今すぐ5万円必要!少額のお金を借りる時のおすすめ方法&NG行為

今すぐ5万円必要!少額のお金を借りる時のおすすめ方法&NG行為

「給料日までお金があと少し足りないから少しだけ借りたい」「急な冠婚葬祭が入ってしまって5万円くらいが必要」などの理由で少額でいいからお金を借りたい!5万円くらいを今日中に借りたい!とお考えの方へ借りる方法をお伝えします!なんとかしてお金を借りる方法をお探しの方は必見です。

10万円以下の少額のお金でも、いろいろな借りる方法があります。
ここでは、5万円くらいの少額のお金を借りるおすすめの方法をお伝えします。

今すぐ借りたい!消費者金融で即日お金を借りることが可能!

今すぐ借りたい!消費者金融で即日お金を借りることが可能!

消費者金融×平日で5万円なら即日借り入れることができる

即日5万円のお金を借りる場合、消費者金融がおすすめです。

1番のメリット今日中に借りられることです。

平日の午前中など、早い時間に申し込めば即日の借り入れを確実に行ってくれます。
平日の遅い時間帯や土日祝日の場合は、在籍確認があるために即日借りることができる可能性は低くなります。

スムーズにお金を借りるためにも、インターネットを利用して前日の夜からお金を借りる申し込みをしておくとさらに良いでしょう。

前日に申し込んでおけば、それだけ早く審査をしてもらえ、スムーズに次の手続きに進めます。

借り入れの審査は、早ければ30分くらいで終わります。

5万円程度のお金を借り入れる場合に必要な書類は?

借入れを希望する金額が5万円程度の少額なら、カードローンを初めて利用する人でも収入証明書の提出を求められることはありません。

ただし、新規契約時には本人確認用の書類としてパスポート運転免許証などの顔写真付きの身分証明書を提示する必要があります。
これは、借入金額の大小に関わらず、どの金融機関でも必ず実施しています。

5万円程度の借入れなら、自宅でも外出先でもスマホからの申込みで、あとは身分証明書を提示すればOKです。
即日、安心して、お得にお金を借りれるランキングはこちら

5万円くらいの少額のお金でも、総量規制に注意!

消費者金融には年間収入の三分の一までしかお金を借りることができないという「総量規制」があります。

たとえ5万円という少ない金額だとしても、もし他社で既に年収の三分の一以上のお金を借りている場合、5万円だけを借りる審査でも通過できなくなります。

中小の消費者金融のカードローンなら審査に通る確率UP

大手の消費者金融だとカードローンの申込者が多いために借り入れ審査で落ちてしまうこともありますが、中小の消費者金融のカードローンであれば、柔軟な審査を受けることができます。

中小の消費者金融のカードローンなら、大手の消費者金融のカードローンとは異なった基準で審査をするため返済能力があれば、たとえ信用情報に傷がある人でも借りられる可能性があります。

消費者金融で初めてお金を借りる人は無利息サービスが利用可能◎

消費者金融で初めてお金を借りる人は無利息サービスが利用可能◎

消費者金融で借りるメリットは他にもあります。

それはプロミスやアコムなど大手消費者金融なら、初めてその会社からお金を借りる人は30日間は利息が無し(0円)というサービスを利用できます。

初めてお金を借りるときは、どの会社からもたくさんは借りれませんが、5万円くらいなら借りることができる可能性は非常に高いです。

初回借入後にちゃんと完済して徐々に信頼を得ていき、借りるお金の額を増やす交渉などもできるようになっていきます。

金額が5万円ですし、一か月以内など早めに返済できるメドが立っている方は、初めて利用する消費者金融から5万円借り、30日の無利息期間内にきちんと返済する
この方法が一番おすすめです!

