お金をすぐ借りる方法!

お金をすぐ借りる方法!

急な出費でどうしてもお金を用意したい、そんな時に是非参考にしていただきたい、今すぐ即日でお金を借りる方法をこちらでご紹介します。
毎月安定した収入がある人はもちろん、無職の状況でも、未成年でも、学生でも、専業主婦でもすぐお金を借りることができる方法があります。

毎月収入がある人がすぐにお金を借りる方法

今すぐに即日でお金を借りたいという場合、消費者金融のキャッシングが一番便利です。

銀行や市役所でお金を借入しようと考えている人もいるかもしれませんが、審査に時間がかかるので、一度検討してみてください。

初めて借入する人は大手の消費者金融で申し込むのほとんどだと思いますので、「消費者金融」(サラ金)で借入するべき理由を紹介します。

1.申し込みから借り入れまでの時間が短い(すぐに借りることができる)

「すぐに借りたい」ということは、当然、審査と融資のスピードの速さが必要で、審査から申し込みから実際の融資まで、最短60分でできるこれらの「消費者金融」は圧倒的に優れています。
口コミでも評判が良いポイントです。
それと比較すると消費者金融と違い、銀行の借り入れは一般的に審査が遅いです。

2.「30万円以下」の借り入れなら利息の差がそこまでない

銀行と比較してそこまで利息に差がないので本当に急ぎで即日でお金が必要借りたいという人には向いています。ただし金利は銀行系カードローンの方が低いです。ですが、審査に関しては即日でないこともあり銀行の方が遅いです。

3.30日間無利息期間や60日間無利息金利のある消費者金融もある

ほとんどの消費者金融では最初の借入時の無利息期間キャンペーンを行っています。返済の目途が立っており、無利息期間に返済ができるようであれば、利用しない手はありません。

土日で急に借りたい場合

土日で急に借りたい場合はプロミスとアコムがオススメです。
プロミスは、最短30分の即日審査、最短1時間の即日融資も可能です。また、「Web完結申込み」「カードレスキャッシング」「瞬フリ」「三井住友VISAプリペイド プレゼント」など、他社と比べてサービスが充実していおり、口コミでも評判がいいです。
アコムは、審査は最短30分回答、最短1時間の即日融資も可能です。ただし申し込みの時間帯には気をつけましょう。(営業時間内か確認)

審査が早い、即日融資というところがメリットですね。

無職でもお金を借りることができる?

無職だけどお金を借りたいとお困りの方、失業中や収入がない状態でもお金を借りられる所は存在します。ただし、有職者に比べて今すぐに借りたり、簡単に借りるということは難しいかもしれません。
そもそも、お金を貸す企業から無職の方がお金を借りにくいといわれるのはどうしてなのでしょうか。それは、「無職の人はお金を返す能力がないとみなされるため」といった理由があると考えられます。
そんな無職の人のためにオススメな方法を3つご紹介します。

無職の人がお金を借りるオススメな方法

1.自治体の公的融資制度でお金を借りる

無職や失業中といった、仕事のない人にとって頼りになるのが自治体の公的融資制度です。
自治体の公的融資制度は、どうしても収入が少ない方が優先となるため、厳しい条件も比較的クリアしやすいといえるでしょう。
仕事に就いていないため、貸金業者からなかなかお金を借りることができないということであれば自治体の公的融資制度も視野にいれてみるといいです。

※公的融資制度とはや地方自治体が個人や法人に対して融資を行う制度です。
個人向けと法人向けがありますがここでは個人向けをご紹介します。

  • 生活福祉資金貸付制度
    低所得者や高齢者、障害者の生活を経済的に支えるとともに、その在宅福祉及び社会参加の促進を図ることを目的とした貸付制度。

  • 求職者支援資金融資制度
    求職者支援制度で職業訓練受講給付金を受給する予定の方を対象とした貸付制度。

  • 母子福祉資金貸付(父子・寡婦)

