お金を借りるときはやっぱり大手消費者金融がいいの?

お金を借りるときはやっぱり大手消費者金融がいいの?

お金を借りるときにどこで借入するか悩みますよね?実際にお金を借りるとなると、消費者金融各社の違いがありますし、大手や中小など借りる先が多くて迷ってしまいます。
今回は大手消費者金融系カードローンに注目し、中小(中堅)会社と比較をしながら、大手の魅力やおすすめポイントを紹介します。
無担保、無保証で貸付も可能、全国展開のためATMでお金をおろせたり、申し込みもスマホやアプリで簡単です。また、大手はサポートもしっかりしているので安心感もあります。
是非、お金を借りるときの参考にしてください。

大手の消費者金融でお金を借りる!

まずは大手の消費者金融系カードローンをご紹介します。
大手といえば皆さんご存知のプロミス、アコム、アイフルです。あらゆる消費者金融系カードローンの紹介ページでも、常にランキングの上位にいます。

まずはそれぞれの特徴などをご紹介します。

プロミス

①インターネットで申し込みができてカード無しで借り入れができる
②30日間無利息
③女性のオペレーターのいる女性専用窓口がある

金利:4.5%~17.8%
限度額:1万円~500万円

アコム

①様々な銀行ATMと提携しているためアコムカードはコンビニATMで使用できる
②契約手続きは無人自動契約機(むじんくん)で行える
③無人自動契約機(むじんくん)ではアコムの解約手続きもできる
④30日間金利0円

金利:3.0%~18.0%
限度額:1万円~800万円

アイフル

①最大30日間金利0円
②お悩みなら会話ロボット「ルフィア」に24時間ご相談可能
③「てまいらず」(無人契約機)は契約BOX内の電話で受け答えするだけでカードの発行が可能借り方が楽
④最短30分。急いでいる方向けに専用フリーダイヤルを設置

金利:3.0%~18.0%
限度額:1万円~800万円

審査時間は最短30分、融資までの必要な時間は最短1時間、全国のATMで24時借入や返済ができるのは共通しています。
審査時間も短くすぐに借りることができますし、金利0期間もあることから、初心者でも安心して利用できますね。

消費者金融の申し込みの手順を確認しよう!

無人契約機でお金を引き出すまで(即日融資の方法)
※振込みでお金を引き出す方法もありますがここでは無人契約機で引き出すまでをご紹介します。

プロミス

  • 新規お申し込みボタンをクリック
  • 必要情報を入力
  • 審査の申し込み手続きが完了、審査が開始される
  • 在籍確認の実施
  • 審査結果が届く
  • 必要書類を持参の上、最寄りの無人契約機(自動契約機)へ行く
  • 必要書類を自動契約機でスキャンし、提出する
  • 契約の完了、書類の受け取り
  • ローンカードが発行される
  • 受け取ったローンカードをATMに挿入し、現金を引き出す

アコム

  • 「お申し込みボタン」から審査の申込み
  • 審査の開始
  • 在籍確認実施
  • 審査結果が届く
  • 必要書類を持参の上、最寄りのカード発行が可能な自動契約機(むじんくん)へ行く
  • 必要書類を端末でスキャンして、契約手続き完了
  • ローンカードが発行される
  • 受け取ったローンカードを併設のアコムATMへ挿入し、現金を引き出す

アイフル

  • 「今すぐお申し込み」ボタンをクリック
  • 画面の指示に従い情報を入力していく
  • 全ての情報を入力した後、「0120-337-137」へ連絡を入れ、「審査を急いで欲しい」と伝える
  • 審査の開始
  • 在籍確認の実施
  • 審査結果が届く
  • 必要書類を持参の上、最寄りのカード発行が可能な無人契約機(無人契約ルーム)へ行く
  • 端末で必要書類を読み取った後、ローンカードが発行される
  • 発行されたローンカードをATMに挿入し、現金を引き出す

このような流れで融資を受けることができます。多少の違いはありますが、流れはどこもほぼ一緒のようです。

中小(中堅)の消費者金融の貸付金利を確認しておこう!

中小の消費者金融は、大手と比べると比較的審査が通りやすいです。では審査の通りやすさの他に違いはあるのでしょうか。
それでは、中小の消費者金融(主に東京にある)の金利を見て比較していきましょう。即日審査・即日融資が可能なのかも大手の消費者金融と比べてみてください。

中小消費者金融一覧

田中商事株式会社 実質年率15%~20%、即日審査・即日融資可能
ビジネスパートナー 実質年率9.98%~18%、即日審査・即日融資不可
株式会社オージェイ 実質年率18%~20%、即日審査可能
株式会社オーパス 実質年率5%~18%
ライフティ 実質年率8%~20%
セントラル 実質年率4.8%~18%、即日審査・即日融資可能
キャッシングエニー 15%~20%、即日審査・即日融資可能
ご融資どっとこむ 実質年率18%~20%、即日審査・即日融資可能
おまとめローン 実質年率7.3%~15%
エス・ジー・ファイナンス 実質年率9.85%~18%、即日審査・即日融資可能
キャレント 実質年率7.8%~18%、即日審査・即日融資可能
中央リテール株式会社 実質年率10.95%~13%、即日審査可能、即日融資不可(最短翌日)
アイシー企画 10%~20%
キャッシングのフタバ 実質年率14.959%~17.950%
アイプラス 実質年率15%~20%、即日審査・即日融資不明
株式会社CKファイナンス 5%~15%、即日審査・即日融資不明
アクト・ウィル株式会社 実質年率10%~20%
キャッシングエイワ 実質年率17.9507%~19.9436%
株式会社エバーレンディング 実質年率15%~18%
富士クレジット株式会社 実質年率14.60%~18%、即日審査不明
NSキャピタルマネジメント 実質年利不明、即日審査・即日融資可能

