最短1時間(即日融資)でお金を借りる3つの方法!

お金を最短・即日で借りるためにおさえたい4つのポイント!

「給料日まで数日あるなのに、お金が足りなくなってしまった」

「急な支払いが発生したのに、手元のお金に余裕がない!」

「最短・即日で借りる方法はないの?」

そんな悩みをひとりで抱え込んではいませんか?

緊急でお金が必要となった場合、最短・即日で借りる方法はあります。

そこで、この記事ではお金を最短・即日で借りる方法を紹介します!

合わせて、最短でお金を借りる上での注意点についても掲載しているので、最後まで記事を読まれることをおすすめします!

最短でお金を借りる方法はこの3つ!

最短でお金を借りるなら銀行ではなく消費者金融を利用しよう

① 最短・即日で借りるなら大手消費者金融

最短で即日にお金を借りるなら、大手消費者金融会社のカードローンが最適です。

  • 審査時間が最短30分
  • 融資開始までの時間は最短1時間
  • 公式サイトからの申込みは24時間受付

銀行振込でも即日融資可能ですが、銀行稼働時間や、銀行側の忙しさにも左右されるので、確実性を狙うなら自動契約機を活用すれば即日融資の可能性が更に高くなります。

② 最短OK!クレジットカードのキャッシング枠を利用する

クレジットカードのキャッシング枠を利用する方法もあります。

キャッシング枠が付帯していれば、審査が不要です。

提携ATMに行けばその場でお金の借入れが可能です。

③ 最短可能!口座があるなら低金利の銀行系カードローンを利用する

銀行の普通預金口座があれば、銀行系カードローンを利用する方法もあります。

  • 申込みは24時間いつでもOK
  • 安心の低金利

でお金を借りられます。

すでにキャッシュカード一体型のカードローンの契約済みなら、すぐに安心の低金利でお金を借りられます。

①最短即日でお金を借りるなら大手消費者金融

①最短即日でお金を借りるなら大手消費者金融

大手消費者金融「最短一時間で借入れ可能!おすすめ早見表」

プロミス アコム アイフル モビット レイクALSA
最短借入れおすすめ度 ★★★★★ ★★★★ ★★★ ★★★ ★★★
審査時間 最短15秒 最短30分 最短30分 最短30分 最短15秒
WEB完結
自動契約機台数 1000台以上 51,737台
※2019年3月時点
不明 不明 不明
銀行振込対応時間帯 24時間振込み可能 24時間振込み可能 24時間振込み可能 24時間振込み可能 ・月曜日 8時10分~23時50分まで
・火曜日~土曜日 0時15分~23時50分まで
・日曜日 4時~18時50分まで
特長 ・初回の借入れは30日間の無利息サービスあり
・自宅への郵送物なし
・カードレスでの取引可能
・初回の借入れは30日間の無利息サービスあり ・初回の30日間の無利息サービスあり
・WEB完結で自宅への郵便物なし
・専用スマホアプリでセブン銀行ATMにてカードレスで取引可能
・在籍確認の職場への連絡なし
・WEB完結申込みで自宅への郵便物なし
・スマホアプリを使えば最寄りのセブン銀行にてカードレスで取引可能
・初回の借入れは60日間・180日間の無利息サービスあり
・スマホアプリを使ったカードレス契約で自宅への郵便物ゼロ
金利(実質年率) 4.5~17.8% 3.0~18.0% 3.0~18.0% 3.0~18.0% 4.5~18.0%
借入れ限度額 1万円~500万円 1万円~800万円 1万円~800万円 1万円~800万円 1万円~500万円
最短借入れの総合評価 審査が早く、24時間振込可能、自動契約機も多いことから一番早く借入れ可能 最短審査は30分だが、自動契約機がダントツで多く、銀行振込も24時間対応なので状況次第ではもっともはやい可能性あり 審査は30分で24時間銀行振込も可能だが、自動契約機の台数が不明。銀行振込であれば他店にも負けないスピードで借入れできる可能性あり 審査は30分で24時間銀行振込も可能だが、自動契約機の台数が不明。銀行振込であれば他店にも負けないスピードで借入れできる可能性あり 審査は15分と早いが、銀行振込に時間指定があること、自動契約機台数が不明なことから、契約の時間帯によっては、即日が難しい可能性もあり

申し込みが「平日の午前中」ならこの方法!