5万円を借り入れる時の無利息サービスの注意点

消費者金融の無利息期間には2種類あります。

①実際にお金を借りる日の翌日から30日間無利息
②お金を借りる日ではなく契約日の翌日から30日間無利息

②の方法は契約日から実際に5万円を借りる日まで日数が空いてしまうと、過ぎた日数分だけ無利息期間が減ってしまいます

お金を借りる日が契約日より後日」という方は①の方法を選択しましょう。

大手消費者金融の無利息サービスの内容

消費者金融名 期間 適用条件
プロミス 初回借入日の翌日から30日間
  • メールアドレスを登録する
  • 明細をweb明細に設定
アイフル 契約日の翌日から30日間 無し
アコム 契約日の翌日から30日間 返済日を35日ごとに設定する

※「適用条件」は無利息でお金を借りるうえでクリアしなければならない条件

プロミスが最も良い条件

プロミスは「初回借入日の翌日から30日間」となっていますので、無利息期間が一番長く設定されていますね。

学生や主婦の方でも、安定的に収入がある方は申し込み可能で、ネットからの申込で即日融資も可能です。

銀行系カードローンで5万円を借りるメリット・デメリット

銀行系カードローンで5万円を借りるメリット・デメリット

5万円を借りる場合の銀行から借りるメリット

消費者金融と銀行を比較した場合、お金を借りるときの金利は銀行の方が低いです。
金利の平均値は消費者金融が18%なのに対し、銀行は14%となっています。

5万円借りる場合、一か月間の利息の単純比較は18%と14%でおよそ164円の違いがあり、当然この数字はお金を借りる日数が延びれば延びるほど大きくなっていきます。

つまり長い期間をかけて5万円を返済をしていくなら、銀行で融資を受けたほうが良いということです。

長期返済ではなく、30日間以内の初回無利息期間で返済できるメドがたっているなら、18%の利息は関係ありませんので消費者金融にて5万円を借りるほうがお得になります。

5万円を借りる場合の銀行から借りるデメリット

消費者金融と銀行を比較した場合、お金を借りる時の金利は銀行の方が低いというメリットがあります。
銀行でお金を借りる際のデメリットについても、あらかじめしっかりと理解しておいた方が良いでしょう。

銀行でお金を借りるときのデメリットは何と言っても銀行の審査は消費者金融に比べて時間がかかることです。

銀行の審査は、実は銀行自身が審査を行っているのではなく、傘下に入っている保証会社(多くは消費者金融)が審査を行っているため、どうしても時間がかかってしまいます。

お金の即日借り入れなら消費者金融、低金利なら銀行系カードローン

その日のうちにお金を借りたい方消費者金融で、長期返済を考えていて融資まで日数が空いてもいいという方銀行で5万円を借りる方が良いでしょう。金利は銀行の方が低いです。

しかし、審査の時間を短くし、その日のうちに借りたい、その日のうちにどうしても必要なのであれば初めから消費者金融でお金を借りる申し込みをしましょう。

信用金庫のカードローンで借りる方法もあり

消費者金融や銀行系カードローンだけでなく、信用金庫のカードローンで借りることもできます。
けれども、信用金庫のカードローンにも、お金を借りる際のメリット・デメリットがあります。お金を借りる前に確認しておく方が良いでしょう◎

信用金庫のカードローンで借りるメリット

信用金庫のカードローンのメリットはなんといっても金利の低さ!

信用金庫のカードローンで借りるデメリット

地域に特化しているからこそできる低金利ですが、信用金庫では利用対象者が狭められていることがデメリットです。

「今日中に5万円借りたい!」という時に、絶対にしてはいけないこと

複数のカードローンに同時に申し込む

カードローンでは複数のカードローンへ同時に申し込みをするのはタブーです。いくらお金を借りたくても、返済するつもりがない!と判断されてしまいます。

カードローンの審査時に嘘をつく

「このくらいの嘘ならバレないだろう」と軽い気持ちでついた嘘で審査に落ちてしまったら元も子もありません。お金を借りるということは信用が第一ですから、軽微なものであっても嘘は絶対にダメです。

カードローン申込み時はあわてないこと! 入力間違いで審査に影響することも

WEBサイトからの申込みでもっとも注意しなければならないのは、申込み専用のフォームに間違った情報を入力することです。
送信する前に申込みの内容を確認してから送信しましょう。

固定電話を登録すると連絡がとりづらい

カードローンの審査では、申込みをした本人と直接連絡をとることが前提となっています。
移動中や外出中にもすぐに連絡がつくように、自分の携帯電話番号を連絡先にしておくことです。

