消費者金融の限度額増額のための対策

消費者金融の限度額増額のための対策

「限度額500万円!」という消費者金融広告が出ていたのに、実際申し込みをしたら審査結果10万円だった・・・なんてガッカリしたことはありませんか?
限度額をもっと上げるには?すでに借り入れしているけれど、 突然の出費で今すぐ追加で限度額よりちょっと多く借りたい!
そんなあなたのために今回は消費者金融の限度額の仕組みやもっと借りる方法についてご紹介します。

この限度額、消費者金融はどうやって審査して決めてるの?

消費者金融では審査の際、主に以下のことを手掛かりにして限度額を算出します。
1.年収
2.職業(勤務形態、勤続年数)
3.年齢
4.家族構成
5.居住環境(居住年数、賃貸か持ち家か)
6.他社からの借入・返済状況

1~5は信用や担保について、そして限度額に大きく影響するのは6の他社からの借り入れ状況です。消費者金融の審査自体通らなくなる可能性も出てくるばかりでなく、通ったとしても限度額が少なくなってしまいます。これは「総量規制」という法律があるためです。

総量規制ってどんな法律?年収との関係は?

「総量規制」をご存知ですか?

総量規制を一言でいうと「消費者金融などすべての貸金業者からの借入合計は年収の1/3まで」という法律です。
例えば年収300万円だと、借入限度額は100万円。そうか、1/3が限度額か、、、とあきらめないでください!
「貸金業者からの」とあります。

貸金業者とは「消費者金融、クレジット会社(キャッシング枠)、信販会社」の業態を指します。
つまり、銀行は限度額を決める総量規制の対象外!銀行系と消費者金融系を両方足したら1/3以上借り入れできることに!

もしあなたがどちらか片方からしか借金がないなら、消費者金融系と銀行系の併用で借り入れ限度額を増額できるかもしれません!また、クレジットカードのショッピング枠も総量規制の対象にならないので、お金の使用目的によって支払い方法をショッピング枠と消費者金融の融資分と使い分けるのも実質的な限度額増になります。(クレジットカードのキャッシング枠は限度額に影響する総量規制対象なので注意が必要です。)

消費者金融業者に融資限度額を増額してもらうためにできること

複数の消費者金融業者に依頼せず、同じ業者の限度額を上げることも可能です。
消費者金融新規申込の場合、申込者の素性がわからないため、審査では申込者が「お金を貸したら返してくれる、信用できる人か?」を重視しています。なので「信用できる人」と判断されれば、初回申込の審査に通ることができます。
一方、限度額増額審査では、あなたの評価は利用実績から想定できているため、消費者金融は「さらに信頼していいか?」という観点から限度額増の可否を判断します。

消費者金融会社から案内が届く

融資する側からすると、信用できる人にお金を貸すのは売上増につながるわけですから、消費者金融業者から限度額増枠可能と判断できた方のみにDMや電話がくることがあります。この営業活動、よくあるタイミングは返済し終わる前後。提案の後、審査を受けて通過すると限度額が増えます。消費者金融の優良顧客になってきた証!
また、限度額を上げると同時に消費者金融から金利を下げる提案がされることもあります。金利が下がると、借り入れ額は同じでも利息分が少なくなり返済が楽になるので余裕ができますね!

自分から消費者金融業者に頼む

いつ来るかわからない案内を待てない・・・ということももちろんあるはずです。そんなときはもちろん、自分から限度額増額の希望申請もできます。

たとえばプロミスの場合こちら

自ら申請すると消費者金融業者は限度額増額の可否を決める審査に入ります。
この審査では初回の審査項目に加え、借り入れや返済を行ったという過去の実績も踏まえて限度額を上げるか決定をします。

安定して確実に返済していること、借り入れをしすぎていないことなど健全な利用が求められます。

また、初回申し込み時と、現在で収支状況が変わっていたらその点も限度額の審査に加味されます。

例えば収入が増えていたり、支出が減っているかもしれません。他社からの借り入れ、住宅ローンやマイカーローンが完済していたり、子どもの成長に応じて扶養家族が減っているかもしれません。

このような収支状況の変更は消費者金融で重視されているので限度額増額の審査通過につながります。

とはいえ、限度額増額のために虚偽の申告をすることは、限度額増額が不可になるのはもちろん、これまでの消費者金融からの融資枠もゼロになり、今後の融資にも影響が出ます。

消費者金融業者同士の情報連携を甘く見ず、正直に申告しましょう。

まとめ

  • 総量規制を理解して、消費者金融系と銀行系の併用も検討!
  • クレジットカードのショッピング枠を利用し、お金の使用目的によって支払い方法を分けて実質的な限度額増額を狙う!
  • 普段は地味にコツコツ返して実績を作る!