  • 年金担保貸付
    国民年金、厚生年金保険または労働者災害補償保険の年金を担保として融資することが法律で唯一認められた制度。

  • 緊急小口資金貸付
    一時的に生計の維持が困難になった低所得世帯に対しての貸付制度。

  • 教育一般貸

  • 看護師等修学資金
    養成施設等に在学し、卒業後は「県内で看護職として従事する」意思がある方へ、選考の上、修学資金をお貸しする制度。

  • 出産育児一時金

  • 出産手当金
    女性が出産のために会社を休み、給与の支払いが受けられなかった場合に健康保険から支給される手当金のことをいいます。

  • 育児休業給付

  • 職業訓練受講給付金
    訓練を受け、失業保険がもらえる。

  • 住宅確保給付金
    離職者であって就労能力及び就労意欲のある方のうち、住居を喪失している方又は喪失するおそれのある方を対象として、住居確保給付金を支給するとともに、支援員による相談支援等を行い、住居の安定及び就労機会の確保を目指します。

  • 介護休業給付金
    家族を介護するための休業をした被保険者で、介護休業開始日前2年間に、賃金支払基礎日数が11日以上ある完全月が12か月以上ある方が支給の対象となります。

  • 葬式代の受給
    被保険者が業務外の事由により亡くなった場合、亡くなった被保険者により生計を維持されて、埋葬を行う方に「埋葬料」として5万円が支給されます。

上記があります。

民間の金融機関や銀行の融資よりも審査が甘く、民間の金融機関や銀行の融資よりも金利が低いです。金利が低金利なので長期の運転資金に活用できる、起業時の融資など民間銀行が提供していない融資対象がある、第三者の保証人が不要というメリットがあります。

2.生命保険を利用してお金を借りる

生命保険を利用してお金を借りる方法は、一般的に「生命保険契約者貸付制度」を利用して、生命保険の解約返戻金の一部を担保にすることにより、生命保険会社から貸付を受けることができます。ただし、保険を失効してしまうこともあるので気を付けましょう。

生命保険でお金を借りる手順
電話、インターネット、郵送でのお申し込みは振り込みをしてくれます。また提携のカードを入れATMでも必要な操作を行うと現金が引き出せます。

3.家族・親戚や友人からお金を借りる

本当に最後の頼みの綱として家族・親戚や友人からお金を借りることです。その場合個人間で金貸しをすることで何が起こるかわからないので絶対に借用書を書くようにしましょう。借金をするのでそのあたりは厳しくしないといけません。

借用書に記入すること
貸主の氏名、賃借する金額、金利実質年率、毎月の返済日、返済が遅れた場合の金利、返済開始日、返済方式、契約をした日

専業主婦でも即日で借入する方法!

専業主婦の人がすぐにお金を借りたい場合

パートをしていない専業主婦の場合ですが、扱いとしては無職と同じです。ですが、専業主婦であっても夫に安定した収入がある場合は、お金を借りられてカードローンもキャッシングも利用できます。

即日で手続きができるのは消費者金融系カードローンですが、消費者金融でお金を借りる場合は注意が必要です。消費者金融は総量規制の対象になっているので、夫の年収の3分の1までしかお金を借りることができません。また、プロミスやアコムは総量規制の関係で専業主婦は借りられません。どうしても消費者金融で借りたい場合は、借入する業者が「配偶者貸付」に対応しているかどうか確認しましょう。

一方、銀行系カードローンの場合は総量規制の対象になりません。夫の収入が安定していれば大丈夫です。ただし、審査に時間がかかります。

手続きの際に準備しておくべき書類

  • 住民票や戸籍妙本
  • 同意書(配偶者の同意書が必要)

これらは消費者金融からお金を借りるときに必要な書類です。銀行のカードローンの場合は総量規制対象外のため配偶者の同意書や収入証明書が不要になります。消費者金融系カードローンと銀行系カードローンの貸し付け条件やサービス内容を比較して、借入しやすい方法を選ぶといいかもしれませんね。

学生でもすぐに借入する方法!