  • 手順①
    最短即日融資のカードローンを選択する

    審査の所要時間は最短15分、即日で融資を受けることが可能ですが、下記の2項目について注意が必要。
    ・申込みは24時間いつでも可能だが審査は日中に実施される
    ・銀行の振込み時間に気をつける

    申込みの時間帯によっては審査結果が出るまでに時間がかかる可能性があり。
    ほとんどの銀行が24時間振込可能だが、混雑している場合遅れる可能性があり。

  • 手順②
    インターネットで公式サイトからログインして申し込む

    インターネットで公式サイトからの申込みが最短の借入れ方法。
    必須項目を入力・送信後、最短15分後には審査結果がメールで届く。
  • 手順③
    必要書類を正確に手元に用意する

    借入限度額が50万円を超える場合は、別途収入証明書の提出が必須。
    収入証明書を取得するには時間がかかるため、急ぎの借入れは50万円以下がおすすめ。
    50万円以下の借入れに必要な書類は、
    ・運転免許証
    ・パスポート
    ・個人番号カード
    などいずれか1点、写真付きの身分証明書の提出のみ。
  • 手順④
    在籍確認をうける

    最短でお金を借りるには、職場にいる状態でスマホなどを使って申込みを行うことをおすすめ。
    ※職場からの申込が不安な人は「モビット」なら在籍確認がない。
  • 手順⑤
    本人確認の電話を受ける

    本人確認は自分の連絡先(携帯や、提示した電話番号)にくる。
    プロミスでは在籍確認後、アコムでは在籍確認前に行われる。
  • 手順⑥
    審査結果メール後、指定口座へ振り込み

    審査結果の電話・メールを確認。
    その日のうちにお金を指定口座に振り込まれる。

申し込みが「平日の午後・土日」の場合はネット+店舗の自動契約機!

カードローンを申し込む時間が平日の午後になる場合は、インターネットから申し込みをし、自動契約機での借入れをおすすめします。

  • 審査は最短15分
  • 自動契約機で契約すればその場でカード発行

このように、借入れがスムーズです。


土日でお金を借りる場合は、在籍確認の相談がポイント!

土日にカードローンの申込みを行った場合、勤務先の会社が休日になるケースが多いです。

申込み手続きを行った後、申込み先の金融機関のコールセンターに連絡をとり、在籍確認について前もって相談しましょう。

一部の大手消費者金融では、所定の書類を提出すれば在籍確認を省けるところもあるので事前に要確認です。

自動契約機での借入れの詳細を知りたい方は下記のページもご覧ください。

消費者金融の無人契約機でお金を借りるメリットと注意点

大手消費者金融で最短でお金を借りる「その他のメリットと注意点」

大手消費者金融で最短でお金を借りる「その他のメリットと注意点」

30日(60日間・180日間)間無利息サービスを活用してお金を借りる

大手消費者金融会社の「プロミス・アイフル・アコム」では30日間の無利息期間サービスを利用できます。

また、レイクALSAでは60日間と180日間の無利息期間サービスがあります。

しかし、無利息期間サービスは新規契約者を対象にしており、初回の借入れ時1回限りです。
また、無利息期間の起算日が

  • 契約日の翌日
  • 初回借入日の翌日

と起算日の違いがあるので、事前に確認しましょう。


ネットで完結・郵送物無しも可能!

