安心して無利息でお金を借りるおすすめの方法

安心して無利息でお金を借りるおすすめの方法

「給料日まであと少し…。すぐにお金を返せるアテはあるから、できるだけ無利息でお金を借りる方法はない?」

短期間でお金を借りるだけなので、お金を借りるならできるだけ利息は低いほうがいいと誰しも考えると思います。

ここでは、無利息でお金を借りるための契約期間や条件、お金を借りる時の金融機関の選び方などを分かりやすく説明します。
また、無利息でお金を借りることのメリット・デメリットについてもご説明します。

消費者金融のカードローン、無利息でお金を借りることができる?

消費者金融のカードローン、無利息でお金を借りることができる?

初めてキャッシングを利用する人には金利なしの一定期間の無利息サービスが

銀行のような金融機関でお金を借りる場合、当然利息を払わなければなりません。

しかし、大手消費者金融では初めてお金を借りる人限定で、一定期間の無利息キャッシングサービスを行っているところがあります。

無利息キャッシングは元金のみの返済になるので、すぐに返せる見込みがあるならばお得なサービスですね!

無利息期間は、ほとんどが30日間

大手消費者金融では無利息の期間は多くのサービスで30日間無利息となっていますが、その内容には2つの種類があります。

1、契約した翌日から30日間
2、実際に融資を利用した翌日から30日間

消費者金融と契約をする日と、実際お金を借りる日の間で日数が開く場合は、2番目の方式を取っているサービスを選択するようにしましょう。
無利息で利用できる期間に大きな差が出ます。

1番目の方式の場合、契約後にすぐ融資を受けないと、無利息期間がどんどん減っていってしまいますので注意しましょう。

大手消費者金融の無利息サービスの内容

消費者金融名 期間 適用条件
プロミス 初回借入日の翌日から30日間
  • メールアドレスを登録する
  • 明細をweb明細に設定
アイフル 契約日の翌日から30日間 無し
アコム 契約日の翌日から30日間 返済日を35日ごとに設定する

※「適用条件」は無利息でお金を借りるうえでクリアしなければならない条件

プロミスが最も良い条件

プロミスは「初回借入日の翌日から30日間」となっていますので、無利息期間が一番長く設定されていますね。
学生や主婦の方でも、安定的に収入がある方は申し込み可能で、ネットからの申込で即日融資も可能です。

プロミスでお金を借りる最大のメリットは、プロミスならではの安心の無利息期間30日間のサービスが受けられることです。

プロミスで初めてカードローンを利用する場合に融資を受けた翌日から起算として30日後までの間が無利息期間となっています。プロミスでは借入れした日から金利のない無利息期間が開始します。そのため、プロミスなら無利息期間自体が短縮されることもありません。

プロミスへのカードローンの申込みは来店不要、申込み手続きはパソコン・スマホから24時間いつでもOK、WEB上にて完結します。

途中で何か不明な点があれば、電話で女性スタッフが親切丁寧に答えてくれますし、「フル入力でお申し込みのボタン」を選択し、あとは流れに沿って必須項目を入力して完結させます。WEB完結での申込みの場合、自宅に郵送物が届くこともなありません。

プロミスなら平日の14時までに契約が完了すれば、最短でわずか10秒で指定した銀行口座に振り込みしてもらえます。

消費者金融側の狙いは?

無利息キャッシングを利用可能な対象者は、そのローンカードで初めてお金を借りる人となっています。

これは無利息キャッシングサービス自体が、新規の顧客獲得のための企業戦術となっていることを指しています。

無利息でお金を貸しているので、消費者金融側としては利益が発生しないので数字上、一見得はないように見えるのですが、新規の顧客を獲得して長い期間でお金を借りる方向にもっていきたいという狙いがあるのです。

安心して借入できる!無利息キャッシングサービスのメリットを紹介

安心して借入できる!無利息キャッシングサービスのメリットを紹介

なんといっても100%無利息!利息がつかない!

