消費者金融の審査に落ちる原因と通りやすくなる方法を徹底解説!

消費者金融の審査に落ちる原因と通りやすくなる方法を徹底解説!

消費者金融は銀行より柔軟性があると聞いていたのに落ちてしまった!そんな経験はありませんか?
消費者金融の審査に落ちた場合、必ずその理由と原因があります。
そこで、審査に落ちる原因や理由について解説しながら、通るための方法を解説します。

消費者金融の審査に通らない理由を徹底解説


消費者金融の審査に通らない人の多くは以下でご紹介する理由に該当する場合がほとんどです。
何度も審査に落ちて時間を無駄にしないためにも、カードローンに申し込む前に一度本記事に目を通して、該当しているものがないか確認してみましょう。

消費者金融の貸付条件を満たしていない

消費者金融で融資を受けるには、以下の条件を満たしておかなければなりません。

  • 消費者金融申込み時の年齢が満20歳以上に達していること
  • 消費者金融申込み時点での年齢が満69歳以下
  • 安定して収入が継続していること
  • 消費者金融の審査基準を満たしていること

消費者金融会社のカードローンの申込み時には、年齢・電話番号・年収・勤務先・勤続年数・業種・職業・居住形態・居住年数などの必須項目を記入します。
この属性の内容を基に審査の際には、消費者金融会社独自のスコアリングによって判定されます。

当然ながら条件が全て満たされていなければ消費者金融の審査通過はできません
まずは自分がこれらの条件を満たしているかを確認しましょう。

「属性」とは?

「属性」とは、消費者金融の申込時に入力した「年齢」「年収」「勤続年数」「居住形態」など、生活にまつわる情報です。

消費者金融の審査において、この情報をスコアリングで計算して、最終的なスコアを審査します。

属性の内容と、それぞれの審査基準をまとめますので、以下をご覧ください。(どの消費者金融も審査基準は非公開ですので、あくまでも参考としてご覧ください。)

属性の内容 審査基準
年収 高ければ高いほうが良いが、「年収の額」だけではなく「収入の安定性」が重要視される。
勤続年数 就職・転職後1年未満だと審査に落ちやすく、2年以上が安心だと言われている。※アルバイトや派遣社員などの非正規雇用でも同じ
年齢 審査に有利な年齢は、支払い能力が最も高い「20代後半~50代前半」。ただ、申し込みは20歳~69歳が可能(ほとんどの大手消費者金融の場合)。
収入 毎月1回以上の収入があること。
※歩合給や時給、投資による収入や不動産収入は対象外となる場合あり
※アルバイトや派遣社員などの非正規雇用でも同じ
居住形態 賃貸物件ではないほうが有利。
職業 有利なのは、リストラの可能性のない公務員。不利なのは、反社会的な団体・水商売・風俗業・小説家・画家・芸能人など。

安定した収入がない

消費者金融の審査をクリアするには、安定した収入があることが絶対条件となります。
安定した収入がなければ、消費者金融で借りてお金を継続的に返済することはできません。
正規雇用で勤続年数が長い人は審査に通りやすいですが、短期間で転職を頻繁に繰り返す人や無職の人は審査には通りません。

以下に属する人を例に挙げて、更に深掘りしていきます。

無収入の主婦

消費者金融の審査では安定した収入と返済能力が重視されます。
そのため、無収入の主婦・主夫は、年齢条件を満たしていても安定収入の見込みがないことが原因で審査をクリアできません

中には、このように捉える主婦の方もいます。
「私は専業主婦なので収入はないけど、夫が会社員なので安定した収入がある」と認識するケースです。
しかし、消費者金融の審査は、一世帯を対象としているわけではありません。
申込み者個人への審査ですから、申込み時点で無職である場合は、返済能力がないと判定されます。

安定した収入の無い学生

消費者金融の申込み条件として、「申込み時点で満20歳以上」という年齢条件が設定されています。
中には「20歳以上なので学生でもカードローンが申し込める」と認識する学生もいます。
しかし、安定した収入がなければ、年齢条件を満たしていても返済能力がないため、審査に落ちてしまいます。
親からの仕送りで生活している学生も多いですが、仕送りはあくまでも学生の生活費に充当するお金です。
親からの仕送りは、「安定した収入」とは判定されません。

