お金を借りる前に!消費者金融の口コミ・審査を徹底解説!

お金を借りる前に!消費者金融の口コミ・審査を徹底解説!

消費者金融で安心してお金を借りれるの?口コミの前にデータで解決!

どれくらいの人が消費者金融を利用しているの?

初めてお金を借りる時は「どれくらいの人が消費者金融を利用してるのかな?」と気になりますよね。
口コミには、消費者金融の利用者数の情報が記載されていないので、信用情報機関や日本貸金業協会が公開しているデータを元に不安を解消していきましょう。

貸金業者の登録者数・登録件数

信用情報機関のJICCが、消費者金融の利用者に関するデータを公表しています。

公表しているデータによると、2020年3月末現在で貸金業者に登録がある人の数は、1,799.7万人です。

登録者には利用せずに契約だけある人も含まれています。
一人で複数の会社と契約している人もいるので、登録件数の方が大きい数字になります。

年度 登録者数 登録件数
2019年度 1,799.7万人 3,037.1万件
2018年度 1,803万人 3,051万件
2017年度 1,811万人 3,098万件
2016年度 1,823万人 3,162万件
2015年度 1,910万人 3,458万件

引用:https://www.jicc.co.jp/about/statistics/index.html

実際の利用者数

借入残高がある実際に利用している人の数です。(2020年3月末現在)

年度 利用者数 利用件数
2019年度 1,091.7万人 1,643万件
2018年度 1,083万人 1,621万件
2017年度 1,069万人 1,592万件
2016年度 1,066万人 1,585万件
2015年度 1,127万人 1,707万件

引用:https://www.jicc.co.jp/about/statistics/index.html

2006年に改正貸金業法が成立し2010年に完全施行されてからは、消費者金融の利用者数が減っていますが、過去5年間の登録者数・利用者数は1000万人を超えています。

消費者金融でお金を借りてトラブルにならない?

お金を借りる時に、消費者金融とトラブルにならないかも心配の1つですよね。
日本貸金業協会が公開している苦情件数のデータを見ると、消費者金融とのトラブルはとても少ないことがわかります。(2020年4月27日更新現在)

苦情件数
2019年4月 2件
2019年5月 2件
2019年6月 0件
2019年7月 1件
2019年8月 0件
2019年9月 5件
2019年10月 1件
2019年11月 1件
2019年12月 0件
2020年1月 3件
2020年2月 3件
2020年3月 2件

引用:https://www.j-fsa.or.jp/material/monthly_survey/index.php#saishin

貸金業法の改正により年収の3分の1までしか借り入れできない総量規制も行われているので、自分自身の年収に応じて無理なく計画的に借入を行えば、安心して消費者金融を利用することが出来ます。

実際に融資を受けた人の評判は?大手消費者金融の口コミ・評価

大手消費者金融と言えば「即日融資可能」「スマホから申込可能」「コンビニATMで返済可能」など、借りる側からすれば、有難い特徴がいくつもあります。
実際に利用している方は、どのような感想を持っているのでしょうか。大手消費者金融の口コミを紹介します。

プロミスの口コミ

簡単に申込でき、審査が通ってから実際の振り込みまでがとてもスピーディだった。

スマートフォン、PCから手続きが出来るので気軽さ、手軽さを感じます。実際私もスマートフォンから申込をしました。
さすが即日ご融資可能とうたっていることもあり、審査の結果が3、40分ほどで出ました。またWebで完結出来るので窓口に行ったりカードの発行を待ったりする無駄な待ち時間がなく、非常に助かりました。
申込当時の私の年収が400万円ほどで、借入希望額が20万円でしたので比較的審査は通りやすいだろうと踏んでいたので不安はそこまで無かったですが、必要書類もさほど多くないので敷居の高さをあまり感じなかったです。