自宅にローン専用のカードや明細など郵便物が届くと、家族にバレる可能性があります。
郵送物が届かない方法は

  1. 1.契約時にカードの受取りを最寄りの自動契約機で済ませておく
  2. 2.WEB完結で申込みして、月々の利用明細書をネット上で閲覧できるようにしておく

以上のことをしておくと安心です。


セブンイレブンなどコンビニで借りて返済もできる

最寄りのセブンイレブン内のセブン銀行ATMなど、コンビニでもお金を借りることができます。

専用のスマホアプリを活用すれば「カードレスでの取引が可能」です。

コンビニ内のATMはほぼ24時間稼働しているので、今すぐにお金が必要な時にも便利です。

審査が通るか不安なら、申込前の「借入診断」を活用してみては?

大手消費者金融では銀行よりは審査には柔軟性がありますが、それでも審査に通るか不安な人もいるでしょう。

そこで、カードローンの申込み前に大手消費者金融の公式サイトから借入診断を活用することをおすすめします。

借入審査は金融機関ごとに呼び名が違い、簡易審査・3秒審査とも言います。
借入診断では

  • 年齢
  • 年収(総支給額)
  • 他社での借入れ状況

など3項目を入力・診断開始、その場で即診断結果が表示されます。

中小消費者金融も最短でお金を借りるサービスが充実

消費者金融セントラル
最短でお金を借りられるのは大手消費者金融に限らず、中小消費者金融でも即日融資に対応しているところもあります。

中でも注目されているのが【セントラル】。

大手消費者金融よりも審査が緩やかで通過しやすいと口コミでも言われています。

セブン銀行ATMでの借入・返済が可能、初回借入れ時には安心の30日間無利息期間サービスもあり、大手消費者金融に負けていない充実度です。
女性向けのカードローンもあり、金利は実質年率4.8~18.0%、WEB申込み可能です。

セントラルの詳細について知りたいかたは下記の記事もご覧ください。

消費者金融セントラルの審査や安全性など詳細情報

②クレジットカードのキャッシング枠でお金を最短で借りる方法

②クレジットカードのキャッシング枠でお金を最短で借りる方法
お金を借りる方法として、クレジットカードのキャッシング枠を利用する方法があります。

すでにクレジットカードを使っている人は、キャッシング枠を付帯しているか、限度額はいくらか、などについて確認しておくと良いでしょう。

キャッシング枠の利用ならATMで最短即日で借りられる

すでにクレジットカードを取得済みでキャッシング枠に利用可能な限度額があれば、最寄りのATMでお金を借りることができます。

キャッシング枠を使ってATMでお金を借りる場合は、返済方法を

  • リボ払い
  • 1回払い

のいずれかを選択します。


そもそもキャッシング枠とは?ショッピング枠とキャッシング枠の違い

クレジットカードには

  • ショッピング枠
  • キャッシング枠

2つの枠が用意されています。

ショッピング枠はおもに買い物をする時に使い、キャッシング枠はお金を借りる時に使います。

ショッピング枠の中にキャッシング枠が含まれているため、ショッピング枠で限度額いっぱい借りている場合は、キャッシング枠は利用できません

キャッシング枠付帯なし、増額したい場合は最短・即日融資は難しい

クレジットカードを使って最短でお金を借りるには、キャッシング枠が設定されていることが前提となります。

新たにキャッシング枠を設定する場合は、審査が実施され、最短即日というわけにはいきません。

借入限度額を増やすための審査なので、審査結果が出るまでには最短で3営業日~2週間程度の日数がかかります。


キャッシング枠の限度額の増額は可能だが審査あり

すでにキャッシング枠を設定していて、限度額を増やしたい場合は、増額の申込みを行うことができます。

ただし、返済能力の審査があるため増加した上での最短融資はのぞめません。

家族カードはまとめて計算される

クレジットカードが家族カードの場合、家族の借入れも枠内に含まれます。
例えば、自分以外の家族が「家族カード」でショッピング枠を利用していた場合、それも借り入れ残高に含まれることになります。
個人のクレジットカードを持っているなら、そちらを利用することおすすめします。

もし、家族カードのクレカしかない場合は明細で借入れ可能残高を確認しておくことが大切です。

③口座があるなら低金利の銀行系カードローンでお金を最短で借りる

③口座があるなら低金利の銀行系カードローンでお金を最短で借りる
銀行の普通預金口座があれば、低金利の銀行系カードローンでの借り入れはいかがでしょうか。

お金の借り入れ最短銀行はこの3つ!

