少額のお金を借りる方法~無利息で即日キャッシングも可能!~

少額のお金を借りる方法~無利息で即日キャッシングも可能!~

給料日前でお金がピンチのとき、数千円だけでもいいからお金が必要なとき、ありますよね。そんな時、消費者金融で1,000円単位の少額でもお金を借りることができるのか、不安もあると思います。

実は、消費者金融では1,000円単位の少額からでもお金を貸してもらえます。また、少額なので学生や低所得者でも審査が通りやすくなります。

少額のお金を借りるにはどこがいいのか?リスクは?などの疑問に答えながら、少額のお金が必要なとき借りる以外にどのような方法があるのか…などもお伝えしていきます。

数千円単位でもお金を借りることはできる?

数千円単位でもお金を借りることはできる?

少額の借り入れの場合は、審査も通りやすく借りやすいのは確かです。確かに消費者金融の最低借入金額は1,000円単位のところもあります。

ですが、この場合「借りたい数千円が返せるか?」という審査になるわけではなく、審査によって与えられる最高限度額は、最低でも10万円からになります。
つまり「10万円貸し付けても返せる見込みがある」という信用度がないと、数千円を借りることもできないんです。

ということは、やはり数千円を借りることはできないのでしょうか?

安心してください。10万円というのはあくまで最高でここまでしか借りられないという限度額であって、その範囲内ならいくら借りようと自由なので、数千円の借り入れは可能です。

ただ、自社の専用ATMではなく提携コンビニATM・提携銀行ATMなどを使う場合など、ATMによっては1万円単位でしか借りることができない場合があります。
その場合、1万円借りておいて数千円使い、返済時に1万円返すという方法もあります。

少額なら、幅広い人が審査に通りやすい

少額なら、幅広い人が審査に通りやすい

初めて利用する人も少額なら問題なく借入可能

初めて消費者金融で契約した場合、最初は借りることができる限度額が低く設定されています。
でも少額を借りるのであれば、限度額が低くても問題なし。

また、希望額が多いと審査に時間がかかり、審査に通らない場合もありますので、少額を希望した方が審査に通りやすいです。

”余裕を持って多めのお金を借りる”ではなく、必要な分だけの少額を希望するようにしましょう。

消費者金融系カードローンを契約・利用する上での最大の利点は、最短で即日融資が受けられることにあります。銀行系カードローンで借り入れを行う場合、消費者金融系と比較するとやはり審査に時間を要することもあります。

冠婚葬祭などで今月は出費が大きく、生活費が足りなくなった分を勤務先の会社の上司や同僚に「給料の前借りをしたい」とはなかなか言い出しにくいですよね。

「今月はあとちょっとお金があればいいんだけど」そんな時は、消費者金融のカードローンで少額のお金を借り入れるという手もあります。

新規のカードローンの借入で数百万円もの大口融資を受けるとなると、収入証明書の提出が求められ、返済能力や経済力について審査に時間がかかる可能性もあります。しかし、少額での借入なら審査に1時間もの時間を要することもなく、わずか数十分で審査結果が出ます。

何かと出費がかさんでしまう時は、少額での融資なら消費者金融系のカードローンが適しています。借入れまでがスピーディーで、安心の無利息期間サービスを上手に活用すれば金利が実質ゼロにすることもできます

学生・低所得者でもお金を借りることができる

学生は、仕送りやアルバイト代などで学費や生活費をまかなっていると思いますが、新しい交友関係などで交際費がかさんだりすると、お金が足りなくなることもありますよね。

でも学生にお金を貸してくれるところはあるのか?という心配も出てくると思います。

答えはYESです。学生でもお金を借りることができます。消費者金融では、学生でも少額なら即日融資も可能です。

お金を消費者金融で借りるのは恐い…などと抵抗があるかもしれません。でも、すぐに返せる見込みがあれば、「30日間無利息サービス」などもありますので、返済額が膨らむなどということも起こりません。

学生以外にも、少額なら低収入の人も借りることができます
借りるのが少額なら、返済も可能だと判断されて融資を受けやすくなります。

実際にカードローンの申込みを行う場合、どの金融機関でも審査が実施されますが、借入れする金額によって審査の内容が大きく異なるというものではありません。

カードローンでは少額でお金を借りる人も多く、希望の借入金額が少額でも高額でも、実際の審査の内容は同じと考えて良いでしょう。ただし、金融機関によってはある一定の金額を超える場合は、返済能力と経済力について把握するために収入証明書の提出を求められます。

極端に言えば、借入れ希望額を100万円・200万円の枠で申込みをするよりは、10万円・20万円と少額で申込みしたほうが審査がスムーズという話はよく聞きます。

しかし、カードローンの審査では少額でお金を借りるから審査の内容が緩やかになる、借入金額が多いから審査がより厳しくなるというわけではありません。

金融機関での審査は、借入金額によって審査内容が大きく変わることはないので、「本当は大きなお金を借りたいのがホンネだけど、少額での借入れ希望を出しておけば、審査にすんなり通りやすい」と認識するのは間違いです。

それよりも審査を通過させるコツは、毎月継続的に安定した収入があること金融機関の定める返済期日を守れること、しっかりとした経済力と返済能力があることが大事なのです。

自分の収入と返済能力に合わせて、それに見合う借入れと返済を心がけることです。

早め返済でメリット大◎「30日間無利息サービス」がある消費者金融

早め返済でメリット大◎「30日間無利息サービス」がある消費者金融

少額のお金を借りる場合なら、早く返済できる見込みも高まりますよね。

その場合、大手消費者金融が実施している「30日間無利息サービス」を利用してみましょう。借りた分だけを返すだけでいいので返済の負担がなく、安心してお金を借りることができます。

主に以下のような大手消費者金融が30日間無利息サービスを実施しています。

消費者金融名 無利息期間 適用回数
アコム 30日間 初回のみ
プロミス 30日間 初回のみ
アイフル 30日間 何回でも

お金を借りるときのリスクは「利息」!