審査が通ってから実際の振込までがとてもスピーディだったので助かりました。

意思表示がないと向こうのペースで話が進んでいくので注意

電話での問い合わせの際、しっかりとした意思表示がないと向こうのペースで話が進んでいくので注意が必要かと思われます。
仕事柄金融系の知識があったので良かったのですが、全くの初心者ならば一度Webで借入シミュレーションをしてから申込することをお勧めします。
また、一度過去に金融事故のある友人から聞いたのですが、事故から大分経っていたそうですが希望借り入れ借入額を下げなければ審査を通すことが出来ないといわれたそうです。

返済の際に振込を選んだ場合、振込手数料は客側が払うことになっているので、知らないと損をした気分になります。
延滞利息についての説明書きが複雑で分かりづらいと感じました。計算方法などもう少し分かりやすければ良いと思います。

郵便物も来なかったので、主人に内緒で借りることが出来た。

あまりいい印象がないというか、正直なところ怖いと思っていました。
どうしても主人に内緒でお金が必要で、銀行から借りる事が出来ずプロミスでキャッシング申込する流れとなりました。

インターネットで完結できるので、主人に分からないように申込から返済までする事が出来ました。
その後も何か郵送物が来たりして、主人にバレたらどうしようという不安もありましたが、私が知る限りでは何も郵送物は来なかったし、主人から何か言われる事もなかったので何ごともなく過ごす事が出来ました。
融資のスピードについては私の場合は急ぎではなかったのですが、とても早く融資して頂きました。
借金という行動は何かと不安が付き物ですがきちんと返済すれば大丈夫ですね。

もう少し気軽に借りれるようにイメージアップして欲しい・・・

私は借りた本人なので、安全に申込から返済まで済ませる事が出来たという経験をしましたが、やはり人に言えないです。

悪い会社でもないのは理解していますが、周りの人はそう見てくれない方が多いです。もちろん人に言う話ではないので言わなくてもいいのですが、もっと気軽に行ける、話題にできる、印象のいい会社になって欲しいと思っています。
あと、もう少し限度額アップしてくださるとありがたいです。審査しての金額だから仕方ないのかもしれませんが。

アコムの口コミ

近くに専用ATMがあれば手数料が無料で利用出来て便利

アコムは、急にお金が足りなくなりピンチになった時にとても役立ちます。
近くに専用ATMがあれば、手数料が無料で利用でき24時間稼働しているからです。
約1か月ぶりに飲み屋さんへ行き、会計を済ましたら財布の中身を見ると3,000円しか残っていません。
来週の給料日までは到底持たないのでアコムで2万円借りてから、近くにあるサウナで一夜を明かしました。

金利が高いから、出来るだけ早く返済すること

アコムで借りた時は、できるだけ早く返済することです。
アコムを利用していて一番感しるデメリットは、銀行のローンと比較しても金利がとても高いことです
コンビニと同じく便利な存在なので、どうしても高くなってしまうのは致し方ないですね。
また、専用ATMは街中の便利な所を中心に設置されているので、場合によってはコンビニのATMしか利用環境が整っていないことも。
そしてATMの設置場所が外観的にも入り辛い雰囲気な場所もあります。
国道沿いなど、幹線道路沿いなどにもっと専用ATMが設置されていれば利便性が高くなると思います。

30日間無利息は非常にありがたかった

転職して引越し貧乏になったときに、急にお金が必要になってしまったため、消費者金融からお金を借りようと思い検討していたところ、初回の利用に限っては30日間無利息とのことで、アコムさんにお願いすることにしました。

転職したばかりということで借りることができるか不安でしたが、転職により年収が上がり450万円ほどの見込みだったのと、ある程度名前の有名な会社であったためかスムーズに審査が通り、お金を借りることができました。
10万円を借りたのですが、すぐに返せる当てがあったので、30日間無利息は非常にありがたかったです。
大した利息ではないにしても、余計なお金が掛からないに越したことはありませんので、非常に助かりました。

