全て解説・即日でお金を借りる!銀行系カードローンやアコムなど(主婦、学生・未成年、無職も可能)

全て解説・即日でお金を借りる!銀行系カードローンやアコムなど
今すぐにお金を借りたい時、即日融資を受ける方法って知っていますか?
当記事に来られた方は、お金が早急に必要な人だと思います。
でも、お金を借りるのって不安ですよね?
多くの情報の中で、何を基本に選べば良いのか悩む人は多いでしょう。
当記事では「即日でお金を借りる安全で確実な方法」について全て解説します!
それ以外にも、時間が多少かかっても低金利で借りたい!
安全なところから借りたい!
お得な借り方が知りたい!
など、お金を借りる方法全般について、わかりやすく重要なポイントを要約してご紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

審査なしで即日でお金を借りることはできる?

結果的に審査なしの借入れは闇金しかない

銀行や消費者金融でお金を借りたいけれど、ネックになってしまうのが審査です。「審査なし」でお金を借りたいとは思いませんか?
審査が面倒な理由は人それぞれ、「信用情報に傷がつくかもしれない」「審査に落ちたらどうしよう」と不安がつきものです。
そこで、審査なしでお金を借りることができるのか、借りれた場合に生じるリスク、安心で確実な方法について徹底的に検証していきます。

結果的に「審査なし」の借入は闇金しかない

「審査なしでお金を借りたい」という気持ちはよくわかります。
しかし、結論から言えば、銀行・消費者金融・クレジット会社などの信頼性が高い金融機関からは審査なしでの借入れはできません。
その理由は至ってシンプル、金融機関では3つのポイントに的を絞って審査を実施しているからです。

  • 貸したお金をきちんと返済できるのか
  • いくらまでならお金を貸しても問題がないのか
  • 毎月安定した収入が得られているのか

このように返済能力・経済力について入念にチェックを行う必要があります。
信頼性の高い金融機関は、こういった審査を行うことが前提です。
万が一、審査は一切不要で簡単にお金を貸してくれる金融機関があるとすれば、どのような所でしょうか?
そのような「違法な金融機関」とはズバリ!闇金のことを指します。
またの名を「090金融」とも言い、連絡先の電話番号が携帯のみで案内されています。
闇金は、貸金業法・利息制限法・総量規制などを一切無視したやり方で、簡単にお金を貸してくれます。
しかし、その代わりに法外な金利でしつこく取り立てされるので、絶対に関わってはいけません。
審査なしでお金を借りようと思えば、結果的に闇金しかないという結論です。
審査が煩わしいと思っていても、こればかりは避けることはできません。
それなら、審査がスピーディーで信頼のおける金融機関を探す方が最善策ですよね?
WEB申込完結で最短即日に対応可能な金融機関もありますので、選択肢の視野を広げてくことをおすすめします。

闇金などで借りた場合のリスク

闇金では審査なし・即日融資が可能ですが、リスクが大きいことを知っておく必要があります。
「どんなにお金に困っていても、けっして手を出してはいけないのが闇金」とも言われています。
その理由は、違法な金利でお金を貸した後、かなり強引に取り立てを行うからです。

それでは、闇金はなぜ審査なしで誰でも簡単にお金を貸してくれるのでしょうか。
闇金業者は、銀行や消費者金融のように審査によってお金を貸す人を選んだりはしません。
その理由は、万が一、闇金業者が貸したお金を回収できない場合に備えて、違法なまでの高金利に設定しているからです。
しかし、返済不能となった場合でも、執拗なまでに取り立て行為を行うのが闇金ならではの悪質な手口です。

不幸にして闇金に手を出してしまった場合、返済リスクだけではなく、個人情報の流出リスクをとも担うケースもあります。
たとえば、Aという闇金業者でお金を借りた場合、自分の知らないうちに同業者のBにも個人情報が流出するリスクがあります。
闇金でお金を借りるメリットは1つもありません。むしろデメリットの塊、自分と家族の生活を脅かす存在です。
貸金業法や個人情報保護法を無視した悪質な闇金には、絶対に手を出さないのが鉄則です。

即日でお金を借りるならこの順番が安心確実!

①大手消費者金融のお得なサービスを活用

即日融資であれば、もっとも安全で確実な方法を選択するのがベストです。
一番のおすすめは、信頼性の高い大手消費者金融会社で、お得なサービスを活用することです。

大手消費者金融会社の代表的な特典と言えば「無利息期間サービス」です。
新規契約で初回借入れ時に限り、30日間の無利息サービスが受けられる、これが無利息期間サービスの大きな特徴です。
ただし、金融機関によっては30日以上の無利息期間を設けているところもあります。
無利息期間サービスの内容は、金融機関ごとに特徴の違いがあるので、事前に確認が必要です。
この他にも、大手消費者金融機関独自のアプリを活用したサービスを展開しているところもあります。

②中小消費者金融も信頼あります

大手消費者金融会社だけではなく、中小規模の消費者金融にも目を向けてみると良いでしょう。
中小消費者金融は、銀行・大手消費者金融と比較すると、審査基準はやや緩やかなのが特徴です。
中小消費者金融とは言え、創業年数が長くて信頼性の高い金融機関も多数あります。
大手消費者金融と同様に、来店不要・保証人不要・WEB完結申込みに対応した中小消費者金融も増えてきています。
金利の低さでは大手消費者金融のほうに軍配は上がりますが、ほとんどの中小消費者金融で借入限度額は50万円以下と低めの設定のため、返済がスムーズにおこなえれば金利の差はあまり目立ちません。
なお、一部の中小消費者金融では無利息期間サービスにも対応しているところもあります。
銀行・大手消費者金融のカードローンの審査に落ちてしまった場合は、中小消費者金融での借入れを視野に入れておくと良いでしょう。

③クレジットカードキャッシングが一番早い

即日でお金を借りる方法として、クレジットカードのキャッシングを利用する方法があります。すでに利用しているクレジットカードがあれば、今すぐにでも最寄りのATMにてお金を借りることができます。
ただし、これから新規でクレジットカードを申込する場合は、カードがお手元に届くまでに1週間~10日前後かかります。

「クレジットカードのキャッシング枠」とは、クレジットでお金を借りる利用可能な限度額のことを指します。
お手持ちのクレジットカードがあれば、契約時に設定したキャッシング枠の利用限度額について確認しましょう。クレジットカードを提携銀行ATMやクレジットカード専用のATMで、暗証番号と必要な金額を入力するだけで借りることができるので、とても便利です。
利用限度額の範囲内であれば何度でも利用可能なのも良いですね。ただし、銀行系カードローンや消費者金融系カードローンよりも利用限度額は少額に設定されています。
少額での借入れに限定されているため、銀行・消費者金融よりも金利はやや高めです。

早急にお金は借りたいけど・・・疑問や不安を解決します!

お金は借りたいけど・・・疑問や不安を解決します!

会社にバレたくない!在籍確認なしで借りれる?

