お金を簡単に借りる!銀行と消費者金融のカードローンの違い

お金を簡単に借りる!銀行と消費者金融のカードローンの違い

簡単にお金を借りるには、大きく分けて二つの方法があります。
銀行や消費者金融で借りるか、クレジットカードのキャッシング機能を利用するか。それぞれのメリット・デメリットを紹介します。アナタに合った簡単にお金を借りる方法を見つけてください。

簡単にお金を借りる方法とは

お金を簡単に借りる方法は大きく分けて2種類あります。

  • 銀行や消費者金融から借りる

  • クレジットカードのキャッシング

一般的に『お金を借りる』と言えば、親や友人等に借りるという場合を除き、銀行や消費者金融で借りるか、エポスカードや楽天マスターカードなどのクレジットカードのキャッシング機能を使うの、どちらかと言っていいでしょう。

実際に、金融機関や信販会社からお金を借りている人は、日本国内に1,000万人以上もいます。
簡単に即日融資を受けたい方は、キャッシング審査のコツを知ってから準備を始めましょう。
コツを知っているのと知らないのでは、審査の可決率も大きく変わってきます。

審査の通りやすさを比較

お金を借りるには、『銀行系カードローン』と『消費者金融系カードローン』の2つの申込み先があります。

審査の通りやすさを重視するのであれば、消費者金融系カードローンをオススメします。なぜなら、消費者金融の方が審査基準が低く、通りやすいからです。
その他にも、30日間利息が無利息(無利子)で済んだり、審査が最短30分で通ったりと、メリットもたくさんあります。
ただ、銀行系カードローンの方が年率や利率が良い場合もあるので、それぞれのメリット・デメリットを比較してみましょう。

銀行系カードローンの方が審査基準が高い

一般的に、銀行系カードローンは総量規制の対象ではないので、貸付け金額の上限を銀行の判断で自由に決めることができます。
対して、消費者金融系カードローンは総量規制が適用されるため、貸付けできる上限の金額に、『年収の3分の1を超えてはいけない』という法的制限があります。
そのため、貸付け金額に上限のない銀行系カードローンの方が、大きなお金を借りることができる分、より慎重で厳し目の審査が行われるのです。

消費者金融系カードローンの方が審査が早い、即日融資も可能

消費者金融系カードローンは、銀行系カードローンとは異なり、審査を外部委託することはなく、自社で蓄積してきた独自のスピード審査のノウハウを持っています。
なので、最短30分で完了というスピード審査により、その日のうちにお金を借りることが可能なのです。

すぐにお金を借りたいという場合は、審査基準や即日融資が可能という点が大きなプラス要因となり、消費者金融系カードローンがオススメです。

キャッシング審査に通りにくい7つのケース

キャッシング会社の審査が通らないのは何故なのでしょうか。
実は、キャッシング会社に問い合わせても、審査に落ちた理由は教えてもらえません。以下の審査に通りにくい7つのケースを見て、思い当たる点がないか確認してみましょう。

(1)無職

キャッシング会社は、お金を貸した後にあなたがちゃんと返済してくれるかを、安定した収入があるかどうかで判断します。
あなたが無職である場合、お金を借りるのは難しいです。病気や怪我を患っている等の特別な理由があるわけではなく、健康体で働くことが可能な場合は、まずはアルバイトやパートを探すことから始めましょう。

学生やパート、バイトでも安定した収入があれば借り入れが出来る

正社員と比べると借入上限金額は低くなる可能性がありますが、パート代、アルバイト代、契約社員としての給料があれば審査の申込みができます。
学生の場合でも、消費者金融の申込資格・審査基準には「20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方は申込み可能」と記載されています。つまり、20歳以上でアルバイトなどの安定収入があれば学生でも問題ありません。
審査基準を満たしていればお金を借りることができます。

(2)専業主婦

無職の場合と同様に、専業主婦も収入がないと判断され、審査に通りにくいです。
最近では専業主婦の方でもお金を借りることができるキャッシング会社もありますが、数はごくわずかで、審査基準が高いです。
こちらも、身体的に可能であればパートやアルバイトで一定の収入を得ることをオススメします。