電話対応には少し不満を感じた

審査自体はスムーズに通り、お金もすぐ振り込まれたのですが、電話での対応には少し不満を感じました。
消費者金融からお金を借りることは初めてということもあって、無人機で借りるよりは分かりやすいと思い電話してみたのですが、若干の上から話す雰囲気が気になりました。

私がお金を借りる側なので我慢していましたが、ときどき威圧的になったりため口になるなど、とても丁寧とは言えない対応でした。私が消費者金融のコールセンターに抱いていたイメージはもっと丁寧で、事務的なものだったので、真逆の対応に戸惑ってしまいました。
もしまたお金が必要になった際には、他の消費者金融の利用や、無人機の活用を検討したいと思っています。電話対応以外は概ね満足だったので、残念です。

アイフルの口コミ

審査も難しい内容ではなく、思ったより早く融資を受けられた

アイフルから初めてお金を借りたのですが、私が思った以上に早く融資を受ける事ができました。
最初は借入の申込をしてどれだけ審査が早く終わるか不安だったのですが、申込をして30分もしないうちに審査が終わってそこは本当に良かったと思いました。
また、どんな審査があるのか不安だったのですが、電話がかかってきて簡単な質問に答えただけで、すぐに融資を受ける事になりました。

スタッフの対応が少し悪かった

サービスには特に不満はなかったのですが、スタッフの質が少し悪いと感じたというのがありました。
審査も早く終わり良いと思っていたのですが、初めて利用する事もあって使い勝手が分からず、繰り返し聞いたりするのが鬱陶しいと思ったかもしれないですが、もっと思いやりを持って丁寧に教えて欲しかったです。
当たり前みたいに冷たく言われた感じがしたのが少し残念でした。

30日間無利息期間がよかったのと、審査がとてもスピーディーだった

良い点は、初回利用ならば最大30日間は無利息になるので、その間に返済すれば一切利息を支払わないで済むことです。これは初回利用者であった自分には、かなりメリットがあることでした。
それと審査も20分程度で終わり、とてもスピーディでした。急に現金が必要になった際には、審査がスピーディなので審査に通れば、その分早急に現金を調達することができます。

またスタッフの電話オペレーターの対応も丁寧かつ親切なので、怖いイメージは全くありません。消費者金融会社の中ではアイフルは知名度も信頼度も高いので、安心して利用することができます。

売り込みの内容のメールと電話が煩わしかったです

借入をした後に、たびたびメールでのおまとめローンの売り込みの内容のメールで送られてくるようになったのでその点が煩わしかったです。
メインで使っているメールアドレスだったこともあり、メールアドレスを簡単に変更することもできませんので、わざわざメール受け取り拒否の設定をするはめになってしまったので、これに関しては残念でした。

また融資してもらった金額を全て完済し終わった後も、今度は電話がかかってくるようになりました。サービスとしてはアイフルは悪くはありませんでしたがこうした売り込みのメールや電話などがしつこかったので、この部分に関してはとても残念でした。

レイクALSAの口コミ

他社より無利子期間が長く、気軽に借入できた

私がレイクALSAで満足できた内容は、無利子期間が他社の倍の期間延長されていることです。
プロミスやアコムでは、無利子期間が最大30日間ですが、レイクALSAでは、60日間無利子の期間を継続することができたので、少額な借り入れであれば、2ヶ月間無利子で返済出来ました。
無利子期間が長いお陰で、初めてでも気軽に借り入れを行えるキッカケになりました。

最短審査は難しく、遅延損害金の年利が高い

レイクALSAの悪い点として、急ぎの方は最短60分間融資!とサイトで記載されているのですが、実際は身分証明書等の書類を省略することができず、本当に条件が重なる場合でしか60分審査の後の融資とは叶わない状況でした。
また、遅延損害金の年利が20%だったので、やはり苦しい金利なのではないかと思うことがありました。
実店舗も、アコム等と比較して目立たない形の店舗が多かったです。

