初めてお金を借りるときにおすすめの「ゆうちょ銀行」

初めてお金を借りるときにおすすめの「ゆうちょ銀行」

お金がない!
お金を借りるのが初めてでも家族や友人に借りるのはイヤ・・・お金の貸し借りは人間関係にしこりを残すし。
初めて借りる方だと消費者金融に行くのは抵抗がありますよね。
そもそも近くに店舗が無い地域も。

ではゆうちょ銀行はありますか?
身近なゆうちょ銀行。口座を持っていてお金を借りるのが初めての方にはゆうちょ銀行がおすすめです。

初めての人におすすめ!ゆうちょ銀行でお金を借りる

少額のお金を借りるとなると、消費者金融が思い浮かぶかもしれません。たしかに審査が早く便利です。
しかし常にお金がギリギリの方ではなく、初めてお金を借りることを検討している方は、ゆうちょ銀行がおすすめです。

金融機関が多くない地域にお住まいの方にもゆうちょ銀行は強い味方!
この親しみやすさ、安心感や安定感も初めて借りる方にはおすすめポイントです。郵便局の3大業務と言ったら「郵便・貯金・保険」でしたが、郵政民営化でゆうちょ銀行になった現在、「融資」も積極的に行われています。

クレジットカードやデビットカードのサービス、スルガ銀行と提携しているカードローン、目的に応じたパーソナルローン、住宅ローンと、多くのプランを網羅しています。

低金利で審査なし!総合口座に入っている定額・定期預金を担保にしてお金を借りる方法

とりあえず今お金が1万円ほしい!というとき。
初めてだと焦りますよね。どこからお金を借りる?

落ち着いてください。もしかして財布や普通預金にはお金が無くても、財形貯金、定額貯金に預金はありませんか?
やみくもにおろさないように普段は「無いもの」として定期預金などをしている人は案外いますよね。

ここでは定額貯金や財形貯金を担保にしてお金を借りる方法をご紹介します。

ゆうちょ銀行で、定額貯金や財形貯金を行っていれば、すぐお金を借りることができるのです。
この財形貯金や定額貯金を解約する必要も、審査も必要ありません。この預金がゆうちょ銀行の担保になるので、低金利でお金を借りることができます。

①ゆうちょ銀行の財形・財形年金・財形住宅の定額貯金を担保にした自動貸付

借りる限度額は、請求時点の残高に利息を足した額の90%で、最高300万円までです。
お金を借りる期間は、最長2年間。 借入期間中に担保の財形関連貯金が満期になる場合、貸付期間は満期日までです。
利息は返済時の約定利率に0.25%上乗せした率です。 返済方法は返済金額と利子をゆうちょ銀行窓口やATMで直接返済。返済回数は1~4回を選べます。

②ゆうちょ総合口座の定額・定期貯金を担保にした貸付

定額または定期貯金をしている総合口座で残高以上の払い戻しが行われると、自動的に不足分を引き出せる=お金を借りることができます。
借入限度額は、預金額の90%、 1冊の通帳につき300万円までです。

①と同様お金を借りる期間は最長で2年間。借入期間中に担保の定額や定期預金が満期になる場合、貸付期間は満期日までです。
利息は定額貯金を担保とする場合、「返済時の約定金利(%)+0.25%」、
定期貯金を担保とする場合は「預入時の約定金利(%)+0.5%」です。

貸付金額と貸付利子の相当額を、通常貯金に預入することで自動的に返済ができます。
また、貸付期間内であれば、返済回数および1回あたりの返済金額に制限はありません。急に何らかの理由でお金が必要になった夜でも、ATMがあればすぐにお金を借りることができます。

焦って高金利の消費者金融を利用しなくても、初めての方はゆうちょ銀行の自動貸付でお金を借りるのが安心でお得です。

ゆうちょ総合口座を持っているならデビットカードも!

ゆうちょ銀行では、総合口座をお持ちの方ならキャッシュカードで買い物ができるデビットカードの利用も可能です。手元にお金がなくても口座残高があれば支払いができるので便利でおすすめです。
ちなみにデビットカードとは?
商品購入時に手持ちのお金ではなく、預金口座から即時引き落として支払うカードです。借りる以外の選択肢! クレジットカードと似ていますが、預金残高の範囲内でしか買い物ができないので、与信は行われません。

初めてならゆうちょのパーソナルローンを利用する

ゆうちょ銀行はスルガ銀行の代理店としてパーソナルローン(目的別ローン)の申し込みを受け付けています。マイカー、結婚、教育などお金を借りる目的別でさまざまなプランがあります。
すでに別のところでお金を借りている方は借り換えもできます。
主婦、パート、アルバイトの方、年金受給者の方もお申し込み可能です。
年利は7.0%~14.9%。上限金額500万円(初めてのときは300万円)。

詳細はこちら

キャッシングもできる!ゆうちょのクレジットカード

ゆうちょ銀行が発行するクレジットカード「JPバンクカード」を利用してキャッシングをすることもできます。
担保無しでお金を借りる方法です。
クレジットカードの発行には審査に通過する必要があります。
財形貯金や定額貯金を担保にしてお金を借りる場合と違い、ゆうちょ銀行側に担保はないため審査がありますし、年利は15%と高めです。
とはいえ消費者金融でお金を借りると18%のことが多いので、初めての方はまずゆうちょ銀行のカードローン審査に挑戦してみることをおすすめします。