ返済ができます。
口座引落の金額を返済額より大きい金額に変更する以外に、指定された口座に返済額より多めに振込むことで早期返済ができます。ですが、ゆうちょ銀行や三井住友信託銀行のように返済に対応していないATMもあり、当然利用手数料がかかります。
銀行だけではなく、今やコンビニにATMがあるのは当たり前の時代。ドラックストアにもATMがありますね。近くて便利で借り入れも返済も簡単にできる方法ですね。現金が必要な時に気軽に引き出しができる。手数料はかかりますが、緊急時にはありがたいですね。

消費者金融系クレジットカードの特徴・注意点

消費者金融系クレジットカードとは、簡単に言えば消費者金融会社が発行するクレジットカードです。
消費者金融系クレジットカードには発行元の企業名は記載されていません。
そのため、クレジットカードの表面・裏面を見ても、「消費者金融会社でお金を借りている」とばれてしまう心配はまずありません。
消費者金融系カードローンとクレジット会社が発行するクレジットカードとは、どのような違いがあるかご紹介します。

最短で即日カード発行も可能!

通常、大手消費者金融のカードローンは最短で即日発行が可能ですが、クレジットカードはそこまで融通が利かないのが難点です。
消費者金融系クレジットカードの申込みを行う場合、自動契約機を利用すれば最短で即日カード発行も可能です。
消費者金融会社によっては、最短で3営業日でカード発行される場合もあります。
最短で即日にカード発行ができない場合でも、クレジット会社から発行されるクレジットカードよりは対応がスムーズで、短期間のうちにカードが届くので安心です。

クレジットカードに比べて借入限度額 (キャシング枠) が高額

通常、クレジットカードでキャッシング枠を利用する場合は、30万円・50万円、もっとも高くても100万円程度が限度です。
消費者金融系クレジットカードの場合、クレジットカードと比較して借入限度額(キャッシング枠)が高額です。「クレジット会社だとキャッシング枠が低くて物足りない」そんな方は、消費者金融系クレジットカードが適しています。

消費者金融系クレジットカードは年会費無料

クレジット会社が発行するクレジットカードは、年会費が有料のものが多いです。その点、消費者金融系クレジットカードは無料となっているものが多いです。
1枚のクレジットカードを取得し、それを維持するためのコストがかかるのが、クレジットカードの難点です。
消費者金融系クレジットカードは、そのような問題点が解消されているので、1枚持っておく価値は十分にあります。

消費者金融系クレジットカードの4つの長所

1枚でカードローンとクレジットカードの2つの機能

消費者金融系クレジットカードは、1枚でカードローンとクレジットカードの2つの機能が一体化されています。

クレジット会社よりも審査に通りやすい

クレジット会社でカードの申込みを行う場合、カードの種類によっては審査基準が高くなります。
その点、大手消費者金融会社が発行するクレジットカードは、審査が緩やかで通過しやすいです。

借りやすくて返済しやすい

消費者金融系のクレジットカードは、クレジット会社が発行するカードと比較すると、借りやすくて返済がしやすいのが大きなメリットです。
もちろん月々の最低返済額はあらかじめ決まっていますが、月々の返済はもちろん臨時で返済することも可能です。

消費者金融系クレジットカードの3つの短所と注意点

金利の下限が高い

消費者金融系クレジットカードでキャッシングを行う場合の注意点として、金利の下限が高いことが挙げられます。
とくに大口でお金を借りる場合は、消費者金融系クレジットカードでキャッシング枠を利用するよりは、カードローンの方が大幅に低金利となります。

手数料のコストがかさむ

消費者金融系クレジットカードはお金を借りやすい反面、利用の仕方によっては手数料のコストがかさんでしまうのが難点です。
返済を先に延ばしてしまうと手数料が高くつくので、計画的に利用しておかないと、手数料の負担が大きくなるので注意が必要です。計画的に利用し、できるだけ早めに返済するようにしましょう。

クレジットカードとしての付加価値に欠ける

消費者金融系クレジットカードには、利用金額に応じてポイントが貯まるサービスが付帯されていいないのが現状です。
そのため、クレジット会社のカードよりは、付加価値に欠けるという点ではデメリットとなります。

おすすめのキャッシング機能付クレジットカードを紹介!