申込・審査・融資がスピーディーで、カードレスで借入もしやすい

スマホで簡単に申込ができて、仮審査は5分もかからずすぐにわかりました。
月末だったし、友人の結婚式のご祝儀をすぐに用意しないといけなかったので、そのまま本審査のための必要書類をそろえて申込しましたが、即日契約手続きが完了できました。

すぐにキャッシングしたかったのですが、カードを発行する自動契約機が近くになかったので数日待たなければいけないと思いましたが、レイクはカードレス借り入れができるので本当に助かりました。
コールセンターに電話して振込キャッシングをするか、アプリを使ってセブン銀行でATM取引ができるので、私はATMですぐにキャッシングしました。

地方銀行で返済する場合は、コンビニにした方が良い 電話対応があまりよくなかった

返済はインターネット返済を希望していましたが、地方銀行のためか、インターネット引き落としがうまくいかなくて返済が遅れそうになってしまいました。
地方銀行の場合はコンビニなどで返済した方がよさそうです。また、キャッシング時のカードが使えなくなったことがあり、コンビニで返済ができなくなったためコールセンターに電話しましたが、公式の無人機で試してくださいと言われました。地方だったので近くに公式のものがなく、そのために大きな街まで行くのが大変でした。

また、コールセンターの方の対応がとても横柄で高圧的であったのも気になりました。返済もとくに遅れていないし、カードが使えないということで電話したのに私が悪いというような言い方で気分が悪かったです。

SMBCモビットの口コミ

申込から審査もWEBで完結でき、パート主婦も即日融資もできた

パート仲間同士での話題の中心は、やはり子供の教育費です。
パート代では支払いが難しいと感じていたし困っていたので、相談してみるとカードローンを利用しているとのことで、SMBCモビットは公式サイトから簡単に手続きができるし10秒で簡易審査を受けることができるため、申込可能かどうか事前審査でチェックすることができるのは嬉しいです。

三井住友銀行の銀行口座を持っているのでWeb完結が利用でき、スマホからすぐ申込を行いました。審査結果も30分以内にでて即日融資を受けることができたので、カードローンで必要な資金を準備することができ安心し、家族に内緒で利用することができるので何かと助かります。

計画的に利用して、自己管理しないと厳しい

SMBCモビットは銀行ATMから必要な分を融資受けることができるのは嬉しいですが、やはりすぐカードローンは利用することができるので、モビットへログイン後に利用明細を自分でチェックしておかないと、いくら使ったか分からないので自己管理がかなり厳しいです。
自己管理が上手にできればよいですが、なかなか難しい部分があるので、けっこう限度額まで使ってしまいそうになることがあり、返済も自分で都合良いときに行うと金利がプラスになるので、計画的に返済していかないと厳しい状況になります。

大手消費者金融でもそれぞれ特徴があり、メリットデメリットがあります。
自分自身の条件を確認して、正しく借入先を選択しましょう。

どれくらい審査が通るの?評判よりも確かな可決率について

消費者金融系のカードローンの申込する場合、もっとも気になるのが「審査を受けた後に確実に通過できるかどうか」です。
むやみにカードローンの申込を行い、審査に落ちてしまった場合、すぐに他の金融機関に申込を行うことはおすすめできません。
最悪の場合は、申込ブラックとみなされてしまい、マイナス要素になってしまうからです。

そこで、カードローンの申込を行う前に、可決率について正しい知識を得ておく必要が出てきます。

審査が通る目安がわかる?可決率 (承認率)とは?

