審査なしでお金を借りる方法!安全なカードローンはある?

審査なしでお金を借りる方法!安全なカードローンはある?

「審査なしでお金を借りることができるカードローン会社はあるのか?」という質問を受けることがよくあります。

今すぐお金が必要だけど、審査で会社や自宅に連絡が来るのを避けたい、金融ブラックなのでカードローン審査に通る気がしないなど、理由はさまざまだと思います。

しかし残念ながら、消費者金融や銀行のカードローンでは審査なしでお金を借りる方法はありません
正規の金融機関では、あなたが返済できるかを確認してから融資をするためです。

審査なしを謳う金融機関は、ヤミ金業者である場合がほとんどなので利用は絶対NGです。

審査なしの金融機関を探すのではなく、審査に通りやすい消費者金融を探してみると安全且つ即日でお金を借りることができます。

この記事では、今すぐお金を借りたい人へ「安全」・「即日」で「審査に通りやすい」金融業者と「審査なしでお金を借りる方法3選」などをご紹介します。
審査なしでお金を借りるリスクについても解説しますので、最後まで読んでいただけるとうれしいです。

この記事で分かること
・審査の目的、審査内容、審査の基準
・即日融資可能なカードローン会社
・審査なしでお金を借りるリスク
・審査なしでお金を借りる方法
・金融ブラックでお金を借りれない人の最終手段

カードローンでお金を借りる時に審査が必要な理由

アイフルやプロミスなどの正規の消費者金融や銀行では、審査なしでお金を借りることはできません
カードローンを利用する前に、審査の目的と審査基準、必要書類を確認しておきましょう。

審査を行う目的

金融機関がカードローンの借入れで審査を行うのは、主に次のことを確認するため。

審査の目的

  • 申込者が借りたお金を返せるか
  • 総量規制に当てはまらないか(借入額は年収の3分の1未満か)

消費者金融や銀行は、利用者にお金を貸し、利息と元金を返済してもらうことで利益を得ています。

そのため、プロミス・アイフル・アコム・レイクのような正規の金融業者は、申込者の年収などを審査することで、その人がしっかり返せる額の範囲で融資しようとするのです。

逆に考えれば、審査なしにお金を貸すような業者は、悪質なヤミ金(闇金融)の可能性もありますので注意してくださいね。
審査なしで借りるリスクも後ほど説明していきます。

審査基準

一般的に言われている融資の審査基準は次のようなものです。

一般的な審査基準

  • 20歳を超えているか
  • 安定した収入があるか
  • 今までどこかの銀行や消費者金融などでお金を借りたことがあるか
  • 今まで借りたことがある場合、滞納していないか
  • クレジットカードの返済状況に遅延や滞納がないか

審査に必要な書類

借入希望額や融資額によって異なりますが、主な必要書類は次のようになっています。

必要書類

  • 本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)
  • 収入証明書(給与明細、源泉徴収票など)

通常は、これらの審査を通らないとカードローンでお金借りることができません。

ですが、働いていて安定収入があり、他社からのカードローンなど借入れがない人は、審査についてはまず問題なくクリアできる場合がほとんどです。絶対に審査に落ちないカードローンはありませんが、心配しすぎないでください。

