「会社」からお金を借りるとっておきの方法

「会社」からお金を借りるとっておきの方法

「お金を借りる」と言ったらまずどこを想像しますか?
まず銀行や消費者金融が思い浮かびますよね。

しかし、もう1つお金を借りる場所があることをご存知ですか?それは「会社」です。
制度が整っている会社であれば、今あなたが勤めている会社からもお金を借りることができます。

社内貸付制度」は会社の制度の1つなので、銀行や消費者金融のように多額のお金を即日借りることができるわけではありませんが、銀行や消費者金融よりも低い金利でお金を借りることができます。

ここでは、その制度内容についてお伝えしていきます

「社内貸付制度」で会社からお金を借りるってどういうこと?

「社内貸付制度」で会社からお金を借りるってどういうこと?

詳しく、会社の「社内貸付制度」について説明します。

この制度は会社が従業員に低金利でお金を貸す制度のことで、この制度がある会社の正社員であれば誰でもお金を借りることができます。
会社によってこの制度の名称は様々ですが、「社内貸付制度」という名称が一般的です。

会社側が、従業員がお金のことでトラブルを起こさないように、巻き込まれないようにと設けられた制度で、イメージ的には会社の福利厚生の1つというところでしょうか。

ただ、会社によってはこの制度自体がなかったり、制度があっても勤続年数や役職によって借りることができるお金の総額が違ったり、規定もバラバラです。

人事に連絡して会社の福利厚生や就業規則等で「社内貸付制度」についての記載があるかどうか確認をしてみると良いと思います。

もし記載がある場合には制度を利用する為の条件等が書かれていると思いますので、あなたの会社ではどんな流れでどんな条件でお金を借りる事が出来るのかが分かるでしょう。

どうやってお金を借りるの?利用方法をご紹介!

では実際に、どうやって会社からお金を借りるのか、お金を借りる方法(流れ)をご紹介します。
※お金を借りる方法は会社によって申請フローが異なりますので、一例として下記の図を参照して下さい。

  • 上司に「社内貸付制度」利用の連絡、利用申請書をもらう
  • 貸付制度利用申請書に必要事項を記入(必要書類を添付する可能性もあり)
  • 社内の担当部署・部門にて申請書の審査、確認
  • 担当部署・部門にて制度利用の可否を承認後、連絡
  • 給与口座に入金
    ※返済は毎月の給与から天引き(ボーナス利用可の場合もあり)

要チェック!「社内貸付制度」の注意点

利用できるのは正社員のみ

会社の社内貸付制度の利用を検討する上で注意しておくべきなのは、基本的に正社員のみが利用できるという点です。
雇用形態としては、派遣社員、契約社員、アルバイト、パート等と様々ありますが、それらの雇用形態の場合は利用ができません。

社員の金銭的な悩みを保証する制度とは言っても、申請すれば誰でも利用できる訳ではないという点は注意が必要です。

使途目的を明確に

会社によっては借りる目的が制限されている場合もあり、お金を借りる際に理由を聞かれることがあるので、お金の使途目的をはっきりとしておきましょう。

会社の社内貸付制度の基本的な使用用途は、ケガや病気の緊急時、教育資金、資格取得、災害など、緊急を要する場合に限られることが多いです。

また会社によっては、「病気療養資金」や「教育研修資金」など、「社内貸付制度」の名称とは別で、用途別に制度が異なる場合もあります。

勤続年数が極端に短いと不利

会社からお金を借りる際、勤続年数も重要なポイントです。
正社員として働いていたとしても、入社から1年にも満たないような極端に短い場合は、お金を借りることができない可能性があります。

さらに、勤続年数によって借りることができる金額にも差があります。
例えば「5年以上で30万円まで」「10年以上で50万円まで」といった具合で、会社によって規定は様々です。

勤続年数が短すぎるのはもちろん、必要な金額を借りることができない可能性があることも理解しておきましょう。

連帯保証人を立てる必要がある

会社のお金を借りる以上、住宅ローンやカーローンなどのように連帯保証人を立てる必要があります。
「会社の同僚や家族にバレたくない…」という方もいらっしゃるかと思いますが、原則ご自身だけではお金を借りることができませんので注意しておきましょう。

手続きに時間がかかるので余裕を持って申請を

会社でお金を借りるまでの流れは、会社の規模によって申請や社内審査にかかる時間が変わってくるので一概に説明した通りに進むわけではありませんが、概ねご説明したようなフローで社内での申請処理が進められ、お金を借りることができます。

大体の会社は社内審査にはだいたい数日~数週間程度かかりますので、カードローンのように即日借りることは出来ないため、お金が必要になりそうなときには余裕をもって連絡しておきましょう。

返済遅延は要注意

会社以外に、消費者金融や銀行でお金を借りる場合も同じですが、返済遅延には要注意です。
「勤めている会社だから大丈夫だろう」「少しくらいなら…」という気持ちが出てしまうのも分かりますが、会社に対して返済遅延や滞納などの返済トラブルを起こしてしまった場合、今後の評価や雇用状況に悪影響が出る可能性も考えられます。十分に注意しましょう。

社内貸付金の完済前に会社を退職する場合はどうなる?

