お金を初めて借りる!安心低金利の銀行・金融系カードローンなど

お金を初めて借りる!安心低金利の銀行・金融系カードローンなど

初めてお金を借りる時。最初に行うべきことは、初めてでも安全にお金を借りることができる金融機関を、慎重に選ぶことです。

例えば、初めてでも安全にお金を借りられる金融機関は、ゆうちょ銀行・銀行・大手消費者金融会社・国、市などの自治体などがあります。
初めての場合、どの金融機関からお金を借りるべきか迷うことでしょう。判断材料は、お金を借りる目的と、借りたお金の使い道を明確にすることです。そこを明確にすることで初めてでも自分に合った金融機関で借りることができます。

ここから初めて借りる人でもわかりやすく、各金融機関の特徴について的を絞って紹介します。

「お金を借りるところ」についての情報を得る

ゆうちょ銀行でお金を借りる

安心の低金利でお金を借りる手段としては、ゆうちょ銀行がおすすめです。
ゆうちょ銀行と言えば、郵便・簡易保険・貯金で古くから親しまれてきました。
ゆうちょ銀行の最大のメリットは、財形貯金・定額貯金の取引がある人なら審査は不要で借りれることです。借入限度額は上限が決まっており、請求時の残高に利息分を付加した額の90%になり、最高300万円までです。

現在、ゆうちょ銀行で取り扱われている個人向けの融資の種類は、おもに下記の3種類です。

  • 財形成貯金担保貸付
  • 貯金担保自動貸付
  • 国債等担保自動貸付

利息は担保とする金融商品の種類によって変わります。

  • 担保となる対象が定額貯金の場合は、返済時の約定金利に0.25%を上乗せした率
  • 定期貯金が担保である場合は、預け入れ時の約定金利に0.5%を加算した率

返済は、最寄りの郵便局の営業時間内は窓口でもOK、営業時間終了後はATMでも返済可能です。返済回数は1回から4回まで任意選択します。
1回あたりの返済金額の制限はとくに設けられていないので、自分の返済能力に応じた返済が可能です。

銀行でお金を借りる

個人で融資を受けるなら銀行もおすすめです。

銀行カードローンは審査スピードの面では消費者金融にはやや劣りますが、金利の上限・下限ともに低いのが魅力です。

経済力と返済能力があることを審査が認められた場合は、必要に応じて高額融資を受けることも可能です。個人向けのカードローンでは保証人・担保は不要です。ただ借入限度額が多い場合は、身分証明書と合わせて収入証明書の提出が必要になります。
このように、低金利や保証人や担保の不要など、メリットの多い銀行ですが、審査条件が消費者金融会社よりも厳しく、審査には数日間~2週間の時間を要することもあります。即日でお金を借りたい人には考えどころかもしれません。

より低金利でお金を借りるなら、ネットバンクを選択する価値も十分にあります。ネットバンクは、口座の要不要、利率の優遇制度など、それぞれ特徴がありますので、環境によっては低金利での借り入れも可能になります。

消費者金融会社でお金を借りる

お金を借りるなら、消費者金融会社も選択肢に入れておくべきです。

最大のメリットは、消費者金融独自の無利息期間サービス。上手に活用すれば、初回借入時の利息がゼロとなります。また「借りすぎ」を防ぐ対策として、消費者金融会社でお金を借りる場合は貸金業法に基づき総量規制の適用により、年収3分の1を超える借入はできないことも、安心につながります。

即日でお金を借りたい人は、審査から借入れまでの最短スピードは60分など、借入れ開始までの流れが早い大手消費者金融は最適です。申込も「WEBで完結できる」という利便性の良さは、忙しい人、対面で借りることに不安を感じてる人にとってメリットの一つです。
もし無利息期間を過ぎたとしても、無理のない計画を立てて短期間で返済すれば、利息の負担を抑えることも可能です。