銀行系カードローンでとくにおすすめなのが、下記の3点です。

  • みずほ銀行カードローン
  • 三菱東京UFJカードローン「バンクイック」
  • ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」

それぞれのカードローンのメリット・おすすめポイントについて解説します。


みずほ銀行「カードローン」でお金を最短で借りる

みずほ銀行カードローン
みずほ銀行カードローンの申込みは、「来店・郵送不要、WEB申込み完結」に対応しています。

借入限度額は10万円~800万円、金利は実質年率2.0~14.0%、さらに住宅ローンとの併用で通常金利よりも0.5%引き下げられます。
カードローンの利用金額に応じて他行宛ての振込手数料が無料になるサービスもあります。

注意点として、審査結果は最短で翌日以降、休日の申込みの場合は最短翌営業日以降です。


三菱東京UFJカードローン「バンクイック」でお金を最短で借りる

三菱東京UFJ銀行から最短でお金を借りるなら、テレビ窓口での申込みがおすすめです。

手順は

  1. 1.その場で申込みと本人確認用書類の提出
  2. 2.審査解答は電話で受ける
  3. 3.契約手続とカードの受取り

その場で全て対応できるため、即日融資も可能です。

注意点は、平日は21時まで、土・日・祝日は朝9時から17時まで、テレビ窓口での申込み可能です。


ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」でお金を最短で借りる

ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」の申込みは、専用のアプリを使うと便利です。

平日14時までに申込み手続を完了すれば、即日融資も可能です。

ローン専用カード不要なので、自宅への郵便物もありません。

初めての借入れで30日間の無利息期間サービスを利用できます。
借入日から30日以内が無利息期間がスタートします。

銀行で借りるメリットとは

銀行系カードローンのメリットは、おもに下記の2点です。

総量規制の対象外

銀行系カードローンは銀行法が適用されるため、総量規制の対象外となります。

大手消費者金融の場合は、年収の3分の1以上の借入れができませんが、銀行は対象外なので、年収の3分の1にこだわって借入限度額を設定する必要はありません。


低金利で借り入れ

銀行系カードローンの最大のメリットは、安心の低金利でお金を借りられることです。

利息分の支払いのムダを抑えられるので、無理のない返済計画を立てられます。

土日の借入れも可能、ATMの利用手数料のコストも低いのでムダな出費を防げます。

「審査が通らない人」はここに注意

「審査が通らない人」はここに注意

カードローンの審査に落ちた場合、その理由・原因が気になりますよね。

下記の4つのうちいずれか1つでも該当する場合は、審査に落ちることがあります。

1.借りられる条件をクリアしていない

審査の落ちる原因の大半は、お金を借りるための下記の3つの条件をクリアしていないことが挙げられます。


総量規制にひっかかっている

消費者金融では貸金業法に基づき、総量規制の適用対象となります。

年収の3分の1を超える借入れは不可、他社での借入がある場合は、その残債も含めて年収の3分の1までしか融資を受けることはできません。


年齢対象外

申込み時点で年齢条件を満たしていない人は、申込み自体ができません。


勤続年数が足りない

勤続年数が短い人も収入が安定していないため、審査に通りにくいです。

2.同時に複数に申し込み(他社への借入が複数ある)

他の金融機関での借入件数が3件を超える場合は、審査に落ちる確率が高いです。

また、同時期に複数の金融機関に申込みをした場合、申込みブラックと判定されることがあります。

複数に申込みをしていることを

「申込みブラック」

と言われ、「返済不能になるリスクが高い」と警戒され、申込みの時点で「融資不可」の判断をされる可能性が高くなります。

3.返済の滞納など信用情報に事故記録がある)