学生の人がすぐにお金を借りたい場合

卒業旅行の旅行代が足りないから借りたい、交際費がもう少し欲しい、でも学生の本分は授業や学業なので、バイト代だけではなかなか賄えない。そんな学生の方にオススメの、審査が比較的通りやすいところ、そして方法をこちらでご紹介します。

借り入れするときの条件のひとつに、安定した収入があることと定めているところがほとんどです。このときの「安定した収入」というのは正社員に限りません。毎月安定して給料が振り込まれていることが確認できれば、大学生でもお金を借りることが可能です。毎月バイト代が振り込まれていれば大丈夫です。ここでおすすめしたいのがクレジットカードのキャッシングです。

学生向けのクレジットカード

学生向けのクレジットカードを発行している業者があります。通常のクレジットカードに比べるとショッピング枠やキャッシング利用枠は低く設定されていますが、学生でもクレジットカードでキャッシングが利用できます。
カードローンの申込はいたって簡単で、申込時に本人確認書類の運転免許証や健康保険証、パスポートなどが手元にあれば、すぐに申込ができます。申込条件は、どこへ申込をするにしてもほとんど同じで「安定した収入があり、満年齢20歳以上60歳~69歳までの方」なら申込は可能です。
職業形態はパートやアルバイト、派遣社員、自営業の方でも申込が出来るので、正社員でなければ申込が出来ないという心配はありません。

三井住友VISAカードでも、三井住友VISAデビュープラスカードという学生向けクレジットカードを発行しています。条件は以下の通りです。

  • 年齢は18~25歳までと限定
  • 総理用枠は10~30万円
  • そのうちショッピング枠の限度額が10~30万円、キャッシング枠の限度額が0~5万円

その他三菱UFJ銀行バンクイック、Life card、楽天カード、セゾンブルー・アメックス、丸井のエポスカードという学生向けのカードがあり、作ることができます。ただし金利手数料には気をつけましょう。

未成年でお金を借りたい場合は

未成年の人でお金が必要になった場合、業者のほとんどが、融資可能な条件に20歳以上と年齢を定めています。そのため、アルバイトなどで安定した収入がある人でも、未成年の場合は申し込みすることができません。
ですが、未成年の学生でもお金を借りることが出来る方法はまったくないわけではありません。年齢制限の基準が18歳以上にしている所もあります。30日間無利息キャンペーンを実施していることもあるので、安心して利息を払わずお得に利用することができます。即日でお金が欲しい時にはいいですね。
学生と条件が似通ってきますが、クレジットカードキャッシングがオススメです。
三井住友VISAデビュープラスカード、Life card、楽天カード、セゾンブルー・アメックス、丸井のエポスカードなど。

審査に通るコツとは?

消費者金融や銀行からお金を借りるときに、絶対に避けて通れないのが審査です。
こちらでは審査に通過するコツを紹介します。

審査に通過するための3つのコツ

1.申込時の希望借入額を少額にする

高額になればなるほど審査が厳しくなるため、初めてカードローンを申し込む際は希望借入額を50万円以下に設定するのが望ましいです。

2.借入総額を確認し、年収の3分の1以上借りている場合は返済してから申し込む

「総量規制」という制度によって、年収の3分の1以上の借り入れはできないとされています。すでに年収の3分の1ほどのお金を借りている場合は、新たにカードローンを申し込んでも断られる可能性があります。まずは返済する必要のあるお金を返済してから申し込みをしましょう。

3.銀行と消費者金融、申し込んだことがないほうに申し込む

過去どこで借りたのかを確認し、申し込んだことがない方に申し込んでください。

まとめ

今回はその人の職業別にお金をすぐに借りる方法をそれぞれ紹介しました。

毎月収入がある人がすぐ借りる場合→消費者金融がオススメ
無職の人がすぐ借りる場合→自治体の公的融資制度、生命保険、家族・親戚や友人
専業主婦がすぐ借りる場合→銀行のカードローン、配偶者貸付
学生がすぐ借りる場合→クレジットのキャッシング

それぞれに合った借り方があるので見つけてみてください。