消費者金融と銀行では加盟信用情報機関が違う!?

消費者金融と銀行では加盟信用情報機関が違う!?

消費者金融やクレジットカードのキャッシングで延滞をすると信用情報に傷が付くって聞くけれど、その情報、どのくらい共有されているの?
消費者金融と銀行では加盟信用情報機関が違うこと、ローンや借入の返済延滞で付いた傷はどのくらいの期間で消えるのか、そもそも消費者金融や銀行が加盟する信用情報機関って何?
クレジットカードや消費者金融からのキャッシングをしただけでも信用情報に傷が付くのか、消費者金融の利用が住宅ローン審査に影響するの??
考え始めると、次々と疑問が湧いてきますよね。
そんな疑問解消から、自分の信用情報の開示請求方法までご紹介していきます!

クレジットカードや消費者金融からのキャッシングすると信用情報に傷が付く?

個人の信用情報は信用情報機関で管理されています。「信用情報に傷が付く」、「ブラックリストに載る」というのは、この信用情報機関でその人の情報がどう扱われているかという意味になります。
信用情報機関の仕事は、個人の信用情報(属性、クレジットカードやキャッシング契約状況、借入・返済の取引状況など)、そして延滞情報や債務整理の情報収集と管理、そして、加盟会員である消費者金融や銀行への情報提供です。信用情報機関に登録されるのは、延滞など問題を起こした人だけでなく、クレジットカード契約やカードローン、スマホなどローン購入者皆です。(とすると、ほぼ大人全員ですよね。)

日本には下記3つの信用情報機関があり、3つのうち2つ以上の信用情報機関に加盟している金融機関が多いです。

JICC(株式会社 日本信用情報機構) 消費者金融と信販会社
CIC(株式会社シー・アイ・シー) クレジットカード会社と信販会社
全国銀行個人信用情報センター(全国銀行協会) 銀行と銀行系カード会社等

では消費者金融と信用情報機関はどんなやりとりをしているのでしょうか。

借入申込をすると、契約して問題ないかを判断するため、金融機関は信用情報機関を通じて申込者の信用情報を確認します。消費者金融は信用情報機関に申込者の信用情報を勝手に確認することはできず、申込者に信用情報を照会する旨の同意を得る必要があります。
申込書に信用情報を照会する旨を表記することで同意の確認を行っています。また、金融機関は利用状況(申込・契約・借入・返済など)を逐一、信用情報機関に申告しています。

基本的に、金融機関は加盟している信用情報機関の信用情報しか参照できませんが一部の情報は3つの信用情報機関で共有されています。

  • 延滞、債務整理など事故情報
  • カードの紛失や盗難に関する情報
  • 本人からの申告情報(同姓同名の信用情報が誤って記録、など)

消費者金融の一社に借入申込をすると、その消費者金融は他社の借入情報だけでなく、銀行やクレジットカードの利用記録を、信用情報機関を通じて審査時に確認できるのです。

ローン、借入の返済延滞で付いた傷はどのくらいの期間で消える?

消費者金融業者は加盟の信用情報機関から、個人の借入や返済状況、利用履歴を照会できます。
いつになったら自分の消費者金融利用履歴や延滞情報が消えるのか、気になりますよね。

下記に情報保存期間をまとめます。

JICC CIC 全国銀行個人信用情報センター
借入申込履歴 6ヶ月 6ヶ月 6ヶ月
借入取引履歴 5年 5年 5年
多重申込 6ヶ月 6ヶ月 6ヶ月
延滞情報 1年 5年 5年
債務整理 5年 5年 5年(官報情報は10年)

※消費者金融から融資を受けずに借入申込だけでも、信用情報機関に記録される
※借入取引履歴の保管期間は、取引開始後ではなく、取引終了後5年間
※完済しても契約を解約しない限り情報は残るので、消費者金融との取引記録を早く削除したい方は、完済後すぐ消費者金融との契約を解約するとよい。

返済の延滞があった場合、消費者金融が加盟するJICCなら1年間しか履歴が残らなので、消費者金融の取引記録が1年で消えると思われるかもしれませんが、延滞に関しては3つの信用情報機関で共有しているので、JICCの履歴が削除されてもCICや全国銀行個人信用情報センターには5年間残ります。そのため消費者金融の延滞履歴は結局5年間消えることはないと心得ておくとよいと思います。

消費者金融の借入を完済していれば住宅ローン審査に影響しない?