今すぐお金を借りたいけれど、会社の人には知られたくない場合、在籍確認なしで審査に通過することはできるのでしょうか。
一部の大手消費者金融会社では、ある一定の条件を満たしていれば、勤務先の職場への電話による在籍確認を省略することができます。
電話による在籍確認をしない代わりに、勤務先の会社名が記載された社会保険証などの書類のコピーを提出します。
社会保険証に勤務先の会社名が記載されているので、わざわざ在籍確認の連絡をする必要がないためです。

また金融機関によっては、個人の事情を考えて柔軟に対応してもらえる場合もあります。
勤務先の職場への在籍確認を拒否する意向である場合は、言い訳を考えてみるのも手です。

  • プライベートな電話の対応が厳しいため、取り次いでもらえない
  • 電話から離れた場所での勤務であるため、電話がかかってきてもすぐに出られない

など、電話以外での連絡手段を希望していることを金融機関の担当者に伝えてみてはいかがでしょうか。
または、不都合が生じる場合に備えて、在籍確認の電話の時間帯をあらかじめ指定しておく方法もあります。

大企業の役員・公務員など社会的な地位が高い人、高年収の人、過去・直近の債務の履歴がない人は、電話による在籍確認が不要となるケースもあります。

学生や未成年、専業主婦でも借りられる?

金融機関でお金を借りられるのは、社会人だけと決まっているわけではありません。
未成年者・専業主婦でもお金を借りることはもちろん可能です。
ただし、未成年者の学生は、銀行・消費者金融系のカードローンの申込みは、年齢制限と収入の関係により不可です。

学生におススメの学生ローン

未成年者の学生 (18歳~19歳・ただし高校生は不可) は、学生ローンの利用が可能です。
学生ローンなら、ネット申込みに対応しているので、わざわざ店舗窓口に出向く必要もありません。
急ぎの場合は、平日の申込みであれば、最短で即日融資も可能です。
最短で即日融資に対応可能な学生ローンには、カレッジ・アイシーローン・アミーゴ・フレンド田(DEN)などがあります。
なお、未成年者の場合は、ほとんどの学生ローンで親の同意が必要となります。
それ以外にも、クレジットカードの家族カードを持つことなども可能です。

専業主婦におススメ

・配偶者貸付制度

専業主婦の場合、即日でお金を借りるとなると条件が厳しくなります。銀行系カードローンの利用は可能ですが、即日融資の対応は不可です。
消費者金融系カードローンだと、年間を通して無収入である専業主婦は総量規制に引っかかってしまうため、厳しくなります。
その中でも、一部の大手消費者金融では「配偶者貸付制度」がある場合があります。
配偶者貸付を利用すれば、夫とその配偶者である専業主婦の年収の3分の1以下の金額の範囲内で融資を受けることができます。
なお、配偶者貸付を利用する場合、通常の申込書類に加えて収入のある配偶者の同意書・婚姻関係について証明するための書類が別途必要です。

・クレジットカードのキャッシング

すでにクレジットカードを持っている場合は、キャッシング枠の利用限度額まで金を借りられます。

無職や収入に自信がない人必見!収入証明書なしで借りたい

金融機関でお金を借りたいけれど、自分の収入が安定しない、収入が少ないなど自信が持てない人もいます。
そのような場合、収入証明書を提出せずにお金を借りることは可能でしょうか。

収入証明書の提出をしなくても良い方法

金融機関でお金を借りるのに、必ず収入証明書を提出する必要はありません。
一般的に、収入証明書の提出が必要となるのは、下記のケースです。

  • 借入限度額が50万円を超える場合
  • 他の金融機関との借入残高100万円を超える場合
  • 年収が200万円以下の人

これらのうち、いずれか1点でも該当する場合は収入証明書の提出が必須となるケースが多いです。
なお、上記の「他の金融機関」とは、銀行や信用金庫ではなく、クレジット会社や消費者金融会社など貸金業法によって運営する金融機関のことを指します。
金融機関によって、年収や返済能力に関する条件にはそれぞれ違いがありますので、各機関での条件の確認をすることは大切です。

保証人を立てたくない!保証人無しで借りる方法

お金を借りるのに保証人を立てる必要はほぼありません。

保証人が必要なケース

個人向けカードローンの場合、銀行や大手消費者金融でお金を借りるにしても保証人は不要です。
ただし、例外的なケースとしては下記3つのパターンもあります。

  • 高額で融資を受ける場合
  • 過去数年間以内に自己破産や任意整理などの債務整理を行った場合
  • 審査の結果、返済能力に不安な点があると金融機関が判断した場合

逆に言えば、過去・直近に債務整理や返済の遅延などのトラブルがなく、定期的に安定した収入が得られる人なら、基本的に保証人は不要です。
この他に保証人なしでお金を借りる方法として、フリーローンを利用する方法があります。
フリーローンは、カードローンと比較すると低金利ですが、即日融資の対応は不可です。
事業資金の目的で保証人不要でお金を借りる場合は、ビジネスローンの利用が可能です。

無担保でも借りられる?

現在、ほとんどの金融機関は無担保で即日でもお金を借りることができます。
銀行系・消費者金融系カードローンは、無担保でお金を借りられることから「無担保ローン」と呼ばれることもあります。また、クレジットカードのキャッシング枠も、無担保ローンの一種です。

やっぱり消費者金融

申込み・審査・お金の借入れまでの流れが早く、とくに消費者金融系カードローンは最短即日で融資を受けられるのが魅力です。大手消費者金融貨会社では、アイフル・アコム・SMBCモビット・プロミス・レイクALSAなどが無担保ローンの定番です。

無担保ローンの最大のメリットは、万が一、返済不能となった場合でも、自宅・土地・車などの資産価値のある物を金融機関に差し出しす必要がないことです。
しかし、無担保でお金を借りられるようになったために、審査では過去・直近の債務状況などの信用情報を重要視するようになりました。
担保が不要である代わりに、しっかりとした返済能力と経済力があることを金融機関には証明しなくてはなりません。

家族に内緒で借りたい(郵便物無し)

金融機関でお金を借りていることを家族には内緒にしたいと思っていても、ある日突然バレてしまうケースも少なくありません。
家族にバレてしまう原因の大半は、金融機関から突然自宅に届く郵便物です。
一部の大手金融会社では、そのような郵便物を発行しないところがあります。

郵便物無しでお金を借りれる?

自宅への郵便物をなしにする方法は簡単、カードローン専用のカードを作らないことです。
また、現在お手持ちの銀行キャッシュカードとカードローン専用のカードを兼用する方法もあります。

しかし、カードが届かないだけでは安心できません。
カートローンを利用する以上、定期的に利用明細書が自宅に届きます。
また、申込み時には契約用の書類が自宅に届くこともあります。
これらの郵便物を完全にゼロにするには、WEB完結申込を行うことをおすすめします。
月々の利用明細書はWEB明細に切替えておけばペーパーレスなので、、毎月届くこともなくて安心です。
カードローンの利用は最寄りのATMで行います。ここで注意点が一つ。返済は、絶対に期日に遅れないことです。
返済期日に1日でも遅れてしまった場合は、督促の電話や郵便物が届く可能性大です。

今すぐ必要!深夜でも借りられる?

