本当に借りやすい消費者金融とは?

本当に借りやすい消費者金融とは?

消費者金融の数は圧倒的に多いことから、どの金融業者が借りやすく借入条件が良いのか、ほとんどの人は分からないと思います。
借りやすい消費者金融とは、いったいどこなのでしょうか?
そういった方のために、借入条件別に借りやすい、そして審査基準の緩いキャッシング会社をピックアップし、特徴をひとつひとつご紹介していきます。

お金を借りやすいのは大手or中小どっち?

まず、消費者金融は「踏み倒されるリスク」を少しでも減らすためにまず審査を行います。そのため「返済する能力が無い人」は借り入れできません。

特に大手金融機関は、過去に金融事故を起こした人は絶対に審査に通りません。

ですが、実際に消費者金融の審査をクリアして借入している人は国内に1,040万人おり、実に全日本人の10人に1人が消費者金融機関を利用していることになります。

それを踏まえた上でみなさんにおすすめしたいのが、中小の金融機関です。中小金融機関は大手ほどの知名度がなく、申込者も多くありません。

ですから中小の金融機関が大手金融機関と同じ審査難易度にしていると十分に融資が行えず、営業出来なくなるため、中小金融機関はあまり属性が良くない人(ex,大手金融機関で断られた、ブラックリスト)にも貸付を行います。
簡潔にいうと中小金融機関は「審査が甘い」ということになり、お金を借りやすいということなります。
ざっくりとお話ししましたが具体的には金融機関の審査に通るか不安のある方や、過去に自己破産、債務整理をした方、大手金融機関で融資を断られた方などに特に中小金融機関がおすすめです
大手と中小金融機関の違いは、中小の方が借入審査の基準が緩めで、個人の事情に応じて柔軟に対応することです。
ただ、そうは言っても中小・大手消費者金融は全国に2,217件(平成25年4月末時点)あります。

その中から安心して利用できる会社を探すのは難しいことかもしれません
そこで参考にしていただきたい、「審査の通りやすい消費者金融機関」の具体的な特徴が以下になります。

審査の甘い消費者金融の特徴

属性を問わない

審査が甘い金融機関は属性問わず借りやすいことが多いです。属性とはその人の職業安定性や家族構成、年収、仕事の勤続年数などをいいます。
安定した職業や高年収、子供が少ない家庭、勤続年数が長い人などは一般的に属性が高いと評価されて金融機関の審査は有利となり比較的通りやすいです。
審査が甘い金融機関においては属性の高低はあまり問題にされず万人に借りやすい融資先といえます。

収入の高低問わない

一般的にローンは収入(年収)が高い人の方が審査に有利で借りやすいくなります。これは消費者金融でも同様です。消費者金融機関が審査時に収入証明書の提出を求めるのは借り手の年収をチェックし審査結果を出すためです。

しかし、審査が甘い消金融機関においては収入の高低はそれほど問題になりません。
収入が高い人は確かに審査に有利ですが、収入が低い人でもそれなりに小口でお金を借りれたりします。

他社の借り入れの有無を問わない

一般的にローンの世界では他社での借金が多ければ多いほど不利となり、もちろん借りづらくなります。
他社での借入が多い人のことを多重債務者と呼び、新規のローンの融資は極めて不利となります。 金融機関においてもそれは例外ではありません。
多重債務者は金融機関の審査が通りにくい傾向があります。

しかし、審査が甘い金融機関の中では時に他社借入が多い多重債務でもお金が借りれる人がいます。 返済能力や属性面で高い人は多少の多重債務でも金融機関でお金が借りれる場合があるということになります。

今日今すぐ!キャッシング会社からお金を借りるために重要なコツ

一度契約が決まれば、長い付き合いになる消費者金融機関。それぞれ皆さまに合った金融機関を選んでいただきたいとおもいます。
ここまでおすすめの金融機関を紹介しましたが、その中から実際に自分に合った金融機関を決めるときに重要なコツ3点をご説明したいとおもいます。

  1. 1.「審査にかかる時間」重視で会社を選ぶ
  2. 2.借りるのは10万円だけにする
  3. 3.同じタイミングで2社に申込む

まず一つ目ですが、審査時間・審査結果がキャッシング会社から出るのが早ければ、「現金を引き出す・支払いに充てる」まで最短の時間で済みます。
当サイトでご紹介するキャッシング会社は、【審査が最短30分で完了】するので今すぐ急ぎで借りるのにとてもスムーズな手続きが行えます。
申し込み時の希望額は、まずは10万円程度にした方が良いでしょう。キャッシングの希望額が多いと審査に時間がかかったり、そもそも審査に通らない可能性があるからです。

希望額がもともと10万円以上という方は、申込時になるべく必要な額だけ記入します。

審査結果の連絡の際に〇〇万円までなら借りれますと借入額の相談にのってくれるキャッシング会社もあるので、まずは「お金を借りる」ことを目標に希望額を控えめに書くのがおすすめです。
複数申し込みのポイントは、単純に審査落ちを回避するためです。時期も1社より同時に2社に申し込みをした方が、どちらかの審査にだけでも通る確率が上がりますよね。

審査に落ちた後すぐ次のキャッシング会社に申込むと、申込みブラックになり審査に通らなくなってしまうこともあるので、同時にキャッシング会社2社に申し込むのが金融機関でお金を借りるためのコツです。

まとめ

消費者金融機関は、ある意味で安全な借り入れ先です。正規の業者ですから、違法業者ではないのです。
借り入れにもいろいろ種類があり、銀行カードローン、信販系ローン、消費者金融とさまざまなローンがあります。
また、新卒で就職して転職する時期の間、給料が足りないので借り入れするという人も多いのです。
主婦向けには横浜銀行のカードローンが人気があります。
いざとなったら内容を弁護士に伝えて債務整理することもできますが、そこまで行く方は限られており、現実問題、多くの人が普通に返済しています。また、ろうきんやゆうちょなどで借りる方法もあります。
2chなどSNS等でもさまざまな借りやすい金融機関の情報が交換されています。

仕事や家事、またはアルバイトをしながら日々時間に追われるのもいいですが、当サイトをご参考に借りやすい金融機関を選び、良い時期に賢くお金を借り入れることでより豊かな人生にしましょう。