融資の審査基準はカードローン業者によってさまざま。
他での借入や滞納がある人は、できるだけ審査基準が通りやすいところでカードローン審査を受けましょう。

最近では事前に自分が審査に通るか、融資できるかを自動診断で簡単にチェックできる消費者金融も増えています

プロミスでは年齢と年収と他社での借入状況を入力するだけで、即日お金を借りることができるかどうかわかりますよ。

プロミスでシミュレーションする

即日融資可能なカードローン会社

即日融資可能な金融業者
金利は高くてもいいのでとにかく即日お金を借りる必要という場合は、消費者金融系カードローンが最適

親族や友人を除いてお金を即日借りる方法としては、プロミス・アイフル・アコムなどの消費者金融系カードローンがおすすめできます。

最近のカードローンは、即日融資が可能で、審査も通りやすくなっています。

審査に通りやすい理由の一つは、SMBCモビットやアイフルなどの大手消費者金融のカードローンなら原則50万円までの少額融資の場合「収入証明書が不要」であること。

特に、ネットから手軽に申し込みができる大手消費者金融のアコム・SMBCモビット・プロミスなどは即日融資に対応、さらに少額融資なら「収入証明書不要」です。

中には、銀行系カードローンと迷う方もいます。銀行atmカードローンという言葉もよく聞きますよね。
銀行だと安心感がありますし、なにより利息が安いのが魅力。

しかし、銀行やゆうちょでは即日融資ができません
口座の取引実績をもとに融資を行う「インビローン」もありましたが、近年では規制によりなくなりつつあります。

また、低金利で借入可能=審査が厳しいということにもなりますので、「今すぐ借りたい」「審査に通りやすいところで借りたい」という場合は、即日融資が可能な消費者金融が適しています。

今すぐにお金を借りるならプロミス

すぐにお金を借りたいときにおすすめなのはプロミスのカードローンです。

プロミスのカードローンの利点

  • 審査結果が最短30分で分かる
  • WEB完結で原則24時間以内の振込融資
  • 初回借入日から30日間の無利息サービス

さらに、プロミスのWEBサイトでは、無料の「お借入診断」サービスがあります。

「生年月日」「年収」「現在の他社お借入金額」の3項目を入力するだけで、借入の可否を診断。
お金を借りようか迷っているときにも、借入の可否を簡単にチェックすることができます。

ただし、プロミスでお金を借りる場合、かならず勤務先への在籍確認の電話があります。「会社に電話がかかるのは嫌だ」という人には、プロミスはお勧めできません。

勤務先への連絡を絶対に避けたい方には、次のSMBCモビットが最適です。

プロミスの契約や返済方法などの詳細情報

会社や家族にバレずにお金を借りるならSMBCモビット

会社や勤務先への在籍確認の電話がかかってこない方法でお金を借りたい人は、SMBCモビットのカードローン利用がおすすめです。

SMBCモビットのWEB完結申込なら、申込者の勤務先への電話連絡は行われません。

SMBCモビットの利点

  • WEB完結サービスなら勤務先への電話連絡・郵送物がない
  • 申込から最短30分で本審査完了
  • 即日融資にも対応

SMBCモビットの大きなメリットの一つが、カードローンの申込み・融資が、勤務先や家族にバレにくいということ。

WEB完結サービスのカードローンを利用することで、店舗に出かけて契約したり、カードを受け取ったりせずに融資可能です。

また、SMBCモビットではカードローンの返済によってTポイントが貯まるサービスも始まっています。
貯めたTポイントはスーパーやドラッグストアの買い物で使うこともできますよ。

SMBCモビットの契約や返済方法などの詳細情報

独自審査で即日融資を期待できる中小消費者金融

絶対通るカードローンや審査甘い会社はありませんが、審査に通りやすい金融機関として中小消費者金融があげられます。

実は、中堅・中小消費者金融は審査のハードルが低いんです。
独自の審査基準を置いている、柔軟に対応してくれるなど会社ごとに特色があるので、「審査通らない」と悩む前に試す価値はあります。