国、市などの自治体でお金を借りる

個人でお金を借りるのに国・自体からお金を借りる選択肢は、意外と見落としがちです。

銀行や消費者金融などの民間の企業とは違い、国・自治体では営利のためにお金を貸すことはありません。お金が必要な人に対して公的融資制度で支援するのが本来の目的です。
国による個人向けの融資の種類はおもに7種類あり、貸付制度と給付金制度に区分されます。
給付制度の場合は、返済の必要はありません。

時間の余裕があるなら【国や市などの自治体】の利用がお得!初めての人でも安心して借入れ可能

一番のメリットは安心で安全

国・市などの自治体で融資を受ける最大のメリットは、公的機関なので安全性が高くて安心して借りられることです。審査・借入れまでのスピードを重視するなら消費者金融系カードローンが最適ですが、時間の余裕があれば国・自治体の融資制度の利用もおすすめです。

国・自治体では、民間会社のように私的な融資ではなく、公的融資制度として活用することが特徴です。民間の金融機関とは違い、公的融資制度では一定期間内であれば返済の猶予も認められます。
また返済不要の給付金の制度も充実しているので、利用者のニーズに見合う公的融資制度を選択できます。

何より嬉しいのは無利息の融資と低金利なこと

国・市などの自治体で融資を受ける上での大きな利点は、民間の金融機関よりも安心の低金利なことです。
一般的に国・自治体で公的融資を受ける場合、利息は最大でも1.5%程度です。これは民間の金融機関の金利の下限よりも、さらに低金利です。
さらに公的融資制度では、一定期間内であれば返済の猶予も認められますし、無利息で融資を受けられるタイプもあります。

国・自治体で安心の低金利で融資を行う理由と目的は、所得の低い世帯・高齢者・障害者などの生活を守ることです。民間の金融機関のカードローンは資金の利用目的は自由ですが、国・自治体の公的融資制度は資金の利用目的はある程度限られてきます。

それは、これらの制度の目的が国民の生活をしっかりサポートするための支援制度だからです。

審査を通るために必要なこと

国・市などの自治体による公的融資制度には、おもに4種類のカテゴリーがあります。それらの公的融資制度に申込みを行う場合、注意すべき点が1つあります。
民間の金融機関のように、決まった書類を提出すれば良いわけではありません。
制度ごとに利用可能な対象者が異なるため、申込時に必要な書類の種類や書類の数に違いがあることです。


生活福祉資金貸付制度

おもに低所得者世帯・高齢者世帯 (65歳以上) ・障害者のいる世帯を対象とした公的融資制度です。管轄は厚生労働省ですが、実際に相談の窓口となっているのは各都道府県・市区町村の社会福祉協議会です。
生活福祉資金貸付制度は、さらにいくつかの項目に分かれており、それぞれ利用できる条件などが変わります。住まわれている市区町村、または都道府県の社会福祉協議会に連絡をし、自分の利用できる制度を相談することが一番の近道になります。


母子福祉資金貸付制度(寡婦・父子)

申込み時点で満20歳未満の子を扶養する父子家庭・母子家庭を対象とした公的融資制度です。母子・父子・寡婦福祉資金貸付には、12種類の資金が用意されています。
その種類は、就学資金、事業開始資金、結婚資金など様々です。そのため用途に合わせた申込と、書類の準備が必要になります。自治体により審査内容や、限度額・金利・連帯保証人の有無・返済期限も異なりますので、自治体の福祉相談窓口へ詳細の確認をしましょう。


救援者支援資金融資制度

就労を目的として職業訓練を受ける人を対象に、受講中の生活費を賄うための公的融資制度です。
対象者は、ハローワークを介して求職者支援資金融資の要件を満たした人・職業訓練給付金の決定を受ける人です。


緊急小口資金貸付制度

生計維持が難しくなった場合に、一時的な融資・緊急での融資を受けられる制度で、融資限度額は10万円が上限です。
借り入れ可能な対象者は「低所得世帯の方」「緊急かつ一時的に生計維持が困難な状況である方」「返済の見通しが立つ方」になります。急を要する借り入れをご希望の方は、書類の準備は早め早めの対応が良いでしょう。
窓口は、各自治体の社会福祉協議会になります。


さらに詳しい借り入れ方法を知りたい方は、下記のページもご参考ください

国や市役所からお金を借りる、個人向けの貸付制度について

初めての借入れなら【金融系カードローン】!30日以内の返済の場合「無利息即日融資」も可能!

