生命保険でお金を借りる方法「契約者貸付制度」の金利は?

生命保険でお金を借りる方法「契約者貸付制度」の金利は?

保険でお金を借りられる?「契約者貸付制度」をわかりやすく説明します

急な出費でお金を借りる必要になった時、もっとも手軽にお金を借りる方法は、銀行カードローンやキャッシングですが、あなたが契約している保険の種類によっては、生命保険会社からお金を借りることができるかもしれません。
それは「契約者貸付制度」といい、生命保険契約を担保として、解約返戻金を下回る金額でお金を借りる方法です。この制度を利用してお金を借りると、カードローンよりも低金利で、審査もなく、返済のタイミングも自分で決められる、というメリットがあります。
さらに生命保険を解約するわけではないので、保障内容が変わることもありません。ただし、利用することで損をする場合もありますので、生命保険会社からお金を借りる前に注意するポイントも押さえておきましょう。

あなたの保険に「契約者貸付制度」があるかチェック!

「契約者貸付制度」を利用できるのは、生命保険のうち、終身保険や養老保険、個人年金保険、学資保険などの「解約返戻金」がある貯蓄型・積立型の保険です。解約返戻金とは、それまで保険料を支払ってきた保険を解約したときに、生命保険会社から戻ってくるお金のことです。「解約払戻金」と呼ばれることもあります。契約者貸付制度は、この解約返戻金の金額を下回る範囲内で生命保険会社からお金を借りる方法なのです。
掛け捨て型の定期保険や、無解約返戻金型保険では、毎月積み立てられる金額がなく、解約返戻金もありません。そのため「契約者貸付制度」の対象にはなりません。

自分の入っている生命保険でお金を借りることができるかどうか、保険証券を確認してみてください。解約返戻金がある場合、その70%~90%の範囲内でお金を借りられることが多いです。※実際に契約者貸付制度を利用できるかどうかは、生命保険会社へ問い合わせて確認してください。

通常、保険に加入してからの期間が長ければ長いほど、支払った保険料に伴って解約返戻金も増えていきます。ですから契約して間もない保険では、契約者貸付制度があったとしても解約返戻金自体が全くないか、少ないため、あまりあてには出来ません。

保険の「契約者貸付制度」金利はどのくらい?返済期限は?

契約者貸付制度の金利はとても安い

契約者貸付制度の金利は、契約した保険の予定利率に1.5%~2.0%程度を加えた利率に設定されています。従って、予定利率が高かった昔の保険契約で貸付制度を利用しようとすると、貸付利率も高くなります。近年、予定利率は低くなってきていますので、2000年以降の保険契約の貸付利率を見ると概ね2.5%~3.5%くらいです。カードローンやキャッシングの貸付金利と比較すると、とても安いですね。
ちなみに予定利率とは、保険会社が約束する保険金の運用利回りのことです。予定利率は通常、保険証券に記載されていますので確認してみてください。
では、代表的な生命保険会社の契約者貸付制度の貸付利率を見てみましょう。

生命保険会社の契約者貸付制度の金利

貸付利率は保険を契約した時期や保険商品の種類によって異なりますが、ここでは代表的な商品の利率を一例として載せています。2019年2月22日現在 

保険会社名 契約時期 貸付利率
日本生命 2012年4月2日~2014年4月1日 年3.75%
2014年4月2日以降 年3.00%
かんぽ生命 1999年4月1日~2007年9月30日 年2.50%
2007年10月1日~2018年9月30日 年1.50%
2018年10月1日以降 年2.50%
アフラック 1999年4月1日まで 年4.00%
1999年4月2日~2001年4月1日 年3.25%
2001年4月2日以降 年2.75%
明治安田生命 2001年10月2日~2013年4月1日 年2.50%
2013年4月2日以降 年2.15%
住友生命 2001年4月2日~2013年4月1日 年2.50%
2013年4月2日~2017年4月1日 年2.00%
2017年4月2日以降 年1.55%

契約者貸付制度で借りたお金の返済期限は?

契約者貸付制度では、基本的に返済期限が決まっていません。保険の満期時期が返済期限とも言えますが、カードローンのように毎月定額を返済する必要はなく、ボーナス月や自分の都合の良いタイミングで返済することができます。一括返済にするか、毎月定額で返済していくか、借入をした本人が返済方法を決めることができる点も嬉しいですね。

申し込み手続きは簡単。Webか電話で手続きできる!

生命保険の契約者貸付制度でお金を借りるのに難しい手続きはありません。但し、利用できるのは契約者本人のみですので、本人が申し込む必要があります。大抵の場合、生命保険会社は電話で申し込みを受け付けていますが、Web上で手続きを完結できる保険会社もあります。

電話で申し込みをする場合の基本的な流れ

  • Step 1.コールセンターまたは保険の担当者へ電話をします。
    保険証券の番号が必要です。
    複数の生命保険の貸付枠を使う場合はすべての保険の証券番号がわかるようにしてください。
  • Step 2.住所あてに申し込み書類が送られてきます。
  • Step 3.申込み書類に記入、必要書類を添付して返送します。
    運転免許証などの本人確認書類や印鑑証明など、保険会社や保険商品によって必要書類は変わります。
  • Step 4.手続き書類が保険会社へ到着した後、一週間程度で銀行口座へ融資額が振り込まれます。

