消費者金融でお金を借りるときに必要なものは?

消費者金融でお金を借りるときに必要なものは?

消費者金融からお金を借りると決めた!そこで、必要なものは?
初めての消費者金融利用時は必要なもの、審査の流れがわからないですよね。周りに消費者金融の借り入れがバレるか心配な方もいると思います。消費者金融からお金を借りる予定の方へ、必要なもの、審査、職場への在籍確認について解説します。

必要なものはこれ! 消費者金融でお金を借りるときに用意する物

消費者金融で借り入れをするときに必要なものは基本的に本人確認書類のみです。
借りるときに準備がほとんど要らないのが消費者金融の便利な点。消費者金融は、用意する物が少ないため気軽に使われているのですね!

本人確認書類とは

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証

です。

住民基本台帳カード、印鑑証明書が認められることもあります。
外国籍の方は、外国人登録証や在留カードが使えます。各消費者金融によって認めている物が若干異なります。
公共料金・社会保険料等の領収書でも可とする貸金業者もあります。

本人確認書類の住所と現住所が違う場合に追加で必要なもの

  • 納税証明書
  • 国税の領収書
  • 社会保険料の領収書
  • 公共料金の領収書
  • 住民票の写し
  • 住民税の記載事項証明書

借り入れ希望が50万円以上、または他社の消費者金融を含めた借り入れの合計が100万円以上の場合は収入証明書が必要です。総量規制という法律で決められたものなのでこれを守らないと消費者金融など貸金業者は法律で罰せらるのです。

収入証明書ってたとえば?

  • 源泉徴収票(勤務先が交付する所得税額を証明する物)
  • 給与明細書(勤務先が交付する給与明細書)
  • 確定申告書(税金の確定申告で作成した物)
  • 所得証明書(各市町村発行の所得を証明する書類)
  • 課税証明書(各市町村発行の住民税課税金額を証明する書類)

などがあります。

借り入れ申し込み前に「お試し審査」使ってみる?

お試し審査をご存知ですか?
借り入れ前に消費者金融のお試し審査を受けて不安を解消しましょう!

審査前に消費者金融公式ホームページの「お試し審査」をやると、審査に通るか予想ができますし、消費者金融が重視している点もわかります。「お試し審査」の呼び方は消費者金融によりますが、審査結果に影響しないものなので気軽に行えます。あくまで「お試し審査」なので通ったからと言って必ず借り入れができるわけではないですが、ダメだった場合は、実際の審査も高確率で落とされるので、試す価値はあります。
入力内容は、

  • 生年月日
  • 年収
  • 雇用形態
  • 性別
  • 独身/既婚
  • 他社借入状況(件数・金額)

以上を入力すると即診断結果が表示されて、1分もかからずでき、非常に便利なものです。

すぐに必要なものは用意できたけど・・・消費者金融の審査通過率ってどのくらい?

消費者金融での借り入れに際して必要なものは意外と少ない、そしてお試し審査についてお話してきました。

ここでは消費者金融の審査通過率は実際どのくらいなのかを見ていきます。審査通過率とは、「消費者金融の新規申込者のうち何%が審査を通過(=成約)したか」を表す物です。

会社名 審査通過率
アコム 45~50%
プロミス 41~44%
アイフル 41~47%
新生銀行(レイク) 約35%

銀行系カードローンの審査通過率は約20~30%と言われています。

「銀行系カードローンから借り入れ希望だったけど審査に一度落ちてしまった……」という方は、審査通過率もふまえて消費者金融を選んでみてはいかがでしょうか。というのも、2度目の審査にも落ちると3回目からは特に厳しく審査されるからです。

もちろん審査は受けてみないと分からないものですが、何%の新規申込者が消費者金融の審査に通っているか、というのも参考にしてみてください!

職場への在籍確認ってどんな感じ?

在籍確認とは、借り入れ申込みをしたときに入力した勤務先情報が正しいか確認する重要な審査です。消費者金融などカードローン会社がおこなう在籍確認の方法は「勤務先に直接電話をする」または「勤務先を確認できる書類を追加で提出する」です。多くの会社は電話確認です。

あなたの勤務先に直接電話をする

在籍確認の電話が勤務先にかかってくると、「勤務先に消費者金融からお金を借りることがバレるんじゃないか!?」と心配になりますよね。
それを恐れて消費者金融からの借り入れを避けてきた方もいると思います。しかし相手はプロ!

在籍確認はプライバシーに細心の注意を払ってスマートに行われています。審査担当者は基本的に個人名を名乗って電話をかけます。
個人名だと不自然でやめてほしい場合は、銀行系であればこちらが事前に伝えることで銀行名でかけてくれたり、申込者の性別を意識して、男性には男性スタッフ、女性には女性スタッフが対応してくれるところもあります。
消費者金融の在籍確認の電話は、申込者本人と話せなくても働いている事実がわかればいいので、たとえば「〇〇さんいらっしゃいますか?」という電話がきたときに、同僚が「今外出しています。」と答えればそれで基本OKです。

とはいえ、普段、会社へ自分宛の電話がかかってこない方は嫌でしょうし、派遣の方は派遣元に電話されたらと不安になるかもしれません。
会社内で本人確認のため生年月日を答えている姿を見られたくないという気持ちもあると思います。

とにかくバレたくない! という方は下記読み進めてください。

何が何でも職場への電話はイヤ、とにかく心配な人はこの2社!

どうしてもバレたくないという方は、「勤務先を確認できる書類を新たに提出する」という方法を認めている消費者金融を選ぶ必要があります。
勤務先を書類で確認してくれるところは限られています。
銀行系は原則、在籍確認必須のところが多いので、消費者金融がおすすめです。消費者金融の方が融通が利くからです。

消費者金融:アイフル
特に融通が利くといったらこちら。消費者金融アイフルでは50万円以下の希望額の場合であれば通常の必要なものに加えて、「健康保険証のコピー、直近何か月かの給与明細コピー」の提出により在籍確認をしたとみなしてくれる場合もあるようです。(公にしているわけではないのであくまで「可能性がある」です。)
事前にいろいろ相談に乗ってくれると評判なのがとにかくアイフル! もちろんあまりにいろんなことを頼みすぎたら「やましいことがあって要求が多い人」と審査に影響する可能性もあるので要注意!

消費者金融:SMBCモビット
こちらはアイフルと比べて審査は厳しく、必要なものも少し多いです。
ですが、「Web完結」という申し込み方法なら在籍確認電話なし!
職場に電話されることを避けたい方々に選ばれています。

必要なものはこちら!

  • 三井住友銀行、東京三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの銀行口座(返済口座として使用することに承諾が必要)
  • 免許証かパスポートのコピー
  • 健康保険証のコピー
  • 給与明細書のコピー(直近2か月分)

他の消費者金融よりも必要なものが多いとは言っても、必要なものがこれだけで勤務先への電話を避けられるなら使わない手はないですよね!

まとめ

消費者金融からお金を借りるときに必要なもの

運転免許証、パスポート、健康保険証

お試し審査とは

審査に通るか予想ができ、本審査には影響しないので、試す価値あり!

在籍確認を回避できる方法

アイフルとSMBCモビットの2社は必要な書類を提出すれば在籍確認なし!