初めてお金を借りるなら、消費者金融系カードローンで無理即期間サービスを利用することをおすすめします。
無利息期間サービスとは「特定の条件をクリアした借り入れであれば、規定の期間は利息がつかない」という大変お得なサービスです。
現在、無利息期間サービスを実施中の消費者金融会社は下記の4社になります。金利とサービス内容を比較して、ぜひ検討をしてみて下さい。

プロミス

大手消費者金融の老舗と言えば、SMBCグループのSMBCコンシューマーファイナンス・プロミスのカードローンです。

  • 金利は実質年率で4.5~17.8%
  • 審査時間は最短30分
  • 借入限度額は500万円
  • 融資までの所要時間は最短で1時間
  • web完結申込みで即日融資にも対応可能

プロミスでは女性専用のレディースコールセンターが設置されているので、借入・返済相談も気軽にできます。
注目すべきは、初めてカードローンで借りる時に30日間の無利息サービスの適用です。
借入金額の大小に関わらず、30日間以内に返済すれば利息分はゼロとなります。
なお、無利息期間サービスの利用条件として、WEB明細の利用とメールアドレスの登録が必須です。

WEBで申し込み・口座振替でのお支払い・カードレスを選択すれば、郵便物が自宅に届きません。家族に知られずに借りたい人にも、お得な消費者金融会社です

アコム

アコムは3大メガバンクでおなじみの、三菱UFJファイナンシャルグループの消費者金融会社です。

アコムの金利は実質年率3.0~18.0%

他の大手消費者金融会社と比較しても金利の下限がもっとも低いのが魅力です。
カードローンを初めて利用する人にも安心できるように、初回借り入れの時は30日間無利息サービスの利用可能です。30日間無利息期間は、初回契約日の翌日から30日間までとなります。

今すぐにお金を借りたいなら

アコムのWEBサイトよりわずか3項目の入力で簡易審査可能です。
申込から契約までWEBで完結し、最短で即日融資が可能です。
アコムの借入限度額は1万円~800万円、少額の借入れから大口融資まで幅広いニーズに対応可能です。

アイフル

アイフルは公式サイト上から「事前融資可能」で、わずか1秒で診断できます。
審査待ちなどの無駄な時間をかけずに

  • 年齢
  • 年収
  • 雇用形態
  • 他の金融機関での借入金額

以上の4項目を入力すれば、即診断結果が表示されます。即日でお金を借りたい人にとって親切なサービスです。
用対象者は申込時の年齢が20歳~69歳以下、安定した収入のある人です。

申込手続きはWEBで完結し、自宅への郵送物はありません。スマホ1台でいつでも取引できる、利便性の高いシステムになっています。

  • 金利は実質年率3.0~18.0%
  • 借入限度額は800万円
  • 借入限度額が50万円以下であれば収入証明書の提出不要

これらのことから、少額の借り入れを希望する人にとってはありがたいサービスです。
審査の所要時間は最短30分・即日融資可能、もちろん初めてお金を借りる時の最大30日間無利息期間も設けられています。

アイフルが他の大手消費者金融会社と異なる点は、ネット上で質問に答えてくれるチャットロボット「ぽっぽくん」が在駐していることです。カードローンの申込と利用、増額融資や返済方法など、LINEでの相談も対応可能です。

レイクALSA

新生銀行グループのレイクALSAの最大のメリットは、2種類の無利息期間サービスを任意で選択できることです。

60日間の無利息サービス

1つ目は初回借入時の融資金額全額に対して、60日間の無利息期間のサービス。こちらはWEB申込限定となります。

180日間の無利息サービス

二つ目は、初めてお金を借りる時に最大5万円までであれば、180日間まで無利息期間サービスが適用されます。

借入金額が高くて60日以内に返済可能であれば「60日間の無利息期間サービス」。少額の借入れで返済に期間を要する場合は「180日の無利息期間サービス」を選択すると良いでしょう。