これまでに信用情報機関に金融事故の記録が残っている場合は、審査は通りません。

信用情報機関では、

  • 過去直近の借入・返済
  • 延滞
  • 滞納
  • 債務整理

の情報が一定期間に渡り、記録されています。

カードローンやクレジットカードのキャッシングだけではなく、携帯電話料金の支払いに関する情報も信用情報機関に履歴が残ります。

金融事故の履歴が解除されるまでは、

「返済能力が低い」
「信用力が低い」

とみなされます。

4.在籍確認がとれない

カードローンの申込み条件をクリアしているのに、在籍確認の連絡がとれないことが原因で審査に落ちるケースもあります。

在籍確認がとりづらい場合は、事前に申込み先の金融機関の担当者に「時間指定」をするなど相談しておくことで、問題が解消される可能性もあります。

無職や学生が最短でお金を借りるなら

現在無職の人や収入が無い人、学生は銀行・消費者金融カードローンやクレジットカードのキャッシングの申込みをしても、審査をクリアするのは難しいです。

「安定した収入が継続できない」
「返済能力に乏しい」

とみなされるからです。
しかし、そこであきらめるのはまだ早いです。

例えば、【アイシーローン】などは学生向けのローンで借り入れも早いです。

またアルバイト先に1日でも在籍していれば、消費者金融によっては審査が通る可能性もあります。

無職や学生のお金の借りる方法について知りたい方は下記のページもご覧ください。

無職でもお金を借りる方法~学生、主婦、失業中、年金受給の方~

国や市役所から最短でお金を借りる方法

最短でお金を借りる方法として、国や市役所などの貸付制度を利用する方法があります。

民間の金融機関とは違い、公的な機関から融資を受けられるので安全にお金を借りられます。
中でもおすすめなのが、生活福祉資金貸付制度です。

民間の金融機関よりも低金利の借り入れ、無利子なので返済しやすくて安心です。
単にお金を借りるだけではなく、生活支援に関する相談にも応じてもらえます。

公的機関からの貸付について詳しく知りたい方は下の記事もご覧ください。

国や市役所からお金を借りる、個人向けの貸付制度について

審査なし・激甘(極甘)審査で借りられる消費者金融はない

審査なし・激甘(極甘)審査で借りられる消費者金融はない

「銀行や大手消費者金融でカードローンの申込みをしても審査に通らない」

「審査なしでお金を借りられる方法はないの?」

と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

しかし、結論から言えば審査なしでお金を借りるのは無理です。
なぜなら、貸金業者が借り入れに関する契約を行う際には、事前に申込者の収入・年収や属性の情報を収集する必要があるからです。

返済能力があることを確認するためにも、信用情報機関と提携して調査をしなければなりません。
そのためには、審査を避けて通ることは絶対にできません

また、激甘 (極甘) 審査でお金を借りられる消費者金融も存在しません。

仮に「審査が甘いので安心してお金を借りられる」という謳い文句を強調する場合は、違法な業者である危険性が極めて高いので要注意です。

絶対借りられる「カードローン」はない

大手消費者金融・中小消費者金融、いずれも申込みの後に審査が実施されます。

中小消費者金融の方が大手消費者金融よりも審査基準がやや甘いと言われていますが、どんな人でも審査に通るというわけではありません。
金融会社は慈善事業ではないので、収入が少ないなどの返済能力が無いと審査は通りません。

