フリーターもお金を借りることはできる!安心のカードローンは?

フリーターもお金を借りることはできる!安心のカードローンは?

フリーターであっても借り入れが必要な場面がありますよね。
そんな時、「フリーターだから借り入れは無理かも・・・」「安定している正社員と比べ、お金を借りるのに審査が厳しいのでは?」と、お思いのフリーターの方も多いと思います。

結論を言うと、しっかり条件を満たせていれば、フリーターでもキャッシングは可能です。

フリーターがお金を借りる条件とは何?いくら借りられる?急いでお金を借りる場合、どこで借りることができる?
他にもお金を借りる際の注意点についてもお伝えします。

フリーターでもお金を借りることはできる?フリーターの借入に必要な条件とは?

フリーターでもお金を借りることはできる?必要な条件とは?

そもそも「フリーター」とはどういう立場?

厚生労働省では、中学校卒業後の15歳から34歳の若年者で、

  • 学生ではない
  • 主婦ではない
  • パート・アルバイトとして働いていること、または希望する(働く意志がある)人

以上の条件を満たす人のことをフリーターと定義しています。

フリーターがお金を借りる条件とは?

大手消費者金融(※)では、フリーターがお金を借りるのに以下のような条件があります。

  • 20歳以上
  • 安定した収入があること

アルバイトでも、毎月数万円~給料をもらっていますよね。
金額がいくらであろうと毎月定期的に収入があれば、フリーターでもお金を借りることができるのです!

プロミスアコムSMBCモビットアイフル

フリーターがお金を借りるとき、審査は年収で左右される?

金融機関でお金を借りる際には、銀行系・消費者金融系カードローン、主にこの2つの選択肢があります。

正社員だから必ず銀行系カードローンでお金を借りられる、フリーターだから審査の厳しい銀行系カードローンは無理だと決めつける必要はありません。

とはいっても、フリーターとして働いている人が銀行系カードローンの申込みを行う場合、年収が低いことがネックとなり、審査をクリアするのが難しいとも言われています。

消費者金融系カードローンなら年収による借入金額の制限はありますが、言い換えれば「年収がいくら以上の人ならお金を借りられる」といった狭い枠がないので、フリーターでも年収を気にせずに借りることができます。

銀行系カードローンは貸金業法ではなく、銀行法が適用されるため、年収による借入制限はありません。
安心の低金利である反面、審査規準は消費者金融会社よりも厳しいのが難点です。
年収が少なければ、安定した収入の見込みが薄く、経済力と返済能力に乏しいとみなされ、審査に落ちる可能性は十分にあります。

本来、カードローンでの借入限度額は年収がもっとも重視されるのですが、カードローンの審査では年収が少ないことについては、それほど大きく影響することはありません。年収が低い人でもフルタイムで安定した仕事に就いている人なら、審査を難なくクリアできることでしょう。

もっと詳しく!フリーターがお金を借りることができる金融機関はどこ?

もっと詳しく!フリーターがキャッシング可能な金融機関はどこ?

フリーターがお金を借りるのにおすすめの金融機関

具体的に、フリーターでもお金を借りることができる、おすすめの金融機関をご紹介します。

消費者金融 銀行系カードローン
プロミス 三菱UFJ銀行カードローン
アコム 三井住友銀行カードローン
SMBCモビット 楽天銀行 スーパーローン
アイフル イオン銀行カードローン BIG

大手消費者金融をはじめ、多くの銀行系カードローンもお金を借りることができますね!

フリーターだとお金を借りることができない金融機関もあるので注意!

フリーターの場合、どこでもお金を借りることができるわけではありません。

一部銀行系カードローン、ゴールドカード等のクレジットカードはNGで、「正社員のみ」「年収400万円以上」など、フリーターでは厳しい条件のケースがあるためです。

フリーターがお金を借りるときは融資限度額に注意!

お金を借りるときは融資限度額に注意!