急にお金が必要になった場合、深夜に借りることはできるのでしょうか。
たとえば、急に病気・ケガをして病院での治療費用が払えない場合、飲み会の後に終電に乗り遅れてしまい、タクシー代が用意できない場合、どう対処したら良いでしょうか。

大手消費者金融であれば時間次第で可能

大手消費者金融会社であれば、夜の20時半ごろまでにWEBサイトより申し込めば、その日のうちに即日融資を受けられる可能性があります。
大手金融会社の営業時間は22時までとされていることが多く、申し込み受付や、在籍確認、審査などにかかる時間を考えると、遅くても20時半までに申込むことが重要です。

・WEB経由で申し込みは必須

夜間だと電話での受付には対応不可ですが、WEBサイトからの申込なら24時間対応可能なためWEB経由での申込は必須です。

・書類は確実に手元に用意

即日融資を受けるためには、必要書類は必ず手元に用意しておきます。

・在籍確認不要の金融会社を利用する

さらに在籍確認が必要な場合は会社に在所している必要もあります。ただし、出先で急な出費が必要になる場合などのケースでは、なかなかその時間に会社にいることは難しいかもしれません
その場合は、在籍確認をしない消費者金融を選択すると良いでしょう。そのような金融会社で求められる提出書類は「勤務先から発行されてる社会保険証」などです。

・入力間違いなどのミスは避ける

また、入力間違いを起こさないように気を付けましょう。その確認のために、翌営業日に融資がズレる可能性があります。
金融機関ごとに即日融資の条件に違いがありますので、条件の確認は忘れずにおこなってください。
時間との闘いのため、一つでも詰まると即日融資は受けられない可能性があるため、慎重に行いましょう。

週末に予定外の出費が発生!即日で土日に借りたい

週末に予定外の出費があり、なんとしても土日に借りられないものかと悩む人も多いのではないでしょうか。 通常、土・日は銀行・消費者金融会社などの金融機関は休業日です。
しかし、土日にお金が急に必要となる人が増えてきたため、平日・週末に関係なく、即日での借入れもできるようになりました。

土日に借りるためのマストな工程

土・日にカードローンを申込む場合は、パソコン・スマホのインターネット経由での申込み・最寄りの自動契約機を利用する方法があります。
銀行系カードローンの場合、ネット申込には対応していますが、三菱UFJ銀行など一部の大手都市銀行を除いた銀行の自動契約機での申込には対応していません。

土日に自動契約機で申込みを行う場合は、受付対応時間が何時までなのか事前に確認が必要です。
土日にカードローンの申込み手続きを行う場合、在籍確認が行われるのは、翌営業日以降となります。土日に申込み手続きを行い、月曜日以降に在籍確認のための電話連絡が来ます。
ただし、一部の大手消費者金融会社では、社会保険証を提出すれば電話での連絡不要とする場合もあります。

土・日でお金を借りる注意点として、休日を挟むので審査に支障が出ないようにすることです。

  • 申込内容に間違いがないか確認 (記載ミス・入力ミス・虚偽の申告など)
  • 必要書類をすべて揃えて提出すること

以上2点を必ず守りましょう。

コンビニは即日で借りることはできる?

ふだん行きつけのコンビニで、お金を借りることも可能です。
コンビニATMではお金の借入れから返済まで、手軽に出来るので便利です。ほぼ24時間営業ですので、手数料はかかりますが時間にとらわれずお金の出し入れが可能なのもメリットです。

コンビニATMを利用する場合、お金を借りる手段は3つ

  • お手持ちの銀行キャッシュカードでお金を借りる
  • クレジットカードを持っている人はその場でキャッシングの利用も可能
  • 大手消費者金融のカードローンを利用する

中には、この3つの方法をいずれも利用可能な人もいます。
しかし、お金を借りる上でもっとも気になるのが金利を最小限に抑えることです。

カードローン・キャッシングの金利の比較

  • 銀行系カードローンは金利の下限が1.5~14%
  • クレジットカードのキャッシング枠は15~18%
  • 消費者金融系カードローンは3~18%
・銀行系カードローン

少額で借りる場合は、銀行系カードローンで適していますが、審査に時間がかかってしまいます。

・消費者金融系カードローン

消費者金融は金利の下限は低くはありませんが、審査スピードが早いです。
初回借入れ時には「無利息期間サービス」を利用できるのも消費者金融系カードローンならではのメリットです。
コンビニATMで消費者金融系カードローンでお金を借りる場合、専用のスマホアプリを活用すれば、カードレスにも対応可能です。カード発行の手間が省ける分、スピーディーにお金を借りられます。
本当に必要な分だけお金を借りてすぐに返済して利息分のムダを抑える、そのニーズにしっかりと対応してくれます。

中小消費者金融で借りる場合

「銀行や、大手消費者金融会社の審査をクリアできる自信で持てない」
「大手消費者金融の審査に落ちてしまった」
「中小消費者金融ってあまり聞いたことがないけど、お金を借りても大丈夫なの?」
そのような不安を抱える人も多いのではないでしょうか。

金融機関の規模・知名度に関係なく、融資の申込みをした後の審査は誰もが避けて通ることはできません。しかし、一般的には銀行よりも大手消費者金融系の方が審査が緩く、それよりも審査基準が甘いと言われているのが、いわゆる「街金」という呼び名で親しまれている中小消費者金融です。

安全にお金を借りられる中小消費者金融会社、そして特徴・メリット・デメリット・注意点などの詳細をご案内します。

お金を借りる際に審査が甘い借り入れ先はどこ?

低金利の銀行系カードローンで即日融資は受けられる?

低金利の銀行系カードローンで即日融資は受けられる?

大手消費者金融会社では最短即日融資が可能ですが、銀行系カードローンの場合はどうでしょうか?
従来は、銀行系カードローンも即日融資に対応していました。
しかし、2018年1月からは銀行系カードローンの即日融資の対応ができなくなったのです。

即日対応ができなくなった理由

  • ある大手都市銀行にて暴力団員への融資が発覚したこと
  • 警察庁によるデータベース照合が必要となった

総裁規制をかけることで借りすぎを軽減

その一方で、総量規制による年収の3分の1を超える金額を銀行系カードローンで借りる人も増えてきました。本来、銀行系カードローンには銀行法が適用されるため、貸金業法による総量規制の適用対象外です。
銀行では返済能力についての判断は、提携する保証会社によるものとされています。そのため、銀行の方が審査が厳しいと言われていながらも、返済能力を超える金額を貸付けしており、銀行カードローン利用者が債務整理を行うケースが増えてきました。
そのような背景から、銀行系カードローンの即日融資は停止となり、データベース照合などの手間がかかることもあるため、審査結果は最短でも2~3営業日はかかるようになりました。

その中でも、比較的早く借入が可能な銀行をいくつかご紹介しましょう。

セブン銀行カードローン

セブン銀行カードローンで最短即日でお金を借りるには、申込みの時点ですでにセブン銀行の普通預金の口座を持っておく必要があります。
セブン銀行の普通預金に口座を持っている人でも、カードローンの申込時には必ず審査が実施されます。審査を無事に通過すれば、最短即日融資も可能です。
セブン銀行はネットバンキングですから、紙の通帳はなく、キャッシュカードのみでの取引になります。
朝9時~当日の夜20時30分までの申込では順次審査を行います。
夜20時30分~深夜0時までの申込では翌朝9時以降の審査結果となります。

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンの審査・融資までの所要時間は、最短で翌営業日です。
楽天銀行カードローンの魅力は、ネットバンキングならではの業界最低水準の金利です。
実質年率1.9~14.5%・借入限度額は800万円ですから、大口で融資を受ける人にはとくに最適です。
すでに楽天会員の人は審査時の優遇措置、新規入会時には1,000ポイント付与される特典も見逃せません。
ただし、1点注意点を挙げると、楽天銀行では土・日・祝日には審査は行っていません。
そのため、最短翌営業日に審査・融資が受けられるのは、平日を挟んだ日となります。

安心の大手消費者金融(アコムやプロミスなど)が一番早い

今すぐお金を借りるのにおすすめなのは、「プロミス」「アコム」など大手消費者金融!