無利息でお金を借りることの最大のメリットは、急にお金が必要になったとき、元金のみの返済になり利息が付かないことです!(無利息の期間内にまとめて全額返済ができる場合)

お金を借りる側からすれば、返済でビクビクせず、安心して利用できるお得なサービスといえます。

現在、無利息期間の特典が受けられる消費者金融と言えばプロミス・アイフル・アコムの3大手消費者金融です。

アコムでは無利息期間が「契約日の翌日から30日間」と規定されています。例えば、アコムにて6月1日に新規でカードローンを契約して20万円借り入れし、30日間の無利息期間を利用する場合は、新規でのカードローンの契約日が6月1日で借入日も同じ日とみなされます。この日から30日間が無利息期間なので、7月1日までの期間となります。

アコムで借入れた20万円の金額を7月1日までに完済すれば、利息は完全無料となります。

注意すべき点は、初回の借入れ日から無利息期間が開始されるのではなく、あくまでも契約日の翌日から30日以内となっている点です。アイフルも現時点では、無利息期間の適用についてはアコムと同じです。

プロミスでは新規でカードローンを契約して、初回の借入れ日から30日間の無利息期間となっています。そのため、6月1日に契約して借入れ開始日が6月10日の場合、その日から無利息期間がスタートします。

<参考>利息の詳細について

お金を借りす際に審査に通りやすい

消費者金融の無利息キャッシングサービスは、審査に通りやすいというメリットがあります。

すぐにお金を借りることが必要な方にとって、審査にかかる期間はとても重要。

無利息キャッシングサービスを利用する場合は、銀行で借りるよりも審査がややゆるいので、支払いの能力によっぽどの問題が無い限りは、最速で当日に融資をしてもらえる即日融資で審査が通りやすくなっています。

無利息でお金を借りることができるキャッシングサービスを行っている消費者金融であれば、早ければ数時間後、遅くても翌日には審査は終わります

消費者金融系のカードローンを契約するのなら、無利息期間サービスは利用する価値が十分にあります。

10万円を借りて1ヶ月後に返済するとしても、無利息期間サービスがなければ元本とともに実質年利を合わせた金額を返済するわけです。無利息期間サービスを利用すれば、期間内に完済すれば利息はゼロ円で済むわけです。

銀行から借りるのではなく、無利息期間サービスを活用するベストなタイミングは、

・新規で消費者金融会社のカードローンの契約を交わし、初めて利用する場合

・消費者金融会社が定める無利息期間の期間内に借入れたした金額の完済の見込みがある場合

・とりあえず今すぐにもお金が必要な場合

・給料日やボーナス日、特別手当など近いうちに収入が入る見込みがあり、それで全額を返済する目途が立つ場合

即日融資で、早くお金を借りることを希望される方は、無利息キャッシングサービスを提供している消費者金融を検討しましょう!

逆に、お金を借りるデメリットは?

逆に、お金を借りるデメリットは?

お金を借りる利用者にとって、メリットが多い無利息キャッシングですが、デメリットもあります。

長期間・高額の借入には不向き

無利息キャッシングは長い期間や高額のお金を借りるのには向いていません

一週間、一か月など最初から借りる期間が決まっていて、少額の融資なら問題なく安心ですが、高額融資となると話は別です。

高額融資になるとどうしても分割でお金を返済していくことになりますので、数か月間で返済を考えている借入の場合には、無利息キャッシングを利用するのは非常に難しいです。

無利息キャッシングは、初めてお金を借りる方が気軽に利用できるようにサービスが設計されていて、少ない融資で短い期間にお金を返すことが可能な借入を希望する方に適したサービスです。

高額のお金を借りることを希望される方は、無利息キャッシングではなく、金利の低い銀行のキャッシングを検討したほうがいいです。

もし、利息無しの期間中に返済ができなかったら…

もし、利息無しの期間中に返済ができなかったら…

無利息キャッシングでお金を借りて30日間経過後、もし期間中に返済できなかった場合はどのようになるのでしょうか。

1日でもNG!!すぐ金利+遅延損害金が発生!

1日でも延滞をしてしまうと、利用していた無利息キャッシングのサービスは中断され、その時点で無利息期間は終了となります。
さらに金利と遅延損害金まで発生してしまいます。

従って、無利息期間内に支払が完了しない場合には、通常にお金を借りるときより返済額が大きくなってしまいます。

たった一度返済が遅くなっただけで無利息キャッシングが使えなくなってしまうどころか、今後の借り入れにも大きく影響します。

さらに怖いのは、無利息だからと大きな金額のお金を借りてしまって、返済のお金のアテがなくなったときに、さらにあちこちでお金を借りる「多重債務」に陥ってしまう場合です。
いろんな場所で利息が発生し、元本が全く減らない…という悪循環に陥る原因になります。

遅延損害金って、一体いくら…?

