消費者金融で借入をしたら住宅ローンに影響するの?

消費者金融で借入をしたら住宅ローンに影響するの?

誰もが憧れるマイホーム!
そんな時に必要になるのが「住宅ローン」。

住宅ローンについて、どれくらい知っていますか?
過去に消費者金融で借入をしたら、住宅ローン審査に通りづらくなる?
今現在消費者金融で借入中の場合、住宅ローンはどうなる?
消費者金融の借金が完済できていればOK?

ここでは、消費者金融の借入と住宅ローンの関係や、住宅ローンで気をつけることについてお伝えします。

過去の消費者金融の借入履歴は、住宅ローン審査に影響する?

過去の消費者金融の借入履歴は、住宅ローン審査に影響するのでしょうか?

住宅ローン審査は、事前審査と本審査の2段階になっており、いずれかの段階で個人信用情報は必ず確認されます。
この個人信用情報の確認では、【消費者金融からの借入・返済状況】がチェック対象になります。

借入の履歴があると、必ず住宅ローン審査に落ちるというわけではありません。
落ちる可能性が高くなるのは、以下のような場合です。

  • 複数の消費者金融から借りていて、借金の額も多い
  • 借金の返済を現在延滞していたり、過去に延滞をしていたりする記録がある
  • 過去に借金の返済を長期延滞していて、金融事故情報として記録が残っている
  • 過去に借金が返済できずに債務整理をした記録が残っている

上記が審査で確認されてしまうと、厳しい評価がなされ住宅ローン審査に通ることができません。

※要注意※
2~3ヵ月以上支払いが遅れた場合、個人信用情報に延滞・遅延の記録が【5年間】残りますので、削除されるまでの5年間は住宅ローン審査に通ることができないということになります。

過去、消費者金融から借入をしていた履歴がある場合

過去に消費者金融から借入をしていた場合、現在【完済】していれば問題なく住宅ローン審査に通ることができます。
最近では、消費者金融で借金していた経験のある人がとても多いため、消費者金融の借金を0円にしていれば、住宅ローン審査に通ることができるようです。

現在、消費者金融から借入中の場合

消費者金融で借入中の場合、たとえ借入残高が10万~30万円以内の少額であっても、住宅ローン審査に通ることはかなり難しいです。
消費者金融から借入中というのは、経済的に不安定で返済能力が低いと判断されてしまい、審査に通りづらくなります。
さらに、審査に通りたいからとウソをつくのは厳禁です。
その結果、ほぼ確率100%で住宅ローン審査には通らなくなります。

住宅ローンを利用したいならば、借入中の消費者金融の借金を完済しておきましょう。

消費者金融の借金完済直後・解約後は、審査でひっかかる?

消費者金融の借金完済直後や解約後、すぐに住宅ローンの審査に通るのか不安ですよね。
詳しく見ていきましょう。

消費者金融の借金完済直後・解約後の審査

前述でもお伝えしたように、一度も延滞せずに完済した場合には、比較的すぐに住宅ローンを申し込んでも審査に通る可能性は高いです。

ただ、返済後すぐの段階では、貯蓄の有無や、少しでも頭金を出す余裕はあるのかという問題もあります。
また、子供がいる場合にはなおさら、今後進学で必要になる費用の確保など、将来設計も慎重に考える必要があります。
十分にシミュレーションをした上で、できるだけ慎重に住宅ローンの申込みをしましょう。

「完済」と「解約」の違い

一点注意していただきたいのが、消費者金融の借入においての「完済」と「解約」の違いです。

消費者金融の借金を完済したのに住宅ローンの審査に通りづらい、という場合があります。
それは、消費者金融との契約を解約していないためです。
「完済」しても「解約」をしていないと、借入枠(カードローン枠)が残っているということなので、いつでも消費者金融からお金が借りられる状態と判断されます。

また、延滞した記録があるといつまでも残ってしまいます。
信用情報機関に個人データが保存される期間は、借入の完済から5年間とされています。消費者金融を解約しても、この期間中はデータが保存されているので見ることができるのです。

住宅ローンを利用するためにも、消費者金融の借入は早めに解約しましょう。

住宅ローンの「借り換え」で気をつけるべきポイント

住宅ローンと関連してよく聞くのが「借り換え」です。
「借り換え」とはどういうことでしょうか?

