消費者金融の審査に落ちる原因・通るコツを徹底解説!

消費者金融の審査に落ちる原因・通るコツを徹底解説!

簡単に消費者金融でお金を借りられるの?
消費者金融の審査は厳しいだろうから、私には無理かも?
一度お金を借りると、その後のローンやクレジットカードの申し込みで落ちるのでは?

消費者金融でお金を借りる前には色々な不安もつきまとうことでしょう。

消費者金融での借り入れにおける「審査」とは、具体的に何を見られるのでしょうか。
また、通過するのに何かポイントはあるのでしょうか。

ここでは、お金を借りるうえでまずは知っておきたい、消費者金融での借り入れ(カードローン・キャッシング)における「審査」についてお伝えしていきます。

キャッシングの審査に通りたい…!消費者金融でお金を借りるために一番重要なポイントは?

「お金を貸した後、きちんと返してもらえるのか」
消費者金融でのキャッシングの審査基準は、これに尽きます。

そのために、消費者金融業者は申込者の信用情報を確認します。
消費者金融でお金を借りるのに、一番重要視されるのが、この「信用情報」と言われています。

信用情報とは?

信用情報とは、キャッシングやカードローン等の契約を結んだ際に記録される情報のことです。

信用情報機関という組織が信用情報を一括して管理・提供しています。
信用情報機関は、CIC、JICC、全国銀行個人信用情報センターの3つの組織です。

信用情報は、具体的には大きく分けて4つの情報があります。

1.個人を特定するための情報 氏名、性別、生年月日、電話番号、住所、勤務先、勤務先電話番号、運転免許証等の記録番号等
2.契約内容に関する情報 契約の種類、契約日、貸付日、貸付金額、契約金額、保証額等
3.返済状況に関する情報 入金日、入金予定日、借入残高、完済日、延滞等
4.取引事実に関する情報 債権回収、債務整理、保証履行、強制解約、破産申立、債権譲渡

個人情報だけではなく、過去のキャッシング利用の履歴やその返済状況までもがすべて記録されています!

冒頭でお伝えした通り、キャッシングの審査で「お金を貸した後、きちんと返してもらえるのか」と考えた時に、特に重視されるのが3.返済状況や4.取引事実であることはもうお分かりでしょう。

審査通過のために気をつけるべき重要ポイントはこの2つ!

1.「信用情報にキズ」?金融事故は要注意!

特に「金融事故」は要注意です。

金融事故とは、支払いが遅れてしまったり、契約通りの返済ができなかった場合などに、信用情報に登録されること。

「事故情報があった時点で審査もしない」というところもある程です。

過去数年遡り、一度でも延滞がある場合は、審査通過が厳しくなります。
特に、月を跨いだ場合はより悪影響が大きくなりますので、支払いの際は注意しましょう。

一度、信用情報に事故情報として登録されてしまうと5年間など長い間、キャッシングを利用できず日常生活に大きな支障が生じるリスクが高くなってしまいます。

2.消費者金融業者の複数借り入れに注意!

他社で5社以上の借り入れがある場合も、審査に落ちる可能性が高くなります。

キャッシングの申込み記録は6ヶ月ほど保管されますので、短期間に何社も申込みをすると落ちやすくなりますので注意が必要です。

また、「借り入れの総額」よりも「何社から借り入れがあるのか」が重要視されますので、できる限り1社にまとめたほうが審査通過に有利です。

なお、同じ消費者金融業者を利用する場合、過去に返済を踏み倒したり、家族など本人以外に返済してもらったりすると、審査通過はとても厳しくなります。

銀行系カードローンより甘い消費者金融の審査…それでも落ちる理由は?

銀行系カードローンより甘い消費者金融の審査…それでも落ちる理由は?

消費者金融のキャッシング審査に落ちる可能性が高くなるポイントとして、他に「属性の値が審査基準を満たしていない」場合が挙げられます。

「属性」とは?

「属性」とは、申込時入力した「年齢」「年収」「勤続年数」「居住形態」など、生活にまつわる情報です。

キャッシング審査において、この情報をスコアリングで計算して、最終的なスコアを審査します。

属性の内容と、それぞれの審査基準をまとめますので、以下をご覧ください。(どの消費者金融業者も審査基準は非公開ですので、あくまでも参考としてご覧ください。)

属性の内容 審査基準
年収 高ければ高いほうが良いが、「年収の額」だけではなく「収入の安定性」が重要視される。
勤続年数 就職・転職後1年未満だと審査に落ちやすく、2年以上が安心だと言われている。※アルバイトや派遣社員などの非正規雇用でも同じ
年齢 審査に有利な年齢は、支払い能力が最も高い「20代後半~50代前半」。ただ、申し込みは20歳~69歳が可能(ほとんどの大手消費者金融の場合)。
収入 毎月1回以上の収入があること。
※歩合給や時給、投資による収入や不動産収入は対象外となる場合あり
※アルバイトや派遣社員などの非正規雇用でも同じ
居住形態 賃貸物件ではないほうが有利。
職業 有利なのは、リストラの可能性のない公務員。不利なのは、反社会的な団体・水商売・風俗業・小説家・画家・芸能人など。

