消費者金融の無人契約機でお金を借りるメリットと注意点

消費者金融の無人契約機でお金を借りるメリットと注意点

消費者金融でキャッシングする時、とても便利&スムーズにお金を借りることができるのが「無人契約機」です。

無人契約機とは、小さな建物の中に設置されているお金を借りるための契約システムのこと。
むかしあった「ムジンくん」のCMが記憶にある方もいるのではないでしょうか。

使い方はとても簡単で、分からないことがあればオペレーターとすぐに会話ができるようになっていますので、はじめてお金を借りる方でも安心して利用できるようになっています。
ここでは、無人契約機の仕組みやメリット、注意点などをご紹介します。

無人契約機ってどんな仕組みでお金を借りることができる?

無人契約機ってどんな仕組みでお金を借りることができる?

ここでは、無人契約機の基本的な仕組みについてご紹介していきます。※それぞれの消費者金融やシステムで多少の違いがあります。

気になる…!無人契約機の内部構造

無人契約機は小さな建物の中に設置されており、基本的に一人ずつしか入れないようになっています。
「無人」とあるように、その場所にオペレーターはいませんので、人と会うことなく手続きができます

中に入り、椅子に座ってじっくり手続きを行うことができ、もし分からないことがあればすぐに質問ができるように、消費者金融のオペレーターに直通の電話も用意されています。

実は監視カメラで審査がスタートしている!

無人契約機にはカメラが設置されています。
そのカメラの映像は、別の場所にいる消費者金融のオペレーターがしっかり監視しています。

無人ではありますが、消費者金融の担当者と対面した時と同じように、実は審査が行われています

申し込み者の表情や言葉使い、態度なども消費者金融側には見られているので、不審な行動を取らないよう気を付けてください。

お金を借りるために無人契約機でできること

ここでは基本的に、初回の申し込み、審査、契約、カード発行をすることができます。

書類を読み取る装置も組み込まれていますので、運転免許証やパスポート、収入証明書のコピーをあらかじめ用意する必要はありません
システムの指示通りにすれば画面が読み込んでくれます。

これら全ての手続きが完了すると、借入・返済用のカードが発行されますので、これを使って消費者金融でお金を借りることができます。

どんなことを無人契約機で入力する?審査に必要な8項目!

どんなことを無人契約機で入力する?審査に必要な8項目!

契約無人機で入力する必要項目は、全部で8項目あります。
スムーズにお金を借りるために、入力は正確に行いましょう。

  • 名前
  • 性別
  • 年齢
  • 既婚、未婚
  • 家族構成
  • 自宅の住所
  • 勤務先
  • 他社借入状況

間違った情報や嘘を入力し申し込むと、消費者金融から申し込み者に確認の電話がかかってきたり、最悪の場合、審査に落とされ、お金を借りることができなくなるので、気をつけて正しい情報を入力してください。

また先ほどもお伝えしたように、契約機内には何箇所もカメラが設置されており、申し込み者に不審な動きが見られると審査に落ちてしまう可能性もあります。

誰も見られていないからといって適当な対応をせず、印象を悪くしないように心がけ、真剣に審査を受けましょう

自動契約機でのお金を借りるために必要な書類と収入証明書

お金を借りるために自動契約機(無人契約機)で申し込みを行う場合でも、必要な提出書類があります。
提出は郵送ではなく、無人機内にあるスキャナーで書類を読み込み、FAXで送信すれば、画像データとして相手に確実に届くようになっています。
また、お金を借りる時に借入れ希望額がある一定の金額を超える場合、本人確認書類と収入証明書の提出が必須となります。

ここでは無人機での必要書類と収入証明書についてわかりやすく説明していきます。

自動契約機での必要書類

自動契約機でお金を借りる際に最低限必要な書類は、運転免許証やパスポート、個人番号カードなどの顔写真付き身分証明書です。

こちらが用意できない場合は、健康保険証と合わせて1点住民票など、外国籍の人は特別永住者証明書または在留カードなど、外国人登録証明書の提出が必要です。

提出した本人確認書類に記載された住所と申請した住所が異なる場合は、納税証明書・社会保険料や公共料金の領収書・納税の領収書などの書類の中から1点を提出する必要があります。

借入れ希望額によって必要になる収入証明書

少額でお金を借りる場合は、ほとんどの金融機関で本人確認書類のみの提出で済みます。

しかし、消費者金融系のカードローンを契約する際に、1社につき50万円以上の金額を借りる場合、または2社以上の借入金額が総額で100万円を超える場合は、本人確認書類と合わせて収入証明書の提出が義務づけられています。

収入証明書として、会社員は最新の源泉徴収票や給与明細書、賞与が支給された場合は直近の1年分の賞与明細書などを用意する必要があります。

個人事業主は最新の確定申告書を収入証明書として提出します。この他には、所得証明書や住民税課税 (非課税) 証明書などが収入証明書としての効力があります。

なお、金融機関の審査の状況によっては、借りる希望額が少ない場合でも、例外的に収入証明書の提出が求められる場合もあります。

在籍確認はある?回避はできる?