20歳以上の無収入の学生が消費者金融を利用するには、アルバイトなどでお金を稼いで安定的な収入を得る必要があります。
単発・短期間のアルバイトだと安定した収入を得るのは難しいです。
長期間で継続して安定した収入を得ることで、消費者金融の審査に通りやすくなります。

年金生活者

年金以外に収入がない場合は安定した収入がないとみなされ、消費者金融の審査に落ちる確率が高いです。
年金収入が少ない場合は老後の生活が大変なので、返済能力の面で不利になります。

年金生活者が消費者金融の審査に落ちる理由は、もうひとつあります。
高齢なので病気・ケガをするリスクが高く、返済が困難になると考えられるからです。

消費者金融の審査では、年齢条件が69歳以下となっています。
カードローンの申込み時点で70歳に達した場合は、年金収入が安定していても申込みの対象外となります。

年金以外に継続的に安定した収入があり、年齢条件を満たしていれば消費者金融の審査に通過しやすくなります。

消費者金融業者の複数借り入れに注意!

他社で5社以上の借り入れがある場合も、審査に落ちる可能性が高くなります。

消費者金融の申込み記録は6ヶ月ほど保管されますので、短期間に何社も申込みをすると落ちやすくなりますので注意が必要です

また、「借り入れの総額」よりも「何社から借り入れがあるのか」が重要視されますので、消費者金融業者はできる限り1社にまとめたほうが審査通過に有利です。

同じ消費者金融を利用する場合、過去に返済を踏み倒したり、家族など本人以外に返済してもらったりすると、審査通過はとても厳しくなります。

「信用情報にキズ」?金融事故は要注意!

特に「金融事故」は要注意です。

金融事故とは、「支払いが遅れしまう」、「契約通りの返済ができない」場合などに信用情報に登録されることです。

「事故情報があった時点で審査もしない」という消費者金融もある程です。

過去数年遡り、一度でも延滞がある場合は、審査通過が厳しくなります。
特に、月を跨いだ場合はより悪影響が大きくなりますので、支払いの際は注意しましょう。

一度、信用情報に事故情報として登録されてしまうと5年間など長い間、キャッシングを利用できず日常生活に大きな支障が生じるリスクが高くなってしまいます。

基準を満たしているかは「借入診断」で事前チェック


アコムやモビット等の大手消費者金融会社でカードローンの審査に通過できるかどうか気になる人は、事前に借入れ診断を行うと良いでしょう。

借入診断はパソコン・スマホのインターネット上で、わずか数秒で完了します。
年齢・年収(総支給額)・他社での借入れ状況の3項目を入力・診断開始わずか数秒で、簡易的な借入診断が可能です。

借入診断を行う際に、借入れの対象となるのは銀行での融資とクレジットカードのショッピングの金額を除いたカードローン・キャッシングとなります。
銀行での融資などは貸金業法ではなく銀行法が適用されるため、総量規制の適用を受けることはありません。

あくまでも申込前の仮診断なので診断結果と審査結果が異なる場合がありますが、借り入れ申し込み前の目安になるので、借入診断を受けてみることをおすすめします。

アコムについて詳細を見る※事前に借入できるか3秒診断が可能

消費者金融の基準を満たしていても落ちる理由


消費者金融の審査基準を満たしていても審査に落ちてしまうケースがあります。
その理由をいくつかご紹介します。

既存借入額が年収の3分の1以上ある

消費者金融では貸金業法の総量規制に基づき、年収の3分の1を超える金額の借入れは不可となっています。
他社での借入れがない場合は、年収300万円の人が100万円を超える借入れはできません。
また、既存の借入額が年収の3分の1を超える場合も同様です。
総量規制に引っかからないように要注意です。
既存の借入れがある場合は、新たにカードローンの申込みを行う前に、現時点での借入・返済状況を入念にチェックしておく必要があります。

在籍確認がとれない

「在籍確認」とは、審査担当者が申込者の職場に電話をかけ、職場に在籍しているかどうかを確かめるものです。

たとえ本人が電話に出ずとも、「会社に在籍している」ことが確認できた段階で、在籍確認は終わります。

虚偽の申告がある

個人の借入や返済に関する履歴が数年間分保管されている「信用情報機関」のデータベースを使ってチェックされるので、虚偽申告はすぐにバレます。

ほとんどの消費者金融業者は利用停止になり、さらに悪質な場合は一括返済を求められることがあります。
また、信用情報にも「金融事故情報」として約5年~10年は記録が残り、その期間は借入が一切できません。

