お金を借りる際に審査が甘い借入先はどこ?

お金を借りる際に審査が甘い借入先はどこ?

借入の際に必ず生じるのが審査です。お金を借りたいけど、審査に通るかどうか不安がある。そんな方が考えるのは、「審査が甘い借入先ってないのかな?」ということではないでしょうか。
審査に通る通らないの不安があるのはわかりますが、結論を言うと、お金を借りる際に審査の甘い(ゆるい)借入先は存在しません。

というのも、お金を借りる際の審査基準は非公開の為、「審査が甘い」と誰にも判断できないからです。
大手金融と中小金融では審査方法が異なります。つまり、“審査が甘い”のではなく“独自審査が行われる”ということなのです。

ですが「結局お金を借りるのは無理なんだ…」と落胆することはありません。審査に落ちた経験がある方でも、お金を借りることができる可能性があるところはあります。それが、「街金」です。

今回は「街金」を中心に、独自審査のある比較的借りやすい借入先を紹介します。

審査が甘い?街金からお金を借りる際の注意点

「街金」とは、中小規模の消費者金融業者のことで、特定の地域のみで営業をしている消費者金融のことを指します。つまり、大手消費者金融のプロミス、アコムなどとは異なり、地域密着型の消費者金融です。

街金は全国各地に多数存在します。街金については「他で審査に落ちた経験があっても借りることができた」「多重債務者(複数社から借金)でもお金を貸してもらえた」という声が多くあります。
大手の審査に軒並み落ちてしまいお困りの方でも、十分にお金を借りることができる可能性はあります。ただ、すべての街金が安心して利用できるとは言えませんので、利用には注意が必要です。
金融事故のあるブラックの方でも借り入れ可能な小規模金融業者は、多少対応が悪くてもお金を借りたい人が集まってくるため、あまりサービス面に力を入れていないところが多いです。もしも「この会社怪しいな」と感じたり、良からぬ口コミを見かけたら、利用は避けたほうがいいでしょう。

街金でお金を借りるメリット・デメリットは?

街金ならお金を借りることができそうな感じがしますが、街金でお金を借りる際にももちろんメリットとデメリットがあります。お金を借りる前にしっかりとメリットとデメリットを確認しておきましょう。

街金でお金を借りるメリット

  • 審査基準が比較的甘い
  • 独自の審査基準を導入している
  • 地域に密着しているために利用しやすい
  • 在籍確認が無いケースがある
  • 柔軟な対応をしているケースが多い
  • 金融事故のあるブラック状態であっても審査に通過することがある
  • 消費者金融系カードローンの審査に落ちていても借り入れできることがある

街金でお金を借りるデメリット

  • 金利が高い
  • 融資可能額が低い
  • 督促が厳しいことがある
  • 申込み方法が限定されている
  • 街金業者によっては審査に数日かかる
  • 必須となる書類の種類が多いことがある
  • 店頭での借入か振込融資となるケースが多い

街金でお金を借りる際にはメリット・デメリットをしっかり把握し、計画的にお金を借りましょう。

街金でお金を借りるのに、オススメできる人・できない人の特徴

街金の利用にはメリット・デメリットがあることは分かりましたが、実際はどのような人ならメリットを多く感じられ、どのような人がデメリットを感じるのでしょうか?
街金でお金を借りるなら、自分は大丈夫か、お金を借りる前に確認しておきたいですね。

オススメできる人

  • 即日融資を希望している人
  • 審査基準が甘い貸金業者を探している人
  • 過去に自己破産や任意整理、個人再生、特定調停をしている人
  • 職業の関係上(水商売など)でカードローンから借入することが難しい人

オススメできない人

  • できるだけ金利が低い貸金業者を探している人
  • 返済期間が長引きそうな人
  • 高額融資を希望している人
  • すでに年収の1/3近くの借金がある人

よく街金と比較されるのは、消費者金融系のカードローンです。
自分はオススメできる人、オススメできない人のどちらにも該当してしまい迷ってしまった場合は、利便性が高く金利が低い方を選択しましょう。

審査が甘くても注意!審査に通らない5つの理由

いろいろ試してみたけど、なかなか審査に通らない…。
そんな時は審査の甘いサラ金を利用することが頭をよぎるかもしれません。しかし、審査が甘いサラ金に申し込むのは危険があります。審査に通るには、審査が甘い借入先を探すよりも、通らない原因をまずは確認し、自分に合う業者に申し込みをしましょう。