Web上で手続きが完了する保険会社も

日本生命や住友生命ではインターネット上で借り入れができるサービスを行っています。インターネットサービスの契約者であれば、ログイン後に借入の申し込みができます。

契約者貸付制度でお金を借りる時の注意点

金利が低く、申し込み手続きも簡単な生命保険の契約者貸付制度ですが、いくつか注意点があります。解約返戻金の範囲内での貸付とはいえ、自分のお金を引き出すわけではなく、あくまで借入ですので、利息がかかります。また返済ができないと、担保としていた保険契約が解除されてしまうことになりかねません。しっかりと返済計画を立ててから利用しましょう。
利息は複利計算。長期間の借り入れは利子が膨らみます。契約者貸付制度ではかなり低い金利でお金を借りることができ、また返済期日が定まっていないため、返済が先延ばしになってしまいがちです。しかし、利息は複利計算で毎年膨らんでいきます。

複利計算とは

複利と言うのは、元金だけでなく、ついた利息に対しても更に利息がかかる、という計算方法です。たとえば100万円を年5%の金利で借りた場合、次のように返済額が膨らんでいきます。

1年目の利息=5万円(100万円×5%) 返済額=105万円(元金100万円+利息5万円)
2年目の利息=5万2500円(105万円×5%) 返済額=110万2500円(元金100万円+利息10万2500円)
3年目の利息=5万5125円(110万2500円×5%) 返済額=115万7625円(元金100万円+利息15万7625円)

単利計算とは

キャッシングの場合は単利計算です。同じく100万円を年5%の金利で借りた場合、単利だと元金の100万円に対して毎年5万円の利息がかかります。

1年目の利息=5万円(100万円×5%) 返済額=105万円(元金100万円+利息5万円)
2年目の利息=5万円(100万円×5%) 返済額=110万円(元金100万円+利息10万円)
3年目の利息=5万円(100万円×5%) 返済額=115万円(元金100万円+利息15万円)

いかがですか?複利計算の場合、返済を先送りにすればするほど、単利計算に比べて返済額が膨らみやすいのです。金利が低いとはいえ、長期間の借り入れにならないよう注意が必要です。

満期金やお祝い金が返済に充てられる可能性がある

保険契約が満期を迎えたタイミングやお祝い金が出るタイミングで借り入れがあると、受け取れるはずだった金額から返済額が差し引かれることがあります。学資保険などでお祝い金を子どもの入学金に充てる予定をしていたり、将来、介護が必要になったときのための備えとして保険金をあてにしていた場合、受取時に満額受け取ることができずに、本来の目的が果たせなくなってしまうかもしれません。

保険が失効してしまうこともある

契約者貸付制度では解約返戻金が担保になりますので、長期間返済できずに、元金と利息を合わせた貸付総額が解約返戻金の金額を上回ってしまうと、生命保険会社から連絡が来ます。 それでも通知された金額を返済できない場合は、生命保険契約が失効してしまうことがあります。そうなると保険契約で得ていた保障そのものが受けられません。万一の時に備えるための保険が無くなっては困りますね。返済期日がないとはいえ、いつまでも借りているのは得策ではありません。貸付は一時的なものと考えてなるべく早く返済しましょう。

申し込みから入金までに1週間程度かかる

契約者貸付制度の利用は難しいものではありませんが、申し込んでから融資を受けるまでに1週間、またはそれ以上の日数がかかります。急ぎでお金が必要になったときに即日着金するような貸付制度ではありませんので注意してください。

急いでいるときは頼れるカードローンで借りる

すぐにお金が必要で時間的な余裕がない場合に最も頼りやすいのはカードローンです。無担保・保証人なしで利用できるという手軽さも魅力ですが、平日14時までの申し込みをすれば当日中にお金を融資してもらえるというスピード感は、他の借入方法にはありません。
比較的金利が高いですが、初めての利用で30日間無利息といったサービスを利用すれば、次の給料日に返済できて無利息で済むかもしれません。大手カードローン会社の金利やサービスを紹介しますので参考にしてくださいね。

人気のカードローン会社の金利

名称 融資までのスピード 金利 無利息期間 利用限度額
プロミス 即日可 実質年率4.5%~17.8% 初回出金の翌日から
30日間無利息
~500万円
アイフル 即日可
審査は最短30分
実質年率3.0%~18.0% 契約日翌日から
30日間無利息
~800万円
SMBCモビット 即日可 実質年率3.0%~18.0% 設定なし 1万円~800万円
アコム 即日可
審査は最短30分
実質年率3.0%~18.0% 契約日翌日から
30日間金利0円
1万円~800万円

※2019年2月5日現在※無利息期間はいずれも初めての利用者を対象としています。

※プロミスの無利息期間のサービスはメールアドレス登録とWeb明細利用が条件となります。

まとめ

生命保険会社の「契約者貸付制度」とは?

解約返戻金があるタイプの生命保険なら利用可能なことが多い
ほかの借り入れ方法に比べて金利が安い
生命保険を解約するわけではないので保障内容は変わらずにお金を借りることができる
利用できるのは契約者本人のみ
利息は複利計算なので、返済はなるべく早めに
返済を先延ばしにして借入額が担保の解約返戻金を上回ると、生命保険契約自体が解除されてしまう可能性がある