審査通過率が低い消費者金融を選んだ

大手消費者金融会社でカードローンの申込みをして、審査に通過して契約が成立した人の割合について考えてみます。
カードローンに申込みを行う以上は、審査が厳しい金融機関よりも審査に通りやすいところを選んでおいた方が無難です

大手消費者金融会社の申込者の人数と契約成立人数との関係から、審査通過率に関するデータがあります。
アコムでは申込み者が約50,100人、そのうち契約が成立した人は約30,000人、申込者のうち契約成立の割合は約45%です。
アイフルでは約46%、プロミスでは約47%、ただし、一部の大手消費者金融では申込み者・契約者数・審査通過率についてデータの詳細は不明です。

トータルで見ると、申込み者10人のうち契約にまで至った人は4~5人です。
審査に落ちた約6割の人は、収入・属性・過去直近の借入・返済状況などに、何らかの原因があったものと考えられます。

消費者金融会社の申込み条件をすべてクリアしていなければ、契約することはできません
審査に落ちた場合は、すぐに別の金融機関に申込みを行うのではなく、それよりも先に原因を正しく突き止めることが肝心です。

他にもある!審査に影響すること

キャッシングによる住宅ローン・自動車ローン審査の影響

住宅ローン・自動車ローンへの影響ですが、まず完済済みおよび解約済みであれば、問題ありません。

ただ、現在キャッシング・カードローン利用中という場合は、審査に大きく影響します。
複数の借り入れをしている場合や日常的に借り入れをしている場合も悪影響です。

住宅ローンでは、年収に対し年間の返済額の割合がチェック対象となります。(自動車ローンは明確な基準はなし)

キャッシングによるクレジットカード審査の影響

クレジットカードを新しく作る場合の審査の影響は、申告したキャッシング希望額が影響を及ぼします。

そのため、現在借り入れがある場合は、クレジットカード申し込み書類の「キャッシング枠」欄を0円で申し込むと審査通過の可能性が上がります。

ただこちらも、完済していれば影響がありませんので、ご安心ください。

外国人であることの影響

外国人の場合、申し込みには在留カードの提示+日本語が話せることが条件となります。
ただし、利用限度額は少額です。
なお、雇用形態によって審査に落ちることはありませんので、安心してください。

非正規雇用(派遣社員・契約社員・パート・アルバイトなど)、自営業でも問題ありません。

消費者金融の審査が通りやすくなる方法


消費者金融系カードローンの審査通過率は45%程度、銀行と比較すると柔軟性が高いですが、それでも落ちる人もいます。
そこで、消費者金融の審査を通すための対策について解説します。

少額で申し込む

消費者金融系カードローンの審査に通過するには、借入れ希望額を少額に設定しておくことが重要です。
消費者金融は貸金業法に基づいて経営しているため、総量規制の適用対象となります。
年収の3分の1を超える金額を借り入れることは認められていません。

しかし、「総量規制に引っかからないように年収の3分の1までギリギリ借りておきたい」と認識する人も少なくありません。
お金を借りる以上は返済の義務が生じるので、返済につまずくことがないように、できるだけ借入額は少額での申込みをおすすめします。

不要なクレジットカードの解約

財布やカードケースの中に、全然使っていないクレジットカードや信販会社のカードがありませんか?
消費者金融でカードローンの申込みを行う前に、不要なクレジットカードが溜まっていないか、確認しておくことをおすすめします。

今は全然使っていなくても、クレジットカード自体の契約は解約しない限りは今後も続きます。
クレジットカードを契約した時点で、キャッシングの限度額が設定されています。
まずは、クレジットカードの契約内容を要確認です。

キャッシングの限度額が30万円と設定された場合は、「30万円までならお金を借りられる」という契約になっています。
不要であればこの契約を取り外すことにより、限度額をカットできます。
クレジットや信販でお金を借りる予定がなければ、解約しましょう。