借入限度額は高く設定すると審査に悪影響を及ぼす可能性も

カードローンの申込み時に少額の借入れを希望する場合、借入限度額を必要以上に高めに設定すると審査に悪影響を及ぼす可能性もあります。

カードローンで5万円のお金を借りるだけなら、希望の借入限度額は少し多めの10万円にとどめておいてはいかがでしょうか。

5万円くらいのお金なら…クレジットカードで借りる方法も選択肢の一つ

クレジットカードでお金の支払いをする

もしも5万円を借りる理由が、欲しいものの買い物の支払いのためだとすれば、利用時の支払いにクレジットカードを使用するのも一つの方法です。

クレジットカードを使えば、実際にお金を支払うのは翌月になりますので、その場でお金の持ち合わせが無くても買い物をすることができます。

また、仲間と食事に出かけ、その全員分の支払いをクレジットカードで支払うのもおすすめです。
支払い後、現金で食事代を回収すれば手元に現金が入ります。

クレジットカードのキャッシング枠を利用し5万円を借りる

お金を借りるスピードという点では、クレジットカードをお持ちの場合は「キャッシング枠」を利用するのが最も早いかもしれません。

ATMの場所を調べ、あとはそこでお金を借りるだけです。
申し込みの際にキャッシング枠を自分で外したりしていなければ、5万円であれば大多数の方が問題なく借りられるでしょう。

利息は、ほとんどのクレジットカードで18%に設定されており、少々高めなので注意が必要です。

無職でも5万円くらいのお金を借りることはできる?

無職でも5万円くらいのお金を借りることはできる?

無職の場合でも、5万円のお金を借りる方法はあるのでしょうか?

消費者金融には「総量規制」という決まりがあり、年収の三分の一までしかお金を貸せないようになっています。
従って基本的に無職で収入の無い方は消費者金融からお金を借りることはできません

では銀行系カードローンの場合はどうでしょうか?

消費者金融と同様で、無職だと基本的には難しいです。
ただ、専業主婦の方なら、5万円ほどの少額融資なら問題なく銀行系カードローンによってお金を貸してくれるところもあります。
なぜなら、主婦に専念できる家庭事情である場合、配偶者である夫の収入が安定していると銀行側で判断するためです。

しかし、実際にお金を借りるのは専業主婦の方なので、借りることができる金額は通常時よりもかなり低い30万円くらいまでに設定される場合が多いようです。
専業主婦がお金を借りる方法を詳しく見る

5万円借りた場合の返済額は?

カードローンで5万円のお金を借入れした場合、金融機関ごとの月々の最低返済額は下記の通りです。

銀行系カードローン

  • 三井住友銀行カードローン:2,000円
  • みずほ銀行カードローン:10,000円
  • 三菱UFJ銀行バンクイック:1,000円

消費者金融系カードローン

  • アイフル:4,000円
  • SMBCモビット:4,000円
  • アコム:3,000円
  • プロミス:2,000円

消費者金融会社で5万円の借入れをする場合、ほとんどの金融機関で18.0%の金利が適用されるため、5万円を1ヶ月後に完済する場合は約740円の金利となります。

返済期間をできるだけ短期間にすることで金利を低くビス抑えられます。

一部の大手消費者金融会社では安心の無利息期間サーを実施しているところもあるので、これをうまく活用すれば金利をゼロ円に抑えることも可能です。

今すぐ5万円必要!今すぐ5万円を何とかする方法

今すぐお金が必要!今すぐ5万円稼ぐ、借りる、用意する方法

それでも何とかして今すぐ5万それでも何とかして今すぐ5万円を手に入れるには?どうしたらよいのでしょう。
以下に今すぐ5万円くらいのお金を何とかする方法をまとめてみました。

次世代資金調達「現金化アプリ」を利用する

5万円くらいのお金なら、断捨離もかね、現金化アプリを利用するのも次世代資金調達方法として注目されています。アプリで現金化を行う方法として代表的なのが、『CASH』・『メルカリNOW』・『PICOL』・『スママDASH』です。

質屋を利用する

質屋というと物を売るというイメージがあるかもしれませんが、質屋では物品を預かる代わりに融資をするサービスがあります。そのため、自宅の貴重品を質屋に預けるだけで融資を受けられます。

給与の前借りを利用する

給与の前借りはどこの会社でもできる…というわけではありませんが、事情を説明し交渉してみるのも一つの方法です。

個人間融資でお金を借りるのは注意が必要

お金を借りたいけれど、様々な理由からお金の融資を受けることができない場合もあります。
そんな時に利用できる個人間融資が注目されています。

ネットの掲示板を見て、見知らぬ人からお金を借りることができるのが個人間融資です。
個人間融資は消費者金融のような審査がなく、貸主との合意が得られればお金を借りることができます。

しかし、個人間融資でお金を借りるのは注意が必要です。
個人間融資の掲示板にはヤミ金詐欺業者が潜んでいるのです!
個人間融資で起こり得るトラブル・手口には以下のようなものがあります。

クレジットカード現金化に注意!