可決率とは別の言葉では承認率とも言い、おもに消費者金融会社のカードローンの審査の通過のしやすさを計るための1つの目安となります。

具体的には、カードローンの申込件数に対しての承認された割合を示したもの、これが可決率です。

承認件数から申込件数を差し引いた数字が可決率(承認率)となります。

可決率(承認率)の計算式は下記に示す通りです。
可決率(承認率) = 承認件数÷カードローンの申込件数
※承認件数とは新規契約件数

プロミス・アコム・アイフル 大手消費者金融の可決率

大手消費者金融は審査通過率を公表しています。 2019年度下半期のデータを比較してみましょう。

プロミス可決率

年月 可決率
2019年10月 47.0%
2019年11月 45.9%
2019年12月 43.4%
2020年1月 42.0%
2020年2月 44.4%
2020年3月 42.9%

引用:http://www.smbc-cf.com/pdf/md2019_j.pdf

アコム可決率

年月 可決率
2019年10月 43.1%
2019年11月 44.3%
2019年12月 42.1%
2020年1月 40.6%
2020年2月 42.2%

引用:https://pdf.irpocket.com/C8572/bbZB/iM1t/bIet.pdf

アイフル可決率

年月 可決率
2019年10月 42.9%
2019年11月 43.6%
2019年12月 44.9%
2020年1月 45.7%
2020年2月 45.8%

引用:https://www.ir-aiful.com/data/current/MD202002.pdf

同じ条件下での集計かはわかりませんので、大手消費者金融の審査可決率は「40%~50%弱」と認識しておくと良いでしょう。

スムーズにお金を借りる為に審査を有利にしよう! 属性スコアリングを確認!

カードローンやキャッシングの審査では、スコアリングが重要な要素になることをご存知でしょうか?
カードローン・キャッシングの申込後には、おもにスコアリングによる審査が実施されています。

どんなに口コミを参考にしても、自分と収入や勤続年数など全ての項目が同じ条件の人はいません。
口コミで審査に通ったと書いていても自分は通らない可能性があります。
その為には自分自身の属性スコアリングを確認して、しっかり審査に備えましょう。

スコアリングとは?

スコアリングとは英語で「採点」を意味する言葉ですが、カードローンの場合は申込者本人の属性に関する情報に採点することを言います。
カードローンやキャッシングの審査では、スコアリングによる審査を実施した後、一定の水準に達した人だけが審査をクリアできます。

スコアリングの目的は、経済力・返済能力・信用力を確認するため!

スコアリングでは、申込者の職業・勤続年数・年収・過去直近のクレジットヒストリーなどの属性を入念に調査されます。
カードローン・キャッシングの申込者の信用力を診断するために、必要となるのが属性です。
属性の内容はおもに下記の通りです。

  • 申込者本人の年齢
  • 住まいの状況(居住形態・居住年数・賃貸・持ち家など)
  • 家族関係(配偶者の有無・同居家族の人数など)
  • 仕事(勤務先・勤続年数・年収)
  • 過去直近の借入と返済の状況(延滞・借金返済トラブルの有無など)

カードローン・キャッシングのスコアリング審査は、単に申込者の属性につい把握するだけの目的ではありません。
金融機関がもっとも重視すべき点は、申込者の属性から経済力・返済能力・信用力を判断することです。
ただし、スコアリングによる審査基準は、各金融機関独自で決められています。

カードローン・キャッシングの審査では、定量分析を重視!定性分析と定量分析の違いとは?

カードローンの申込にあたり、定性分析・定量分析について理解しておくことをおすすめします。

定性分析とは、申込者の人間性・個性について重視する分析法です。
カードローンの申込書を手書きで提出する場合、キレイで見やすい文字を書くことも重要です。
WEB完結で申込手続きを行う場合は、本人確認用書類をネット上で送付することもあります。審査を有利にするためにも、必要な書類を見やすくキレイに撮影することも大切です。

定量分析とは、年齢・年収・勤務先・勤続年数・住まい・ローン利用の有無などの属性のことを指します。
カードローン・キャッシングの審査では、とくに定量分析が重視されています。

審査に落ちる原因はなに?原因を正しく対処してお金を借りる!

