パート主婦でお金を借りる!利用可能なキャッシング先は?

パート主婦でお金を借りる!利用可能なキャッシング先は?

「安定している正社員と比べ、パートだとお金を借りるのに審査が厳しいのでは?」と、お思いの方も多いと思いますが、しっかり条件を満たせていればパートでもお金を借りることはできます

パートがお金を借りる条件とは?いくら借りられる?主婦だと少額になる?

これらの疑問の他にも、お金を借りる際の注意点についてもお伝えします。

パートでもお金を借りることはできる?必要な条件とは?

パートでもお金を借りることはできる?必要な条件とは?

そもそも「パート」とはどういう立場?

もともとパートは「フルタイム」に対する言葉で、「パートタイム」を略したものです。正社員のようにフルタイムで働くことが難しい主婦や子育てをしている女性の働き方として広まりました。

「パート」「アルバイト」と使い分けられていますが、法律上の違いはありません
どちらも「労働者」で、所定労働時間や所定労働日数などの条件を満たせば、正社員と同様に社会保険への加入や有給休暇の取得もできます。

”パートタイム労働法”という法律では、パートもアルバイトも「パートタイム労働者(短時間労働者)」と定義されています。

パートタイム労働者とは、簡単に言うと「1週間の所定労働時間が、勤務先の正社員の所定労働時間よりも短い労働者」です。

例えば、正社員の1週間の所定労働時間40時間に対して、1週間の所定労働時間が35時間の場合は、パートタイム労働者ということになります。

パートがお金を借りる条件とは?

大手消費者金融(※)では、お金を借りるのに以下のような条件があります。
プロミスアコムSMBCモビットアイフル

  • 20歳以上
  • 安定した収入があること

パートでも、毎月数万円~給料をもらっています。金額に関係なく、毎月定期的に収入があれば、パートでもお金を借りることができます

正社員以外NGなど、条件が厳しい金融機関もある

ただし、パートの場合、どこでもお金を借りることができるわけではありません。

一部銀行系カードローンはNGで、「正社員のみ」「年収400万円以上」など、パートではクリアが厳しい条件があるケースが多いからです。

消費者金融・銀行系カードローン、パート主婦におすすめなのはココ

消費者金融・銀行系カードローン、パート主婦におすすめなのはココ

パートでもお金を借りることができる金融機関を一部ご紹介します。

【消費者金融】 【銀行系カードローン】
プロミス 三菱UFJ銀行カードローン
アコム みずほ銀行カードローン
SMBCモビット 三井住友銀行カードローン
アイフル りそな銀行カードローン

大手消費者金融をはじめ、多くの銀行系カードローンもお金を借りることができますので、安心してお金を借りることができそうです。

お金を借りるときは融資限度額に注意!

お金を借りるときは融資限度額に注意!

消費者金融、銀行系カードローン、いずれもパートでもお金を借りることができることが分かりました。

では、実際にお金を借りる場合、いくらまで借りることができるのでしょうか?

正社員に比べるとパートは限度額が低くなる

パートと言っても、収入や勤務先、勤続年数などがそれぞれ異なりますので一概には言えませんが、一般的な限度額はおおよそ10万~30万円が相場です。

パートの場合は、正社員に比べると離職率が高くなるため、限度額は低く設定されることが多くなってしまうのです。

消費者金融で借りる場合は、「総量規制」に注意!

ただ、ここで注意!
消費者金融と銀行系カードローンとでは融資限度額に違いがありますので、借りるときには注意が必要です。

消費者金融

年収の1/3まで
※貸金業法の「総量規制」で決められています。

銀行系カードローン

審査の結果次第で、その銀行が定める上限まで。

総量規制とは

消費者金融にのみ適用される規制のことで、借り手の保護を目的に導入された法律。
総量規制では、主に以下のようなルールが適応されます。

  • 借入の合計金額が「年収の合計の1/3」を超えないように規制
  • (例えば、年収300万円の場合、借入の上限額は1/3の100万円。)
  • 既に年収の1/3以上の借入があると、追加融資は不可

収入だけじゃない!審査のポイントを抑えて、目指せ審査通過!

収入だけじゃない!審査のポイントを抑えて、目指せ審査通過!

審査担当者が、審査で一番重視していることは、「返済能力」と「信用力」です。
具体的には、次の箇所を重点的にチェックしています。

年収<勤続年数

一つの職場で長く勤めていると信用評価が高いです。
高収入で単発の仕事よりも、低収入でも同じ職場に長く勤めている方がよく、基準は「1年」。最低でも、勤務年数は6カ月ぐらいはないと審査通過は厳しいです。

仕事を始めて間もない人は、収入が不安定と判断され、審査に通りづらいです。
ただ、大手消費者金融の中には、勤務年数をそれほど重視しない所もありますので一概には言えません。

安定した職種かどうか

人の出入りが激しい職種は、審査では不利に働きます。

他での借入件数、借入額

「他で既にお金を借りている」「他での借入額が既に年収の1/3近くある」などの場合は、審査通過は非常に厳しいです。
この場合、返済能力が低い可能性があると判断されてしまいます。

在籍確認がとれるか

勤務先に実際に勤めているかの確認も必ずあります。
というと、不安になる方もいるかと思いますが、金融機関の担当者は、会社名ではなく個人名で電話をかけてくれます

電話で確認する内容も、会社に在籍しているかを確認するだけです。年収や勤務年数を勤務先の人に聞くような事はありませんので、安心してください。

【注目!】在籍確認をされたくない場合は…

もし、勤務先に電話をかけられると困る時は、本人確認の時に担当者に相談してみてください。
電話での在籍確認が難しいと判断されれば、他の方法を検討してくれる場合があります。

すべての金融機関でOKではないので確認が必要ですが、プロミス、アコム、アイフルなど大手消費者金融では、基本的には会社名の入った健康保険証や給与明細書、収入証明書の提出で、電話の省略ができます

ただし、金融機関によって可否および対応方法が違いますので、確認が必要です。
在籍確認が不安な人は、お金を借りる前に一度相談してみましょう。

まとめ

まとめ

パートとは

「パート」「アルバイト」で違いなし。
「1週間の所定労働時間が、勤務先の正社員の所定労働時間よりも短い労働者」のこと。

パートがお金を借りる条件

  • 20歳以上
  • 安定した収入があること

正社員に比べ限度額は低め

一般的にはおおよそ10万~30万円が相場。

年収<勤続年数

高収入で単発の仕事よりも、低収入でも同じ職場に長く勤めている方がよく、基準は「1年」。最低でも、勤務年数は6カ月ぐらいはないと審査通過は厳しい。