お金を完済するまでは辞めないのが礼儀だとは思いますが、万が一完済前にケガや病気、家族のことなどでやむを得ず退職しなければならなくなった場合…。
どうなるのでしょうか?

そのような場合、ほとんどが一括請求となります。

社内貸付制度を利用した場合、一般的には「金銭貸借契約書」などの書面を交わします。
書面を交わさなかった場合でも、退職時には契約時に決まった金利と合わせて、借入金を全額精算する事が条件である場合が多いです。

返済条件の確認や交渉が必要であれば、手元の書面を確認するか、会社の経理担当者に確認してみましょう。

「社内貸付制度」、消費者金融や銀行系カードローンとどう違う?

「社内貸付制度」、消費者金融や銀行系カードローンとどう違う?

ここまで会社で借りる場合の方法をご紹介してきましたが、ここからは会社(社内貸付制度)と消費者金融・銀行・ゆうちょでお金を借りる場合の条件を比較してみましょう。

会社・消費者金融・銀行・ゆうちょでお金を借りる場合の条件比較

会社(社内貸付制度) 消費者金融 銀行 ゆうちょ
限度額 50万~100万 800万円 1,000万円 300万円
金利 2~4% 3.0~18.0% 2.0~17.8% 約定金利+0.25%
審査期間 数日~数週間 即日 即日から数日 数日

※あくまでも平均的な指標となりますので、これがすべてではありません。

消費者金融や銀行系カードローンとの違い

金利が低い

会社の社内貸付制度は、消費者金融や銀行系カードローンなどの金融機関からお金を借りるよりも低い金利で利用できます。
たとえば、大手消費者金融アコムでの初回借り入れ金利は18%なのに対し、社内貸付制度は1%~6%なので、その差は歴然です。

金利が低い理由としては、消費者金融や銀行と違い、会社の場合は金利によって利益を上げる必要が無いため。
また、重要な問題として、無金利でお金を渡してしまうと、『贈与』になってしまい税金が発生してしまいます。

返済は給与天引きor振込

社内貸付制度で借りたお金の返済方法は、会社によってさまざま。
毎月の給料から天引きされるところもあれば、ボーナスでの一括払いが可能になるまで待ってくれる会社もあります。
また、口座の違いなどから、振込による返済が必要な会社もありますので、お金を借りる前に確認しておきましょう。

即日融資はできない

会社の制度なので、消費者金融のように即日融資はなく、申請後すぐにはお金を借りることができません。
先述の通り、複数のステップを経てやっとお金を借りることができるようになります。
そのため、急いで即日お金を借りる必要がある場合は不向きです。

連帯保証人が必要

注意点にも挙げましたが、会社でお金を借りるには保証人が必要です。
家族に負担をかけてしまう、誰にもバレずにお金を借りるはできない等、デメリットもあります。

このように比較してみると、会社で借りる方が金利も低く、毎月の給与からお金を天引きされていくので返済が滞るということもなく、安心だと思います。

しかし限度額が少額だったり、実際に借りるまでに時間がかかったり、会社によってはお金の使途目的が重要になってくることもあります。

そうすると「遊びに行くためのお金」を会社から借りるという事は出来ない可能性もありますので、即日借りることが出来る消費者金融等に比べたら、会社で借りる場合は手軽さはないと言えます。

会社・消費者金融・銀行、お金を借りる時のおすすめの使い分け方

借りる場所によって、使途目的が重要だったり、お金を借りるまでの時間なども違ってきます。
借りる状況によってどこで借りるのがおすすめなのか、使い分けをお伝えします。

こういう時は会社からお金を借りる!

「出産、入院、学費」など使途目的がはっきりとしていて、即日お金を借りることができなくても問題ない場合。

こういう時は消費者金融からお金を借りる!

「飲み会や旅行」など遊び目的や、今すぐお金を借りたいという場合。
すぐにキャッシングしたいならこちらがおすすめ!

こういう時は銀行からお金を借りる!

「住宅・自動車の購入」など高額のお金や使途目的がはっきりしている場合。
銀行でお金を借りるメリット・デメリットは?

まとめ

まとめ

「社内貸付制度」とは、会社が従業員に低金利でお金を貸す制度のこと

従業員がお金のことでトラブルを起こさないように、巻き込まれないようにと設けられた制度で、イメージ的には会社の福利厚生の1つ。

お金を借りる方法(流れ)は、会社に申請、会社で審査

社内審査にはだいたい数日~数週間程度かかるので、注意。使途目的はしっかりしたもので。

消費者金融や銀行系カードローンとの違い

金利が低い、即日融資はできない、連帯保証人が必要。

こういう時は会社からお金を借りよう!

「出産、入院、学費」など使途目的がはっきりとしていて、即日お金を借りることができなくても問題ない場合。