カードローンの審査に落ちた時の対処法の前に、落ちた原因を正しく突き止めることが重要です。
審査に落ちた原因を把握し、それに見合う対処法を選択することで問題が解決することもあります。 それぞれの原因と対処法を確認していきましょう。

申込者の属性 (勤続年数・年収など) に問題があった

カードローンの申込後は、属性についてスコアリングされます。
スコアリングによって、申込者本人の信用力を数値で表わします。
勤続年数が短い、年収が安定していないなど、マイナス要素がある場合、返済能力が低いと診断されるため、審査に落ちやすくなります。

対処法

就業形態・勤続年数・年収について見直すべきです。
派遣社員や単発アルバイトで収入を得ている人は、パートや正社員など安定した就業形態を目指すと良いでしょう
勤続年数が短い場合は、1年以上の勤続年数を経てからの申込の方が、審査に通過する可能性が高いです。

申込時に必要な書類の提出で不備な点があった

カードローンの申込時に、必要書類の提出で不備な点があった場合、再提出が求められる可能性があります。
必要書類が全て揃っているかを念入りに確認しましょう。

申請内容の一部にウソの内容が発見された

申込時に内容の一部にでもウソの内容が書かれていて、それを発見された場合、信用力を落としてしまいます。
申込内容は包み隠さず、すべてありのままを正直に記載するのが基本です。

信用情報に問題があった

過去直近の借入・返済の状況に問題箇所があったことが原因で、審査に落ちるケースも多いです。
借入・返済の状況については、数年間の記録について、信用情報機関にて記録されています。カードローンの申込後、信用情報機関に照合すれば、すぐにわかります。

電話での在籍確認ができなかった

職場への在籍確認の連絡ができなかったことが原因で、審査に落ちるケースもあります。
在籍確認の連絡自体は、1分程度ですぐに完結します。

短期間に複数の金融機関に新規申込をした

短期間に複数の金融機関にカードローンの申込をしたことが原因で、審査に落ちるケースも少なくありません。
とくに1ヶ月以内に複数の金融機関に申込みを行った場合、申込みブラックとみなされるケースが多いです。

対処法

しばらく期間を空けておく必要があります。
とくに属性に問題がなく、急ぎでお金を借りる必要がなければ、しばらく間を空けてから申込を行うことで審査に取る可能性もあります。

総量規制や借入件数で引っかかってしまった

総量規制や借入件数に引っかかったことが原因で、審査に落ちるケースも多いです。
年収の3分の1を超える借入れは、総量規制によりできないことを念頭に置く必要があります。
他の金融機関での借入件数が多い場合、1日も早く借金を減らせるように努力が必要です。

対処法

複数の金融機関でお金を借りている場合は、おまとめローン・借り換えローンを利用するのも有効な手段です。
過去直近に借入・返済がなく、新規申込の場合、年収の3分の1を超えないように借入希望額を設定する必要があります。
年収が低いと借入できる金額も低くなるので、少しでも収入アップできるよう努力も必要です。

健康保険に加入していない

健康保険に加入していないことが原因で審査に落ちた場合は、1日も早く加入すべきです。
カードローンの審査を通過するためだけではなく、急に病気にかかった時、ケガをした時のことも考えておかなくてはなりません。

中小消費者金融の審査は本当に甘いの?

「中小消費者金融の審査は甘い」などと耳にしたことはありますか?
中小消費者金融と大手消費者金融の審査には、どのような違いがあるかのでしょうか。

大手消費者金融会社と中小消費者金融の審査方法の違いを比較した結果は、下記の通りです。

大手消費者金融の審査方法

カードローン専用のコンピュータを駆使したスコアリング審査です。自動的に審査が実施されています。

中小消費者金融の審査方法

中小消費者金融会社の審査担当者が行うのが一般的です。
申込者本人の属性 (勤務先・勤続年数・年収など) の情報以外に申込者本人のパーソナリティ (人間性・信用力) などが考慮される可能性があります。

中小消費者金融の審査は本当に甘いのか?