お金を借りるときのリスクは「利息」!

少額を借りる分には審査も早く、すぐにお金を借りることができます。
少額なら返済の負担も少ないですし、限度額までならお金に困ったときに何回も借りることができるのがいいですよね。

しかし少額とはいえ、お金を借りることに変わりはないので利息も発生します。すぐお金を返すはずが、いつまでも返さずにいると利息が膨らんでいくので注意が必要です。

また、少額ずつ複数の消費者金融から借りる場合も、利息が多くなるので気を付けましょう

銀行系カードローンは消費者系よりも審査基準が厳しいとも言われていますが、よく考えてみれば審査を1度クリアすれば、借入限度額の範囲内であれば何度でもお金の借入れができるのです。

今月は給料日までにほんの1,2万円あればという時にもカードローンでお金を借りられるし、友達の結婚祝いにお金が必要になった時にもお金を借りられるわけです。

実際に少額でカードローンを利用する人の多くが、必要に応じてその都度少しずつ借りては返済するといった繰り返しです。

少額で借入れする回数が多いとしても、できるだけ短期間できちんと返済していけば大丈夫です。お金を借りるクセがつかないように、借りたお金はきちんと返済して、次に借りる時にはそれまでに前回借りたお金を返済すること、何度も借りっぱなしにしないように心がけておくことです。

自分なりにカードローンのお金の借り方のルールを決めておくと良いでしょう。

このような利用の仕方を心がけていれば、カードローンの少額での借入れはいざという時の強い味方になってくれます。これをうまく活用していけば、生活をより豊かにすることもできます。そういった意味でも、少額で複数回の借入れができることは、利用者にとってはメリットが大きいですよね。

消費者金融の利息についてもっと詳しく見る

ほかの方法で少額を借り入れるには

ほかの方法で少額を借り入れるには

銀行系カードローンで少額借りる

消費者金融では、会社によっては1000円単位の少額から融資してもらえるとお伝えしてきましたが、銀行系カードローンはどうでしょうか。

銀行系カードローンも、少額を借りることができます
ただ、消費者金融より銀行のほうが金利は安く設定されていますが、少額の場合は借りる期間も短いため、ほとんど差がないです。

むしろ初めて消費者金融を利用する人にとっては、銀行より消費者金融のほうが安くなるかもしれません。なぜなら、プロミス、アコム、アイフルなどの大手消費者金融は「30日間無利息」でお金を借りることができるからです。

審査にかかる時間を考えても消費者金融のほうが便利と言えそうです。

クレジットカードで少額借りる

クレジットカードは、ショッピングで使うほか、少額のお金から借りることもできます。持っているクレジットカードにキャッシング枠を設定していれば、審査もいらず簡単にお金を引き出すことができます。

借りることは簡単ですが、利息は高めに設定されているので注意が必要です。
1回の返済額はできるだけ多めにして早く返し終えるようにし、余計な利息を払うことがないようにしましょう。

親から少額を借りる

少額であれば、親からお金を借りるというのはどうでしょうか。
この場合に大事なのは、給料が入ったらすぐ返済し、ダラダラといつまでも借り続けないということです。

家族だと多少の甘えが入り、返済期限を決めなかったり、追加融資をお願いしたり、たとえ少額でもそのようなことを続けることで親子間の関係を悪くする可能性もあります。

お金を借りる際の面倒ごとを避けたい人は、消費者金融を利用する方がいいかもしれません。

リサイクルショップを活用してみる

「お金を借りる」とは少し違ってきますが、リサイクルショップなどで不用品を売ってお金を作るという方法もあります。

必要なお金が数千円ほどの少額であれば、消費者金融などで借りる前に検討してみましょう。

まとめ

まとめ

少額のお金を借りるなら、初めてでも学生・低所得者でも審査に通りやすい

初めてのキャッシングで限度額が低くても問題なし。
借りるのが少額なら、返済も可能だと判断されて融資を受けやすくなる。

少額なら「30日間無利息サービス」を利用しよう!

少額のお金を借りる場合、早く返済できる見込みも高まるはず。
大手消費者金融はほとんどこのサービスを実施しています。

少額の場合は、銀行系カードローンより消費者金融が良い

消費者金融より銀行のほうが金利は安く設定されていますが、少額の場合は借りる期間も短いため、ほとんど差がない。

少額なら、親から借りる、リサイクルショップを活用する、もアリ

必ずしも消費者金融でキャッシングをしなくても、少額なら親に相談したり、不用品を売ってみたり、他にも方法は色々。