消費者金融の金利は?計算方法やシミュレーションもご紹介!

消費者金融の金利は?計算方法やシミュレーションもご紹介!

消費者金融でキャッシングを検討する時に気になるのは、やはり「金利」ではないでしょうか。

法改正などにより、昔と比べ法外な金利ではないにしても、まだまだ金利は高いイメージがありますね。

ここではまず金利について解説し、その仕組みなどを説明しています。

金利は消費者金融・銀行によっても違いますので、消費者金融・銀行での比較もしています。
消費者金融と銀行とで、金利だけではなくそれぞれ特徴も違いますので、併せてご紹介しています。
また、実際に利息計算のシミュレーションもしていますので、キャッシングの際の参考にしてみてください。

キャッシングをする時に消費者金融で見かける「金利」とは?

消費者金融や銀行系カードローンを検討中の方は、広告などでよく見かける金利が気になりますよね。

そもそも金利とは何でしょうか?その仕組みは?
まずは金利についてご説明しましょう。

金利とは?

金利とは、借金の額に応じて支払う利息を決める割合のことです。

消費者金融でお金を借りると、借金(=元金)の他に、利息と呼ばれるお金を支払わなくてはいけません。
元金に対してあなたが支払う利息の割合が金利で、パーセンテージ(%)で示されます。

つまり金利とは、借金を返済する時に支払う追加のお金(=利息)を計算するために使われる数字のこと。
利息は、消費者金融で借りたお金に対するレンタル料のようなものです。

「金利」と「実質年利」は違う

消費者金融や銀行系カードローンの広告では「実質年利 3%~18%」というように記載されています。

実際の消費者金融では金利という表記ではなく、実質年利(実質年率とも呼ばれる)で表記されています。

実質年利は、「利息」だけでなく「手数料」や「印紙代」などの諸費用も合わせて、最終的に消費者金融に支払う金額の割合です。
つまり実質年利で計算すると、元金以外に消費者金融に支払う金額の全額が分かるのです。

キャッシング、カードローンの「金利」といえば、「実質年利」とほぼ同じ意味で使われる場合が多いようです。

金利はキャッシングの利用限度額で変わる

消費者金融の金利の表示を見ると、3%~18%というように金利に幅を持たせて表示していますが、その人が借りることができるお金の額、いわゆるキャッシングの利用限度額で金利の幅が変わります。

例えばある消費者金融のキャッシングの場合は―

利用限度額(某消費者金融) 年利
99万円まで 7.7%~18.0%
300万円まで 7.7%~15.0%
500万円まで 4.7%~7.7%
800万円まで 3.0%~4.7%

実際の金利はキャッシングを申し込まないと決まりませんが、おおざっぱに見ても利用限度額が大きくなるほど金利が低くなることが分かります。

利息を計算する仕組みは?実際にシミュレーションしてみよう!

消費者金融が表示している金利(実質年利)について初めに説明しました。

これから実際に消費者金融に借りた場合の金利から、利息を計算してみましょう。
金利から利息を計算してみることで、消費者金融を上手に利用できるようになります。

利息を計算してみよう

それでは実際に消費者金融に借りた場合の金利から、利息の計算をシミュレーションしてみましょう。

消費者金融の利息は日割り計算です。
消費者金融から元金10万円を金利18%で借りた場合で1ヶ月(30日)にかかる利息を計算します。
なお、返済額は毎回1万円で金利は変わらないものとして計算します。

10万円(元金)×18%(金利)÷365(日)×30(日)=1,479円(1ヶ月でかかる利息)※小数点以下は切り捨て

そして1ヶ月後に消費者金融に1万円返済したとすると、1万円からまず利息分が差し引かれますので―

1万円(返済金額)-1,479円(1ヶ月でかかる利息)=8,521円

この8,521円が元金の返済に充てられます。
なので1万円返済後の消費者金融への借入れ残高は―

10万円(元金)-8,521円=91,479円(1万円返済後の元金)

つまり借りたお金(元金)が10万円から91,479円に減ったわけです。
そして次の1ヶ月(30日)にかかる利息は―

91,479円(元金)×18%(金利)÷365(日)×30(日)=1,353円(1ヶ月でかかる利息)※小数点以下は切り捨て

この返済が、消費者金融への借入金が0になるまで続きます。

ローンの繰上げ返済は非常に有効!

