保険証だけで消費者金融から借入できる!

運転免許証やパスポートがなく、保険証だけしか持っていない! そんな方でも消費者金融によっては本人確認書類は保険証のみの提出でも審査通過できます。消費者金融に顔写真の入った本人確認書類を提出するのに抵抗がある方にもありがたいシステムですよね。
しかし便利な一方で保険証紛失・盗難時に悪用されるのが心配になる方もいらっしゃると思います。
ということで今回は、消費者金融の本人確認書類、保険証にスポットを当ててお話していきます。

免許証なし、パスポートなしの私、消費者金融から保険証だけで借入できる!?

消費者金融では他社からの借り入れが無く、50万円以下の申し込みの場合本人確認書類として保険証だけでも審査を受け付けてくれることが多いです。

公務員・正社員だと保険証が他の本人確認書類より有利な場合がある

本人確認書類と言うと、運転免許証やパスポートが確実という印象がある方が多いと思います。
しかし、実は消費者金融の審査時に健康保険証のほうが有利に働く場合があります。運転免許証やパスポートに無くて、保険証にあるもの。それは、勤務先、加入健康保険の記載です。審査で重要な「安定した職業と収入」を計る属性が一目で分かるわけです。そのため社会保険の健康保険証は有効なのです。家族の扶養に入っている人が銀行系のカードローンキャッシングを申し込むときにおすすめです。

本人確認書類が国民健康保険証だけだと少し不利・・・とはいえ!

社会保険の保険証のように職場など属性の情報なし、運転免許証やパスポートのように写真もなしとはいえ、国民健康保険証もれっきとした本人確認書類です。国民健康保険証だけでも審査を受け付けている消費者金融は多いので、お金を借りることができると言えます。

保険証に加えて収入証明が必要な場合とは?

借入希望額によっては給与明細書や源泉徴収票など、収入証明書類の提出を求められることがあります。保険証だけでお金を借りたい場合、収入証明不要の金額を審査時に申請すると良いでしょう。

  • ① 50万円を超える借り入れ希望申請

  • ②他社の借り入れ金額と合計で100万円以上になる

上記の場合、収入を証明するために

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 課税証明書(通知書)
  • 所得証明書(通知書)
  • 確定申告書

などの書類が必要になります。

記載住所が違う場合

保険証に記載されている住所が現住所と違う場合に、現住所の証明として下記の書類が必要になります。一人暮らしを始めたけど保険証は親の扶養のまま、というような人は注意が必要です。

  • 住民票
  • 税の領収書か請求書、納税証明書
  • 社会保険料の領収書か請求書
  • 公共料金の領収書か請求書

ご注意ください

理屈の上では、現在他の消費者金融から借入がなく、今回の借入希望金額を50万円以下にすれば、収入証明書なしでお金を借りられます。また保険証だけで審査を受けることができる消費者金融は多いです。とはいえ、上記に沿っていても場合によっては追加提出が必要な可能性もあります。
平成28年に犯罪収益移転防止法が施行され、顔写真なしの本人確認書類を消費者金融に提示する場合、住民票など他の本人確認書類または現住所の記載がある公共料金の領収書などの追加提示が義務付けられました。そのため、インターネットを通じた手続き場合、保険証のみでお金を借りることはできなくなりました。
本人確認は厳しくなっている傾向があり、また消費者金融によってそれぞれの規定を設けているため、要請に応じて追加書類提出の必要があるかもしれませんのでご注意ください。詳細は消費者金融にご確認ください。

保険証紛失・盗難時に悪用される!?

消費者金融では便利で早くお金が借りられる!
となると保険証紛失、盗難時に悪用されるのではないかと心配になりますよね。
保険証だけでも消費者金融からの借り入れはできますが、第3者が借りようとするとかなり難しいです。

  • ①性別が同じか

  • ②年齢が近いか

  • ③申込時に住所や電話番号、仕事や収入、借入などの記入が正しくできるか

  • ④勤務先には在籍確認電話をクリアできるか

消費者金融は審査のプロです。とはいえ、可能性はゼロではないですし、消費者金融ではなくヤミ金を利用されないとも限りません。
万が一、健康保険証等が本人確認書類として悪用されたとしても、あなたと消費者金融の間に契約が結ばれたわけではないので、支払い請求に応じる必要はありません。大切なことは紛失・盗難に気づいたら、すぐに最寄りの警察署と身分証明書の発行元に届け出ることです。クレジットカードも同様です。
警察に保険証を紛失したという届出をしておくと、後で違法な請求がきたりトラブルになったときにも証拠になります。
もし、消費者金融などから身に覚えのない請求があった場合は、無視せず、警察や消費生活センターに速やかに通報しましょう。その業者の名前や電話番号、担当者名などをきちんとメモしておき、ただ「取り立てられた」ということだけではなく、書類は保存し、録音をしたり、具体的な記録に残しておくことをおすすめします。消費者金融も不正な融資を行えば回収不可能となり結局自分たちが不利益を被ることになります。そんなことにならないよう審査をしています。
ヤミ金の場合は出資法に違反している上に、本人ではない人と勝手に契約しているということでもちろん支払義務はなく、ヤミ金の行為自体が刑事罰の対象になります。
身分証明書の紛失や盗難に遭ったことなどの情報を個人信用情報機関に登録することで、当該機関の加盟会社(信販会社、消費者金融、銀行など)が与信審査をより慎重に行うことができるようにする制度があります。代表的な個人信用情報機関は以下のとおりです。株式会社 日本信用情報機構(消費者金融系)
株式会社 CIC(クレジット系)
全国銀行個人信用情報センター(銀行系)

消費者金融に提出する審査書類、偽造やコピーできる?

消費者金融に申し込んでも毎度審査に落ちる。それが3回続くと次の審査を通るのはさらに難しくなるので、絶望的になりますよね。雇用状況や信用情報を上げるのはすぐにできるわけではない・・・。追いつめられると本人確認書類を偽造すればいいのではないかという誘惑に駆られるかもしれません。

消費者金融の申し込み、簡単ですものね。

消費者金融の公式ページから申し込みフォームに入力し、スマホで撮影した本人確認書類を添付すれば審査申し込み完了!
給与明細書のコピー偽造、保険証の名前偽造、免許証の写真偽造。
フォトショップなどで画像を編集すればなんでもできそうですよね。

すべては消費者金融の審査に通るために!

しかし、何度も言いますが消費者金融は審査のプロです。見破られます。

たとえ消費者金融からお金を借りることを目的としていなくても保険証など本人確認書類を偽造した時点で既に犯罪です。それに偽造した本人確認書類で審査しお金を借りてしまったら、消費者金融を騙してお金を得たのですから詐欺罪に問われます。刑事罰が下されます。

大手消費者金融には偽造書類を見極める画像解析ソフトがあります。疑問点があれば消費者金融のオペレーターは角度を変えてもう一度撮影するように、あるいは別の追加書類の画像データを求めてくるかもしれません。疑いが本物になれば警察にも通報されます。消費者金融間のネットワークで共有され、今後審査に通ることはないでしょう。とくにメガバンクグループの大手消費者金融業者はグループ内で個人信用情報を共有することを宣言していますので、グループ内の銀行口座を作ることもできなければクレジットカードを作ることもできなくなってしまいます。