どんな人がお金を借りるのか?貸し借りで注意することとは?

どんな人がお金を借りるのか?貸し借りで注意することとは?

家族や親戚、友達または恋人にお金を借りるとき、どんな心理状態なのでしょうか?また、お金を借りるとしたら、相手は誰を選びますか?
消費者金融や銀行などの貸金融業者を選ぶ場合もあれば、家族や親戚、友達や恋人、また職場の同僚からお金を借りる人もいます。その理由や心理を解説していきます。

まわりの人からお金を借りる心理

人からお金を借りる人の心理


そもそもなぜ消費者金融や銀行でお金を借りず、人からお金を借りるのでしょうか?
手近なところからお金を調達したい等の理由はあるかもしれませんが、消費者金融や銀行の審査に落ちてしまって借りられないという理由もあるかもしれません。
そこで最後に頼りにするのが家族や親戚、友達や恋人になってくるわけです。
ここからはそれぞれの傾向を見ていきましょう!

親からお金を借りる人の心理

親にお金を借りる人の心理は、親であれば自分の味方なので、頼みを聞いてくれるに違いないと考える傾向があるようです。確かに、親は一番の味方ですので、どのような理由であろうと困った時には肩代わりになってくれることでしょう。
ですが、親しき中にも礼儀ありという言葉のように、借りたものは返さないと信用を失います。いくら親子だからと言ってそのあたりを適当にあしらっていると後々痛い目にあいます。学生ならまだしもいい大人がそのようなことを続けていると最悪裁判沙汰になり慰謝料を請求され、借金以上のものを支払わなければならないかもしれません。

友達からお金を借りる人の心理

友達の中でも借りやすい人は、年下や地位が下、あるいは下だと思っている人間です。自分の後輩や友人の中から、気が弱くて断るのが苦手そうな人間を狙い撃ちするのが、借金をする人の常套手段の一つです。

恋人からお金を借りる心理

恋人からお金借りるケースは、恋愛関係が成立している間には、信頼関係で借りようとするパターンが多いようです。しかし、恋愛関係が冷え込んできている場合には、借金をするのに都合の良い相手と捉えている場合があります。例えば彼女側が「妊娠してしまったからお金を貸してほしい」と嘘をついていう例もあります。
特に、元恋人からお金を借りる人の心理には、その傾向があるようで、SNSなどをリサーチしていると、その実態が分かります。その後結婚をしたとしても夫婦の関係になったとしても過去のことがバレてしまい離婚の原因になります。

旦那・妻からお金を借りる心理

利息もなく借入審査もないため、お金が足りなくなったら旦那もしくは妻にお金を借りることも多いです。ただし、しっかり返さなかったりすると夫婦間の信頼が失われ、離婚原因になりかねないので注意が必要です。また、離婚となって子どもがいる場合には親権問題も出てきてしまうので普段から話し合って気を付けていきましょう。

職場の人からお金を借りる心理

職場の人からお金借りる場合には、慎重にお願いする人が多いようです。職場が同じなわけですから、変な評判が立つことに恐れを抱きやすいのです。万が一、借金トラブルが職場の雰囲気を壊すなど、仕事に悪影響を及ぼした場合には、会社からペナルティを与えられる可能性もありますので、安易な借入れはしにくいようです。

借りることが絶対にいけないというわけではありませんが、借りる際に絶対にしてはいけないことがあります。それは嘘を言って借りるということです。最近テレビでも嘘をついてお金を借りて借入額が膨大になってしまい、返さずに逃げ続ける・脱出するというのをよくやっていますが、それは立派な犯罪です。詐欺に当たります。逮捕されるかもしれません。

消費者金融や銀行を利用してお金を借りる人の特徴

先述したまわりの人からお金を借りるのではなく、消費者金融や銀行などの貸金融業者からお金を借りる心理と傾向とはどういったものなのでしょうか。

このページではまだ審査が通る段階の人の傾向について解説しています。どのような特徴の人がお金を借りるのでしょうか?