金利から利息を計算して分かることがあります。
それは1日でも早く消費者金融に借金を返済すれば、その分利息が安くなるということです。
つまり、消費者金融に支払うお金が少なくなるということです。

先ほどの消費者金融から元金10万円を金利18%で借りた場合で、1ヶ月後に消費者金融に返済する額を2万円にするとどうなるでしょう?

10万円(元金)×18%(金利)÷365(日)×30(日)=1,479円(1ヶ月でかかる利息)
2万円(返済金額)-1,479円(1ヶ月でかかる利息)=18,521円(元金の返済に充てられる)
10万円(元金)-18,521円=81,479円(2万円返済後の元金)

つまり借りたお金(元金)が10万円から81,479円に減ったわけです。
そして次の1ヶ月(30日)にかかる利息は―

81,479円(元金)×18%(金利)÷365(日)×30(日)=1,205円

となります(※小数点以下は切り捨て)。

消費者金融の金利は変わりませんが、1回の返済額を2万円に変えたことで、1万円返済した時と比べ148円少なくなりました
金利が高い場合は、特にローンの繰上げ返済がおすすめです。

【比較】返済が1万円or2万円、支払う利息の差は!?

支払額を倍にすると、利息総額や払い終えるまでの期間が約半分になります。

毎月の返済金額 払い終えるまでの利息総額 払い終えるまでの期間
1万円 9,018円 11ヵ月
2万円 4,682円 6ヵ月

利息総額は4,336円の差!

法律上の金利は?法改正前の昔と比べて高いor安い?

法律上の金利は?法改正前の昔と比べて高いor安い?

消費者金融のキャッシングは、上限金利が利息制限法と出資法の2つの法律で定められています。

昔はグレーゾーンでの金利で貸付を行う消費者金融が多くあり、多重債務者の増加が社会問題となりました。

そのため、2010年6月に法改正が行われ、出資法の上限金利が引き下げられました。

法改正前後の金利の違いは?

従来の出資法では、上限金利は29.2%、利息制限法がそれぞれの金額に応じて20%~15%となっていましたが、法改正により上限金利が20%に引き下げられました。

そのため、現在金利が20%を超えていると出資法違反で刑事罰が課せられます。

また、利息制限法と出資法の上限金利の間で貸付けると貸金業法の法令違反で行政処分の対象になります。
つまり、貸金業者は利息制限法に基づき、貸付額に応じて15~20%の上限金利での貸付けを行わなければなりません。

消費者金融の上限金利は元金(借りたお金)に応じて3段階に分かれ、元金10万円未満なら上限金利20%まで。
元金10万円以上~100万円未満なら上限金利18%まで。元金100万円以上なら上限金利15.0%までで設定されることになります。

元金(借りたお金) 消費者金融の上限金利
10万円未満 20%まで
10万円以上~100万円未満 18%まで
100万円以上 15.0%まで

利息制限法と出資法

消費者金融の上限金利は利息制限法と出資法の2つの法律で定められていますが、上限や罰則などに違いがあります。

利息制限法では上記の表の通り、上限金利は元金(借りたお金)に応じて3段階に分かれます。
出資法では元金(借りたお金)に関係なく、上限は20%までです。

また、これに違反し利息制限法の上限を超える金利を設定した消費者金融は行政処分の対象となり、出資法の上限を超える金利を設定した消費者金融は刑事罰の対象になります。

消費者金融の金利は、確かに2010年6月以降低くはなりましたが、それでもまだ高いのは変わりありません。
いずれにしろ早期返済をし、少しでも負担を減らしたほうが賢明ですね。