クレジットカードでキャッシングをすると利用限度額が低い、それならカードローンとクレジット機能が合わさったカードを選んではいかがでしょうか。
カードローンとクレジット一体型、利用限度額が高めのクレジットカード、付加価値の高いカードとその特徴を一挙まとめてご紹介します。

付加価値が高い 三菱東京UFJ-VISAカード

大手都市銀行でもっとも付加価値が高いクレジットカードと言えば、三菱東京UFJ-VISAカードです。キャッシングを利用したいけれど、少額だと物足りないし高額だと借りすぎてしまうのが心配、そんな人に最適です。

特徴

  • 利用手数料が何度利用しても無料
  • 金利は実質年率14.5%
  • キャッシング利用限度額は100万円

また、会員専用ページからPOINT名人.comのサイト経由で買い物をすれば、ポイントが効率良く貯めることが出来ます。

最短即日発行も可能!返済もATMで! アコム ACマスターカード

キャッシングに強いカードと言えば、大手消費者金融会社アコムが発行するACマスターカードです。 カードローンとクレジットの2つの機能が一体化されたアコムACマスターカードは、国内外で幅広く利用可能です。
海外旅行な好きな方や海外出張に行く機会が多い方にはマストなカードとなりそうです。

特徴

  • 最短即日発行可能!
  • クレジットカードとしての利用限度額は300万円
  • 金利は実質年率10.0~14.6%
  • カードローンとクレジットのトータルの利用限度額は800万円
  • 利用明細は、自宅に届かずウエブサイト上からいつでも閲覧OK!
  • 返済方法はパソコン・スマホから銀行振込み、提携コンビニATMからの返済、口座引き落としも可能

国際ブランドも豊富!様々な使い道がある 楽天カード

効率良くポイントが貯まるカードを座しているなら楽天カードが最適です。
電子マネーのエディカードとして使用することも可能で、さまざまな使い道があるのも楽天カードならではの魅力です。

特徴

  • 年会費は永年無料
  • 利用限度額は100万円
  • 国際ブランドはJCB・マスターカード・VISAなど豊富
  • ポイント還元率は1%、100円につき1ポイント貯まる
  • カード盗難保険・海外旅行保険が付帯

イオン系列のお店で買い物をする人はマスト!イオンカード

イオン系列のお店で買い物をする人にとっては、イオンカードは必須な存在です。
買い物をする時はカードの提示でポイントが貯まり、先にチャージしておくとより効率良くポイントが加算されます。
毎月20日・30日は5%OFF、この日に買い物をすれば大変オトクです。

特徴

  • 年会費無料
  • 国際ブランドはJCB・マスターカード・VISAなど豊富
  • カード盗難保障無料付帯
  • クレジットカード・電子マネーWAON・イオン銀行キャッシュカードの1枚3役
  • イオン銀行の入出金手数料は無料

業界最高水準のポイント還元率 ライフカード

アイフルの子会社から発行されるクレジットカードと言えばライフカード、お金に困った時の強い味方になってくれます。
キャッシュレスのマークのあるお店でライフカードを利用すれば、最大で5%のキャッシュバックが請けられます。

特徴

  • 業界最高水準のポイントで還元率
  • ※初年度は通常の1.5倍、誕生月は3倍、ポイントの有効期間は最長5年間

  • 年会費無料
  • 国際ブランドはマスターカード・VISA・JCB

海外旅行や買い物など幅広く利用出来る エポスカード

ショッピング・グルメ・レジャー施設まで幅広く利用できるクレジットカードと言えば、エポスカードです。

特徴

  • カード発行手数料・入会金・年会費は永年無料
  • 最短で即日発行も可能
  • 借入れ・返済時のATM手数料は無料
  • 初回利用時には金利が最大30日間無料
  • 海外旅行傷害保険付帯
  • 海外のATMで現地通貨の出金も可能
  • 税込200円ごとに1ポイント (1円分) 付与され、1ポイントから利用可能

海外キャッシュサービスって何?