消費者金融系カードローンが良い理由は、おもに3つあります。

無担保で保証人不要

消費者金融系カードローンは無担保、かつ保証人は不要で借りられます。
万が一、カードローンの返済にトラブルが生じた場合でも、自己破産をしない限りは持ち家を手放す必要は一切ありません。

総量規制

また、借りすぎの心配も不要になりました。貸金業法の総量規制の適用を受けて、年収の3分の1を超える金額の借入れができませんので、お金の借りすぎを未然に防げるようになっています。

利息制限法による低金利

さらに、利息制限法により金利の上限が設けられてるため、金利もだいぶ下がりました。
お得なサービスも多く、初めての借入れであれば「初回限定・無利息期間サービス」を利用し、期間内に返済することで利息をかけずに借りることも可能です。

このように、即日融資かつ安全性を求めている人にとっては、大手消費者金融はとても良い借入れ先です。

大手消費者金融の特徴を紹介

最短30分で審査回答

大手消費者金融会社では、審査から借入れまでの流れがスムーズなため、審査から融資までの所要時間は最短一時間です。
その秘密は審査回答が最短30分であることです。
カードローンの申込みをしてから審査回答までの時間が長引いてしまうと、「本当にこの金融機関でお金を借りられるの?」と不安にかられてしまうものです。
しかし、大手消費者金融会社ならそのような心配は無用です。
ただし、審査回答までの所要時間はあくまで最短の時間が30分ですから、場合によっては30分以上かかる可能性もあります。
たとえば、カードローンの申込み件数が多く集中した場合や、申込みのタイミングによっては30分以上の時間を要する可能性もあります。
また、申込みした時間によっては、翌日朝以降の審査となる場合もありますので、申込のタイミングには注意が必要です。

大手消費者金融会社では銀行系カードローンとは違って、警察庁とのデータベースの照合を行うことはないので、その分の手間がかかりません。
ちなみに消費者金融会社では、申込者のデータベース照合を行うのは信用情報機関のみとなります。

借りれる条件

大手消費者金融会社のカードローンの利用条件は、至ってシンプルです。

  • カードローン申込時の年齢が満20歳以上に達していること
  • 定期的に安定した収入が得られること

大手消費者金融会社でカードローンを利用するにあたり、とくに学歴・職歴・現在の職種・職業は問いませんが、利用できない人もいます。
例えば、単発のアルバイトをしていて収入が安定していない人や無収入の専業主婦は、消費者金融系カードローンの利用は不可です。
銀行系・消費者金融系カードローンで審査基準について比較すると、銀行の方が低金利ですが、その分審査は厳しくなります。

総量規制があります

大手消費者金融会社でお金を借りる場合は、総量規制の適用対象となります。そのため、年収の3分の1を超える金額の借入は不可です。
たとえば、年収が210万円の人はその3分の1の70万円を超える金額を借り入れることはできません。
また、他の金融機関での借入残高がある場合、合わせて年収の3分の1以下の金額に抑える必要があります。
年収が300万円の人は100万円までの借入れが可能ですが、他社での借入残高が80万円の場合、残りの20万円が新規借り入れの上限となります。

消費者金融では審査が緩くてお金を借りやすいのに、総量規制のため大口での融資が受けられないことに不満を抱く人もいるかもしれません。
しかし、総量規制は本来、貸金業者による過剰な貸付けを防ぎ、債務者の返済の負担を抑えることを目的としています。
総量規制の適用を受けることで、より安全にカードローンを利用することができるのです。

ここを読めばわかる!お金を借りる手順まで教えます!

web申し込みを利用する場合

大手消費者金融会社に即日でお金を借りたい時は、WEB申し込みを利用することをおすすめします。
WEB申込みから借入れ開始までの流れは、シンプルな6ステップです。

  • ▼ステップ1 申込フォームに入力・送信
    パソコンまたはスマホから大手消費者金融会社のWEBサイトにアクセスします。専用の申込みフォームに必須事項を入力・内容確認・送信します。
  • ▼ステップ2 金融機関からの連絡
    申込先の金融機関から、内容確認の連絡が登録したメールで来ます。
  • ▼ステップ3 審査開始
    申込した内容に基づいて、金融機関独自の審査が実施されます。審査会等までの目安は最短で1時間です。ただし、申込み状況によっては、1時間以上かかる場合があります。
  • ▼ステップ4 審査結果
    登録したメールアドレスに審査結果が来ます。
  • ▼ステップ5 契約の締結
    契約の手段は最寄りの自動契約機・郵送などの方法がありますが、一部の大手消費者金融ではWEB完結申込に対応しています。その場合、契約書類の郵送や専用のカードの発行の手間が省けます。
  • ▼ステップ6 カードローンの借入れ開始
    金融機関との契約が締結した時点で、早速その日から借入れ開始できます。

なお、大手消費者金融会社では専用のスマホアプリを活用して申込み手続きを行うことも可能です。その場合も、申込の流れはほぼ同じです。スマホアプリを活用する場合、事前にアプリをダウンロードしておく必要があります。

窓口に行ってお申込み

店頭窓口に出向いて申込み手続きを行う上で重要なのは、必ず営業時間内に行くことです。
ほとんどの店舗で、平日は朝9時~夕方は18時までは営業していますが、土・日・祝日は休業日です。

店頭窓口で申込み手続きを行う利点として、社員と直接対面するので、申込時に不明な点について質問できることです。店頭窓口での申込みの場合、自動契約機と同様にその場で審査結果の報告が来ます。
審査をクリアすれば、契約後の手続きに入り、その場で専用のカードが発行されます。

なお、近くに大手消費者金融会社の店舗が見つからない場合は、自動契約機での申込方法があります。

・即日融資を可能にするために
  • 必要書類は必ず用意(本人確認書類は必須です)
  • 50万円以上のお金を借りたい場合は「収入証明書」の提出が必須

審査の所要時間は他の申込方法と同様に最短30分ですが、窓口が混み合う場合は注意が必要です。

最短でお金を借りるためには必要書類の準備が大切!

今すぐにお金を借りるには、申込に必要な書類をすべて用意しておくことが肝心です。
なお、申込の際には本人確認用書類として下記の書類うち、いずれか1点を用意する必要があります。
通常、借入希望額が50万円以下である場合は、本人確認用書類のみの提出でOKです。

本人確認書類

・運転免許証

運転免許を取得している人は、身分証明書として運転免許証を提示するのが一般的です。
ただし、期限切れ運転免許証を提出するのはNGです。
有効期限が近づいたら、必ず運転免許証の更新手続きを行いましょう。

・健康保険証

健康保険証には勤務先の会社名が入ったタイプ、自営業者・個人事業主向けの国民健康保険証があります。
パスポート・マイナンバーカード・運転免許証などの顔写真入りの身分証明書を用意できない場合は、健康保険証を提示しても構いません。
ただし、健康保険証のみを提示するのではなく、合わせて住民票などの公的な書類の提出が求められるのが一般的です。
健康保険証の写しを本人確認用書類として提出する場合、合わせて提出が必要な書類について不明な点があれば、事前に金融機関の担当者に尋ねておく必要があります。