  • 意外に収入がある人
  • 後先の事を考えずに買い物をしてしまう
  • 相談できる人がいない(親や友人にも相談できない)
  • 浪費家
  • 見栄を張る人
  • ギャンブル好き

上記のような人が、消費者金融や銀行からお金を借りる傾向が高いです。
例えば、週末にデートがあるとかでお金がない。彼女に断るしかないのか?いやそれは恥ずかしいから内緒でお金を借りようと見栄を張ってしまいます。
つい見栄を張ってしまうことは誰しもあることでしょうが、限度を超えても他人の目を気にして散財してしまうタイプの人がいます。
また、ギャンブル癖がある人も借金にはまってしまう傾向にあります。近年では精神疾患としても認識されており、認知行動療法などの心療内科での治療で改善される可能性もあります。買い物依存症やあまり後先を考えない人もそのような傾向にあるようです。
意外ではありますが、収入がしっかりあって年収がある人もお金を借りてしまう傾向にあります。

では実際に何に使うために借金をしているのでしょうか?

1.趣味・娯楽費用(国内旅行や海外旅行を含む)
2.食費
3.家賃の支払い(ずっと滞納するのも申し訳ないという気持ちから)
4.自動車の購入費
5.衣料費
5.医療費
7.納税・納付等の支払い(国民年金など)
8.ギャンブルにかける費用
9.奨学金の支払い(払えなくなって自己破産はしたくない)など。

生活費が足りない事や住宅ローンの支払い、年金だけだと足りないというようなことで借りるならまだしも趣味や娯楽、ギャンブルをするためという人もいるのが現状です。

貸し借りするときに必要なことは?

人からお金を借りるとき、またはお金を貸すときに絶対に必要なこと、それは「金銭借用書」を書くことです。
金銭借用書とは、借りる人は誰で、貸す人は誰なのか。借り手と貸し手の間で、いつ、いくら貸したのか。返済方法はどうするのかといった約束ごとを書類にしたものです。お金を借りた、お金を貸したという証拠を残すためにとても大切なこと。これを書くか書かないという違いだけでも、問題が解決するスピードは違ってきます。ですので絶対に忘れないでください。

金銭借用書に記載する内容

目的

お金またはモノを借りたこと(金銭または物品を借りたこと)を証明する証書のことをさします。

借り手、貸し主

借りる人は誰で、貸す人は誰なのかを明らかにし、責任の所在をはっきりさせます。

借りた日時(貸した日時)

借りたのはいつなのか、貸したのはいつなのかを明記します。

返却期限、返済期限

いつまでに返すのかという期限を明記します。物品の場合には返却期限、金銭の場合には返済期限となります。

条件、利息、支払方法

物品の場合には、いくらで貸すのかを明記します。金銭の場合には、利息はどのくらいで、どのように返済するのかを明記します。

金銭借用書の種類

借用書、借用証、借用証書、金銭借用証書、金銭借用書

お金を借りた方が主体となって作成する証書。

金銭消費貸借契約書

借り手と、貸し手の双方で結ぶ契約書。

金銭貸借契約書の公正証書

当事者間で交わした契約書が確かにその日に作成されたものであることを公証人が証明したもの。

返済の日が過ぎたら絶対に催促しましょう。返す責任をしっかり負うべきです。約束の日に返済をしない人は何度も延滞をします。

金銭借用書の記入時のポイントは?利息はどうすればいい?

利息の決め方

民法上、お金の貸し借りは原則無利息ですが、当事者間の話し合い次第で利息を設定できます。そして、利息を設定する場合は下記の2点を定めなければなりません。
利率(年率)
利息の支払方法

元金の金額・利率の上限

10万円未満…年20%まで
10万円以上100万円未満…年18%まで
100万円以上…年15%まで
法律上、利率を定めなかった場合は、自動的に年5%に設定されてしまいます。

利息の計算の仕方

利息=残高(元金)×利率÷365日×借入期間

利息の支払い方法

利息の返済の方法には2通りあります。「一括返済」と「分割返済」です。

「一括返済」の場合
返済期日に元金と利息を合わせて一括で支払う。
元金は返済期日に一括で支払うが、利息は分割して毎月支払う。

「分割返済」の場合
元金均等払い、元利均等払いのどちらかで払うことができます。

契約書を作成するときに注意すること

  • 鉛筆で書かない
  • 捨印を使わない
  • 感熱紙を使わない
  • 押印は文字と重ならないようにする
  • 仕上げに契印・割印・消印をする必要があり同じものを使う

まとめ

お金を借りる人の特徴や借りる人を選ぶときの心理、実際に貸し借りをする時の注意などを紹介しましたが、人から借りるときは相手との関係性が壊れないように注意が必要です。
お金を借りるという最終手段をとってしまう前に、まずは日々の生活費やお金の使い方を見直してはどうでしょうか。
それでも、どうしても借りなければいけないときは、金銭借用書の準備をしたり、返済期日を守って誠意をみせるようにしましょう。