クレジットカードを1枚持っておけば、国内ではもちろん海外でも利用することが可能です。
海外で利用可能なキャッシング機能のことを海外キャッシング、または海外キャッシングサービスと言います。
海外のATMでクレジットカードを使って出金(引出し)をすることもこれに含まれます。
海外キャッシングを利用した金額については、国内でのキャッシングと同様に通常の返済期日に返済することとなります。

海外キャッシュサービスを利用する長所

様々な国で利用でき、スリも防げる!

カードが1枚あれば、わざわざ現金を持ち歩く必要はないので、詐欺やスリなどに狙われるリスクも低くなります。
海外で現金で支払おうとしても、通貨の単位がわからなくて困ることもありますが、クレジットカードでキャッシングすれば、後日決済されるので何の心配もいりません。

世界中の加盟店で利用可能

クレジットカードを1枚持っておけば、世界中の加盟店でいつでも利用可能です。
たとえば、VISAに加盟している飲食店やショッピングセンターなら、会計時にカードを1枚差し出せば後払いOKです。

為替レートによっては安く利用できる

その時点での為替レートで換算されることです。 為替レートの状況によっては、安く利用できる可能性もあります。

外貨に両替する必要がない

外貨に両替するのは面倒ですが、海外キャッシングサービスを利用すれば、両替の手間が省けて便利です。
両替所に行くことで、犯罪に巻き込まれるリスクが高くなりますが、海外キャッシングのサービスを利用すれば、そのリスクを抑えることも可能です。

海外キャッシングサービスの短所

暗証番号を忘れたら使えない

4桁の暗証番号を忘れてしまった場合は、使えないので要注意です。
暗唱番号を忘れた場合、クレジット会社に電話する方法もありますが、海外から日本に電話する時は時差に注意しなくてはなりません。

ATMが見当たらない場合は要注意

海外に行って、すぐにATMが見つかれば良いですが、見つからない場合は要注意です。
またATMによっては、日本語で表示されるものもありますが、英語で表示される場合もあります。
英語が苦手な人でも、ATMに表示される単語の種類は少ないです。事前に英語表示のATMの使用方法もマスターしておくと安心です。

クレジットカードの自己管理

当然のことですが、海外で大事なクレジットカードを紛失しないように、しっかり自己管理を行う必要があります。
財布の中にカードを入れる場所はありますが、盗難リスクを減らすためにはクレジットカードは別にしておくことをおすすめします。

リスク有!クレジットカード現金化でお金を借りる

「(クレジット)カード現金化」という言葉を聞いたことはありませんか?カード現金化には2種類あります。

  • 商品買い取り方式
  • クレジットカードで購入した商品を少し低い価格で買い取ってもらい現金化する方法

  • キャッシュバック方式
  • 現金化業者の商品をクレジットカードで買い、後から手数料分を引いた現金を振込んでもらうという方法

換金性が高い商品だと、より買い取り業者からの払いが多く、審査がなくて手軽に現金が手に入るというイメージがありますが、あまりおすすめはできません。
支払い終わるまで買った商品はクレジット会社に所有権があるので、支払いが完了するまでは転売禁止になっています。
そのような行為がクレジットカード会社に発覚すると、クレジットカード自体を解約させられることもあります。
そしてクレジットカードを現金化する人は、キャッシング枠の限度額を超えて借りている人が多く、返済不能になるほど借金を抱えるリスクがあります。もし自己破産しても、借金を消すことができません。

キャッシュバック方式も今のところ違法性を問えない状態ですが、違法すれすれの行為であり、優良店がどれくらいあるか不確かでグレーな業界なのです。このようなリスクから、クレジットカードの現金化する方法は一般的に推奨されていません。

まとめ

急に現金が必要になった、ATMにもお金がない。そんな時にはクレジットカードでお金を借りられるんです。

クレジットカードと一概に言っても、銀行系や消費者金融系など様々な種類があります。
それぞれ審査の厳しさや審査から融資を受けられる期間、金利や返済方法なども異なります。

今回紹介した内容で、是非自分の目的に合ったクレジットカードを見つけてください。