大手消費者金融よりも中小消費者金融の方が審査が甘い・緩いと指摘される理由は、審査方法が異なるからです。
中小消費者金融は「街金」の名で親しまれており、地元地域に密着した金融機関です。
人と人とのつながりを重視しており、社員が審査を担当しています。
大手消費者金融と比較すると、中小消費者金融の方が審査には柔軟性があります。

しかし、仮に中小消費者金融の方が審査が甘いからといって、返済能力がない人がお金を借りられるということではありません。
申込時点で無職・無収入の人、収入の安定の見込みがない人、他の金融機関で返済を延滞している人は、どの金融機関でも審査通過率は低いです。

中小消費者金融は、スコアリングによる自動的な審査が実施されていないだけであって、申込条件は大手消費者金融とほぼ同じです。

中小消費者金融の特徴を紹介

2018年1月から銀行系カードローンの即日融資が不可となり、大手消費者金融のカードローンとともに中小消費者金融に人気が集中してきました。
中小消費者金融は「街金」の名で根強い人気があります。中には、大手消費者金融と同様に最短即日融資に対応可能な中小消費者金融もあります。
そこで、とくに人気の高い中小消費者金融の種類について取り上げてみました。

土・日・祝日の即日融資なら、セントラル

中小消費者金融は大手消費者金融とは違い、土・日・祝日の即日融資の対応は難しいとも言われています。

しかし、セントラルでは土・日・祝日の即日融資に対応しています。
お金が必要な時にスピーディーに借りるならセントラルが最適です。

信頼性が高く、安心して借りるなら フタバ

街金の歴史は古く、創業年数が長いほど信頼と実績の高さがあります。

中小消費者金融業界でもっとも創業年数が長いのがキャッシングのフタバです。
初めて街金を利用する人、信頼性の高い金融機関でお金を借りたい人に最適です。

審査がスピーディーなのは アロー

急ぎでお金を借りたい時は即日審査に対応可能な中小消費者金融を選びたいものです。

アローでは審査時間が最短45分、申込みは24時間いつでも公式サイトから可能です。

審査落ちした人でもお金を借りやすい? エイワ

中小消費者金融は大手消費者金融よりも審査基準が緩いと言われていますが、それでも審査に自信がない人も少なくありません。

他の金融機関で審査落ちした人でもお金を借りやすいと評判なのが、キャッシングのエイワです。

初めてお金を借りる女性向け フクホ

初めてお金を借りる女性向けの中小消費者金融もあります。

フクホーではレディースキャッシングに対応しており、女性専用のコールセンターが設置されています。24時間いつでも公式サイトからの申込みが可能で、不明な点・疑問点にもコールセンターで気軽に相談できます。

無利息期間サービスがある ノーローン

一部の中小消費者金融では、無利息期間サービスが受けられます。
短期間で返済可能な人、少額でお金を借りたい人にはノーローンの1週間無利息期間サービスを活用すると良いでしょう。

振込キャッシングに対応可能な アルコシステム

中小消費者金融では、大手消費者金融と同様に振込みキャッシングに対応しているところもあります。
自宅や職場の近くに最寄りの中小消費者金融の店舗窓口が見つからない、または急ぎでお金を借りたい人に最適です。
現時点で、振込みキャッシングに対応可能な中小消費者金融はアルコシステムです。

信頼性の高いおまとめローン いつも (itsumo)

一部の中小消費者金融では、おまとめローン・借り換えローンの取り扱いがあります。
信頼性の高い街金のおまとめローンなら、「いつも (itsumo) 」がおすすめです。
毎月の複数の返済日を1日にまとめて利息の負担を減らしたい人に最適です。

中小消費者金融にも様々な特徴があります。自分の目的に合わせて選択しましょう。

早く融資を受けたくてもむやみに申込は危険!申込ブラックとは?

申込ブラックとは?