審査に通らない5つの理由

1、支払いの延滞・滞納などを5年以内にした
2、希望限度額を年収の3分の1以上にしている
3、短期間で複数のキャッシング、カードローンに申し込んでいる
4、勤続年数が短い
5、申込条件から外れている
5つの理由に心当たりがある場合には、それぞれの理由を解決していきましょう。

1、支払いの延滞・滞納などを5年以内にした

キャッシングやカードローンの審査では必ず信用情報を確認されます。
延滞や滞納などの金融事故の記録は、各会社が確認する信用情報機関に5~10年は登録されてしまいます。
金融事故の記録が確認できた場合(いわゆるブラックリストに載っている場合)は、 同じように延滞や滞納を繰り返す可能性があると認識され、審査に通らないことが多いです。

情報開示に関わるのはJICC(日本信用情報機構)、CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)、KSC(全国銀行個人信用情報センター)の3つの信用情報機関です。
プロミスやアイフルといった消費者金融系の会社はJICCとCIC、三菱UFJ銀行カードローンや、みずほ銀行カードローンなどの銀行系カードローン会社はCICとKSCといったように、それぞれ確認する信用情報機関があります。

信用情報機関の提供する登録情報は、望むなら個人でも確認することができます。
お金を借りる際に審査落ちした場合、また、お金を借り入れするのに不安がある場合は、内容を確認してみましょう。ちなみに、金融会社が利用している信用情報機関は3つありますが、それぞれ異なるところに加入しているため、 1社ではなく2、3社で情報開示請求をして、確認することをおすすめします。

2、希望限度額を年収の3分の1以上にしている

あまり知られていないかもしれませんが、総量規制という貸金業法により消費者金融からは年収の3分の1以上の借入ができません。(3分の1というのは利用している全てのキャッシングを合算したものです。)
また、場合によっては借りられる上限に達していなくても、年収や勤務形態(フリーターやアルバイト)を加味して審査に通らないこともあります。

解決策としては、“限度額は多くても50万円までにする”ということです。
借入希望額が50万円以下の場合は、収入証明書が不要になります。つまり、限度額を50万円以下に設定すれば、申し込みやすいと言えます。

3、短期間で複数のキャッシング、カードローンに申し込んでいる

複数社のキャッシングやカードローン、クレジットカードを短期間で複数回利用していると、審査に通らないことがあります。
信用情報機関では、申込記録も約半年間登録されるため、直近の申込み数が多いとすぐに判明してしまいます。
申込み履歴は残っているのに、契約履歴が残っていない場合は、必然的に“他社から何かしらの理由で落とされた”と判断されます。 そうなると借金の貸し倒れのリスクが高いと判断され、審査に通りにくくなってしまうのです。

解決策としては、 “申し込んだことのない業者に審査を申し込む”、または、“半年間期間を開けて再度審査を申し込む”ということです。
金融機関ごとに審査基準が異なるため、ある業者の審査に通らなかったとしても、他社の審査には通る可能性があるためです。

4、勤続年数が短い

勤続年数が短い場合、継続的に返済できるかわからないという原因で審査に通らないことがあります。
勤続年数は、この先申込者が返済していけるかどうかの指標の1つになります。 就職後、あるいは転職後すぐにローンの申込をする場合は注意が必要です。できれば1年、 少なくとも半年以上の勤務年数があると審査に通る確率が高くなります。

5、申込条件から外れている

金融業者が定める申込条件から外れている場合は絶対に審査に通りません。
未成年はそもそも審査を受けられませんし、65歳までなど年齢に上限が設定されているものもあるので注意が必要です。他には、安定した収入が継続的にあるかも重要です。
無職などそもそも収入がない場合は審査から外されてしまいます。
ちなみに、ジャパンネット銀行なら、満20歳以上70歳未満の方ならお申込み可能です。 また、配偶者に安定した収入があれば申し込みすることができます。

結論は、審査無しでお金を借りられるキャッシング業者はありません。
審査なしでお金を借りることができるキャッシング業者は、闇金業者の可能性が高いです。
全ての金融機関で共通して、貸す側が審査で知りたいのは“返済能力”です。
きちんと返済能力があるかどうか考えてから、計画的にお金を借りるようにしましょう。