いかがでしたでしょうか?こうして見てみると大手の消費者金融と比べて不安な要素が多いように感じませんか?審査が甘いからと言って落とし穴がありますよね。無職の人が審査の甘いところで借りたいという気持ちはわかりますが・・・。
中には即日審査・即日融資のどちらも不可のところもあり、すぐにお金を借りたい人には向いていませんね。利息が高くついてしまい、多重債務に陥ってしまうかもしれません。また、サービスも大手に比べて備わっていません。あえて借入をする必要がないように感じます。

銀行系カードローンは金利が低い?それぞれの特徴とは

先ほどは大手消費者金融系カードローンの紹介をしましたが、銀行系カードローンも紹介します。
消費者金融系カードローンとは異なり、審査が少し厳しい傾向にありますが、金利の低さやサポートの充実さが魅力です。こちらも主に大手とよばれる銀行系カードローンを紹介します。

金利が低い順

順位 銀行名・カードローン名 上限金利 口座開設 最高限度額
1 りそなカードローン 12.475% 800万円
2 ソニー銀行カードローン 13.8% 新規ご契約時は、ソニー銀行所定の審査においてご提示可能な最大のご利用限度額を提示
2 イオン銀行カードローン 13.8% 不要 800万円
4 みずほ銀行カードローン 14.0% 800万円
5 三井住友銀行カードローン 14.5% 800万円
7 三菱UFJ銀行「バンクイック」 14.6% 不要 500万円
8 住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」 14.79% 1200万円
9 新生銀行「スマートカードローンプラス 14.8% 不要 500万円
10 東京スター銀行「スターカードローン」 14.6% 1000万円

それぞれの特徴

りそなカードローン

お申込みからご契約までWEBで完結
金利は引き下げ特典あり
ご利用限度額は最大800万円まで(13コースのコースからえらべます)

ソニー銀行カードローン

金利年2.5%〜年13.8%
借入限度額最高800万円
返済時の手数料0円
専業主婦・学生の方も借入可

イオン銀行カードローン

年会費・入会費0円・コンビニATM手数料0円
毎月のお借入れもご返済も100円からご利用可能
イオン銀行普通預金口座をお持ちなら、振込融資のご利用OK!

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行に口座をお持ちでない方は口座同時申込可能。
キャッシュカードにカードローン機能を加えればそのまま利用可能!

三井住友銀行カードローン

極度額10万円~800万円までお申込み可能。
※申込みは必要な限度額で!
金利年4.0%~14.5%(変動金利)
申込に三井住友銀行の口座開設は不要
さらに、提携コンビニATMは手数料無料、利便性◎
本人確認書類は、WEBからご提出可能

三菱UFJ銀行「バンクイック」

お使い道は原則自由(※事業性資金除く)
三菱UFJ銀行の口座開設は不要、提携ATM手数料無料利便性◎
ATMは1000円単位で借入れ可能。最小返済額も低めの設定で利用しやすい
パート、アルバイトの方も申込みOK (原則安定した収入のある方)

住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」

条件に該当すれば、金利の引き下げ特典を受けられる
審査回答までは数日程度かかる
住信SBIネット銀行の口座をお持ちの方なら融資までがスムーズ
手続きを全てネット上で完結できる
毎月の最低返済額は2,000円から
融資限度額が1,200万円
提携ATM振込み手数料が全て無料

新生銀行「スマートカードローンプラス」

スマホだけで契約手続きが完了する
土日祝日でも審査可能
新生パワーダイレクトの利用があれば、深夜でも振込融資が可能
他行の口座への振込融資ができる

東京スター銀行「スターカードローン」

即日融資可能
300万円まで収入証明書不要
利用者のニーズに合わせてローンタイプが選べる

まとめ

ここまで比較しながら見てきましたが、やはり大手とよばれる消費者金融系カードローンや銀行系カードローンの方が、サポートでも充実しているので安心感が違いますね。

最後にまとめると、大手の消費者金融で借りるとサービスが充実していてサポート体制も整っている。スマホアプリからも申し込みができる消費者金融もあり、利便性が高い。中小の消費者金融と比べると、サポート体制も整っていなく、即日審査・即日融資が受けられないところもある。金利も大手と比べると20%を超えるところもあり大手のサービスなども含めて考えるとあえて中小の消費者金融で借りる必要がないということが分かる。
また、大手消費者金融と銀行系カードローンを比べると銀行系カードローンの方が金利が安いことが分かる。
以上のことが分かりました。

今回は「大手」ということで紹介しましたが、大手とは関係なく市役所などで借りる方法もあります。
また、起業する人向けに日本政策金融公庫で借りることができます。個人・法人として借り方は様々です。
自分に合った借入方法を見つけてみてください。