不要なカードを解約しておけば、消費者金融の審査を有利に持ち込める可能性大です。

収入を増やす

消費者金融の審査に通りやすくするためには、収入を増やすことが重要です。
ただし、株やFXなどの投資で大きな収益を得られたとしても、それは一時的な臨時収入にしか過ぎません。

消費者金融の審査で肝となるのが、「収入の安定」です
そのためには、年収を確実に増やしていく必要があります。
パートやアルバイトで収入を増やすことも可能です。
時間に余裕があれば、パートやアルバイトを掛け持ちすれば年収を増やすことができます。
正社員として雇用されている人は、資格を取得することで資格手当が支給され、年収を増やす方法もあります。

職種やワーキングスタイルによっても、年収を増やす手段が変わってきます。
本業だけでは年収が低い人は、副業をすることで年収アップを目指せます

2社以上の同時申し込みは避ける

2社以上の同時申込みを行った場合は、消費者金融の審査では不利となります。
また、1社で申込みをしてから短期間で別の金融機関に申込みを行った場合も、申込みブラックと判定される可能性が高いです

むやみに複数の金融機関に申込みをするのは危険です。
同時申込みや短期間での申込みは、「家計のやりくりに切羽詰まっている」「返済能力に乏しい」とマイナス要素になります。
複数の金融機関に同時申込みを行った場合や短期間で申し込みをした場合は、信用情報機関に登録されます。
登録されてから6ヶ月間は記録が残るので要注意です

就職・転職したばかりの人はしばらく待ってから申し込む

新社会人や転職したばかりの人は、しばらく期間を置いてから申込みを行うと審査に通りやすくなります
消費者金融の審査では、安定した収入と返済能力を重視します。
就職・転職してからすぐにカードローンの申込みを行うのは避けましょう
しばらく待ってからの方が収入は安定するので、審査がより有利になります。

同じ会社で1年以上働いてから申し込む

消費者金融の審査では、収入の安定について把握するための目安として、勤続年数が重視されます。
正社員として雇用されている人でも、勤続年数が1年未満の場合は、返済能力が低いと判定されるケースもあります。

1年以上同じ会社で勤務している人は、「仕事が長続きしていて安定した収入が継続している」と判断されるため、審査に有利です
正社員として働いてきた人でも、頻繁に転職する人は仕事が長続きしないので、返済能力が疑われてしまうため、審査に不利です

もちろんパートやアルバイトの人でも、1年以上の勤続年数があれば、審査に通るケースもあります。

ハードルが低い業者一覧をご紹介!即日お金を借りられるところも◎

大手消費者金融の審査に落ちた場合、別の大手消費者金融にカードローンの申込みをする人もいます。
しかし、それよりも審査のハードルが低い中小消費者金融に申込みをした方がお金を借りやすくなることもあります。
大手消費者金融の審査に通過できなかった人でも、お金を借りられる可能性は十分にあります。

大手消費者金融と中小消費者金融の違い

大手消費者金融と中小消費者金融は、よく似ているようで実は大きな違いがあります。
大きな違いとして挙げられるのは、ターゲットとしている顧客層とサービス形態にあります。

ここでは、大手消費者金融と中小企業消費者金融の違いを、より詳しく比較していきます。

金融機関 年金利 限度額 ATMの数
大手 アイフル 4.5%-18.0% 500万円 自社ATM、セブン銀行ATM、イオン銀行ATM、三菱UFJ銀行ATM、ローソンATM、イーネット、その他提携ATM複数有り
プロミス 4.5%-17.8% 500万円 自社ATM、三井住友銀行ATM、ゆうちょ銀行ATM、セブン銀行ATM、イーネット、ローソンATM、その他提携ATM複数有り
アコム 3.0%-18.0% 800万円 自自社ATM、三菱UFJ銀行ATM、セブン銀行ATM、イーネット、ローソンATM、イオン銀行ATM、その他提携ATM複数有り
SMBCモビット 3.0%-18.0% 800万円 三井住友銀行ATM、三菱UFJ銀行ATM、セブン銀行ATM、イオン銀行ATM、プロミスATM、イーネット、ローソンATM、その他提携ATM複数有り
中小 セントラル 4.8%-18.0% 100万円 自社ATMのみ
アロー 15.0%-19.94% 300万円 なし
フタバ 14.959%-17.950% 50万円 なし
スカイオフィス 15.0%-20.0% 50万円 なし
フクホー 7.3%-18.0% 200万円 なし
ダイレクトワン 4.9%-20.0% 200万円 スルガ銀行ATM、イーネット、タウンネットワークサービス、セブン銀行ATM、ゼロバンクATM、イオン銀行ATM、プロミスATM
ライフティ 8.0%-18.0% 500万円 セブン銀行ATM