・パスポートなど

海外旅行・出張に行った経験がある人なら、パスポートを持っているはずです。
パスポートは顔写真入りなので、もちろん単独で提出できます。ただし、運転免許証と同様に期限切れのものは無効となります。提出する前に有効期限を要確認です。

・その他の証明書

この他にはマイナンバーカード・住基カードなどが身分証明書として使うことができます。
金融機関によっては、運転経歴証明書を利用できる可能性があります。
運転経歴証明書は運転免許証を自主的に返納した日、または免許が失効した日から5年以内に申請すれば発行されます。運転免許証に代わる本人確認用書類として公的な位置づけです。
なお、日本在住の外国人は、本人確認用書類として特別永住者証明書が必要となります。

50万円以上の借入れには収入証明書が必要

借入希望額が50万円を超える場合は、本人確認用書類と合わせて収入証明書の提出が必須となります。また、新規申込時にすでに他の金融機関からの借入残高と合わせて100万円超となる場合も、収入証明書の提出が求められます。年収を証明する書類には、おもに下記のものがあります。

・給与証明

会社員の場合は、年収を証明する書類として給与明細書があります。
直近1年間にボーナスの支給がなかった場合は、直近2ヶ月分の給与明細を提出します。ボーナスの支給を受けた場合は、直近2ヶ月分の給与明細と合わせて1年分の賞与明細書を提出します。

・源泉徴収票など

源泉徴収票は、最新のものを提出する必要があります。
提出する時期が1月1日~その年の2月末までの場合は、前々年度以降のものを提出します。3月1日~その年の12月末までの場合は、年度が前年度のものを提出するのが一般的です。

なお、自営業者・個人事業主の場合は、確定申告書を収入証明書として提出することも可能です。その場合、前年度の確定申告書を提出しますが、提出時期が1月1日から同年3月末までの場合は、前々年度のものを提出します。


それ以外にも、収入証明書として認められる書類には、所得証明書・税額証明書・納税証明書・住民税決定通知所などがあります。
申込み時に収入証明書の提出が必要なのか不明な場合は、事前に金融機関の担当者に尋ねておいて、必要書類について確認しておきましょう。

カードローンの申し込みから審査・借入れ開始までの流れをよりスムーズにするためにも、必要書類を速やかに揃えることが肝心です。
1点補足しておくと、本人確認用書類に記載された住所と現住所が異なる場合は注意が必要です。
最近引越しをしたばかりで、身分証明書に記載された住所が以前の住所になっている場合は、これとは別に他の書類の提出が求められます。
その場合は、電気・ガス・NHK・固定電話などの公共料金の領収書のうち、いずれか1点の提出が必須となる場合があります。

即日融資におさえておくべきポイントをご紹介

WEBサイトから申し込む

大手消費者金融会社で即日融資を希望するなら、店頭窓口に出向いて行くのではなく、WEBサイトでの申込みをおすすめします。
大手消費者金融会社では、申込み手続きがWEB完結となっているので、面倒な手間がかかりません。
WEB完結申込みを行うことで、来店する手間が省けるだけではなく、WEB明細を活用することも可能です。
自宅への郵便物をカットできるので、家族や周囲の人に知られることもありません。
審査結果はメールで届くので、自宅の固定電話に連絡が来る心配もなくて済みます。
一部の大手消費者金融会社では、WEB完結申込みによるカードレスでの利用も可能です。
カードなしでの借入・返済ができるので、カードの盗難・紛失リスクを防げます。
WEBサイトでの申込みの際には、必要書類として本人確認用書類をきちんと用意しておくことが重要です。

できるだけ早い時間に申し込む

即日融資を受けるには、できるだけ早い時間に申込み手続きを済ませておくことが重要です。
もっとも理想的なのは平日のお昼14時過ぎまでに申込み手続きを済ませておくことです。
しかし、やむを得ない事情で、土・日・祝日になってから急にお金が必要になるケースもあります。
平日以外にカードローンの申込みを行う場合は、土・日・祝日でも申込みか可能かどうか、念のため要確認です。
職場への在籍確認の連絡の関係で、借入開始が翌営業日になる可能性があります。

指定銀行の口座を持っていると有利

即日融資を受けるには、その金融機関と提携する指定銀行の口座を持っておくと有利になります。
大手消費者金融会社に申込み手続きを行う前に、指定銀行口座についてリサーチしておくことをおすすめします。

・アコム

例えばアコムでは、三菱UFJ銀行・三井住友銀行・ゆうちょ銀行・楽天銀行の普通預金口座があれば、申込手続き完了で19時までに融資を受けられます。

・プロミス

プロミスでは、ネットバンキングでおなじみのジャパンネット銀行と大手都市銀行の三井住友銀行と提携しています。平日・休業日に関係なく、21時までに契約が完了している場合に限り、即日振込みされます。

金融機関ごとに、カードローン申込完了の時刻・指定銀行口座・当日の振込みの受付時間には違いがあります。
申込先の金融機関が指定する銀行の普通預金口座がない場合は、即日融資の対応が難しくなる場合がありますので、事前の情報リサーチは必須です。

50万円以内で申し込む

即日でお金を借りる場合、借入限度額は少額に抑えることが重要です。
カードローンの申込時には、借入限度額を50万円を超えた場合、収入証明書の提出で必須となります。
本人確認用書類はいつでもすぐに用意できますが、収入証明書を取得するには市区町村役場での手続きが必要となる場合もあります。
書類を揃えるのに時間がかかってしまうと、申込み手続きに手間がかかってしまい、即日融資が受けられなくなります。

カードローンの申込みの前に、「まずは今いくらのお金が必要なのか」考えてみて下さい。
最小限必要な金額が10万円程度の少額であれば、収入証明書を提出する必要もなく、申込み手付きがスムーズです。 金融機関では、「この程度の借入金額であれば返済能力がしっかりしている」と判断されるので、審査も難なくクリアできるはずです。

ここを読めば迷わない!各大手消費者金融の特徴を紹介します!

金利(実質年率) 借入限度額 おすすめの申込方法 その他のポイント 各社の特徴(タイムリミット)
プロミス 4.5%~17.8% 500万円
  • WEB完結申込
  • 無人契約機
  • プロミスコール
  • 三井住友銀行のローン契約機
  • お客様プラザ
  • 初回借入れで30日間の無利息期間あり
  • 最寄りの銀行・コンビニATMで借入・返済可能
  • 会員専用のポイントサービスあり
【カード発行による融資】
朝9時~夜10時
【振込みでの融資】
平日 お昼2時50分まで
※ジャパンネット銀行または三井住友銀行の口座がある場合は振込みによる融資は24時間対応
アコム 3.0%~18.0% 800万円
  • WEB完結申込
  • 無人契約機
  • コールセンター
  • 初回利用時は最大30日間利息0円
  • コンビニATMで借入・返済可能
  • アコムクレジットカード同時申込み可能
【カード発行による融資】

  • 自動契約機は夜9時まで
  • 三菱UFJ銀行の契約機は平日夜7時まで
  • 土曜日と祝日夕方5時まで
  • 日曜日夕方4時まで
  • アコムの窓口では平日お昼2時まで

