運転免許証なしでも借入可能?健康保険証だけでお金を借りる!

運転免許証なしでも借入可能?健康保険証だけでお金を借りる!

キャッシングでお金を借りるには、必ず身分証明書が必要になり、一番良いとされているのが運転免許証です。
現住所や顔写真も付いていて金融機関からの信頼も高いといえます。

しかし運転免許証を持っていない人も多くいますよね。
その場合は、健康保険証でお金を借りることができます。
健康保険証であればだれでも持っているはずです。

今回は健康保険証について詳しくお伝えし、健康保険証でお金を借りる際に気を付けたいポイントなどを紹介していきます!

キャッシングでお金を借りるときに必要な身分証明書とは

キャッシングでお金を借りるときに必要な身分証明書とは

お金を借りる時に、身分証明書として運転免許証がなく、健康保険証のみという方もいますよね。

実際にそれでもお金を借りることはできます。
ただし、注意して欲しいのは健康保険証のみの場合キャッシングでお金を借りる審査に通らないときがあるのです。

健康保険証は公的な書類ですが、顔写真が入っていないのと現住所の記載がない場合もあるため、お金を借りるうえでの身分証明書としての効力がやや低いという問題点があります。

健康保険証にも種類があります

1、社会保険証

サラリーマンなど会社員の方向けに会社で支給されている健康保険証
全国健康保険協会が発行。

2、組合保険証

公務員、自衛官など向けに保険組合に加入している団体で支給されている健康保険証。
各企業の健康保険組合や公務員の共済組合が発行。

3、国民健康保険証

自営業、個人事業主、パート・アルバイトなど勤務先で健康保険に加入していない方の健康保険証。
地方自治体が発行。

お金を借りるのに一番有利なのは「組合保険証」

この3つの健康保険証のうち最も信用度が高いのは、公務員が持っている組合保険証と言われています。

なぜかというと、公務員は収入が安定していると判断されるのでお金を借りる審査で信用を得やすいからです。

逆に、無職の方や自営業の方が持っている国民健康保険はお金を借りる審査では不利に働きます。

少額のお金を借りるのであれば支障はありませんが、公務員の方と比べると融資額の部分で不利な面があり、キャッシングで借りることができる額がとても低かったり追加で書類の提出を求められることもあります。

特に個人事業主の方や自営業で国民健康保険証を持っている方のときは借りるお金の金額に関係なく、多くの場合収入証明書類を提出することを求められます。

社会保険証と国民健康保険証、お金を借りる審査の上ではどちらが有利?

社会保険証は(組合保険証も含む)は勤務先の情報が入っており、仕事をしていることが一目見ただけですぐにわかるようになっています。
しかも入社日も社会保険証に記載されているので、勤め先に在籍している期間もわかります

一方で、国民健康保険証には上記のような情報が入っていません。
そのため、お金を借りる審査の上では、社会保険証の方が有利になる傾向があります。

健康保険証でお金を借りるなら、自分の持っている健康保険証の種類を把握することが大事です。
組合保険証または社会保険証をお持ちの方は健康保険証のみでお金を借りることをおすすめできます!

お金を借りる時に他の本人確認書類はない?

カードローンを新たに契約する際に、必須となるのが本人確認用の書類です。健康保険証以外にも本人確認用の書類として金融機関から認められたものがたくさんあります。

顔写真つきの本人確認書類の種類

カードローン申込み時に利用可能な本人確認用の書類には、運転免許証・パスポート・マイナンバーカード(個人番号カード)・住基カード(住民基本台帳カード)など、これらはすべて顔写真付きの身分証明書です。

さらに、運転経歴証明書が新たに加わりました。運転経歴証明書とは、自らの判断で運転免許証を返納した人だけが受け取れる顔写真付きの証明書であり、有効期限はありません。

住基カードの発行は平成27年をもって終了しましたが、すでに持っている人は取得した日から10年間の有効期限まで利用可能です。

顔写真なしの本人確認種類の種類

健康保険証以外の顔写真なしの本人確認用書類には、住民票・印鑑証明書などがあります。

なお、カードローン申込みの際に、顔写真付きの身分証明書を持たない場合、住民票や公共料金の領収書、または納税証明書と合わせて提出を求められる場合があります。

外国人の本人確認用の書類の種類

外国人・外国籍の本人確認用の書類として、在留カード特別永住者証明書があります。

従来は、健康保険証のコピーを提出すれば本人確認の手続きが可能でした。

しかし、平成28年10月より、顔写真のない公的な書類を本人確認として提出する場合は、住民票や公共料金の領収書などの書類を追加して提出を求められることとなりました。

本人確認用の書類について健康保険証と合わせて書類を追加して提出する場合、金融機関によってそれぞれ対応が異なる場合がありますので、事前に確認しましょう。

健康保険証でお金を借りることができるキャッシングサービスは?

健康保険証でお金を借りることができるキャッシングサービスは?