中小消費者金融サービスの特徴

中小消費者金融サービスの特徴 特徴 実質年率 利用限度額 申込み方法 申し込み条件 審査時間
セントラル 昭和48年創業の老舗
30日間利息0円
即日融資(平日14時までの申込み)
4.8%~18.0% 1~300万円 スマホ・パソコンのインターネット
・専用の自動契約機
・店舗への来店
・申込み時の年齢が満20歳以上
・定期的に安定した収入があること
・返済能力を有すること
最短で翌営業日
クレジットのニチデン 100日間利息0円
即日融資(14時までの申込み)
訪問貸付サービス
7.30%~17.52% ~50万円 ・店舗への来店
・インターネット(スマホ・パソコン)
※ただし、全国からの申込みは不可・おもに関西エリアの7府県のみ対象
・申込み時に満20歳以上に達していること
※無収入の学生は不可
・安定した収入があること
最短即日
クレジットのニチデン 100日間利息0円
即日融資(14時までの申込み)
訪問貸付サービス
7.30%~17.52% ~50万円 ・店舗への来店
・インターネット(スマホ・パソコン)
※ただし、全国からの申込みは不可・おもに関西エリアの7府県のみ対象
・申込み時に満20歳以上に達していること
※無収入の学生は不可
・安定した収入があること
最短即日
フクホー 昭和42年創業の老舗
全国のセブンイレブンで書類発行可
7.30%~18.00% 5~200万円 ・インターネット(スマホ・パソコン)
・セブンイレブンのマルチコピー機
・FAX
・申込み時点で満20歳~65歳まで
・勤続年数が6ヶ月以上
・本人確認書類の提出ができる人
約1時間
ライフティ 独自の審査基準で柔軟に対応
35日間利息0円
全国のセブン銀行ATM利用可
8.0%~20.0% 1,000円~500万円 ・インターネットでの申込み (スマホ・パソコン) ・申込み時点の年齢が満20歳~69歳以下
・必要書類を提出できること
・安定した収入が継続すること
最短30分
関東信販 昭和58年創業の老舗
即日融資
13.98%~19.98% 5~99万円 ・公式サイトからの申込み
※ネットキャッシングであるため、店舗への来店不可
・契約時の年齢が満20歳~60歳未満の方
・社会保険証を取得した人
※国民健康保険証は認められない
最短即日
フタバ 他社借り入れ4社まで申込み受付可
30日間利息0円
即日融資
14.959%~17.950% 10~50万円 インターネットで公式サイトからの申込み ・申込み時点で満20歳~70歳以下
・他の金融機関での借入れが4社以内
※ただし信販会社や銀行などのローンやキャッシングは除く
最短即日
アロー 過去に自己破産や債務整理をした人でも相談可能 15.00%~19.94% ~200万円 ・パソコン・スマホのインターネットで公式サイトからの申込み
・郵送
・FAX
・申込み時の年齢が25歳~65歳以下
・他社での借入れがある人は延滞がないこと
・1年以上の勤続年数
最短45分
スカイオフィス 他社で断られた人でも柔軟に対応
即日融資(14時までの申込み)
15.0%~20.0% 1~50万円 ・インターネットで24時間いつでも申込み
・電話で申し込む方法
・申込み時点で満20歳以上65歳未満の方
・安定した収入が得られていること
※パート・アルバイト・学生・主婦で安定した収入があれば借入れ可能
最短30分
エニー 自己破産や債務整理など事故歴に柔軟に対応
即日融資
18.0%~20.0% 1~100万円 ・電話
・郵送
・FAX
・申込み時点で20歳以上
・完済時の年齢が65歳以下であること
・勤続年数が1年以上であること
最短30分

甘い罠に注意!!審査なしでお金が借りられる?


