みんなが消費者金融でお金を借りる理由とは?

みんなが消費者金融でお金を借りる理由とは?

年々増える、消費者金融の宣伝。それだけお金を借りる利用者が多いのです。
消費者金融や銀行でお金を借りる理由は人それぞれ。
急な出費でお金が必要な場合、正当な理由がないとダメなのでしょうか?

お金を借りる理由の必要性は、消費者金融や銀行でも違います。
ここでは、みんなが消費者金融でお金を借りる理由について、詳しくお伝えします。
様々な理由をチェックし、借りる前の不安を解消して、必要な時にスムーズにお金を借りましょう。

なぜ今お金を借りる人が多いの?国民の8人に1人が消費者金融を利用!?

街でもテレビでも、消費者金融の宣伝で賑わっています。
そもそも、なぜ現代の日本において、高金利の消費者金融でお金を借りる人が多いのでしょうか?
日本では、どんな不況時でも求人誌には人材募集の記事が載っています。働き口はたくさんあるのに、なぜお金を借りる人が多いのでしょうか。

消費者金融でお金を借りた経験がある人は、ズバリ国民の【約8人に1人】だそう。
その中でも、生活費の補填として借りる人が全体の【1/3】となっています。

この理由として、「日本人の平均年収が年々下がっている」という問題が挙げられます。
給料が下がったのに生活水準を下げられなければ、当然生活費は不足してしまいます。
また、生活必需品や食料品の値上げも、生活費の不足を助長している原因でもあるでしょう。
その不足分を、消費者金融の借金で補填しているという背景もあるようです。

急な出費でお金を借りたい…理由はどうしたらいい?

「こんな理由でお金を借りることができるか不安…」「私でも大丈夫?」と、お金を借りる前に不安はつきもの。
借りる先も「消費者金融」「クレジットカードのキャッシング」「銀行系カードローン」など色々とあります。
どこが簡単に借りることができて、どこが借りにくい?理由はどうしたらいい?
以下でご説明します。

消費者金融や銀行系カードローンを利用する場合

結論を言うと、消費者金融や銀行では理由は特にいりません。

お金を借りたいと思ったその時に借りられるのがメリット。
「とにかく生活費が必要」
「急な出費でまとまったお金が必要」
など、切羽詰まった状態の時にも正当な理由なくスピーディーにお金を借りることができます。

クレジットカードのキャッシング枠を利用する場合

消費者金融の他にも、クレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りることもできます。
クレジットカード作成時にキャッシング枠を付けるかどうかを決められますので、その審査にさえ通ってしまえば、その後のキャッシング利用は自由。
特に理由なく、自分の必要な時に設定上限枠まではお金を借りることができます。
これなら、消費者金融より簡単ですね!

銀行の融資を利用する場合

一方、銀行で融資を受ける場合は、消費者金融と違い正当な理由が必要になります。
「住宅購入」「自動車購入」「事業資金」など、お金の使い道・理由が明確でないといけません。
消費者金融よりはハードル高めです。

みんながお金を借りる理由ランキング

では、実際に皆さんが消費者金融・銀行でお金を借りる理由とは何でしょうか?

日本貸金業協会が毎年キャッシングやカードローンの借入状況や市場の動向調査していますので、参考に見てみましょう。

1 生活費 9 ギャンブル
2 趣味/娯楽(レジャー、旅行を含む)費用 10 授業料、保育料、給食費等の学校関係費
3 食費 11 通信費(電話料金やインターネット利用料等)
4 家賃の支払い(住宅ローンの返済を含む) 12 住宅リフォーム費
5 自動車の購入費(車検整備費等を含む) 13 学習教材等の教育関係費
6 衣服購入費 14 水道・光熱(電気・ガス等)費
7 医療費 15 冠婚葬祭費用
8 納税・納付等の支払い 16 資格試験・受験のための予備校等受講料/資格試験・学校等の受験費用

ちなみに、男性と女性でも借りる理由が違うようです。

男性 女性
1 生活費 交際費
2 事業費 美容・買い物
3 ギャンブル・レジャー 資格取得

皆さん、割と身近な目的・理由でお金を借りるようですね。
お金を借りる前に悩んでいた方も、このような理由でOKならば安心してお金を借りることができそうですね!

お金を借りたい時…みんなが消費者金融を選ぶのはなぜ?

お金を借りる際に消費者金融を利用する人が、国民の【約8人に1人】とお伝えしました。
なぜ、消費者金融以外にも「クレジットカードのキャッシング」「銀行」など色々とあるにも関わらず、消費者金融でお金を借りる人が多いのでしょうか?

その借りる理由として多いのが、以下の6つです。

    自動契約機の身近さ、手軽さ

  • 身近な場所である駅前や商店街に店舗や自動契約機が多数あるので、手軽に借りることができます。
  • 簡単な借入審査手続き

  • 現在では、スマホで簡単に手続きができるところが多いです。
  • また、消費者金融によっては、過去に金融事故情報があっても借りることができるところもあります。
  • 審査スピードの早さ

  • 銀行に比べ、消費者金融は非常に審査スピードが早く、すぐにお金を借りることができます。
  • 周囲にバレずに借りることができた

  • 自宅への書類郵送や会社への在籍確認なく借りることができる消費者金融もあります。
  • ネットサービスが充実していた

  • インターネット上の情報も豊富で、気軽・手軽にサービス利用ができるように進化しています。
  • 借入手数料・金利が低かった

  • 消費者金融によっては金利が3.0%~というところも。
  • また、無利息期間サービスも充実しているので、早めに返済できるならば無利息で借りることができます。
  • テレビCMや新聞、雑誌の広告を見た

  • 現在、消費者金融のCMを見ない日はないです。それだけ身近な存在に感じますね。

最初にお伝えしたように、銀行で借りる場合でなければ、特に理由を追求されることもありません。
特に消費者金融は無利息で借りることができるサービスもありますので、上手く使ってきちんと返済ができればメリットが大きいですね。

これで簡単!安心してカードローン・キャッシングをスタート

いかがでしたでしょうか?
ここでは、消費者金融でお金を借りる際に気になる疑問やポイントについて詳しくまとめました。

  1. 1. なぜ今お金を借りる人が多いの?
  2. 2. 急な出費でお金を借りたい…理由はどうしたらいい?
  3. 3. みんながお金を借りる理由ランキング
  4. 4. お金を借りる時に、みんなが消費者金融を選ぶのはなぜ?

消費者金融で借りる、銀行で借りる、など借りる場所でも事情が違います。

今後の参考にしていただければ幸いです。
消費者金融・キャッシングのことを正しく理解してお金を借りることで、生活に安心と潤いをもたらしてくれます。
きちんとした支払い計画のもと、上手く活用してお金を借りるようにしましょう!