  • 金利は実質年率で4.5~18.0%
  • 融資限度額は500万円
  • 来店不要・WEB完結申込

簡易審査は最短15秒、WEB申込みなら審査から融資までの所要時間は最短60分ですので、お金を即日で借りたい人にもおすすめの消費者金融会社です。
借入・返済はレイク専用ATM・ローソンATM・イオン銀行ATM・セブン銀行ATMにて手数料ゼロ円という、余計なところでお金をかけなくてもすむ、借りる人に寄り添った親切なシステムになっています。

安心して借りるなら銀行の【低金利のカードローン】がおすすめ

代表的な銀行系カードローンは下記の6社です。

三菱UFJ銀行

3大メガバンクの代表格と言えば「三菱UFJ銀行カードローン バンクイック」です。

  • 金利は実質年率1.8~14.6%
  • 借入限度額は500万円
  • 月々の最低返済額は1,000円から

このように返済のしやすさも魅力です。
近くに三菱UFJ銀行ATMがなくても、最寄りの提携コンビニATMならいつでも利用可能です。借入れ時・返済時の銀行ATMの利用手数料は無料、ムダなコストを省けます。

「三菱UFJ銀行カードローン バンクイック」の申込みは、三菱UFJ銀行内に設置された専用のテレビ窓口の利用が可能です。申込み時に本人確認書類と、必要に応じて収入証明書を提示すれば、申込手続きがスピーディーに行えます。
消費者金融のように最短即日融資とまではいきませんが、大手都市銀行でもっとも最短で借りられるのが「バンクイック」です。

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンは通帳口座なしでも利用でき、ネット上で24時間いつでも申込OKです。

金利は実質年率4.5~14.5%

契約時の借入限度額に応じた金利が適用されます。

借入限度額は10万円~800万円

大口融資を希望する人向きですが、借入れ希望額は限度額内で1万円単位の設定が可能ですので、余計な借り入れをしなくてすむのが安心です。
借入限度額が50万円以下の場合は、収入証明書の提出は不要なので身分証明書の提出のみで融資を受けられます。

利用条件
  • 申込み時の年齢が満20歳~69歳以下
  • 継続的に安定した収入
  • 指定の保証会社からの保証を受けられる

毎月の最低返済額は2,000円から、借入・返済時のATM手数料は0円、無理なくムダなく必要に応じていつでも借りられます。
返済方法と返済期日は任意で選択可能です。

楽天銀行

楽天銀行カードローンは、ネットバンキングならではのサービスの質の高さが魅力です。

  • 金利は実質年利1.9~14.5%
  • 借入限度額は10万円~800万円
  • 融資までの所要時間は最短で即日融資、最大で申込日から3日以内

銀行系カードローンで最短即日融資に対応可能なのは、楽天銀行カードローン以外にはまず見つかりません
その他のメリットとして、楽天銀行カードローンに申込・入会・初回利用時に楽天スーパーポイントが付与されます。ポイントサービスは最大で31,000ポイント、入会時にはもれなく1,000ポイントプレゼントされます。貯まったポイントは楽天市場でのショッピングにも利用可能、1ポイントは1円に相当します。ANAマイルなど、ポイント交換も任意に選択可能です。

楽天銀行と提携する銀行ATMの利用で手数料は無料、取引コストをカットできます。
通常の個人向けカードローンとしてはもちろん、借り換え・おまとめローンとしても利用可能です。

イオン銀行

スピーディーに借りられる銀行系カートローンを探しているなら、イオン銀行なら「24時間申込可能・土日祝日の審査も対応可能」です。

  • 金利は実質年率3.8~13.8%
  • 月々の返済額は1,000円から
  • 借入限度額は10万円から800万円まで10万円単位

イオン銀行カードローンの年齢による利用条件は、契約時の年齢が満20歳以上65歳未満の人です。安定した収入が継続していればアルバイト・パート・専業主婦・自営業者の申込も可能と、借りる人の背景に対し幅広く対応しています。