カードローン業界でよく使われる言葉のひとつに「申込ブラック」があります。
簡単に言えば、カードローンやクレジットの申込が多い人、または申込件数が増えすぎてしまった状態のことを指します。
申込ブラックとブラックリストはまったく別物であり、何の関連もありません。

申込ブラックと判定される基準

申込みブラックの判定基準は、どのようになっているのでしょうか。

一般的な目安としては、1ヶ月以内に3件以上の申込を行った場合、申込みブラックと判定されます。
ただし、3ヶ月以内に複数の金融機関で申込した場合でも、申込みブラックと判定される場合もあります。
カードローンやキュッシングの申込は、審査結果の有無に関係なく、信用情報機関で記録されます。
短期間のうちに複数の金融機関に申込を行うと、経済力を問われることになります。そのため、信用情報にダメージを与える結果となります。

申込ブラックの判定はいつまで続く?

申込ブラックの判定は申込先の金融機関が独自に行うというわけではありません。
申込先の金融機関と提携する信用情報機関によって判定されることになります。
信用情報機関には、日本信用情報機構(JICC)・全国銀行個人信用センター(KSC)・CICがあります。
どの金融機関に申込をしても、上記のいずれか1つ以上の信用情報機関と提携しています。

この中でもっとも申込ブラックの情報の残存期間が長いのは、全国銀行個人信用センター(KSC)の1年間です。
他の2つの信用情報機関では残存期間が6ヶ月間です。
銀行関係の信用情報機関であるため、厳しくなってはいますが、照会されるのは6ヶ月までとなっています。

申込ブラックならないための対策は?

複数の金融機関にむやみに申込しないこと

申込ブラックにならないための最善策は、複数の金融機関にむやみに申込をしないことです。

消費者金融系カードローンの審査の基準は、どの金融機関を選んでもそう大差が生じることはありません。
消費者金融系よりは銀行系カードローンの方が審査基準は厳しいですが、複数の消費者金融で申込しても審査基準はほぼ同じです。
とくに急いでお金を借りる必要がなければ、むやみに複数の金融機関で申込をしないのが鉄則と心得ましょう。

審査基準が緩い金融機関を選ぶ

急ぎでお金を借りる必要がある場合は、審査基準の緩い金融機関に申込するのもひとつの対策となります。
銀行系カードローンに短期間のうちに複数で申込して審査に落ちた場合は、大手消費者金融会社で申込するなど、方向転換するのも有効な手段です。

まとめ 口コミを参考にする時の注意点

カードローンを申込する前に、各金融機関の利用者の口コミ・評判が気になりますよね。
ネット上は口コミの宝庫、いろんな口コミを見かけますが、口コミの書き込み者と自分自身の属性も異なります。
良いことばかり書かれた口コミもありますが、鵜呑みにすることはおすすめできません。
サイトの信頼性についても冷静に判断して、口コミを上手に利用しましょう。

不安や疑問が生じた時は速やかに相談・お問い合わせ

カードローンやキャッシングの口コミを見て、1つでも不安や疑問が生じた時は、早めに金融機関に問い合わせておくことをおすすめします。
細かい利用条件と規定は、金融機関ごとに異なるので、サービス内容と利用規約を正しく理解してから申込を行うべきです。

信頼性が低い口コミサイトの特徴

信頼性が低いサイトのおもな特徴は下記の通りです。

  • アフィリエイト系の広告バナーが至る箇所にちりばめられている
  • どの口コミも稚拙な文章で不自然に良い口コミばかりが目につく

広告バナーが目立つサイトは、ユーザーに対して有益な情報を提供するというよりは、広告でお金を儲けることを目的としたケースが多いです。
サイト全体に不自然な口コミが多い場合は、利用者が書いたものではない可能性が高いです。とくにSNS上に掲載された口コミには要注意です。

ネット上の口コミはあくまでも参考程度にとどめておくこと

銀行系・大手消費者金融・中小消費者金融など、カードローン・キャッシングの口コミはネット上に山ほどあります。
ネット上に掲載された口コミ評価は、あくまでも参考資料のひとつとしてとどめておくのが最善策です。