ここでは、日本貸金業協会の加盟があり安心してカードローンを申し込める消費者金融のみをご紹介します。

消費者金融業者名 特徴 実質年率 利用限度額
セントラル
  • 昭和48年創業の老舗
  • 30日間利息0円
  • 即日融資(平日14時までの申込み)
  • 全国のセブン銀行ATM利用可
4.8%~18.0% 1~300万円
クレジットのニチデン
  • 100日間利息0円
  • 即日融資(14時までの申込み)
  • 訪問貸付サービス
7.30%~17.52% ~50万円
フクホー
  • 昭和42年創業の老舗
  • 全国のセブンイレブンで書類発行可
7.30%~18.00% 5~200万円
ライフティ
  • 独自の審査基準で柔軟に対応
  • 35日間利息0円
  • 全国のセブン銀行ATM利用可
  • インターネットバンキング利用可
  • ポイント制度
8.0%~20.0% 1,000円~500万円
関東信販
  • 昭和58年創業の老舗
  • 即日融資
13.98%~19.98% 5~99万円
フタバ
  • 他社借り入れ4社まで申込み受付可
  • 30日間利息0円
  • 即日融資
14.959%~17.950% 10~50万円
アロー
  • 過去に自己破産や債務整理をした人でも相談可能
15.00%~19.94% ~200万円
スカイオフィス
  • 他社で断られた人でも柔軟に対応
  • 即日融資(14時までの申込み)
15.0%~20.0% 1~50万円
エニー
  • 自己破産や債務整理など事故歴に柔軟に対応
  • 即日融資
18.0%~20.0% 1~100万円

リスクあり!審査なしで即日お金を借りる方法

お金に困っているとき、「審査なし」「審査が甘い」などの広告に飛びつきそうになることもありますが、そういった金融業者からお金を借りるのは、大きなリスクが伴います。

リスクの高い借入をまとめましたので、次のような借入は絶対に避けてください。

ヤミ金(闇金)からお金を借りる

ヤミ金からの借入れは、トラブルの元です。

ヤミ金とは、闇金融とも呼ばれ、正式な許可を受けていない貸金業者です。正規の登録申請をしておらず、貸金業法を無視して融資を行い、法外な利息請求を行います。

また、高利率というだけではなく、督促でも貸金業法を守らずに、悪質な取り立てを行う闇金がほとんど。時間に関係なく督促の連絡をしたり、大声で訪問したり、恫喝したりと、手段を選びません。

うっかりヤミ金でお金を借りると、瞬く間に借りた金額の何倍もの金利になります。お金を借りるときは、財務局に登録のある正規の金融機関から借りるようにしましょう

【内部リンク:】

闇金(ヤミ金)では絶対に借りてはいけない!危険な理由と対処法を徹底解説!

クレジットカードや電子マネーの現金化

リスクの高い借入として、クレジットカードや電子マネーの現金化というものがあります。

クレジットカードの現金化とは、手持ちのクレジットカードで物品を購入し、それをすぐ業者に買い取ってもらう形で、即日現金を手にする方法です。
Suica(スイカ)やedyなどの電子マネーを現金化するという業者も存在します。

しかし、この現金化は高い金利を支払うことになってしまうので、普通に消費者金融から借り入れするよりも危険です。

クレジットカードの現金化をする業者は、悪質な会社がほとんど
利用者に「法外な利用手数料を払わせる」「決済させておきながら、現金を渡さない」「個人情報を悪用する」などの被害にあうことも少なくありません。

また、クレジットカードの現金化は、すぐに現金が必要な人が返済能力がないにもかかわらず、目先の現金を手に入れるためにカードで決済してしまうケースが多く発生しています。

業者も分かっていながらそのような人を狙っているため、社会問題にもなっています。
簡単そうだと、すぐに飛びつかないように注意してください。

個人間融資

インターネットやSNSの口コミでよく見かけるようになった個人間融資もリスクの高い方法の一つです。

個人間融資とは、SNSやインターネットの掲示板を通じて、見知らぬ相手とお金を貸し借りする方法です。繰り返してお金の融資をするには、本来、貸金業の登録が必要ですが、現状では法律の規制が届かず、個人間融資は無法地帯。

違法な高金利での貸付けが行われたり、個人情報が悪用されたりして、犯罪被害や大きなトラブルに巻き込まれる危険性があります。

また、個人間融資と言いながら実際はヤミ金業者だったという事例も多発。
「絶対借りれる個人融資」などは信じてはいけません!