ただしイオン銀行と提携する「イオンクレジットサービス」か、「オリックスクレジット」の保証を受けられることが条件となります。
申込手続きから契約までWEBで完結・郵送もなし・口座開設も不要です。専用のアプリを利用すれば、カードローンの増額申込みも可能です。

みずほ銀行

みずほ銀行と言えば宝くじの発行で知られる大手都市銀行です。

みずほ銀行カードローンの金利は実質年率2.0~14.%

住宅ローン利用中の人はさらに金利が0.5%まで引き下げられます。

利用限度額は800万円

資金の利用目的は自由 (ただし事業性資金を除く) です。みずほ銀行で普通預金口座を開設済みの人は、希望に合わせてカードローン専用のカード、普通預金のキャッシュカードなど、いずれか任意で選択可能です。

お近くにみずほ銀行ATMが設置されていなくても、最寄りのコンビニATMで手数料無料で利用できます。

返済期日に通帳口座が残高不足になった場合、自動融資サービスが適用されるため、延滞を未然に防げることも魅力です。

ソニー銀行

無理なく返済しやすい銀行系カードローンを求めるなら、ソニー銀行なら毎月2,000円からの返済が可能です。

  • 金利は実質年率2.5~13.8%
  • 借入限度額は10万円~800万円

銀行系カードローン特有の「審査時間が長い」という欠点をカバーしたのが初回振込みサービスです。
今すぐにお金が必要な場合は、初回振込みサービスを活用すれば専用カードを受け取る前に借入れが可能です。
初回振込みサービスを利用しない場合は、申込み・審査から1週間後~10日後のカード受取りとなります。

ソニー銀行カードローンの提携ATMは、セブン銀行・イオン銀行・ローソンATM・イーネット・ゆうちょ銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行です。預け入れは手数料無料、引出し (借入) は月4回まで無料、月5回目以降は1回につき110円(消費税込)かかります。

オリックス銀行

まとまった金額を低金利で借りたい、そんな人に最適なのがオリックス銀行カードローンです。

  • 金利は実質年率1.7~17.8%
  • 借入限度額は800万円
  • 借入金額の大小に関わらず担保・保証人不要

オリックス銀行カードローンが他の銀行系カードローンと大きく異なる特色として、ガン保証特約付きプラン「Bright」が付帯されていることです。
加入は任意ですが、カードローンの利用者がガンと診断された場合、または死亡や高度障害状態になった場合には、保険金の給付が受けられます。その時点で借入残高がある場合は、保険金から債務に充てる仕組みになっています。

オリックス銀行カードローンの契約期間は1年ですが、審査の後に自動的に更新されます。
他の金融機関のカードローンよりもワンランクアップ、それがオリックス銀行カードローンの魅力です。

審査不要の即日融資なら【クレジットカードのキャッシング】

初めてお金を借りる方法の中で、安心なのは銀行系・消費者金融系カードローンだけではありません。

もしクレジットカードを持っているなら、キャッシングを利用することで、初めての人でもお金を借りることができます。

審査不要で即日融資

キャッシングの審査が不要なため、初めての人でも即日でお金を借りることができます。
キャッシングでお金を借りた場合の支払方法で、1回払いを選択した場合は手数料が無料になります。複数回で返済する場合でも、短期間で完済すれば利息分のコストを減らすことができます。

未成年でも利用可能

銀行系・消費者金融系カードローンは、利用者が成年 (満20歳以上) に限定されていますが、クレジットカードは未成年の学生を対象としたものもあります。
学生でもお金を借りることができる貴重なサービスになります。

融資限度額は低い

ただし、クレジットカードを利用してお金を借りる場合、融資限度額が低いことに気を付けなければいけません。
考え方次第では最初から借入限度額が高いカードを選ぶより、限度額が低いクレジットカードの方が、初めてお金を借りる人でも「借りすぎ」を防げるので安心材料の一つです。
特に学生や、主婦など、お金の返済に不安を感じる人や、初めての借入れで不慣れな人には、限度額を低めに設定していることは、メリットの一つと言えるでしょう。

