消費者金融への借金を一括返済したい時はどうするの?

消費者金融への借金を一括返済したい時はどうするの?

消費者金融を利用したことはありますか?
今や日常的に消費者金融を利用する方も少なくないでしょう。消費者金融でお金を借りると、毎月一定額以上を返済することになりますが、まとまったお金が入り余裕ができた場合は、一括返済することで消費者金融への返済額を大きく減らすことができます。ここでは消費者金融への一括返済の方法を詳しくご紹介します。

利息が大幅に減額する!余裕があれば消費者金融に一括返済しよう

消費者金融に借金をしたら、毎月決められた期日に一定額以上を返済します。
消費者金融への借金と、返済予定日までの利息分をまとめて一度に返済する方法を「一括返済」と言います。
一括返済にはメリットがあるのでしょうか?メリットが大きければ借金を一括返済したほうが楽になりそうですね。
一括返済について詳しく見てみましょう。

一括返済するメリットとは?

一括返済すると、借りているお金(以下「元金」と呼びます)以外に消費者金融に支払う利息が一括返済日までの分で済みます。つまり利息が減った分だけ、借金の総額が減るというわけです。

一括返済で利息がどのくらいお得になるか計算してみよう

では実際に一括返済するとどのくらいお得になるのか計算してみましょう。

仮に消費者金融に100万円借りて、金利が18%だったとします。そして借りた1ヶ月(30日)後に100万円を一括返済したとします。1ヶ月(30日)後に元金以外に支払う利息を計算すると、消費者金融の利息は日割り計算ですので―

100万円(元金)×15%(金利)÷365(日)×30(日)=12,328円(1ヶ月でかかる利息)
※小数点以下は切り捨て

よって借りた1ヶ月(30日)後に100万円を消費者金融に一括返済する場合は―

100万円(元金)+12,328円(1ヶ月でかかる利息)=1,012,328円(消費者金融に返済する借金の総額)

一括返済した場合の、消費者金融に返済する借金の合計は、「1,012,328円」になりました。

次に、消費者金融に対して一括返済ではなく1ヶ月(30日)毎に20万円を返済したとします。
同様に計算すると―

100万円(元金)×15%(金利)÷365(日)×30(日)=12,328円(1ヶ月でかかる利息)
20万円を返済するので
20万円(返済金額)-12,328円(1ヶ月でかかる利息)=187,672円
100万円(元金)-187,672円=812,328円(消費者金融に返済する借金の残高)

20万円返済後にまだ812,328円の借金が残っています。この消費者金融へ借金が残高0になるまで続けると―

812,328円(元金)×15%(金利)÷365(日)×30(日)=10,015円(1ヶ月でかかる利息)
20万円(返済金額)-10,015円(1ヶ月でかかる利息)=189,985円
812,328円(元金)-189,985円=622,343円(消費者金融に返済する借金の残高)



=0円
よって
100万円(元金)+38,688円(利息の合計)
=1,038,688円(消費者金融に返済する借金の総額)

1ヶ月(30日)毎に20万円を返済した場合の、消費者金融に返済する借金の合計は、「1,038,688円」になりました。

つまり、一括返済した時より「26,360円」も多く消費者金融に支払ったことになるのです!

1,038,688円-1,012,328円=26,360円

消費者金融の借金を一括返済する方法

消費者金融に借金を一括返済するために必要な書類は特にありません。一括返済したいと思ったのであれば早めに消費者金融に連絡を取りましょう。

一括返済するための手順

まず一括返済したい日を決めて消費者金融に連絡を取り、返済予定日までの返済総額を確認しておくと良いでしょう。消費者金融の公式サイトでも一括返済する方法を紹介していますが、消費者金融とこちらで返済総額の認識にズレがある可能性もありますので一度連絡を取ることをおすすめします。

一括返済の注意点

大手消費者金融以外の一部の消費者金融では、一括返済ができない場合もあります。後になって後悔しないよう、契約時に契約内容をよく確認しておきましょう。
またATMを利用して返済する場合は、1000円未満のお金(端数)がATMで利用できず、一括返済ができないということがあります。つまり1000円未満のお金(端数)が借金として残るのです。この返済できなかった1000円未満のお金(端数)は無利息残高と呼ばれ、利息や手数料は付かず支払期限もない借金のことです。

返済とは別に解約の手続きが必要です!アコム、プロミスでの解約方法をご説明

消費者金融へ一括返済し借金が無くなりました。しかし一括返済したからといって、これで消費者金融との契約が自動的に解約されたわけではありません。消費者金融との契約を解約するには手続きが必要です。一括返済し借金が無くなったら即解約ではないので注意してください。

一括返済しただけでは解約にならない!

一括返済して消費者金融への借金を解消しても、一括返済しただけでは消費者金融との契約を解約したことにはなりません。一括返済して借金が無くなったら、消費者金融との契約を解約するための手続きが必要です。

アコムの解約方法

アコムの解約方法は3種類です。

1.電話による解約

アコム総合カードローンデスク「0120-629-215」へ解約の電話をする。

2.むじんくんコーナー

アコムのローン契約機むじんくんに設置されている電話機で、オペレーターに解約の電話をする。

3.アコムの店頭窓口で解約

アコムのお店に行き、店頭窓口で解約の手続きをする。

何か書類が必要なわけではありませんが、本人確認書類とアコムのローンカードを用意しておくようにしましょう。

プロミスの解約方法

アコム以外の消費者金融の場合も見てみましょう