審査が甘いという言葉は罠!?消費者金融と闇金の違い

お金を借り入れる際に気を付けたいのが、その借り入れ先が闇金業者ではないかという点です。ここからは一般的な消費者金融と闇金の違いをご説明しますので、しっかりと区別してご利用ください。

闇金は、国の許可を得ずに貸付業務を行っており、正規の貸金業者であることを示す貸金業登録番号がありません。ネットで審査の甘いキャッシングを探していると、「審査なしで即日融資可能!」とホームページに書いてある業者がありますが、 審査なしで即日融資を行う業者は、すべて闇金なので絶対に利用しないでください。

正規の貸金業者であれば、融資の前に必ず審査が行われます。返済能力がない人は借り入れすることができません。街金などの消費者金融でも、多重債務やブラック状態の方にも貸し付けを行っていますが、融資の前の審査は必ず行われます。
闇金は正規の金融機関では審査対象にならないようなブラック状態の人をターゲットにしており、「返済が遅れそうなときでも融通が効く」、「会社に在籍確認をしない」と甘い言葉で誘惑し、利用者を安心させてから法外な金利で借金させる悪徳業者です。

闇金は利息制限法を破っているため、一度でも利用してしまうと法外な利息が発生し、さらなる借金地獄に陥ります。 闇金からの借り入れに心当たりのある方は、金融会社のウェブサイトで貸金業登録番号が記載されているかどうかを確認しましょう。

正規の金融機関であれば、「○○県知事(*)第00000号」「○○財務局(*)第00000号」という貸金業登録番号が記載されています。 また、貸金業登録番号が記載されていた場合でも、登録貸金業情報検索入力ページに貸金業登録者番号を入力して確認しておいた方が良いでしょう。

登録貸金業情報検索入力ページに貸金業登録番号を入力し、検索結果に表示されれば、正規の金融会社です。ただし、登録貸金業情報検索入力ページに貸金業登録番号を入力した結果、正規の金融機関ではなく闇金業者だった場合には、すぐに警察か弁護士に相談してください。闇金を利用し続けると、借金が膨らみ続けたり、悪質な事件に巻き込まれてしまう危険性がありますのでご注意ください。

審査が甘い街金中小金融業者のオススメは?

審査に通りやすい(甘い)傾向にある中小金融業者の中で、金利や利用限度額、その他のメリットをふまえ、ランキング付けをしました。
是非参考にされてください。

1、ライフティ

実質年金利 8.0%~20.0%
利用限度額 1,000円~500万円
その他メリット セブン銀行ATMの利用可、最短即日融資

ライフティ公式ホームページはこちら

ライフティは中小消費者金融には珍しく“セブン銀行ATMを利用可”、“電話対応が丁寧”という利点を兼ね備えています。
融資スピードは、「ブラックでも通過できたが、借入までに1週間以上が掛かった」という口コミもありました。
金融ブラックの状態ならば、時間の余裕を持って申し込みを行うと良いでしょう。また、金融ブラック状態の場合は限度額が3万円程度に設定されることもあるようです。

2、セントラル

実質年金利 4.8%~18.0%
利用限度額 1万円~300万円
その他メリット セブン銀行ATMの利用可、最短即日融資

セントラル公式ホームページはこちら

中堅業者として、人気なのがセントラルです。 現在は東京都内に4件、神奈川県に1件、埼玉県に1件の無人店舗を展開しており、即日融資も可能と非常に利用しやすい金融会社です。
セントラルもライフティと同じく、セブン銀行と提携を結んでいるため、全国のセブンイレブンやイトーヨーカドーなどでの借り入れが可能です。また、セントラルの電話対応は比較的評判が良いので、はじめて街金を利用する場合であっても、利用しやすい金融機関と言えます。

3、キャレント

実質年金利 7.8%~18.0%
利用限度額 1万円~500万円
その他メリット ネット申し込みで最短即日融資

キャレント公式ホームページはこちら

大手消費者金融では、ブラックや他社借入件数が3社以上であれば審査に落ちます。
しかし、キャレントは過去に債務整理や自己破産をした方でも、“現在の収入が安定している”、または“他社からの借り入れが4社”までなら、返済能力がある方は審査に通る可能性があります。キャレントの最大の特徴は、ブラックに左右されずに現在の返済能力を対象とする。独自審査が行われており、審査の対象となるのは過去の債務よりも現在の返済能力を重視しています。