(3)未成年

収入のあるなしに関係なく、未成年の方は審査が通りません。
お金に困っているのなら、キャッシングでお金を借りることを考えるのではなく、まず親御さんに相談しましょう。

(4)多重債務・多重申込み

多重債務を抱えている場合、審査に落ちる可能性が非常に高くなります。
消費者金融系カードローンは、総量規制の適用を受けるので年収の3分の1を超える貸付けができません。これは他社で借りている金額の合計で判断されます。
すでに他社で複数の借入があり、融資上限である年収の3分の1に達している場合は、審査に通りません。
また、銀行系カードローンは消費者金融以上に審査が厳しいので、多重債務者の審査はより厳しいものとなるでしょう。

多重申込みは可能なのか?

結論を言うと、難しいです。何故なら、一度に多数の会社に借入れを申込まなければならないほど、多額の借金を抱えている。もしくは、まとまった借入れをして、返済を踏み倒す可能性はないかなど、何らかの深刻な事情を抱えていると判断されるからです。複数の申込みについてですが、具体的には明確な基準が明らかにされているわけではありません。しかし、一般的には4社以上の同時申込みは審査に不利に働くと言われています。審査申込みは1社ずつ、時期をずらしながら申込むようにしましょう。

(5)嘘の記載

申込みに嘘の記載があった場合は、高い確率で審査に落ちます。
金融機関の与信調査能力は極めて高く、過去にあなたが行った金融関係の申込み内容や時期などがすべて保管されています。そしてそれらの情報は個人信用情報機関を通じて、すべての金融機関で共有する仕組みが整っています。
そのため、嘘の記載は簡単にばれますし、審査にも通りません。

(6)自己破産・債務整理

自己破産や債務整理をした場合も審査には通りません。自己破産や債務整理を行った時点で、返済能力が無いと判断されるからです。
これらを行った人は、次の項で説明するブラックリスト入りしている状態となります。
銀行や消費者金融からお金を借りることはかなり難しいでしょう。

(7)ブラックリスト入り

「審査に落ちるってことは、ブラックリスト入りしているんじゃない?」
こんな話を聞いたことはありませんか。
ブラックリスト入りしている状態とは、個人信用情報機関のあなたの与信情報欄に、支払いの延滞事故や金融事故(自己破産、債務整理)情報が記載されている状態です。
ブラックリスト入りしている場合は、いくらキャッシングの申込みをしても100%審査に通りません。当然、お金を借りることができません。自分がブラックリスト入りしているのではないかと不安な人は、一度申込み前に自分で確認しておきましょう。
WEBで「個人信用情報機関」と検索すると、CICなどの機関名が3つ出てきます。そこへあなたの与信の開示申請を行うことで、内容の確認ができます。

スムーズに申し込むための4つのコツ

審査を通したい!スムーズに審査を進めたい!
キャッシング審査を簡単にするコツは、大きく分けて4つあります。

  • 審査が柔軟なカードローンを選ぶ

  • 即日融資に対応したカードローンに申し込む

  • インターネット経由で申し込みをする

  • 少額融資から、チャレンジしてみる

  • 上記4つについて詳しく解説します。

(1)審査が柔軟なカードローンを選ぶ

審査が柔軟なカードローンを利用すれば、審査の可決率はより高くなります。本サイトでも多数紹介しているので、申し込むときの参考にしてみてください。
ただし、審査が柔軟なカードローンは利用者の幅が広い融資のことで、決して「審査が甘い」というわけではありません。
審査基準が低いカードローンは存在しますが、無審査で融資を通したり、誰でも受かるようなローンは存在しません。
もし、無審査のローンを見かけたのなら、違法な貸付なので注意をしてください。インターネット上には、誤った情報や利用者を騙すような情報も多数掲載されています。
融資をお急ぎの方は、審査が柔軟なローンを中心にキャッシング先を探すようにしてください。