「消費者金融の審査が厳しくてお金を借りられない、それなら審査なしでお金を借りられる金融機関を探した方が良いのでは?」と考えてはいませんか?
しかし、審査なしでお金を借りるのは危険です。

特に闇金でお金を借りるのはNGです
なぜ闇金がNGなのかをご紹介すると共に、闇金に頼らずに金欠のピンチをしのぐ方法をご紹介します。

闇金ではお金を借りない

銀行や消費者金融審査が厳しくてお金を借りられないからといって、闇金でお金を借りるのは御法度です。
闇金とは、貸金業法・利息制限法・出資法の貸金三法をまったく無視した違法な業者です。

利息制限法では、お金の貸付について利息の利率の上限が20.0%と定められています
闇金業者は、20.0%を超えて個人に対して融資を行っています。
闇金は正式な金融機関ではなく個人的に運営されているため、銀行や消費者金融のように審査は行われていません。

審査なしですぐにお金を借りられることから、カードローンの審査に落ちた人や多重債務者が闇金に走るケースも少なくありません。
しかし、個人向けの融資とは表向きで、闇金業者にお金を借りたら高金利での返済を要求されます。
闇金業者の督促の手段は強引で、自宅訪問や電話など極めて悪質です
最悪の場合、お金を借りた本人だけでなく、その家族に対しても厳しい取り立て行為をすることもあります。

公衆電話ボックスや電柱に「お金貸します」「ブラックリストの方にも融資します」の貼り紙があっても、気軽に電話してはいけません。
闇金業者には固定電話はなく、携帯電話番号しか記載されていません。
闇金業者の携帯電話に連絡すると、発信元の電話番号が履歴として残ってしまいます。
闇金業者は頻繁に電話番号を変えたりするので要注意です。

審査なしでお金を借りることの危険性をしっかりと踏まえておかなくてはなりません。

金欠のピンチをしのぐ方法

今すぐにでもお金を借りたいけれどカードローンの審査に落ちてしまい、借りる場所がみつからない。
そんな時のためのお金のピンチをしのぐ方法についてご紹介します。

様々なお金を借りる方法を知っておこう

以下の記事では、消費者金融や銀行に加えて公的機関や家族・知人など合法に「お金を借りる」様々な方法をご紹介しています。
知識を身につけることで闇金に頼らずとも安全にお金を借りられます。

お金を借りる方法16選

借金せずに金欠をしのぐ方法を知っておこう

できることなら借金はしたくない方のために、以下ではお金を借りずに生み出す方法をご紹介します。

急場をしのぐ方法

相談する

審査なしでお金を借りる方法にはいろいろありますが、お金に困った時は自分ひとりで悩まずに、周りの人に相談することも必要です。
家族や周囲の人に知られたくないからといって、むやみに審査なしの闇金に手を出すのは危険です

生命保険を有効活用してお金を借りる場合は、事前に加入中の保険会社に相談しましょう。

生命保険を活用してお金を借りる方法を詳しく見る

生活福祉資金貸付制度の利用を検討している人は、最寄りの社会福祉協議会の窓口に出向いて相談すると良いでしょう。
危険な方法でお金を借りて後悔することのないように、安全にお金を借りてスムーズに返済できる方法を考えてみて下さい。

生活福祉資金貸付制度について詳しく見る

まとめ

今回は、消費者金融の審査に落ちる原因や理由について解説した上で、審査に通るための対策をご紹介しました。

審査に通らない場合は必ず理由があります
本記事でご紹介した理由をもとに対策を練ることで安心して審査を受けることができます。
特に以下の点については該当していないか事前にしっかり確認しておきましょう。

  • 消費者金融の貸付条件を満たしているか
  • 信用情報に問題はないか
  • 申告内容に虚偽はないか

一度審査に落ちると不安を抱いてしまいますが、しっかりと準備をして臨めば問題なく通過できます。
ぜひ本記事をご覧の上、万全の状態で申し込むようにしてください。

FP監修者コメント

FP監修者コメント

貸す側は相手が返済をできる能力があるかを審査します。そのため各社の審査基準に満たなければ審査に落ちます。審査に落ちる理由は当人が一番わかっているかと思います。返済できる見込みがない中で無計画な借り入れは後悔につながります。返済を考えたうえで借り入れしてください。

成川由利子氏の詳細はこちら