他にもある!審査に影響すること

また、以下も審査に影響してきます。

在籍確認がとれない

「在籍確認」とは、審査担当者が申込者の職場に電話をかけ、職場に在籍しているかどうかを確かめるものです。

たとえ本人が電話に出ずとも、「会社に在籍している」ことが確認できた段階で、在籍確認は終わります。

虚偽の申告がある

個人の借入や返済に関する履歴が数年間分保管されている「信用情報機関」のデータベースを使ってチェックされるので、虚偽申告はすぐにバレます

ほとんどの消費者金融業者は利用停止になり、さらに悪質な場合は一括返済を求められることがあります。
また、信用情報にも「金融事故情報」として約5年~10年は記録が残り、その期間は借入が一切できません。

専業主婦である

消費者金融では、無収入の専業主婦の申込みは受け付けられません。
一部の銀行カードローンでは申込み可能ですが、「配偶者に安定した収入があること」という条件付きです。
主婦がお金を借りるおすすめの方法はこちら

学生である

学生でも、20歳以上で、なおかつ安定した収入があれば申込み可能です。
ただ、連帯保証人が必要であったり、利用限度額が少額であったりします。

学生がお金を借りるおすすめの方法はこちら

・年金生活者である

ほとんどの消費者金融が申込み不可です。
一部申込み可能な業者もありますが、学生同様に利用限度は低めになります。

年金受給者がお金を借りるおすすめの方法はこちら

外国人である

申し込みには在留カードの提示+日本語が話せることが条件です。ただし、こちらも利用限度額は少額です。

これらの条件に当てはまると必ず審査に落ちるというわけではありませんが、当てはまる項目が多い場合は審査通過が厳しいでしょう。

なお、雇用形態によって審査に落ちることはありませんので、安心してください。
非正規雇用(派遣社員・契約社員・パート・アルバイトなど)、自営業でも問題ありません。

ハードルが低い金融業者一覧をご紹介!即日お金を借りられるところも◎

多くの消費者金融業者の中で、少しでも審査が甘いところはないか?と知りたいところだと思います。

結論を言うと、審査基準は業者によるため、「どこが厳しい。どこが甘い。」とは言い切れません。

その中でも、独自の審査基準を置いている、柔軟に対応してくれるなど、審査ハードルが少しでも低い中堅・中小消費者金融をご紹介していきます。

ただ、審査が甘い=闇金をイメージしてしまう方も多いですよね。
ここでは、日本貸金業協会の加盟がある消費者金融のみをご紹介しますので、ご安心ください

消費者金融業者名 特徴 実質年率 利用限度額
セントラル
  • 昭和48年創業の老舗
  • 30日間利息0円
  • 即日融資(平日14時までの申込み)
  • 全国のセブン銀行ATM利用可
4.8%~18.0% 1~300万円
クレジットのニチデン
  • 100日間利息0円
  • 即日融資(14時までの申込み)
  • 訪問貸付サービス
7.30%~17.52% ~50万円
フクホー
  • 昭和42年創業の老舗
  • 全国のセブンイレブンで書類発行可
7.30%~18.00% 5~200万円
ライフティ
  • 独自の審査基準で柔軟に対応
  • 35日間利息0円
  • 全国のセブン銀行ATM利用可
  • インターネットバンキング利用可
  • ポイント制度
8.0%~20.0% 1,000円~500万円
関東信販
  • 昭和58年創業の老舗
  • 即日融資
13.98%~19.98% 5~99万円
フタバ
  • 他社借り入れ4社まで申込み受付可
  • 30日間利息0円
  • 即日融資
14.959%~17.950% 10~50万円
アロー
  • 過去に自己破産や債務整理をした人でも相談可能
15.00%~19.94% ~200万円
スカイオフィス
  • 他社で断られた人でも柔軟に対応
  • 即日融資(14時までの申込み)
15.0%~20.0% 1~50万円
エニー
  • 自己破産や債務整理など事故歴に柔軟に対応
  • 即日融資
18.0%~20.0% 1~100万円

借り入れがあると住宅ローンやクレジットカード申し込みが通らなくなる?

借り入れがあると住宅ローンやクレジットカード申し込みが通らなくなる?