家という大きな買い物をするときは住宅ローンを利用する方がほとんどですよね。
注意していただきたいのは、住宅ローン審査では消費者金融からの借入があると審査結果が厳しくなる、ということです。
銀行は住宅ローンの申込を受けたら審査のためにあなたの情報を信用情報機関で確認します。そのとき消費者金融で借入をしていると、経済的に不安定で住宅ローンも返済できない人、と銀行が判断する可能性があるのです。もちろん住宅ローンの審査基準は各金融機関で違うため、絶対無理というわけではありません。
消費者金融の利用者でも住宅ローンの審査に通った人もいますが、消費者金融の利用が有利に働くことはありません。
住宅ローン審査では、「返済比率=年収に対して返済できる割合」を重要視します。住宅ローン事前審査の段階では、年収のうち、できるだけ多くを住宅ローン返済に回せるよう、他の借入は減らしておいた方が賢明です。
支払能力が低いと判断されると住宅ローンの借入額減額や、住宅ローン金利が上がることもあります。
消費者金融からの借入を完済している方は、審査への影響は心配する必要はありませんが、完済していても信用情報機関には消費者金融の利用履歴が残るので、消費者金融の利用自体がマイナス評価になる可能性はあります。
消費者金融の完済から5年以上経っていれば、信用情報も消されるので住宅ローン審査が通りやすくなります。消費者金融からの借入が完済していても借入枠が残っているだけで、借入があるとみなされる場合があるので完済したら消費者金融との契約はなるべく早く解約しましょう。
解約することで信用情報機関にその事実が記録され、5年の情報保管期間を早く消化でき、不利な情報を早く削除することができます。また消費者金融を利用したいときは改めて審査、契約をすればよいのです。

自分の信用情報を確認したい! 開示請求はどうやるの?

クレジットカードを作っただけ、借入しなくても消費者金融に申込をしただけでも自分の情報が信用情報機関に登録されるとは!
と、驚きますよね。

信用情報機関で自分の情報はどう記録されているか確認したくなりませんか?
下記の方法で情報開示請求ができます。

JICC CIC 全国銀行個人信用情報センター
インターネット 開示方法 スマホで開示請求、後日開示情報が郵送 インターネットで開示請求し、インターネット上で開示情報を確認 /
手数料 1000円 1000円 /
支払方法 クレジットカード・コンビニ払い・銀行振込 クレジットカード /
必要書類 本人確認書類 なし /
郵送 開示方法 郵送で開示請求後、約10日で開示情報が郵送される 郵送で開示請求後、約10日で開示情報が郵送される 郵送で開示請求後、約10日で開示情報が郵送される
手数料 1000円 1000円 1000円
支払方法 定額小為替証書・クレジットカード 定額小為替証書 定額小為替証書
必要書類 本人確認書類 本人確認書類 本人確認書類(2種類)
窓口 開示方法 窓口で開示請求、その場で開示情報を確認 窓口で開示請求、その場で開示情報を確認 /
手数料 500円 500円 /
支払方法 現金 現金 /
必要書類 本人確認書類 本人確認書類 /

※本人以外の人が開示請求する場合は、法定代理人か本人の委任状が必要です。

開示情報の確認点

①申込情報

消費者金融、クレジットカード契約の申込の際に、消費者金融などが審査のために信用情報機関に照会をした記録が書いてあります。 照会件数があまりに多いと、新規で消費者金融で借入やクレジットカード契約ができない可能性が出ます。 もしそれが消費者金融の審査に通らない理由だと考えられる場合は、6ヵ月後に再度審査を受けると良いと思います。

②延滞情報

信用情報機関に過去の延滞情報があると、新規の消費者金融やクレジットカード契約が難しくなります。開示情報に「延滞」または「異動」(延滞と同意の用語)と記載されていたら、延滞情報が消えるまで5年間かかるので、それまで待ったほうが得策です。