消費者金融、銀行系カードローン、いずれもフリーターでもお金を借りることができることが分かりました。

ただ、ここで注意!
消費者金融、銀行系カードローンとでは融資限度額に違いがあります。借りるときには注意が必要です。

消費者金融の融資限度額

年収の1/3まで
※貸金業法の「総量規制」で決められています。

銀行系カードローンの融資限度額

審査の結果次第で、その銀行が定める上限まで。

総量規制とは

消費者金融にのみ適用される規制のことで、借り手の保護を目的に導入された法律。
総量規制では、主に以下のようなルールが適応されます。

  • 借入の合計金額が「年収の合計の1/3」を超えないように規制
    (例えば、年収150万円の場合、借入の上限額は1/3の50万円。)
  • 既に年収の1/3以上の借入があると、追加融資は不可

フリーターの働き方によってお金を借りる審査に不利になるケースはある?

フリーターの働き方によって審査に不利になるケースはある?

「フリーター」と言っても、色々な働き方があります。
働き方によってお金を借りるのに有利・不利はあるのでしょうか?

派遣社員

「安定した収入があること」が条件のため、借入可能です。

派遣社員がお金を借りる時のポイントは?

短期アルバイト

同じく借入可能です。
派遣会社に所属していると審査に通りやすくなります
その理由は、派遣先ではなく派遣会社から給料をもらうため、収入証明が可能になるためです。

掛け持ちアルバイト

同じく借入可能です。
掛け持ちをしているとそれだけ収入が多いとみなされますので、より有利です。

日雇いアルバイト

収入が不安定とみなされ、借入には不利になります。

フリーターが借りる審査前に…気をつけておきたいポイントをチェック!

借りる前に…気をつけておきたいポイントをチェック!

お金を借りる前に、気をつけるポイントをクリアしておくことが大切です。
以下にまとめますので、確認しておきましょう。

収入の高低差

「フリーターでもお金を借りることができる」「総量規制で収入の1/3までなら借りることができる」などとお伝えしてきましたが、あまりにも収入額が低いと審査に落ちる可能性はあります

やはりフリーターであっても収入は少しでも高いほうが◎。そして、収入の高低差を減らし、コンスタントに稼ぐようにしましょう。

勤続年数の長短

お金を借りる前の審査では、勤続年数も重要視されます。基準は1年

お金を貸す側としては、すぐ仕事を辞めてしまったり職を転々としたりされると返済困難のリスクが高まりますよね。
滞納の可能性がある、そんなフリーターでは審査も厳しくなります。

また、働き始めて3ヶ月以内という短期間すぎるケースも、審査に落ちる可能性が高いです。

他でのお金を借入件数、借入額

「他で既にお金を借りている」「他での借入額が既に年収の1/3近くある」などの場合は、審査通過は非常に厳しいです。
この場合も、返済能力が低い可能性があると判断されてしまいます。

フリーターが「今すぐお金を借りる!」即日融資で選ぶなら、消費者金融!

「今すぐお金を借りたい」即日融資で選ぶなら、消費者金融!

「お金を借りるための条件はクリア!とにかく今すぐお金を借りたい!」と焦っているあなた。
フリーターで即日お金を借りることができる金融機関はあるのでしょうか?
以下にまとめますので、見てみましょう。

フリーター必見!大手消費者金融は即日融資可能!

これらの大手消費者金融は、すべて即日融資が可能です。
ただし、基本的に平日14時までに申し込み、手続きを完了させること!それを過ぎると翌日になってしまいます。

プロミスなら時間外、土日もキャッシング可能

平日は仕事で手続きが難しい方には、プロミスがおすすめです。
プロミスは、楽天銀行に普通預金口座があれば、15時以降や土日・祝日の手続きでもすぐに振込が可能です。

銀行は即日融資できない!

銀行では、返済不能者の増加や、スピード審査による見落としなどから、2018年1月から即日お金を借りることができなくなりました
急いでお金が必要な場合には不向きです。

まとめ

まとめ

フリーターがお金を借りる条件は「20歳以上で、安定した収入があること」

日雇いアルバイトは審査通過が厳しい。

勤続年数はできるだけ長く

基準は1年。

消費者金融は年収の1/3までしか借りられない

貸金業法の「総量規制」で定められている。

即日お金を借りるなら消費者金融

銀行は2018年1月から即日融資は停止された。