健康保険証でお金を借りることができるのは、大手消費者金融や一部銀行です。
健康保険証のほかに必要な書類があるところもあります。

以下にまとめますので、見てみましょう。

金融機関名 健康保険証の他に必要な書類 +収入証明書が必要な場合
みずほ銀行 公共料金の領収書や住民票 200万円を超えるお金を借りる場合
SMBCモビット 収入証明書
アイフル 公共料金の領収書や住民票 ①50万円を超えるお金を借りる場合
②借入総額が100万円を超える場合
プロミス 公共料金の領収書や住民票 ①50万円を超えるお金を借りる場合
②借入総額が100万円を超える場合
アコム 公共料金の領収書や住民票 ①50万円を超えるお金を借りる場合
②借入総額が100万円を超える場合

追加で書類を提出することを求められる場合があります

上記表にあるように、健康保険証だけでは申込みができない場合が多いです。

なぜなら、平成28年10月より犯罪収益移転防止法という法律の改正により、本人の顔写真が付いていない確認書類を使う場合、追加で書類を提出する必要があるためです。

金融機関からの要請で健康保険証に載っている住所を確認する書類として、住民票などを別途提出する必要があります。

金融機関によっては健康保険証が使えない場合もあり

金融機関によっては顔写真つきの身分証明書のみしか本人確認用の書類として利用できない場合もあります。

運転免許証やパスポートを持たない場合は、個人番号カードを取得すれば顔写真付きの身分証明書として使うことができます。

収入証明の提出が必要な場合とは

借りるお金の金額によっては給与明細書や源泉徴収票など、収入証明書類を提出することを求められることがあります。

大手消費者金融のキャッシングの場合、借りるお金の額が50万円以内または他社を含めた借入総額が100万円以内という条件を満たしていれば収入証明書を提出する必要はありません。(一定以上のお金を借りることを希望すると、収入証明書の提出が必要になります。)

健康保険証のみでお金を借りることを希望する場合は、収入証明がいらない金額を申請することをおすすめします。

免許証よりも審査に有利になる場合もある

免許証よりも健康保険証の方が審査に有利になる場合もある

キャッシングの新しい契約をするときに、健康保険証の方が運転免許証よりもお金を借りる審査で有利になる場合もあります。

その理由は、運転免許証の場合、顔写真が入り本人確認しやすいとはいえ、お金を借りる契約者の職業や勤務先までは記載されていません。
そして現在働いていない、無職の方でも免許証を持っている方もいます。

その点、社会保険証や組合保険証なら勤務先経由で発行がされており、現在働いている証明になります
そして勤務先まで確認も可能です。

電話での在籍確認をナシにすることも

また、キャッシングサービスで新規でお金を借りる場合、基本的には勤務先への電話による在籍確認が行われますが、もし何らかの事情で在籍確認ができない等の場合も、キャッシングの内容と健康保険証の種類によっては電話による在籍確認を行わなくて済む場合もあります。

この場合は事前に金融機関への確認・相談が必要です。

SMBCモビットであれば、社会保険証や組合保険証の提出+WEB完結で申し込むと、最初から電話連絡なしで申込完了になります。

在籍確認なしでお金を借りる方法を詳しく見る

本人確認書類の提出方法は選べる!スムーズに進めば即日借入も可能!

本人確認書類の提出方法は選べる!スムーズに進めば即日借入も可能!

お金を借りる際、健康保険証を提出する方法はいろいろあります。
インターネットの申込を済ませたうえで、この二つの方法がおすすめです。

1、健康保険証をアップロードしてインターネットで契約
2、契約機まで行って健康保険証を提示してその場で契約

1、書類をアップロードしてインターネットで契約

  • インターネットで申込

    最初に金融機関のサイトよりインターネット申込を行います(名前、住所、勤務先の情報などを入力します)。

  • 審査

    その後審査が行われ、電話またはメールにて審査結果の連絡が入ります。

  • 契約・書類提出

    審査に通過したらインターネット契約と健康保険証の提出を行います。
    健康保険証をスマートフォンのカメラなどで撮影した画像をアップロードすると本人確認の処理が始まりますので、完了まで行けば契約は終了です。その時点で振込にてお金を借りることを選択すれば、最も早い場合はその日のうちに即日お金を借りることができます。

2、契約機まで行って健康保険証を提示してその場で契約

  • インターネットで申込

    こちらも、お金を借りるキャッシング会社の公式サイトからインターネット申込を行います。

  • 審査

    その後審査が行われ、電話またはメールにて審査結果の連絡が入ります。

  • 契約・書類提出

    その後無事審査を通過したら、最寄りの自動契約機まで行って健康保険証を提示し、契約をします。

  • カード受け取り

    契約終了後にその場でカードを受け取れるので、そのまま即日ATMにてお金を借りることが可能です。

まとめ

まとめ

健康保険証の種類は3種類

社会保険証…サラリーマンなど会社員の方向けに会社で支給されている健康保険証。
組合保険証…公務員、自衛官など向けに保険組合に加入している団体で支給されている健康保険証。
国民健康保険証…自営業、個人事業主、パート・アルバイトなど勤務先で健康保険に加入していない方の健康保険証。

お金を借りるうえで有利なのは、組合保険証>社会保険証>国民健康保険証

組合保険証を持っている公務員は、収入が安定していると判断されるのでお金を借りる審査で信用を得やすい。
社会保険証には勤務先の情報も載っており、現在勤務していることを証明できる。

ほとんどの金融機関では、健康保険証+@の書類の提出が必要

犯罪収益移転防止法という法律の改正により、公共料金の領収書や住民票、収入証明書等が必要な場合が多い。

社会保険証・組合保険証なら在籍確認をナシにすることも

もし何らかの事情で在籍確認ができない等の場合も、信頼性の高い保険証なら書類提出などで済む場合もある。