よくある手口の一つにクレジットカード現金化があります。現金を作る方法とクレジットカード現金化の登録サイトURLを案内されたら注意が必要です!
クレジットカード現金化は、利用者がクレジットカードで購入し、相手方は購入させた物を買取り利用者は現金を手にすることができるという手口です。

現金プレゼント応募に注意!

現金プレゼント企画」と甘い言葉を散りばめたメールが来たら要注意!
宝くじ感覚で行ってはいけません。
一度でも住所や連絡先を応募感覚で入力すると、あなたの個人情報が盗まれるだけでなく、あなたの個人情報が売られてしまいます。
もちろん当選することなどありません。

バイト斡旋に注意!

高額アルバイトの斡旋情報等の掲示も要注意です。個人情報を登録させ、個人情報を盗むことが目的です。

LINE乗っ取りに注意!

個人間融資のやり取りをスムーズにするため「LNEを交換しよう」等と連絡が来たら要注意!あなたのLINEが乗っ取られてしまいます。

キャンセル手数料に注意!

「やはり今回は…」と言った途端にキャンセル料を請求される場合もあります。
個人情報を提供していなければ事なきを得ますが、個人情報を知られていると何をされるか分かりませんので、個人間のやり取りであっても絶対に個人情報を開示してはいけません。

LINE、Twitterを通じた「口座ブラック」に注意!

LINEやTwitterのプロフィールやタイムラインに「即日融資可能」等の記載がある場合、注意が必要です。
なんだかんだ理由をつけて口座を預けるように促されます。口座を他人に預けるのは違法行為です。以後、口座を開くことができなくなってしまいます。
「掲示板」の手口を詳しく見る

まとめ

まとめ

5万円借りるのに一番おすすめは「消費者金融」

即日借りることができて、さらに30日間無利息サービスもある!

即日でなければ「銀行系カードローン」は低金利でおすすめ

金利の平均値は消費者金融が18%なのに対し、銀行は14%。
ただ、30日間以内で返済可能なら消費者金融の無利息サービスを利用したほうがよい。

いつ借りたい?借りたい時期別のおすすめ方法

  • 今日・明日で5万円が必要…消費者金融系カードローン、CASH、質屋、日雇いアルバイト、治験、モニター
  • 1ヶ月以内に5万円が必要…消費者金融系カードローン、クレジットカードのキャッシング枠、せどり
  • 1ヶ月後に5万円が必要…銀行系カードローン、国、保険、会社

お金を借りる時…状況別お金を借りる方法

  • 無職、失業中、ニート…カードローンを利用したいならとにかく収入を得る!
  • ブラック…ブラック期間が過ぎるまで借入できない可能性大
  • 主婦…配偶者のいる専業主婦(主夫)は銀行系カードローンがおススメ
  • 学生…クレジットカードならキャッシング枠を利用がおススメ

条件別5万円調達方法

  • 即日…消費者金融カードローン。ただし、営業時間に要注意!
  • 無審査…クレジットカードのキャッシング枠をチェック!闇金には要注意です。
  • 土日…無人契約機を利用して土日に即日融資が可能なキャッシングを利用
  • WEB完結なら電話連絡なし…SMBCモビットなら電話連絡によるWEB完結なら電話連絡なし!

今すぐ5万円必要!今すぐ5万円稼ぐ!

  • 働く:日雇いアルバイト、治験、モニター
  • 今あるものをお金に換える:現金化アプリ、質屋
  • カードローン以外でお金を借りる:給与の前借り

FP監修者コメント

FP監修者コメント

このぐらいの金額なら借りても返済できるだろうという軽い気持ちで借り入れされるのは推奨しません。返済できるかどうかをしっかり考えたうえで借り入れをしてくださいね。即日借り入れ短期返済で利用されるのが良いかと思います。

成川由利子氏の詳細はこちら