【振込みでの融資】

  • 平日お昼2時まで
  • 楽天銀行の口座があれば24時間振込み融資OK
    (ただし一部の時間帯を除く)
アイフル 3.0%~18.0% 800万円
  • WEB完結申込
  • 無人契約機
  • コールセンター
  • 無利息期間最大30日間
  • 提携銀行
  • コンビニATMで借入・返済OK
  • 審査結果は最短30分後
  • 最短60分の即日融資
  • 審査の通過率が高い
【カード発行による融資】
夜10時まで
【振込みでの融資】
平日 お昼2時まで
SMBCモビット 3.0%~18.0% 800万円
  • WEB完結申込対応
  • 無人契約機
  • コールセンター
  • 最寄りの銀行・コンビニATM利用可能
  • WEB完結申込で職場への在籍確認連絡
  • 自宅への郵送物なし
  • 最寄りの銀行
  • コンビニATM利用可能
  • WEB完結申込で職場への在籍確認連絡
  • 自宅への郵送物なし

大手消費者金融と言えば、プロミス・アコム・アイフル・SMBCモビットが定番です。 各金融機関の金利(実質年率)・借入限度額・申し込み方法・おすすめポイント・特徴(申込みのタイムリミット・提携銀行)は、上記の通りです。

WEB完結なら電話連絡なしの【SMBCモビット】

「職場への在籍確認が面倒」そんな悩みを解消したい人は、SMBCモビットなら安心です。
SMBCモビットでは、WEB完結申込を選択すれば職場への電話連絡はありません
また、自宅への郵送物もないので、家族に知られず借りることができるので安心です。

審査スピードの速さなら【アイフル】

アイフルなら最短30分審査完了、最短60分で融資可能です。
「緊急でお金を借りたい」、そのニーズに応えてくれるのがアイフルです。

三菱UFJ銀行口座を利用しているなら【アコム】

アコムでは三菱UFJ銀行の契約機が設置されているので、ふだんから取引している人には大変便利です。

ジャパンネット銀行や三井住友銀行に口座があるなら【プロミス】

すでにジャパンネット銀行・三井住友銀行で口座開設をした人は、プロミスの振込み融資ならいつでも借りたい時にお金を借りられます。

このように、自分のニーズに見合う金融機関を賢く選択して、特典やサービスを上手に活用しましょう。

限度額はいくら?クレジットカードのキャッシング枠を利用する

限度額はいくら?クレジットカードのキャッシング枠を利用する

お金を借りる方法のひとつとして「クレジットカードのキャッシング枠」を利用する方法があります。クレジットカードのキャッシングがいくらまで可能なのか、利用明細書を確認するとわかります。
クレジットカードのキャッシング利用可能枠について金額が記されているためです。
なお、キャッシングとはクレジットカードでお金を借りることを言い、銀行・消費者金融とは違い、カードローンとは呼びません。

ショッピング枠とキャッシング枠

クレジットカードでは、ショッピング枠とキャッシング枠と二つの利用方法があります。それぞれ利用限度額があらかじめ決まってはいます。ショッピング枠内にキャッシング枠があるといった位置づけになるため、クレジットカードのキャッシング枠は、銀行・消費者金融系カードローンよりも、利用限度額は低くなっています。
ほとんどのクレジットカードで、ショッピング枠のみ利用する場合は30万円程度、キャッシング枠は10万円程度と上限が低めに設定されています。
たとえば、クレジットカードのショッピング枠を22万円利用した場合、キャッシングで利用可能な金額は残りの8万円となります。

キャッシング枠の増額も可能

必要に応じて、キャッシング枠の利用限度額を増額することは可能です。
しかし、クレジットカードは消費者金融系カードローンと同様に、貸金業法に基づいた金融商品です。総量規制の適用対象となっているため、年収の3分の1を超える借入は不可となっています。

クレジットカードをまだ持っていない場合は、ネットでの申込みから最短即日で発行可能なカードを選んでおくといざという時にも安心です。

その他の即日で借りられる方法

質屋から即日でお金を借りる

カードローンやキャッシングが主流となった今では、見かけることは少なくなりましたが、質屋でも即日でお金を借りる方法もあります。
貴金属・高級腕時計・ブランド品・骨董品など資産価値の高い物を持っている場合は、その品物を担保にして質屋に差し出し、即日でお金を借りることができます。

質屋とは

日本国内で質屋が普及し始めたのは江戸時代の中期以降、今では老舗のお店も少なくなってきました。昔から質屋でお金を借りる場合の返済利息は「十日十割」(トイチ) と言われてきました。
カードローンやキャッシングで即日でお金を借りることと、比較にならないほどの高金利です。
即日で融資を可能にする質屋は、カードローンやキャッシングとはお金の借入・返済の仕組みが違うのです。

質屋への返済は必須ではない?

万が一、借りたお金を返済できない場合でも、返済の遅延についてあまり気にする必要はありません。
質屋ではお金を即日で借りるために差し出した品物を担保にすれば、返済したものとみなされます。
長年大切にしてきた品物を質屋に差し出すのは勇気がいりますが、万が一返済が滞った場合は品物を手放すだけで済みます。

親族や友人から即日でお金を借りる

金融機関でお金を借りるのが難しい場合は、家族・親戚・友人・知人から即日で借りるという選択肢もあります。
しかし、親族や知人に即日でお金を借りる場合は、ただお金を貸して欲しいと頼むのはマナー違反です。
人に頼み事をするのですから、即日でお金を借りなければならない理由を明確に伝えておくことが重要です。

関係を壊さず円満に借りて返済する方法

親族・知人にお金の借入れを頼む時は、借りる理由・目的をきちんと伝えるだけではなく、必ず「●月△日までに返済する」など、返済日時を記載した紙を渡すなど、誠意を見せたうえで借りるようにしましょう。
こちらからも即日で借りることをお願いしているのですから、返済も滞ることなく、早めに対応しましょう。

即日ではないけど数日で借りられる、おススメのお金の借りる方法

即日ではないけど「安心低金利の銀行」から数日でお金を借りる

2018年1月以降は、銀行系カードローンで即日融資を受けられなくなりましたが、即日で借りられなくても銀行ならではの信頼性と安心感があります。
もちろん、口座をすでに持っている、ネットバンクを利用している、などの利用者の環境によって、即日融資に限りなく近くお金を借りることもできますが、それでも確実に即日で借りることができるとは言えません。

資金使途が自由なカードローンとフリーローン

銀行で資金使途が自由でお金を借りる方法としては、カードローンとフリーローンがあります。
いずれも事業性資金以外の用途であれば、お金の使い道は自由です。
銀行では即日でお金を借りることは対応不可ですが、カードローンとフリーローンなら数日後にはお金を借りることができるので便利です。

メリットはやっぱり低金利

消費者金融やクレジット会社でお金を借りるよりも低金利です。
カードローンとフリーローンなら数日後には低金利でお金を借りることができるので便利です。

地域密着型の【信用金庫】からお金を借りる

即日でお金を借りることは難しい信用金庫ですが、地元密着型の街中の金融機関として親しまれてきました。

信用金庫でお金を借りる場合は、銀行と同様に総量規制の適用を受けることはありません。

借りるために事前に行うこと

信用金庫でお金を借りる場合、1つ注意点があります。
信用金庫では会員制度の導入により、一定額の出資金を支払う必要があります。
そのため、信用金庫でお金を借りるには会員になることが前提です。
新規会員の手続きを行った後は、もちろんカードローンの利用が可能です。
即日でお金を借りることはできなくても、ライフステージに合わせた多様なサービスがあるので、ぜひ検討の一つに加えてみてはいかがでしょうか。

「定期貯金担保貸付」を契約しているなら即日にちかい早さでお金を借りることも

即日融資ではなりませんが、満期までに解約はしたくない、でもすぐに下ろせるお金が足りない、そんな時に便利なのが定期貯金(定期預金)担保貸付です。
銀行や郵便局で定期預金・定期貯金をしている人は、それを担保にした貸付制度の利用が可能です。

自動貸付制度があれば即日融資に近い借り入れも可能?