金融庁の公式サイトや国民生活センターでも、注意喚起が行われています。
知人以外の人から個人間融資でお金の借入をするのは止めましょう

お金を借りる「掲示板」は危険!詐欺・ヤミ金被害に注意

審査なしでお金を借りる方法3選

これまで、審査なしでは銀行や消費者金融ではお金を借りることはできないとご説明しました。
ですが、どうにかして審査なしでお金を借りたいという非常事態もありますよね。
実際にはカードローン以外に審査なしでお金を借りる方法があります

1)クレジットカードのキャッシング機能でお金を借りる

すでにクレジットカードを持っていれば、キャッシング枠があるかを確認してください。
キャッシング枠がついていれば、今すぐ、審査なしでお金を借りることができます

クレジットカードのキャッシング枠は、銀行・コンビニ・郵便局などのATMから現金を借りられたり、カード引き落とし口座に振り込みを受けられる機能で、お手持ちのカードによって限度額が決まっています

ただし、カードの申し込みをする時点でキャッシング枠の有無や限度額が決まってしまうので、キャッシング枠がないクレジットカードの場合は、利用することができません。

新しくキャッシング枠を申し込むには、別に審査が必要になるので注意してくださいね。

また、クレジットカードについているキャッシング枠でお金を借りる場合、カードローンを利用した方が金利が低いことも多いので、他の方法とも比較して利用するといいですよ。

クレジットカードでお金を借りる!カードローンとの違いとは?

2)質屋でお金を借りる

審査無しでお金を借りれる場所の一つが、質屋
質屋でお金を借りる、つまり、「質入れ」をしてお金を借りることができます。

質屋に質入れしたい商品を持っていき、鑑定を受けたあと、即金でお金を借りることができます

返済は、借り入れ額に利息を加えた金額です。
返済に不備がななければ、質入れした商品が手元に戻ってきます。

質入れする商品が担保になっているので、審査に通らないような方でも審査なしでお金を借りることができます

質屋での借り入れで、注意すべき3項目
1.年利ではなく月利だから非常に高金利
2.金利の日割り計算なし!1日借りても1カ月分の金利がかかる…
3.預り期間中に返済できないと売りに出されてしまう(質流れ)!

質屋での借り入れは月利表示のため、金利5%とあっても年利で考えると60%となり非常に高金利です。また、金利の日割計算もないため、1日の借り入れでも1ヶ月分の金利が必要となります。

さらに、質に入れた品物の預かり期間が過ぎると売りに出されてしまうので、預かり期間内に買取価格+利息分を返済しましょう

審査なしでお金を借りることができる質屋ですが、注意ポイントを踏まえて上手に利用してくださいね。

3)家族・友人に相談して借りる

審査不要でお金を借りることができる最も身近な手段は、家族や友達に相談することです。
家族や友人なら、あなたが困っていれば助けてあげたいと力になってくれるはず。

実際に困っていることを正直に話したり、相手を心配させないような理由を用意して、話に行ってみるのもいいでしょう。
10万円が今日中に必要、どうしても20万借りたい…となれば、かなり念入りな借入の理由が必要ですが、5万程度ならすぐに融通してもらえるかもしれません。

ただし、返済の手立てやいつまでに返済できるかなどをしっかり考えてから相談しないと、その後の家族関係や友人関係にヒビが入ることになりかねないので、慎重にお願いするのがベストです。

どんな人がお金を借りるのか?貸し借りで注意することとは?

金融ブラックでお金を借りられない人の最終手段

審査なしでお金を借りたいと思っている人の中には、これまでに何度もお金を借りていて金融ブラックになってしまい、通常の消費者金融ではお金を借りることができない…という人も。

そんな金融ブラックの人でもお金を借りる最終手段は残っています

ブラックで審査なし希望なら、おまとめ対応の小規模金融機関を選ぼう

審査落ちばかりで審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社も少数ですが存在します。

ブラック対応のおまとめ先として、最も評判が良い「スペース」という消費者金融がおすすめです。
返済能力さえあれば、ブラックかつ多重債務者であっても借り入れをまとめてくれることが多いようです。

金利は、8.0%〜18.0%。利用限度額は500万円となっています。
ブラックのために審査なしを探している方は、一度相談してみるといいでしょう。

弁護士やNPOを紹介する金融機関には要注意!