4、アロー

実質年金利 15.00%~19.94%
利用限度額 200万円
その他メリット ネット申し込みで最短即日融資

アロー公式ホームページはこちら

アローは審査が早いことで有名で、最短45分で審査が完了します。他社に比べ、借入限度額が200万円と大きいのも特徴です。
アローは独自の審査をしているため、延滞やブラック・多重債務(5社以上から借金)・債務整理経験者(個人再生・任意整理・特定調停・自己破産)など、なかなか審査が通らない方でもお金を借りられる可能性があります。しかし、他社で現在滞納している方は審査が通りません。

5、プラン

実質年金利 15.0%~20.0%
利用限度額 1万円~50万円
その他メリット 現在の収支が安定していれば債務整理後の申し込みにも対応

プラン公式ホームページはこちら
インターネット、電話、FAXの3つの申し込み方法から選べるので、利用しやすい方法を選びましょう。WEB申し込みなら時間を選ばず24時間受け付けています。(審査対応時間あり)
中小金融業者としてはごく一般的な金利と融資限度額です。消費者金融の使い方は少額キャッシングの短期返済なので利用しやすいのがポイントです。

6、フクホー

実質年金利 7.3%~20.0%
利用限度額 200万円
その他メリット 金融ブラックでも可能性があり、借り換えローンにも対応

フクホー公式ホームページはこちら

7、スカイオフィス

実質年金利 15.0%~20.0%
利用限度額 1万円~50万円
その他メリット 金融ブラックでも現在の収入によっては可能性あり

スカイオフィス公式ホームページはこちら

8、ニチデン

実質年金利 7.3%~17.52%
利用限度額 50万円
その他メリット 金融ブラックでも現在の収支状況で可能性あり、100日間の無利息が人気

ニチデン公式ホームページはこちら

9、中央リテール

実質年金利 10.95%~13.0%
利用限度額 500万円
その他メリット 低金利のおまとめローン専門消費者金融

中央リテール公式ホームページはこちら

10、いつも

実質年金利 7.0%~18.00%
利用限度額 50万円

いつも公式ホームページはこちら

11、ハローハッピー

実質年金利 10.0%~18.0%
利用限度額 50万円

ハローハッピー公式ホームページはこちら

12、アルク

実質年金利 10.0%~18.0%
利用限度額 50万円

アルク公式ホームページはこちら

13、ユニーファイナンス

実質年金利 12.00%~17.95%
利用限度額 1万円~300万円

ユニーファイナンス公式ホームページはこちら

14、フタバ

実質年金利 14.959%~17.950%
利用限度額 50万円

フタバ公式ホームページはこちら

15、アルコシステム

実質年金利 10.95%~20.00%
利用限度額 50万円

アルコシステム公式ホームページはこちら

16、エース

実質年金利 7.0%~20.0%
利用限度額 1万円~100万円

エース公式ホームページはこちら

17、ユーファイナンス

実質年金利 7.3%~15.0%
利用限度額 最高700万

ユーファイナンス公式ホームページはこちら

まとめ

大手消費者金融からお金を借りることができなかった場合、なんとかしてお金を借りる方法がないか知りたいですよね。
審査の甘い消費者金融はありませんが、自分にあった消費者金融でお金を借りることはできるかもしれません。

  1. 1、お金を借りる際に“審査が甘い借入先はない”が、独自審査を行っている業者はある!
  2. 2、中小規模業者(街金)ならブラック状態でも、最短即日で借入れできる可能性がある!
  3. 3、街金の中にもそれぞれ特徴があるので、自分に合った借入先を見極める!
  4. 4、審査に通らない時は、をの理由をしっかりと考える!
  5. 5、闇金は絶対に利用しない!!

街金・中小消費者金融と言っても、アナタの状況に利用に適した金融機関は変わってきます。「ブラック対応」となると、どうしても怪しい業界に近くなりがちですので、口コミや評判は事前にしっかりと調べクリーンな貸付を行っている金融機関を選択しましょう!