即日での借り入れは難しいですが、自動貸付制度が付帯していれば残高不足でもお金の出し入れが可能になります。
すでにその金融機関と取引しているため、新たに審査が行われずにお金を借りることができるので、早めの借入れが可能です。即日でお金を借りることができなくても、そういった審査などで時間を取られることがないので、比較的早めにお金を借りることができます。

最初にやるべきこと

まずは、自分が所有する銀行・郵便局の定期預金・定期貯金の残高を確認しましょう。
ゆうちょ銀行の貯金担保自動貸付を利用する場合、借入れの利用限度額は預け入れ金額の90%までです。

シニア必見!即日にこだわらないなら「年金を担保」でお金を借りる

現在、公的年金の支給を受けている人は、即日融資は不可ですが年金を担保にしてお金を借りる方法もおすすめです。

年金担保融資制度とは

年金担保融資制度は、国の公的な金融機関である日本政策金融公庫が実施しています。
即日でお金を借りることはできませんが、公的な金融機関からの融資なので安心感があります。

必要な手続き

また、福祉医療機構による年金担保貸付制度・労災年金担保貸付制度もあります。
年金を担保にしてお金の借入れを希望する人は、上記のうちいずれかの機関に申込み手続きを行う必要があります。

国や市役所から「無利子」で最短でお金を借りる

審査に時間を要するため即日でお金を借りることは不可ですが、安全にお金を借りる方法としては国・市役所・自治体からお金を借りる選択肢もあります。
生活費に困っている人は、生活福祉資金貸付制度の利用を検討してはいかがでしょうか。
この他には福祉費・緊急小口資金・教育支援資金・不動産担保生活資金などの貸付制度があります。
即日融資ではありませんが、緊急小口資金は比較的最短で借り入れできる方法です。
下記のページで詳細に解説しています。

国や市役所からお金を借りる、個人向けの貸付制度について

「生命保険」を契約しているなら即日にちかい日数で借り入れできる?

現在加入中の生命保険からお金を借りる方法もあります。
即日ではありませんが、生命保険を活用してお金を借りるのに審査は不要、簡単な手続きだけでOKなので比較的早くお金を借りることができます。

生命保険契約者貸付制度の特徴

生命保険契約者貸付制度は、解約返戻金の70~80%を上限に借入れ可能です。
生命保険契約者貸付制度の申込の時点で、解約返戻金が200万円ある場合は、140万円~160万円を上限に借りることができます。
即日融資ではなくても、審査がないため比較的早めの借入れが可能になります。
ただし、貸付制度ですから保険会社が独自に定めた金利と合わせて返済する必要があります。
この制度を利用しても、生命保険の契約自体は有効なのでご安心下さい。

即日の借り入れはできなくても公務員にはおすすめ【共済組合】

即日での借り入れは難しいですが、公務員の場合は共済組合でお金を借りる選択肢もあります。

共催組合の借り入れとは

共済組合とは、おもに公務員 (私立学校の経論も含む) を対象とした公的社会保障について運営している社会保険組合です。
即日融資ではないのですが、収入などを把握されていることから、比較的手続きがスピーディーです。タイミングが良ければ、即日とは言わないまでも数日での借り入れも可能な場合もあるので、ぜひ検討の一つに考えてみましょう。

即日で借りることができなくても、共済組合には12種類もの貸付制度があるので、幅広いニーズに対応しています。その中から資金使途に見合うものを選択して申込み手続きを行います。もっともメジャーな貸付制度として、普通貸付けの実質年率は1.26%と低金利です。

これは絶対にダメ!即日でもやってはいけない借りる方法

お金を借りる方法を大きく2つに区分すると、安全にお金を借りる方法と即日融資でも絶対にやってはいけない危険な方法があります。
お金を借りる上で、先を急ぐあまりに自分を見失ってはいけません。
即日でも絶対にやってはいけない方法としては下記の通りです。

即日で借りる!でも闇金融で安全なところはありません

即日でお金を借りることが必要だからといって、闇金融でお金を借りることは絶対にNGです。
闇金融とはヤミ金、またの名を090金融とも言い、固定電話がなく携帯電話でしか連絡ができません。都合が悪くなると頻繁に携帯電話番号を変えたりします。
闇金融のメリットは、即日でお金を貸してくれることだけです。
それに対してのデメリットとして、返済遅延・返済不能になると、しつこく取り立てされることや、違法な高金利なことです。
公衆電話や電柱に貼られた「お金を即日で融資します」の謳い文句にはけっしてまどわされてはいけません。返済が困難になるだけではなく、重要な個人情報が流出する危険性もあります。

個人投資掲示板で即日でお金を借りる約束を守られる保証はありません

インターネットやSNS上でお金を借りることの危険性について、まだまだ知らない人は意外に多いのではないでしょうか。
グーグルやヤフーで「お金貸して」「お金貸します」「即日融資」というキーワードで検索すると、個人投資掲示板に出くわすことがあります。
個人投資掲示板を見て「即日でお金を借りることができる!」と安易にお金を借りる人も少なくありません。

個人投資掲示板の実態

「個人」なので、銀行や消費者禁輸とは一切関係なく、個人間でお金の貸し借りを行うことを目的としたものだと見られがちです。
それも大変危険な行為ですが、それ以上に怖いのは「個人」になりすました闇金などの違法な高利貸し業者も潜んでいます。
「審査なし」
「ブラックでもお金を借りられる」
「誰でも即日でお金を借りることができます!」
といった謳い文句を頻繁に出してくるのが、個人投資掲示板によくありがちな手口です。
たとえ個人間でお金を借りるとしても、返済の取り決め事についてスムーズに対応してもらえる保証は何ひとつありません。

即日可能とはいえ、危険なクレジットカードの現金化

即日でお金を借りる方法として、クレジットカードの現金化 (ショッピング枠の現金化) がありますが、そのようにお金を借りる行為は大変危険です。

クレジットカードの現金化とは?

