消費者金融でお金を借りる5つのデメリット

消費者金融でお金を借りる5つのデメリット

素敵な俳優さんが広告を飾りイメージが明るくなったこと、 消費者金融の利便性が増したこと、また貸金業法改正によって借入しやすい 環境が整ってきたことで消費者金融の利用者が増えています。
その一方で消費者金融をサラ金と呼んでいた時代の印象が残っていたり、過払い金についてのCMを見ると、「なんとなく怖い・・・」「実際はどうなんだろう・・・」と心配な方、消費者金融のデメリットが気になる方も多いと思います。現在、多くの人が消費者金融を利用しているとはいえ、初めての利用は不安ですよね。 確かに、銀行系カードローンに比べるとデメリットはありますが、 場合によっては消費者金融の方がお得な借入ができることも!

また消費者金融は審査が早いので、急にお金が必要な時にすぐ登録し、借りることができるのがメリット。
しかし、もちろんデメリットも。ということで今回は、消費者金融をのメリット・デメリットをご紹介して 「なんとなく不安」を解消し、上手に利用していただけたらと思います。

これが5つのデメリット!消費者金融の特徴解説

これが消費者金融でお金を借りるデメリット5つです!

  1. ① 金利が高い
  2. ② 専業主婦(夫)は借りることができない
  3. ③ 消費者金融からの借入は総量規制の対象
  4. ④ 借金に慣れてしまう
  5. ⑤【最大のデメリット】クレジットカードやローンなどの審査への影響の可能性

該当する方もしない方もいらっしゃると思います。次にそれぞれのデメリットについて解説していくので、消費者金融からの借入前に、気になる項目をぜひご覧ください!

デメリット① 金利が高い

消費者金融は金利が高い! というデメリットイメージ、ありますよね。まずは大手各社の金利をご覧ください。

金融機関 金利
アコム 3.0%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
アイフル 4.5%~18.0%

たしかに18%と高いのはデメリット、、、でも3%は悪くない!!消費者金融の広告に書いてある下限と上限金利の差が大きすぎて、一体自分はどの金利が適用されるのかわからないですよね。多重債務者じゃないし、真ん中あたりの10%かな、と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、消費者金融の利用が初めてで100万円未満の借入だと、基本的にどの消費者金融でも上限金利が適用されます。やはり金利が高さはデメリット。消費者金融の広告表記は正しいのですが、誤解しやすいところなので心得ておきましょう。一方で、消費者金融の多くでは、「無利息期間」サービスを設定しています。無利息期間とは、決められた期限内に全額返済すると、金利がかからないというもの。借入金額以上の返済を行う必要がないため、このサービスを利用すると無駄な返済を抑えることができます。給料日、ボーナス支給日間近など、借入が短期間の予定なら消費者金融の無利息期間サービスを賢く使うとデメリットを打破できますね!

デメリット② 専業主婦(夫)は借りることができない

担保も保証人も不要で即日登録でお金を借りることができるのが消費者金融のメリット。ここで借入ができるのは、次の条件を満たす人です。

  • 20歳以上(年齢上限は消費者金融業者によって異なる)
  • 安定収入がある人

なので、まったく収入がない専業主婦(夫)は消費者金融でお金を借りることができない・・・というデメリットが。
銀行系カードローンには配偶者に安定収入があれば、無収入でもお金を借りられるところがあります。また、パートやアルバイトで収入を得ていれば、消費者金融でお金を借りることができるので時間的に可能な方はちょっとバイトをしたら、このデメリットは克服できます。

デメリット③ 消費者金融からの借入は総量規制の対象

年収の1/3までしか借入できないと制限している総量規制という法律。これは貸金業法のメインともいえる項目なので、この条件を満たさない申請はすぐに落とされます。消費者金融からの借金には総量規制が適用されるのでデメリットです。一方総量規制の適用を受けずに借りられるのが銀行系カードローン。借りる側にとっては選択肢が増えて良いのですが、銀行系カードローンは年収の1/3という制限がないのですが、審査は消費者金融よりも厳しいのが現状で、両方に違ったデメリットがあります。

このデメリットを打破するには、少しずつ長く利用することで信用を積み重ね消費者金融の優良顧客となり、低金利で融資を受けたり、借入枠が増えるのを狙うのもアリです。

デメリット④ 借金に慣れてしまう

4つめのデメリットは「慣れ」。初めて消費者金融からお金を借りるときは個人差はあれ、罪悪感や抵抗感があるものです。最初は人目を気にして借りていたのに、慣れてくるとその気持ちは薄らいでくるようです。それぞれ事情があってお金を借りるわけですから、仕方がないこと。とはいえ、消費者金融はあまりに気軽で便利に利用できるため、「すごく必要だから借りる」だったものが「ちょっと使いたいから借りる」とハードルが下がってきてしまうのです。

そうなると恐いのが多重債務への入り口。数社の消費者金融で借り換えを繰り返し借金に苦しむことに。自分の感覚が麻痺するという、慣れからくるデメリットがあります。
このデメリットを克服するため、消費者金融からお金を借りるときは返済計画を立て、一日も早く完済できるようにしましょう!
消費者金融からの借入額や利息を元に、自分で返済シミュレーションの計算をするのはなかなか難しいというデメリットも。便利なアプリ等もあるので、活用しましょう!

デメリット⑤【最大のデメリット】クレジットカードやローンなどの審査への影響の可能性 

消費者金融の借入・返済状況は、全て信用情報機関に登録されています。信用情報への悪影響を防ぐには、消費者金融への返済遅延の防止と早めの完済をすること。最大のデメリットはできるだけ回避したいものです。一体どのようなデメリットがあるのでしょう?

消費者金融への延滞が続いて信用が落ちるとこんなデメリットが!

  • 住宅ローン、マイカーローンが組めない
  • 賃貸住宅契約で保証人を保証会社にする場合、断られる
  • カードローンで借金ができない
  • クレジットカード契約ができない
  • スマホの分割払いができない
  • 消費者金融への延滞が周囲に知れた場合、職場や家庭でも信用を失う

特に、今後住宅ローンを受けたいと思っている方は要注意。住宅ローン借入希望の方で消費者金融の借金がある場合、できるだけ完済してから住宅ローン審査を受けましょう。残高や遅延が無くても、大型ローンを組むとき消費者金融への借入が残っていると、有利には働きません。あらかじめ返済計画を立て、他ローンへの申し込みまでに決着をつけましょう。完済していても消費者金融を利用していたということで、マイナス評価をされてしまうこともあります。完済から5年経っていれば、住宅ローン審査に影響はなくなります。

デメリットだけじゃない! 消費者金融のメリットを知って利用する!

ここまでデメリットをたくさん解説してきましたが、こんなに利用者が多いのはやはり便利というメリットが大きいからですよね。

消費者金融カードローンは、下記の状況の方におすすめです。

  • 今すぐにお金が必要だけど、近々収入の予定アリ
  • 10~20万円の借入希望
  • パートやアルバイトだけどお金を借りたい

メリット・デメリットをしっかり知って、うまく消費者金融を利用したいですね!