おすすめの消費者金融・銀行はどこ?相場や上限も一覧でご紹介

金利を比較してキャッシングを検討される方は、ほとんどの場合が消費者金融各社の他に、銀行系カードローンを比較されるでしょう。

それでは消費者金融各社と銀行系カードローンの金利を比べてみましょう。

消費者金融の金利(実質年利)

消費者金融会社 金利(実質年利)
アイフル 3.0%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
アコム 3.0%~18.0%

銀行系カードローンの金利(実質年利)

銀行 金利(実質年利)
三菱UFJ銀行 1.8%~14.6%
三井住友銀行 4.0%~14.5%
みずほ銀行 2.0%~14.0%
りそな銀行※クイックカードローン 9.0%~12.475%

金利は上限金利で比較する

初めて利用する場合は、基本的に「上限金利」が適用されますので上限金利を比較すれば良いでしょう。

消費者金融の上限金利を比較してみると、唯一プロミスが17.8%で他の消費者金融は軒並み18%で並んでいます。
金利ではどの消費者金融を選んでも大差がないことが分かります。

また銀行の上限金利を見てみると、12%台~14%台なので消費者金融よりも金利が低いことが分かります。

即日ローン審査・融資を受けたい場合は消費者金融

上の表で見比べる限り金利は消費者金融よりも銀行の方が低いようですが、キャッシングを検討する時には金利以外にもポイントがあります。

2018年1月から銀行系カードローンは即日審査・融資が不可能になっています。
その為、その日のうちに融資を受けたい方は、金利は高くなりますが、消費者金融でキャッシングをしましょう。

低金利で融資を受けたい場合は銀行系カードローンがおすすめ

なるべく低い金利で融資を受けたいのであれば、審査に時間は要します(※)が、消費者金融より金利が低く設定されていることが多い銀行系カードローンが良いでしょう。

※2018年1月から銀行系カードローンは即日審査・融資が不可能になっています。
理由は、2018年1月から従来の銀行・保証会社の審査とは別に、預金機構機関(DICJ)・警視庁・他銀行などでデータの照会・審査といった、審査の厳正化が行われているからです。
つまり審査に時間がかかるため、現実的に即日融資が不可能になりました。

審査に通りやすい消費者金融はアコム

これは大手消費者金融が公開している審査通過率(成約率)で比べることができます。

アコムは大体47~48%台で推移しています。
アイフルは42~47%台で、プロミスは43~46%台で、推移しています。
SMBCモビットは非公開ですが、プロミスと同じグループ会社なので、プロミスが参考になるかもしれません。

金利以外にも重要なポイント!無利息サービスを利用して賢くローン返済

最後に金利以外にも重要なポイントをひとつ。

短期利用でお金を借りる場合は、消費者金融や銀行の金利よりも「無利息期間サービス」を確認したほうが良いでしょう。

「無利息期間サービス」とは、その名の通りこの期間内は金利が発生しないサービスです。
仮に無利息期間が30日間だった場合、30日以内に借りたお金を全て返済できれば、金利を支払わなくて済むという仕組みです。

無利息期間サービスは各消費者金融や銀行で独自の設定があり、「利用できる回数」「無利息期間」「無利息期間の開始日」などに違いがあります。

金利はもちろんキャッシング選びの重要なポイントですが、各消費者金融や銀行の「無利息期間サービス」設定をよく確認して、あなたの利用計画に合った借り入れ先を選ぶようにしましょう。

無利息で借りられる詳しい方法はこちら

まとめ

まとめ

1.金利とは

金利とは、借金を返済する時に支払う追加のお金(=利息)を計算するために使われる数字。利息は、消費者金融で借りたお金に対するレンタル料のようなもの。

2.金利はキャッシングの利用限度額で変わる

利用限度額が大きくなるほど金利が低くなります。

3.比較のポイントは「上限金利」

上限金利は、消費者金融より銀行系カードローンが低いです。
しかし、銀行は即日融資がNGなので、急いで借りたい場合は消費者金融が良い。

4.利息支払いを減らす方法

1日でも早く消費者金融に借金を返済すれば、その分利息が安くなります。
さらに「無利息サービス期間」内に返済すれば、そもそも利息を支払わなくて済みます。