ブラックでも救済してくれる中小消費者金融は他にもありますが、弁護士やNPOを紹介する金融機関には注意してください。

一応審査は行うものの通過はさせず、債務整理に強い弁護士やNPO団体などを紹介する小規模消費者金融が多くいます。
理由のはっきりしない保証料や、紹介した他社の紹介料として○%を要求する、なども多発しています。

中小消費者金融から「弁護士や団体を紹介します」と言われても、必ず断るようにしてください。

会社に在籍確認で電話かけられるのがNGな場合

カードローンを利用してお金を借りたいけど、家族や勤務先にバレるのが怖いために、審査なしでカードローンを利用したいと考える方もいますよね。

消費者金融も銀行も、内緒にしたい事情はよく分かっていますので、ローンの在籍確認の時は会社名ではなく個人名での電話です。
ですが、在籍確認の電話が難しい場合、消費者金融系カードローンの中には、条件を満たせば在籍確認の電話なしでOKというところもあります。

他に気をつけたいのは、カードローンを利用して自宅送られてきた契約書や利用明細書などの郵送物が原因で、家族にバレる事態…。
突然の郵便物でカードローンの利用がバレてしまわないように、郵送物なしで利用できる金融機関での借入れが便利です。

郵送物なしでカードローンを利用するには、自動契約機やWEB明細サービスを使うのがおすすめ。
オンライン完結のものや、アプリで融資までできるサービスもありますよ。

ただし、カードローンの返済が遅れないようにだけご注意ください!
返済が遅れてしまうと、郵送物なしのサービスでも支払催促の書類が自宅に送られます。

会社・家族にバレずにお金を借りる方法

どうしても審査に通らない…最終手段は家族か市役所へ

どうしても審査に通らない…最終手段は家族か市役所へ

もし審査に通らない事情があって、どうしても即日審査なしでお金を借りる必要がある場合には、家族や親族、友達に頼るしかないでしょう。

きちんとした理由があり誠心誠意お願いすれば、借りられることも多いと思いますので、思い切って相談してみてください。

それでもダメなら「市役所」に相談しましょう

もし頼る人がいなかったり、断られてしまった場合には、市役所からお金を借りる方法をおすすめします。

市役所には、無職でもお金を借りることができる「生活福祉資金貸付制度」というものもあります。

何らかの理由で無職のため金融機関ではどうしてもお金を借りることができず困ってしまったら、無利子で借りられる制度もあるので、ぜひ市役所に行って相談してみてください。

【内部リンク:無職で困った時頼れる公的機関】
市役所でお金を借りる方法がある!生活福祉資金貸付制度なら無職もOK

まとめ

まとめ

「即日」お金を借りるなら消費者金融系カードローン

銀行や消費者金融のカードローンでお金を借りる時には必ず審査あり
完全に「審査なし」なのはヤミ金の可能性が高いので注意!
即日融資ならアイフル、プロミスなどの消費者金融系カードローン
銀行系カードローンは即日融資できない。

審査に通りやすいのは中小消費者金融

中小消費者金融は審査に通りやすい
大手消費者金融系カードローンは原則50万円までの少額融資は「収入証明書不要」

審査なしで即日お金を借りるのはリスクが高い

ヤミ金からの借入、クレジットカードの現金化、個人間融資は絶対NG!

審査なしでお金を借りる方法

  • クレジットカードのキャッシング機能
  • 質屋での借入
  • 家族・友人に相談

金融ブラックの場合

おまとめ対応の小規模消費者金融機関に相談

市役所の「生活福祉資金貸付制度」なら無職でもお金を借りることができる

無利子で借りられる制度もあるので、ぜひ市役所に行って相談を。

監修者(ファイナンシャルプランナー)からのアドバイス

監修者(ファイナンシャルプランナー)からのアドバイス

「即日借り入れ・審査なし」を宣伝している貸金業者をみかけたことが1度はあるのではないでしょうか。サイトの通り悪徳業者が交ざっている可能性があります。当たり前ですが「借りたお金」は利息をつけて返金しなければなりません。借りた後に後悔しないように金利などの借り入れ条件や貸金業者などをよく確認してください。

成川由利子氏の詳細はこちら