(2)即日融資に対応したローンに申し込む

キャッシングを利用する場合は、即日融資に対応したカードローンを探しましょう。
残念ながら、すべてのカードローンが即日融資に対応しているわけではありません。現在、即日融資に対応しているのは、大手銀行ローンやインターネット銀行、消費者金融カードローンの一部に限られます。
大手消費者金融なら、即日融資できる可能性が高い!
大手になればなるほど、即日融資に強い傾向はあります。反対に、地方銀行や小さな金融業者になれば、即日融資に対応していないことが多いです。
また、『即日融資』と『審査即日対応可』と言う二つの表現は似ているのですが、後者は審査が即日できるだけであって、即日融資ができないタイプなので注意しましょう。

即日融資は審査のタイミングが重要

即日融資可能なローンに関しても、審査が混み合っているときには、注意が必要です。申し込みが多くなると、融資が翌営業日にまでずれ込むこともあります。
特に、年末年始や大型連休の前、お盆前の時期には申し込みが殺到するため、即日融資が受けにくいと言います。
こうした事態を避けるには、インターネット申し込みを利用し、混む時間を避けることです。インターネット申し込みについては、次の項目で詳しく解説しましょう。

(3)インターネット経由で申込をする

インターネット経由で申し込みをすれば、どのカードローンでも最短で審査が受けられます。
中には、土日や祝日でも審査を実施するカードローンがあります。また、自動審査を導入するローン会社もあり、誰でもスピーディーにキャッシングを利用できます。
インターネット申込では、わざわざパソコンを用意する必要はありません。普段から使っている、スマートフォンやタブレット端末があれば申し込みが可能です。
また、最近では『申し込み専用アプリ』も用意されているので(※一部アプリの取り扱いのない会社もあります)初めての方でも迷うことなく、申し込みが完結します。

(4)少額融資から、チャレンジしてみる

最初の借入は、少額融資からチャレンジしてみましょう。なぜ少額融資が良いのかと言うと、お金を貸す側(ローン会社)は、少ない額ならリスク無く貸せると考えているからです。
せっかく融資をしたのに(貸し手と借りる側、双方が)貸し倒れになっては大変です。そのため、5万円〜10万円といった金額なら、借りる側も返済しやすく貸し倒れしにくいと考えているからです。
また、5万円以下のキャッシングであれば、さらに融資を受けやすく、無利息期間が利用できるなどメリットも大きいです。審査を簡単にしたい方だけでなく、借入の負担を少なくしたい方もぜひ、少額融資からチャレンジしてみましょう。

消費者金融カードローンで簡単に・最短でお金を借りよう

大手の消費者金融は利用者多数!コンビニの銀行ATMが使えて便利
テレビのCMで有名な「アコム」や「アイフル」といったカードローンサービスは、国内で100万人以上の人が利用しています。
コンビニ・WEB振込・銀行ATMなどで借り入れも返済も自由にできるので、非常に利便性が高いのが特徴です。

WEB完結のカードローンが簡単に早くお金を借りることができる

カードローン各社ではWEB完結、ネット完結のサービスがあります。大手の消費者金融会社では、最短30分の審査で来店不要で融資が受けることも可能で、しかも電話も不要です。さらに会員ログインをすれば、振込で即日融資も受けることも可能となります。

WEB完結で簡単に借りられるカードローン会社

  • アコム
  • プロミス
  • アイフル
  • SMBCモビット
  • レイクALSA

上記の消費者金融会社では、実際にお店に行かずともお金を借りることができます。もちろん、直接お店に行って申し込みをすることも可能ですが、簡単にお金を借りるならスマホかPCでのWEB申し込みをオススメします。

WEB申し込みがオススメな理由

  1. 1、24時間いつでも申し込み可能
  2. 2、申し込み操作が簡単
  3. 3、2度手間にならずに済む

WEB申し込みをおすすめする理由は上記の通りです。実際に、カードローンの申し込みをする人のほとんどが、最初の申し込みをスマホかPCから行っています。

返済計画を立ててから借りるのが鉄則

前述したように、働いていて過去に金銭トラブルが著しくないということであれば、簡単にお金は借りられます。しかし、当然ですが借りたら返すのが鉄則。
支払いの遅延やトラブルは、金融機関への信頼を失うことにもなります。

簡単にお金を借りたいということもあるかもしれませんが、カードローンに申し込む際は、返済の計画を立てたうえで申し込みをしましょう。

返済シュミレーションに関するコンテンツも是非参考にしてみてください。