無人契約機でも在籍確認はある!

カードローンの審査でもっとも気になるのが、勤務先の会社など職場に電話をかけてくる在籍確認ですよね。ですが、お金を借りる際に、この審査を避けて通ることはできません
審査には在籍確認が必須であり、その会社に勤務することと安定した収入があるか確認する必要があります。来店やネット上での申し込みではもちろん、無人契約機での申し込みでも当然審査は実施されます

金融機関は社名を名乗らず、個人名でかけてくる!

在籍確認が必須だからといって、「お金を借りることを職場の人に知られてしまったらどうしよう。」とあわてることはありません。在籍確認の電話連絡は金融機関が社名を名乗ることなく、個人名で電話をかけてきます

電話の用件は、その会社に在籍することを確認するだけですぐに終わるので、お金を借りることを職場の人に知られることはありません。

SMBCモビットならWEB上での申し込みで電話連絡なし!

在籍確認の電話はどの金融機関でも実施されるものと認識する人も多いですが、現時点で唯一、「WEB上での申込みなら電話連絡なし」と条件付きのカードローン会社として、SMBCモビットがあります。

ただし、WEB完結のカードローンの申込みにはいくつかの条件があります。

  • カードローンの申込みの時点で三菱UFJ銀行または三井住友銀行に口座があること
  • 組合保険証または社会保険証を提出すること

SMBCモビットのWEB完結の申し込みではカード自体が発行されないので、自宅への郵送物もありません
お金の借り入れと返済は、上記の銀行のうちいずれか任意に選択した口座への振り込みと自動引き落としなどの返済方法となります。

ただし、カードローンの申し込みした時間帯や金融機関によっては、申し込みをした人が勤務先の会社に不在である可能性を考え、在籍確認の電話を申し込み日の翌営業日にしてくる場合もあります。

メリット~土日でも遅い時間でも即日家族にバレずに利用可能!~

メリット~土日でも遅い時間でも即日家族にバレずに利用可能!~

人と会わずに手続きができる

無人契約機を使用することで、人と会うことなく手続きすることが可能です。

申し込み者の中には、店舗オペレーターと直接会うのが嫌だという方もいることでしょう。
特にお金を借りるといったデリケートな部分にもなるので、できるだけ人に会いたくない!という人にはおすすめです。

遅い時間でも利用できる

大体の無人契約機は土日でも21:00まで申し込みを受け付けており、夕方以降でも申し込めば当日中に審査を終わらせることができます。
もちろんカードを発行も出来るため、コンビニATMなどを利用してすぐに現金が借り入れできます。

ネット申し込みでも審査を終わらせることはできますが、カードが郵送されるまでは振込でしか融資を受けることができません。
そのため振込が反映されない15:00以降や土日では、当日中に融資を受けることができないのです。

大手消費者金融の営業時間は以下のようになっています。

営業時間
アコム 8:00~22:00(土・日・祝日も可)
※一部店舗は21:00まで
アイフル 8:00~22:00(土・日・祝日も可)
※一部店舗は22:00まで営業
プロミス 9:00~22:00(土・日・祝日も可)
※一部店舗は21:00まで
SMBCモビット 8:00~21:00(土・日・祝日も可)
※場所によって営業時間が異なる

土日祝日も利用できる

無人契約機の大きなメリットの一つが、土日祝日も契約手続きができることです。
一方、銀行系カードローンでは、土日祝日に対応していない場合があります。

無人契約機なら、土日祝日にお金が必要になった時や、仕事や家事で忙しくなかなか平日に手続きできない方は、便利ですね。

その場でカード発行できるから自宅へ郵送物が送られない

無人契約機であればその場でカードを発行できるので、後日自宅へカードが送られることはありません
また契約書などの必要書類もその場で発行されるので、自宅へ郵送物が届くこともありません