遅延損害金の利率は、利息制限法で最大20%、出資法で最大20%と定められています。

大手消費者金融のアコム、プロミス、アイフル、SMBCモビットの遅延損害金は、全社ともに最大の20%が設定されています。

遅延損害金の計算方法

ちなみに、消費者金融の多くが以下のような計算方法をとっています。

借入残高(元金)×遅延損害金利率÷365×延滞日数

仮に10万円を遅延損害金利率20%の消費者金融で借りるとします。
無利息期間を10日過ぎてしまったとしましょう。

その場合は、
10万円×20%÷365日×10日=547円
547円」の遅延損害金が発生してしまいます。

もし30日過ぎてしまったら?
10万円×20%÷365日×30日=1643円
1643円」になり、どんどん雪だるま式に増えていってしまいます

消費者金融の無利息期間サービスを利用する場合、無利息の期間内に完済できれば理想的ですが、おそらく多くの利用者が第1回目の返済期日を迎える形になることと思います。

無利息期間中の初回の返済日には、金融機関が定める最低返済額以上の金額を返済する必要があります。

借入残高が10万円以下の金額の場合に月々の最低返済額は3000円以上というように各金融機関で規定されています。

万が一、無利息期間内の初回の返済日に返済できなかった場合、その翌日から自動的に利息分が発生する仕組みです。

どのような事情であれ、この時点で返済できない場合は返済期日を守れないという理由で、無利息期間サービス自体が終わってしまうのです。

万が一、返済できない場合は滞納したものとみなされます。これにともない元本の返済と合わせて遅延損害金も支払わなければなりません。

無利息期間サービスを利用する場合、借入れ金額は少額にして期間内に完済するのが理想的です。

無利息キャッシングを利用する際にはくれぐれも延滞には十分に注意して、自分の身の丈に合った金額を計画的に利用するよう、心がけましょう!

キャッシングで消費者金融を選ぶときは「大手」にする!

キャッシングで消費者金融を選ぶときは「大手」にする!

無利息キャッシングに限らずお金を借りることにためらうことも多いと思います。

お金を借りるときの大事なポイントは、やはり安心できるキャッシングサービスを利用するということです。
つまりテレビのCMなど世間に多く知られている大手消費者金融のキャッシングサービスを使うということですね。

大手消費者金融のサービスには「期間限定」などの条件はありますが、無利息キャッシングサービスがあるので、お金を借りる側からすると安心して便利に利用して、直近のお金の危機を乗り切ることも可能です。

逆に、あまり知名度の高くない会社などからお金を借りるのはおすすめしません
なぜかというと、無利息どころか高利子だったり、電話による督促がたくさんかかってくる、などヤミ金である可能性が高いためです。

お金を借りる時こんな場合はヤミ金の可能性大!

以下に当てはまる場合はヤミ金の可能性が高いので、必ずお金を借りる前に確認をしましょう。

  • 年間20%を超える利息
  • 連絡先が携帯番号など、固定電話でない
  • 都道府県や資金業協会、財務局に資金業としての登録がない
  • 年金受給者でも特に審査もなく簡単にお金を借りることができる
  • 先に紹介した国の機関以外なのに、年金を担保にお金を借りることができる

まとめ

まとめ

初めてのキャッシングなら「無利息サービス」がおすすめ

大手消費者金融なら、初めてなら30日間無利息になるサービスがある。
特にプロミスは無利息期間が一番長い。

審査に通りやすいというメリットあり

無利息キャッシングサービスを利用する場合は、審査がややゆるいので支払い能力によっぽどの問題が無い限りは審査が通りやすい。

デメリットは「長期間・高額の借入には不向き」

無利息キャッシングサービスは、少ない融資で短い期間にお金を返すことが可能な借入を希望する方に適したサービスのため。

返済に遅れたら最大20%の遅延損害金

1日でも延滞をしてしまうと、利用していた無利息キャッシングのサービスは中断され、その時点で無利息期間は終了。
無利息期間内に支払が完了しない場合には、通常にお金を借りるときより返済額が大きくなってしまう。