「お金を借りたいけど、これから先クレジットカードや住宅ローンなどが必要になった時に審査に影響がないか、その後が恐い…。」という方も多いでしょう。

結論、キャッシングをしただけで信用情報に傷がつくことはありませんが、その後の審査に影響が出る可能性はゼロとは言い切れません。

住宅ローン・自動車ローンと、クレジットカードでも影響が違いますので、分けてお伝えします。

キャッシングによる住宅ローン・自動車ローン審査の影響は?

住宅ローン・自動車ローンへの影響ですが、まず完済済みおよび解約済みであれば、問題ありません。

ただ、現在キャッシング・カードローン利用中という場合は、審査に大きく影響します。
複数の借り入れをしている場合や日常的に借り入れをしている場合も悪影響です。

住宅ローンでは、年収に対し年間の返済額の割合がチェック対象となります。(自動車ローンは明確な基準はなし)

キャッシングによるクレジットカード審査の影響は?

クレジットカードを新しく作る場合の審査の影響は、申告したキャッシング希望額が影響を及ぼします。

そのため、現在借り入れがある場合は、クレジットカード申し込み書類の「キャッシング枠」欄を0円で申し込むと審査通過の可能性が上がります

ただこちらも、完済していれば影響がありませんので、ご安心ください。

これでバッチリ!キャッシングの申し込みに必要な書類・手続き方法

では、実際にお金を借りるときどうしたらいいのでしょうか?
消費者金融を利用してお金を借りるまでの流れをまとめます。

  • 申し込み方法

    インターネット、電話、店頭窓口、郵送、無人契約機など様々な方法で申し込み可能です。

    人に知られずにできることから、パソコンや携帯、スマホを使ってインターネットから申し込む人が多くなりました。

  • 審査内容

    主に、年齢と収入、借り入れ状況を元に審査が行われます。

    もちろん、申告内容の虚偽はNGです。
    借り入れ状況についても、信用情報機関に問い合わせて確認しますのでごまかすことはできません。

    働いている主婦の場合、審査の最終段階で本当に勤務先に勤めているかを確認するために、電話確認が実施されます。

    ただ、金融機関名ではなく個人名でかけてきますので、カードローン申し込みを会社に知られることはありません。
    専業主婦の場合は、電話確認はありません。

  • 審査結果

    結果は、電話やメール、郵送で連絡がきます。インターネットや無人契約機からの申し込みの場合は、その場で知らされます。

    消費者金融は即日融資がウリですので当日中に審査結果が出ることがほとんどですが、銀行系カードローンは消費者金融と比べると審査が遅く、早い人で2日、遅い人だと1週間~10日程度かかります。

    なぜかというと、銀行系カードローンは低金利というメリットから申込者が多いため、貸し倒れのリスクを回避するために、銀行側はより慎重に審査をおこなう必要があり、そのぶん時間が長くなってしまうのです。

  • 最終確認

    審査に通ったら、契約内容を確認し、契約書と必要書類を提出します。

    店頭でカードを受け取る場合

    その場で契約書に記入し必要書類を提出。

    郵送で受け取る場合

    契約に関する書類が届いたら記入し必要書類を一緒に返送します。

    必要書類の提出や契約手続きを全てインターネット上で完結できる金融機関もあります。

  • 必要なもの

    ・本人確認書類
    運転免許証・パスポート・健康保険証などから1点。

    ※上記がない場合は、住民基本台帳カード・印鑑証明書・各種公的証明書などで代用可能な場合もあります。
    外国人の場合は外国人登録書・在留カードでも可能です。

    ・収入証明書(ご主人の職業が個人事業主や法人経営者の場合、50万以上の融資の場合)

    収入証明書の種類

    • 源泉徴収票
    • 給与明細書
    • 所得証明書
    • 確定申告書
    • 課税証明書

    →上記書類から1点が必要になります。

  • 借り入れ

    契約が完了したら、以下の方法で借り入れができます。

    • インターネットからの口座振込
    • 電話からの口座振込
    • 消費者金融ATM
    • 銀行ATM
    • コンビニATM

    ATMの場合は、発行されるキャッシング専用のカードを使用します。

まとめ

まとめ

1.消費者金融の審査で一番重要なのは「信用情報」

支払い遅延などの「金融事故」は要注意!
複数の消費者金融で借り入れしない!

2.次に重要なのは「属性」

「年齢」「年収」「勤続年数」「居住形態」など、生活にまつわる情報をすべて審査。

3.審査のハードルが比較的低いのは、中堅・中小消費者金融

即日融資が可能、コンビニATMでの借り入れが可能、など大手消費者金融と近いメリットあり。

4.キャッシングによる住宅ローン・自動車ローン審査・クレジットカード審査の影響

完済済みおよび解約済みであれば、問題なし。
住宅ローン・自動車ローン審査は、キャッシング利用中の場合は、審査に大きく影響あり。