絶対に借りられるカードローンは無いということです。

闇金やソフト闇金の可能性もある

「審査なしでお金を借りられる」

という謳い文句を強調するのが、闇金やソフト闇金です。

「取り立てなし」
「無審査」
「即日融資」

といったキーワードをふんだんに使ったりもします。

闇金もソフト闇金も、利息制限法で定められた金利を超える違法な貸付を行い、法外な手数料を要求するケースもあります。

「無審査だから1回くらい」

という軽い気持ちで借り入れすると、危険なので絶対に関わってはいけません。

個人間融資掲示板でお金を借りることは危険

インターネットで

「今すぐ借りられる」
「審査なし」
「ブラックリストOK」

といったキーワードで検索すると、個人間融資掲示板が表示されます。

匿名性が高いため、お金の貸し借りでトラブルが生じた場合、相手を特定しづらく最悪の場合「闇金業者」とのつながりがある可能性がありますので、絶対に利用してはいけません。

まとめ

まとめ

この記事では、最短でお金を借りる方法について詳しく解説しました。

最後のまとめとして、2つのポイントをまとめてみました。


最短でお金を借りる3つの方法

  1. 1.最短即日でお金を借りるなら審査が緩やかな大手消費者金融
  2. 2.クレジットカードを取得した人はキャッシング枠を活用する
  3. 3.銀行の普通預金口座がある人は安心の低金利・銀行系カードローンでお金を借りる

1つ補足すると、無利息期間サービスの起算日の違いや条件など規定について十分理解した上で、賢く上手に借り入れし、短期間で返済することをおすすめします。


審査なし・激甘(極甘)審査でお金を借りられる消費者金融はない

審査なしでお金を貸付けする業者はあきらかに違法なので、絶対に関わってはいけません。


肝心なことは、生活に支障が出ないように少額で借りること、家族・周囲に迷惑をかけないことです。

最短でお金を借りるには安全性の高い業者を選択し、無理のない返済を心がけましょう。

目次

  1. 1. 最短でお金を借りる方法はこの3つ!
    1. 1-1. ① 最短・即日で借りるなら大手消費者金融
    2. 1-2. ② 最短OK!クレジットカードのキャッシング枠を利用する
    3. 1-3. ③ 最短可能!口座があるなら低金利の銀行系カードローンを利用する
  2. 2. ①最短即日でお金を借りるなら大手消費者金融
    1. 2-1. 大手消費者金融「最短一時間で借入れ可能!おすすめ早見表」
    2. 2-2. 申し込みが「平日の午前中」ならこの方法!
    3. 2-3. 申し込みが「平日の午後・土日」の場合はネット+店舗の自動契約機!
    4. 2-4. 大手消費者金融で最短でお金を借りる「その他のメリットと注意点」
    5. 2-5. 審査が通るか不安なら、申込前の「借入診断」を活用してみては?
    6. 2-6. 中小消費者金融も最短でお金を借りるサービスが充実
  3. 3. ②クレジットカードのキャッシング枠でお金を最短で借りる方法
    1. 3-1. キャッシング枠の利用ならATMで最短即日で借りられる
    2. 3-2. キャッシング枠付帯なし、増額したい場合は最短・即日融資は難しい
    3. 3-3. 家族カードはまとめて計算される
  4. 4. ③口座があるなら低金利の銀行系カードローンでお金を最短で借りる
    1. 4-1. お金の借り入れ最短銀行はこの3つ!
    2. 4-2. 銀行で借りるメリットとは
  5. 5. 「審査が通らない人」はここに注意
    1. 5-1. 1.借りられる条件をクリアしていない
    2. 5-2. 2.同時に複数に申し込み(他社への借入が複数ある)
    3. 5-3. 3.返済の滞納など信用情報に事故記録がある)
    4. 5-4. 4.在籍確認がとれない
  6. 6. 無職や学生が最短でお金を借りるなら
  7. 7. 国や市役所から最短でお金を借りる方法
  8. 8. 審査なし・激甘(極甘)審査で借りられる消費者金融はない
    1. 8-1. 絶対借りられる「カードローン」はない
    2. 8-2. 闇金やソフト闇金の可能性もある
    3. 8-3. 個人間融資掲示板でお金を借りることは危険
  9. 9. まとめ
もっと見る