海外での利用も可能

また、銀行系・消費者金融系カードローンの利用は日本国内のみですが、クレジットカードは海外でも利用可能です。特に海外旅行や海外出張に行く機会が多い人には、クレジットカードはマストな存在です。

多彩な利用目的

キャッシングのようにお金を借りることもできるクレジットカードですが、本来はは旅行やショッピング、レストランの支払い時に利用するのが一般的です。
資金の利用方法が自由で大口融資を受けられるカードローンよりも、利用目的が明確なのでその点では安心感が得られ「何に使ったのかわからない!」という使用不明な返済に悩まされることはありません。
また、お金の支払いや、お金を借りるだけでなく、国内・海外旅行時には傷害保険や盗難保障保険が付帯されているのもクレジットカードならではの魅力です。

たくさんのメリット

初めてクレジットカードを作るのであれば、マスターカードやVISAカードなど審査基準が厳しいですが、その審査を通ったクレジットカードを1枚持っていれば信頼の証しにもなりますので、有名なカードの保有はおすすめです。
利用金額ごとにポイントが貯まる特典や、キャッシュバックなど嬉しいサービスもたくさんあります。
お金を借りる用途だけではなく、クレジットカードの保有には多くのメリットがあります。

クレジットカードの利便性は高く、初めてお金を借りる人にとっては、比較的ハードルが低くお金を借りれる方法なので、この機会にクレジットカードの保有を検討してみると良いでしょう。

低金利でお金の借入れなら【地域密着型信用金庫】を利用する方法も

大手の消費者金融・銀行系カードローンだけではなく、地域密着型の信用金庫にも目を向けてみましょう。

信用金庫と銀行の決定的な違いは、信用金庫は信用金庫法、銀行は銀行法に基づいて健全に運営されていることです。信用金庫は地域社会の活性化と貢献を目指しており、一般庶民に向けた金融サービスを提供しているのが特徴です。信用金庫ではもちろんカードローンの取り扱いもあり、地域密着型の金融機関ならではの良質なサービスが提供されています。
お金を借りる必要が出てきた場合、最寄りの信用金庫にまで選択肢を広げてはいかがでしょうか。

浜松いわた信用金庫

数多くの信用金庫の中から、ここでは静岡県浜松市の「浜松いわた信用金庫」のカードローンについて簡単にご紹介しましょう。
「浜松いわた信用金庫」では、カードローンの種類がいくつかあり、ニーズに合わせて選択可能です。


  • 浜松いわた信用金庫きゃっする500

専業主婦(借入限度額あり)・パート・アルバイトの方もご利用いただけます。ただし専業主婦の場合は「配偶者が満69歳以下で安定した収入のある方」になります。


  • ワイドローン

担保・保証人不要で手軽に借りられるサービスです。ATMでの借り入れが可能なので、急にお金を借りたい時などにとても助かります。


  • 随時返済型カードローン

パート・アルバイト・主婦の方も申し込める、幅広い層に対応したサービスです。限度額は100万円なので「借りすぎ」を防ぐことで安心に利用できます。


このように地域の方に寄り添ったシステムのため、利用者のライフプランに合わせて任意に選択でき、どのプランを選んでも無理のない返済ができるのが魅力です。
一般庶民の経済的な支えとなってくれるのが地域密着型の信用金庫ならではのシステムです。お金が必要になった時、いざという時の強い味方になってくれることでしょう。

まとめ

いくつか初めてでの方でも安心してお金を借りることができる方法を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

昔に比べ、国や市、銀行、信用金庫、大手消費者金融など、お金を借りる方法はだいぶ広がりました。
また「お金を借りすぎて返済ができなくなってしまう」などのトラブルを防ぐために、さまざまな規制を行うことで安心した借入れができるようになっています。

当記事を読むことでお金を上手に借り、無理のない豊かなライフプランがたてられるお手伝いができることを願っております。