その場ですべての手続きを終わらせることができますので、家族に内緒で融資を受けたい方、すぐにお金を借りたい方は無人契約機から申し込むことをおすすめします。

手軽に書類提出ができる

無人契約機には書類を読み取るためのスキャナーがついており、スキャンするだけで必要書類を簡単に提出することができます。

通常郵送対応などで2~3日かかるところが、無人契約機であればすぐにデータ通信ができるので、審査も早く終わらせることができるのです。

デメリット~長い拘束時間に注意!人目につかない工夫も必要~

デメリット~長い拘束時間に注意!人目につかない工夫も必要~

審査通過必須!必ず契約できるとは限らない

無人契約機で申し込みをしたからといって、必ずお金が借りられるわけではありません。審査に通過しなければお金を借りることはできないのです。

せっかく無人契約機まで足を運んだのに、お金を借りることができなかった…ということももちろんあります。
このような事態を防ぐためにも、事前にネット申し込みをして審査に通っておくと効率が良いです。

家族や知人に出会う、見られてしまうリスク

無人契約機は大変便利で、契約もスムーズに行うことができますが、無人契約機まで行き、必要書類やカードの受け取りをする必要があります。

無人契約機は、便利な場所つまり街中に存在しています。そのため、家族や知り合いに会い、見られてしまう可能性もあります。

誰にもバレずにお金を借りたい人にとっては、無人契約機を使うのは少々リスクがあるかもしれません。

審査が終わるまで約1時間拘束される

無人契約機で申し込みをした場合、基本的に審査が終わるまで外に出ることはできません

審査の早いカードローンでも審査時間は30分、その他の手続きでかかる時間を合わせると1時間程度は店舗内に拘束されます
また審査時間は混雑状況によっても変わってくるため、時間に余裕をもって利用しましょう。

無人機とネットお金を借りるにはどちらがおすすめ?

無人機のデメリットを解消!ネットのメリット

ネットを利用する最大のメリットは、24時間いつでも申し込みができることと、人目を気にせずに済むことです。
これは無人契約機のデメリットの一つである家族や知人に見られてしまうというリスクを解消してくれます。

ネットのデメリット

契約書類はネット上やメール経由で届くので、基本的にはWEB上で申し込み手続きが完結しますが、カード発行は郵送となりますので、受取りが必要です。つまり、自宅に郵便物が届きます。

無人機とネットでは審査の違いがあるの?

無人契約機とネット上での申し込みについて、とくに大きな違いはありません。申し込みの手段の違いだけであって、ネットでの申し込みのほうがお金が借りやすく、無人契約機のほうが厳しいといった違いはありません。

カードローンの審査では申し込み者の年収・勤務先・これまでのお金の借り入れ・返済状況などの情報を元に無人機でもネットでも同じように審査されます

無人機、ネット、両方を使って時間短縮で郵送なし!

無人機、ネット、どちらもメリット、デメリットは存在します。
ですがこれをうまく使い、お互いの良いところを利用してみるのも一つの方法です。

申し込みはネット上で行い、カードの受取りのみ無人契約機を利用します。カードのみその場で受け取るだけなので2~3分もあれば用が済みます。
無人契約機で申し込みから審査、カード発行まですべて行うと30分~1時間もその場で過ごすことになりますが、これなら大幅に時間を短縮できますよね。
ネットのみの申し込みの場合、時間帯によっては入金が翌日になることもありますが、無人機でカードを受け取ったら、その日のうちにお金を借りることも可能になります。

まとめ

無人契約機では、初回の申し込み、審査、契約、カード発行まで◎

書類を読み取る装置もあり、書類提出の手間がなし。
その場でカード発行→その後すぐに借り入れOK!

監視カメラに注意!

消費者金融の担当者と対面した時と同様、実は審査が行われている。

スムーズに借りるための必要書類と収入証明書

事前に必要書類を用意しておくこと。
借り入れ金額によっては収入証明書も必要。

無人機でも在籍確認はある!

SMBCモビットならWEB上での申し込みで電話連絡なし!

無人契約機を利用するメリットはたくさん!

人と会わずに、遅い時間でも、土日でも利用可能。自宅への郵送物もなし。

デメリットは拘束時間と人目につくリスク

店舗の出入りには注意!さらに審査+手続きで約1時間は拘束される。

すぐ借りるには無人機とネットの良いところを使う!

郵送を回避でき、無人機での待機時間の縮小も可能。