クレジットカードの現金化とは、ショッピングの際にクレジットカードを活用する場合に、利用額の7割から8割程度が現金に換金されることを言います。
クレジットカードの現金化では、とくに審査は行われていません。クレジットカードを取得する時にすでに審査が実施されるからです。そのため即日でお金を手に入れることができますが、クレジット会社との契約違反になります。

クレジットカード現金化の専門業もある

近年は、とくにクレジットカード現金化専門の業者が増えており、換金率の高さをウリにする業者も多いです。しかし、実質年率が高い上に、お金を即日で簡単に手に入れられることから悪質な業者が多いです。
個人情報が流出するリスクも高く、最悪の場合は、クレジットカード自体が利用できなくなる可能性もあります。 良質な業者を探すのが非常に難しく、むやみに手を出さない方が無難です。即日でお金を借りる方法の一つとして、手の出しやすい現金化ですが、とても危険な行為になりますのでやめましょう。

お金を即日で借りるのではなく「融資の返済額」を減らす方法

すでに金融機関からお金を借りている人は、お金の返済額の減額について検討してはいかがでしょうか。
まずは、現在お金を借りている金融機関に返済計画の見直しについて相談してみましょう。

返済額を減らす方法

  • 月々のお金の返済額を減らして返済期間を長くする方法
  • 他の金融機関にお金を借り換えを行う方法
  • お金の返済方式を変更する方法 (元利均等返済・元金均等返済など)

などがあります。

注意点

  • 月々の返済額を減らして返済期間を長くすると、その分の金利がついてしまい、お金を返済する総額は大きくなる
  • 他の金融機関にお金の借り換えをして金利の負担を減らす方法もありますが、借り換えの手数料がかかる場合がある

返済額を減額する場合やおまとめローンの利用を検討する場合は、入念に返済シミュレーションを行い、無理のない返済計画の立て直しを行うことが重要です。

借りるのではなくおまとめローンで返済管理を楽にする

現在、複数の金融機関でお金を借りている人は、借金の返済を一本化することで負担を減らすことができます。
これをおまとめローンまたは借り換えローンとも言い、複数の返済期日を月1回に減らせます。

おまとめローンを利用した場合のメリット

たとえば、A社への返済期日が毎月20日・B社は毎月25日・C社は毎月27日の場合、おまとめローンを活用すれば毎月決まった日1日のみで済みます。また、金利の負担を抑える効果もあります。

おまとめローンを選ぶにあたって

最終的に、返済額を減らすためには低金利のおまとめローンを選択することが肝心です。
消費者金融系のおまとめローンもありますが、やはり銀行の法が低金利なのでおすすめです。
おまとめローンで返済管理の負担を減らすことも検討しておくことをおすすめします。


即日融資を求める場合、早急にお金を借りる方法を模索することも重要ですが、最終的に返済する額を減らすことも、先のことを考えると大切です。
他からお金を借りる前に、常日頃から計画的な返済を心がけておくと、即日でお金が必要になったときでも、慌てずにいろいろな方法で対処することが可能になります。
その方法の一つとして、おまとめローンを検討しておくのは、堅実な生活を送る方法の一つでしょう。

即日でお金を作る方法もあります!

「銀行でお金を借りたいけど審査に時間がかかるので即日融資を受けられない」
「どの金融機関でカードローンの申込みをしても審査に落ちてしまった」
しかし、即日でお金を借りる手段はそれだけではありません。
その気になれば、20歳未満の学生でも即日でお金を作ることも可能です。

ネットを利用してお金を作る方法

メルカリ・ヤフオクなどに自分の持ち物を出品する方法が定番です。また、You Tuberになってお金を稼ぐ方法もあります。
部屋の片隅に置いた貯金箱・過去に購入した記念硬貨・古い切手・使わなくなったブランド品、資産価値の高い品物があれば高額買取りのチャンスです。
若者から高齢者まで、You Tubeを活用して効率良く収入を得る人も増えてきました。

「お金がない!」そんな時はあわてずに、まずは自分の今の財政状態について入念にチェックしてみましょう。たとえ財布の中身が空っぽでも、案ずることはありません
銀行の貯金通帳・生命保険証書なら誰でも持っているはずです。

まとめ

お金を即日で借りる方法を、一通り紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

即日融資・低金利・安全・確実など、何を優先するかによって、お金を借りるところは変わってきます。

  • 即日融資であれば大手消費者金融系カードローン
  • 低金利で即日~数日間でお金を借りるならネットバンク系カードローン
  • 審査が通る自信がなければ、手持ちのクレジットカードのキャッシング枠

それぞれのニーズにあった借り方をぜひ検討してみてください。
何よりも大切なのは、かならず返済をすることです。それが信頼と実績につながります。

当記事を読むことで、お金を即日で借りる方法について解決されることを願っております。

FP監修者コメント

FP監修者コメント

即日お金が必要な状況は、かなり精神的にも焦っていることが多いと思います。「即日融資・審査なし」などを売りにして顧客を集める悪徳業者もあります。借りたお金は必ず返済しなければなりません。本当に即日借りる必要があるお金なのか、期間や利息などの条件をよく検討されてから行動してください。

成川由利子氏の詳細はこちら

目次

  1. 1. 審査なしで即日でお金を借りることはできる?
    1. 1-1. 結果的に「審査なし」の借入は闇金しかない
    2. 1-2. 闇金などで借りた場合のリスク
    3. 1-3. 即日でお金を借りるならこの順番が安心確実!
  2. 2. 早急にお金は借りたいけど・・・疑問や不安を解決します!
    1. 2-1. 会社にバレたくない!在籍確認なしで借りれる?
    2. 2-2. 学生や未成年、専業主婦でも借りられる?
    3. 2-3. 無職や収入に自信がない人必見!収入証明書なしで借りたい
    4. 2-4. 保証人を立てたくない!保証人無しで借りる方法
    5. 2-5. 無担保でも借りられる?
    6. 2-6. 家族に内緒で借りたい(郵便物無し)
    7. 2-7. 今すぐ必要!深夜でも借りられる?
    8. 2-8. 週末に予定外の出費が発生!即日で土日に借りたい
    9. 2-9. コンビニは即日で借りることはできる?
  3. 3. 中小消費者金融で借りる場合
  4. 4. 低金利の銀行系カードローンで即日融資は受けられる?
    1. 4-1. セブン銀行カードローン
    2. 4-2. 楽天銀行カードローン
  5. 5. 安心の大手消費者金融(アコムやプロミスなど)が一番早い
    1. 5-1. 大手消費者金融の特徴を紹介
    2. 5-2. ここを読めばわかる!お金を借りる手順まで教えます!
    3. 5-3. 最短でお金を借りるためには必要書類の準備が大切!
    4. 5-4. 即日融資におさえておくべきポイントをご紹介
    5. 5-5. ここを読めば迷わない!各大手消費者金融の特徴を紹介します!
  6. 6. 限度額はいくら?クレジットカードのキャッシング枠を利用する
  7. 7. その他の即日で借りられる方法
    1. 7-1. 質屋から即日でお金を借りる
    2. 7-2. 親族や友人から即日でお金を借りる
  8. 8. 即日ではないけど数日で借りられる、おススメのお金の借りる方法
    1. 8-1. 即日ではないけど「安心低金利の銀行」から数日でお金を借りる
    2. 8-2. 地域密着型の【信用金庫】からお金を借りる
    3. 8-3. 「定期貯金担保貸付」を契約しているなら即日にちかい早さでお金を借りることも
    4. 8-4. シニア必見!即日にこだわらないなら「年金を担保」でお金を借りる
    5. 8-5. 国や市役所から「無利子」で最短でお金を借りる
    6. 8-6. 「生命保険」を契約しているなら即日にちかい日数で借り入れできる?
    7. 8-7. 即日の借り入れはできなくても公務員にはおすすめ【共済組合】
  9. 9. これは絶対にダメ!即日でもやってはいけない借りる方法
    1. 9-1. 即日で借りる!でも闇金融で安全なところはありません
    2. 9-2. 個人投資掲示板で即日でお金を借りる約束を守られる保証はありません
    3. 9-3. 即日可能とはいえ、危険なクレジットカードの現金化
  10. 10. お金を即日で借りるのではなく「融資の返済額」を減らす方法
  11. 11. 即日でお金を作る方法もあります!
  12. 12. まとめ
  13. 13. FP監修者コメント
もっと見る