「借り換え」とは?

借り換えとは、高い金利で利用しているローンより低い金利で他社から借入し、その借入で高い金利の借金を返済することです。
1社からの返済金額が高かったり、複数借りて負担が大きいローンを一つにまとめることで、返済額の負担が減ります。

住宅ローンで言うと、借入額が高額な分だけ、少し金利を下げるだけでも借入負担はかなり違ってきますね。
そこで、現在住み続けている家があることを条件に、今利用している住宅ローンから、今よりも条件の良い新しい住宅ローンに「借り換え」することで、利息負担を減らせます。
上手く使うと非常に便利な方法です。

住宅ローンの借り換えで気をつけるべきポイント

毎月の返済金額を減らすことで返済期間・回数を増やさない

金利を下げても、返済回数を増やしてしまうと、トータルの負担が増すので要注意です。

高い金利の消費者金融から借入しない

今よりも高い金利の消費者金融での借入は、さらに借金が増えることになります。

違法な消費者金融から借入しない

違法な消費者金融業者は法を無視した高金利「トイチ(10日で1割)」で貸付をしてきます。

借り換えすると、追加で借入ができない

住宅ローンの借り換えは借金完済を目的とした金融商品のため、今までのように追加で借入をすることができなくなります。
そして、一度借り換えをしてしまうと戻すことはできません。
住宅ローンの借り換え後すぐは審査に通らないため、借入ができない場合も多いです。

融資額別の銀行カードローンの金利を徹底比較!

住宅ローンの借り換えで少しでも金利を抑えたいなら、消費者金融ではなく銀行カードローンもおすすめです。

銀行カードローンの融資額別の金利一覧表をまとめました(開示されている分だけ)。
こちらを参考に、カードローンも比較検討してみてください。

10万円借りた場合 50万円借りた場合 100万円借りた場合 150万円借りた場合 200万円借りた場合
三菱UFJ銀行 13.6%~14.6% 13.6%~14.6% 13.6%~14.6% 10.6%~13.6% 10.6%~13.6%
三井住友銀行 12.0%~14.5% 12.0%~14.5% 10.0%~12.0% 10.0%~12.0% 10.0%~12.0%
みずほ銀行 14.0% 14.0% 12.0% 12.0% 9.0%
住信SBIネット銀行 7.99% 7.99% 7.99% 6.39%~6.99% 6.39%~6.99%
楽天銀行 14.5% 14.5% 9.6%~14.5% 9.6%~14.5% 9.6%~14.5%

金利が低く評判の良いネットバンクをご紹介!

上記、融資額別の金利一覧表でもわかるように、借りる額と借りる銀行によって金利は大幅に違ってきます。
住宅ローンは借入額が大きいので、金利のチェックは重要です。

その中でも、金利の低さで評判の良いネットバンクは「住信SBIネット銀行」。
住信SBIネット銀行は、2007年末からサービスを開始した新しいネット専業銀行です。
住宅ローンの世界では有名なネットバンクで、評判も良いので、住宅ローンを決める際に比較検討してみるとよいかもしれません。

これで簡単!安心してカードローン・キャッシングをスタート

いかがでしたでしょうか?
ここでは、消費者金融と住宅ローンについて、以下の気になる疑問やポイントについて詳しくまとめました。

  1. 1. 過去の消費者金融の借入履歴は、住宅ローン審査に影響する?
  2. 2. 消費者金融の借金完済直後・解約後は、住宅ローンの審査でひっかかる?
  3. 3. 住宅ローンの「借り換え」で気をつけるべきポイント
  4. 4. 融資額別の銀行カードローンの金利を徹底比較!
  5. 5. 金利が低く評判の良いネットバンクをご紹介!

今後の参考にしていただければ幸いです。
消費者金融の借入や住宅ローン審査のことを正しく理解すれば、あなたの生活に安心と潤いをもたらしてくれます。
きちんとした支払い計画のもと、上手く活用していきましょう!